• ベストアンサー
  • 困ってます

thatとoneについて

thatはthe+前出名詞を受けることが出来ます。またoneはa+前出名詞(可算)を受けることが出来ます。よって that=the one と書くことも出来ます。 ここまでは理解できたのですが、修飾に関して that of~{もしくは修飾語句}(of~がthatにかかる)○ the one of~{〃}(of~がoneにかかる)× と参考書にありました。なぜof{修飾語句}はthatにかかれてoneにかかることが出来ないのでしょうか?また、 a Japanese car ○ a car of Japanese × ともありました。同じような理由だと思うのですがはっきり分からないので、アドバイスお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数7
  • 閲覧数294
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#34556
noname#34556

こんにちは。 遅くなり申し訳ありませんでした。補足を拝見しました。補足して頂いた問題についてですが、センター試験ということで、高校3年生終了時くらいのレベルということですよね?私は入試関係の専門家ではないのですが、一般的な論や、深い文法的な考え方は取り除いて少し考えてみました。 (1)まず、第一に「~between...and ...」という文節の場合、ご存知かとは思うのですが、"and" の前後は同じ形式の文にならなければなりません。文中の rice grown in Japan=日本で栽培されたお米=日本米 という風に考えることができるかと思うのですが、では、この "日本米" というのをどのように表現するか・・ということになります。もしも4択の中の "2. American rice" と、"4. rice of America" の回答と照らし合わせて考えてみると、 "rice grown in Japan(日本米)" という表現を、書きかえることができます。↓ rice of Japanese もしくは、Japanese rice です。そうなると下記のような疑問文が出来ることになります。 A/ Can you tell the difference between rice of Japanese and ( )? B/ Can you tell the difference between Japanese rice and ( )? もしもAの問題であれば、回答は当然 「rice of America」となり、 Bであれば、 「American rice」 が回答になるはずです。 (2)では、なぜ4番の回答が間違いかといいますと・・単純に高校終了時くらいのレベルで考えてみます。 単純に "rice" の前に "the" がないだけです。"of" があることによって、"rice" が限定されてしまいますよね?ですから、間違いなんです。"the rice of America" であればOKですよ。これでしたら、センターレベルとしての立派な根拠になるのでは?! 余談ですが、「日本米」のように、「日本車」「日本人」「日本語」「日本食」などなどいろいろありますが、これらを英語で説明する場合、どのようになるのか。。ということです。恐らく 「Japanese car」「Japanese (people)」「Japanese (language)」「Japanese food」 となりますよね?これらを訳す場合、「日本の~」などのように、そもそも形容詞ではない "Japanese" が形容詞のような働きをしています。例えば、 「a book case」などもそうです。book はそもそも名詞ですが、「本の~」と形容詞的な働きをしています。 長くなりました。"of" を使用する際は "the" をお使いになってください。そうすれば、しっかり通じますし、"of" という限定の役割もしっかり果たすことができます。 質問があったら是非お知らせください。rockman9さんがすっきり出来るようご協力しますので笑。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえ、とてもすっきりしました!(笑) 言われてみないと気付かないものですね...確かに限定されたriceを無冠詞にするわけにはいきませんよね! ただセンターレベルと実際の英語に理解の差が出るという事が残念です。 ありがとうございました!

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

こんにちは > that of~{もしくは修飾語句}(of~がthatにかかる)○ > the one of~{〃}(of~がoneにかかる)× この件ですが、例えば、以下の例文を考えてみました。 The population of Tokyo is larger than (that of) Osaka. (東京の人口は大阪のそれより大きい) この場合のthat は前出の名詞(population) を受けていますよね。でも、この部分を that=the one だからと言って、the one に替えると、 The population of Tokyo is larger than (the one of) Osaka. となって、つまり of Osaka がoneにかかってしまって、one of Osaka 「大阪の一つ??」のようになってしまいます。 このようなことを言っているのではないでしょうか。 参考になりましたらいいのですが……

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにおかしいですね!ただ他の例文でもこう考えられるのでしょうか?すみません。一例だけでこの全ての説明まかなえるという自信が今の自分の実力にはないので...ですがとても参考になりました!ありがとうございます!

