• ベストアンサー

飛行機用のパラシュート

昔、飛行機には、救命胴衣よりパラシュートの方がいいのでは、と質問すると、設備費や維持費の関係で無理だ、という回答をいただきました。そこで思い出したのですが、飛行機そのものに大きなパラシュートを付けて、落下している映像を見た事があります。ところが、実際に飛行機用のパラシュートを備えている飛行機など、見た事がありません。何故でしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • W-164
  • ベストアンサー率29% (381/1271)
回答No.7

ヘリコプターなどはともかく、一般的な旅客機は高速で前進することで翼で揚力を得て空中に浮いています。 たとえ、機器の故障などで飛行の継続が困難な状態になったとしても、現時点で空中に浮いているのであれば相当な速度で前進しているはずです。 空中で爆発するような特殊な状況で無ければ、ほとんどの飛行機は墜落するとしても前進し続けた状態で地面にぶつかります。 つまり、この状態でパラシュートを開くと言う事は、飛行機が時速数百キロで前進する力も一瞬で止めなければなりません 機体の重さを支える以上の相当な力が機体に掛かるのは想像出来るかと思います 機体にその力を支えるほどの強度を求めるとしたら.機体の重量は相当な物になるでしょう。 パラシュート自体も相当な大きさが必要になりますから、その重量も相当な物になる以下と思いますが、機体も相当な重量になるかと思います。 それだけの巨大な機体を空中に浮かせるのにどれだけ燃料が必要になるか。

tahhzan
質問者

お礼

確かにそうでしょうね。しかし、私は1回だけ、テレビで見た事があったんですが、あれは実験かその類いの映像だったかもしれませんね。ありがとうございました😊

Powered by GRATICA

その他の回答 (6)

  • eroero4649
  • ベストアンサー率31% (10454/32876)
回答No.6

旅客機は大きさなどにもよりますけれど、燃料や乗客やその荷物を含めてざっくり400トンくらいあります。そんな重さを安全に支えられるパラシュートなんて現実的に無理でございますよ。ロープにかかる負担だけでもとんでもないものになりますし、1枚だけのパラシュートじゃ足りないから何個もつけるとなったら、そのうちの1個でも燃えたらもうアウトじゃないですか。 あと軍隊にもパラシュート(空挺)部隊ってありますけど、あれってどこの国でもエリート部隊なんですよ。というのも、パラシュートって結構な衝撃で、だいたい2回の高さから飛び降りるくらいなんですよ。 だから飛行機の乗客にパラシュートをつけて外に放るのは、火事だからといって2階の高さから放り投げるようなものなのです。しかも軍隊のパラシュート部隊は必ず事前に「ここに降下しても大丈夫」と分かってる場所を偵察して確認して降下します。 けれど非常事態の場合は下に何があるかは分かりません。森林地帯なら木の中に突っ込んでいくし(これはまだ地上に叩きつけられないからまだマシなほう)、岩場や谷なら叩きつけられるし、市街地なら市街地でまた大変です。家の屋根や道路に落ちていくわけで。 ニューヨークで離陸直後にバードストライクがあってエンジンが停止し、ハドソン川に緊急着水したという「ハドソン川の奇跡」というのがありましたよね。あれがパラシュートでニューヨーク市の市街地に乗客をばら撒くことを考えたら、どっちが安全そうかって話ですよね。 あともしハドソン川の奇跡のようなときに大きなパラシュートを使ったら、パラシュートの抵抗で失速して揚力を失い、そのまま墜落しちゃいますよ。高度も十分ではないですしね。あのときは機長の咄嗟の判断で飛行機をグライダーにして川に安全に着水しました。