  • 回答No.5
noname#34556
noname#34556

こんにちは。 何となく言いたいことはわかるのですが、私の理解不足でいまいち真実がはっきりしません。もしよろしければ、その文法問題を参考までに伺えませんでしょうか?文法問題であれば、かならずしっかりとした根拠が答えにはあるはずです。問題解決にご協力できるかもしれませんので、よろしければもう少し詳しく教えていただけますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

実はまったく同じ問題ではないのですが、似た感じの問題でこれと同じような知識を必要としていた問題があったので、幅広い理解として質問させていただきました。 迷った問題とは大学入試センターからの問題なのですが、 Can you tell the difference between rice grown in Japan and ( ) 1. American one 2. American rice 3. one of America 4. rice of America という問題です。1,3は即消えますが、2,4の判断がつきません。正解は2で4が駄目な理由は「生産国にof+国名は使わない」というものだったのですが、とてもセンターレベルでこの判断は出来ないと思うのです。ですから一般化した知識があると思って質問させていただきました。

  • 回答No.4
  • dorops
  • ベストアンサー率14% (39/267)

NO1,2,3です。それはa car of Japanのほうは一般的ではなく、それならa car made in Japanとかのほうが好まれる(適切?)と考えられているのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

四択の文法問題だったのですが、そこまでつっこんでくるものもあるのですね...ということはやはりこれは文法レベルの問題ではないということでいいのでしょうか?

  • 回答No.3
  • dorops
  • ベストアンサー率14% (39/267)

NO.1,NO2です。the one ofについてですが、この oneは<a 前述名詞>のほうで、言い換えると<the a 前述名詞 of>となり冠詞が2つ連なって不自然で文法的にこういう冠詞の連なりはないのでは、と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • dorops
  • ベストアンサー率14% (39/267)

NO.1です。この場合、that=the oneというのはthatは前述名詞と同じ表現をさして、the one の「one」は<もの>という意味で「そのもの」と訳せるということで同じとされているのでは。つまりこのときのthe oneは<a 前述名詞>のoneではなくて全く別物の単に<もの>という意味のoneではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

これも説明不足でした。申し訳ありません。 (A)a+形容詞+前出名詞 (B)決定詞(theや所有格など一つに限定できるもの)+前出名詞 などの前出名詞はoneで置くことができます。that=the oneというのはこの(B)の説明を受けての事です。これだとどう説明できますでしょうか?

  • 回答No.1
  • dorops
  • ベストアンサー率14% (39/267)

後半の表現に関して、<a car of Japanease>のJapaneaseは名詞ではなく形容詞なので、名詞につける必要があるし、これを直訳するとof<~の>があるので「日本の の 一台の車」となり「の」が一つ多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

間違えました!申し訳ありません! a car of Japan です。これではどこがダメなのでしょうか?

関連するQ&A

  • oneの理解

    phenomenon 名詞 例文 a fact or an event in nature or society, especially one that is not fully understood. one の理解でちょっと弱いところがあるので、教えていただけますか。 調べたこととしましては、oneは「a+名詞」で前ででてきた名詞を指します。そして可算名詞を指します。 質問ですが、上の例文 one that is..のoneは何をさしているのでしょうか?natureは数えられないので無理ですよね。that is not fully understoodを読むと、「完全に理解できるものではない(もの)]」となると思います。oneはa fact を指すのでしょうか?それとも an eventを指すのでしょうか?それとも、a fact or an event両方を指すのでしょうか?

  • it, the one

    The video on the table is the one you rented yesterday, isn't it? という文章で、 theがつく名詞は(この場合だとthe video)itまたはthat thoseが代名詞だと思ってましたが、この文章だとthe videoがthe one となっているので考えたのですが、後ろに修飾する節が来るので、theがついてthe oneとなりますが、もとはone,そしてoneだとa videoの代名詞だと思います。 完結に言いますと、itは節などで修飾できないのでthe one で表しているのでしょうか?そしてこの時のthe oneはthe videoということなのでしょうか?

  • thatについて

    漠然とした質問で申し訳ございません。 どうもthatの文法が理解できないもので、ご教授いただければ嬉しいです。 thatの「あれ」と訳するもの(代名詞?)以外でお聞きします。 (1)thatは関係代名詞と接続詞に分かれると理解して正しいでしょうか? I think that ~ のthatは接続詞 The number of patients that we treat ~ のthatは関係代名詞 のようにです。 (2)関係代名詞のthat節は先行詞という名詞を修飾するので、必ず形容詞節になる という理解であっていますでしょうか。 詳しく教えていただければありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • that を使えますか(oneのかわりに)?

    The main disturbance in neurosis tends to be ONE of mood. 上の文で「that」をone の代わりに使うことはできませんか??

  • 比較級のthat ofで

    ×The population of China is bigger than Japan. ○The population of China is bigger than that of Japan. というのは有名ですが、では Indian philosophy is more complicated than Greek philosophy. で2個目のphilosophyの繰り返しを避けるためにはどういえばいいでしょうか? 可算名詞だったらone/onesが使えると思うのですが、不可算には使えないのですよね。

  • oneに形容詞が付くとa+形容詞+oneとなる理由は?

    こんにちは。 oneに形容詞が付くとa+形容詞+oneとなるのはどうしてでしょうか? 単独のときは『a+単数名詞』(one=a book) ですが、形容詞が付くと『a+形容詞+one』(a blue one=a blue book)となります。 参考書を読んでも『理由』は書いてありませんでした。お手数ですが、よろしくお願いします。

  • 高校英語についてです!

    高校英語についてです! one of the名詞という形をよく見かけますがone of my名詞という文を今日見かけました。 そこで思ったのですが、所有格など修飾がついてる名詞はaやtheなど冠詞をつけれないんでしたっけ?

  • 代名詞the oneとit

    代名詞thatは、後ろにof句がよくつくことは知っていますが、the oneを使って The temperature here is higher than the one in Tokyo.・・・(1) という文ならどうでしょうか?もちろんこの場合temperatureはc名詞とします。 ジーニアス2版では、上の例文で、~that of Tokyo.になってて、~「×the one」of Tokyo. となってました。 the oneを使って、~in Tokyo.なら問題ないでしょうか。いろいろ調べましたが inがダメという確証が得られませんでした。 また、 The wine is famous for the color of it.・・・(2) (そのワインは(そのワインの)その色で有名です。) はどうでしょうか?ofのあとにthatだとその後にさらにof句などが必要と思うし、 the color ofの後にthe oneでは、wineはu名詞だからおかしいと思います。 なのでitしかダメだと思うのですが、いかがでしょう。もしくはof the wineと繰り返す のでしょうか。~for its color.もありなのかもしれませんが・・・。 (1)も(2)も自分の中では大丈夫と思いますが、見識ある人の意見が聞きたいです。 簡潔に断言できる説明をしてもらえると助かります。 よろしくお願いいたします。

  • that that which について

    Help them to understand that that which may be true of a culture or country as a whole may not be true of each member thereof. 『全体として一つの文化、一つの国に当てはまることが、その各人にも当てはまるということにはならないかもしれないということを理解させよ。』 この英文のthat that which について質問です。 最初のthatは名詞節が始まりますよというthatですよね? 二番目のthatは指示代名詞(あの、その)のthatですよね? whichは関係代名詞ですよね? そこで質問なんですが、なぜ二番目のthat(指示代名詞)とwhich(関係代名詞)を、つまり、同じ代名詞を2回続けているのでしょうか? 2番目のthat(指示代名詞)のない形、つまり、 Help them to understand that which may be true of a culture or country as a whole may not be true of each member thereof. この文で良いと思うのですが、この文の場合、最初の文(that that whichの文)と意味が違ってくるのでしょうか? 教えてください。 お願いします。

  • 関係代名詞thatについて

    理解しづらい文がありました。 evidence may be found that supports a totally new theory of why dinosaurs died out. この文章のthatは文脈から判断して、evidenceにかかります。先生も沿うだろうといっていました。このように直前にない名詞を修飾するtahtははじめてみましたが、よく使われるのでしょうか。というか、そもそもこの使われ方自体ただしいいのでしょうか。 僕は最初、thatの後に形式目的語のitが省略されているのかと思いましたが、その可能性はありえないででしょうか。その理由なども含めて教えていただければ、直うれしいです。 よろしくお願いします。