tahhzan
質問者

お礼

ありましたね。確かに。なるほど。拝見すると、かなり非現実的というのが、分かって来ました^^ ありがとうございました😊

Powered by GRATICA
  • nagata2017
  • ベストアンサー率33% (6182/18441)
回答No.5

小型機なら可能ですけど スペースシャトルは 着陸時のスピードを落とすために使っていますが 墜落には似合わないサイズです。

tahhzan
質問者

お礼

やはり、小型機ですか…中々難しいものなんですね。ありがとうございました😊

Powered by GRATICA
  • go-go-box
  • ベストアンサー率23% (367/1558)
回答No.4

レシプロのセスナ機など小型機用ならそういう装置も開発はされていますが大型機は物理的に無理でしょう 収納場所も無いし下手したら胴体が折れてしまうかも知れません

tahhzan
質問者

お礼

胴体が折れる…それは、恐ろしいですね。そうですか…中々難しいものなんですね。ありがとうございました😊

Powered by GRATICA
  • ts0472
  • ベストアンサー率40% (4304/10626)
回答No.3

パラグライダーやスカイダイビングが知られたものですが 資格が必要な道具になります パラグライダーの体験中に失神したりめまいを発する人もいる 着陸に失敗すると命を亡くす危険もある 何処にでも降りられるものではない 海上や湖川上 高速道路の真ん中に降りてしまう可能性もある 高圧線に引っ掛かると感電死 使える場所や搭乗者の技量に左右されるものは搭載しない ですね

tahhzan
質問者

お礼

なるほど。スキルが必要なんですね。よくわかりました。ありがとうございました😊

Powered by GRATICA
  • 4500rpm
  • ベストアンサー率51% (2857/5558)
回答No.2

飛行機を支えるパラシュートは、巨大になります。 重量がかさむため、通常の飛行時には邪魔になります。 ジェット戦闘機やスペースシャトルにはパラシュートを備えているものもありますが、着陸してからの減速用です。

tahhzan
質問者

お礼

減速用ですか。なるほど。確かに、巨大でしょうね。ありがとうございました😊

Powered by GRATICA
  • are_2023
  • ベストアンサー率30% (270/884)
回答No.1

1.5tの車で落下傘が4つ必要です ボーイング787で230tくらいです 230/1.5*4=613 飛行機に落下傘を600個も付けるのは合理的でない

tahhzan
質問者

お礼

なるほど。凄い重さですね。確かに、それでは非現実的ですね^^ ありがとうございました😊

Powered by GRATICA

関連するQ&A

  • 飛行機の救命胴衣

    飛行機の救命胴衣を勝手に持って帰るとどうなるのでしょうか? スグに取れて、鞄に入れて帰れるものなのでしょうか?

  • 飛行機の救命胴衣の値段

    以前、民間旅客機のパイロットの方に座席の下にある救命胴衣の値段を聞いたら、「特殊な素材でできてるから100万くらいする」って言ってたのですが、飛行機用の救命胴衣は高額なのでしょうか?

  • 飛行機事故 パラシュート

    飛行機事故で墜落しそうになったら、皆がパラシュートで脱出する事は出来ないんですか? さすがに、陸に墜落するより遥かに生存率が高そうな気がしますが

  • 飛行機に乗る場合なぜパラシュートなしなのか?

    飛行機に乗り空中で墜落が避けられないトラブルが起きた場合、乗客は普通の場合、諦めてそのままでいるしかないかと思いますが、ぜパラシュートで脱出する事はできないのでしょうか?例えば坂本九さんの乗った航空機事故に似た事故の場合、高度が下がった時点脱出すれば、少なくとも数百の人は亡くなる事はないかと思います。こんな高技術の現代において、とてもできないとは思えません。ちなみに題名は不確かですがエアホース1?とかいう映画でも脱出できていたような気がします。また、良く航空機事故は車の交通事故より可能性が低いといいますが、車はもらう事故も含めて注意して運転すれば少なくとも死に至る確立はかなり下がると思います。もちろん、自己責任なので納得もできます。航空機事故は、機長や整備士任せで自分ではどうすることもできません。なぜパラシュートで脱出できないのか本当に不思議です。もちろん離陸時事故等は仕方がないとちょっとは諦められますが・・・。設備投資の問題とか言われそうですが、スカイダイビング用パラシュートぐらいなら用意できるのではないかと・・・。脱出不可能な事が常識となっているのは本当に不思議です。誰か教えていただけたらと思います。

  • なぜ飛行機では「パラシュート常時着用」にしないのでしょうか?

    なぜ飛行機では「パラシュート常時着用」にしないのでしょうか? 以前から疑問に思っていた点ですが、乗客全員が離陸前にパラシュートを装着していたとします。 この条件で離陸し、不幸にも飛行中に緊急事態が発生。 この時に以下の手順を。 【1】もうこれは墜落すると判ったら、機長が扉(ハッチ?)の開放を命令。 【2】一人ずつ順番に飛び降りて降下中にパラシュートを開く。  【3】着地点が陸上だった場合は飛行機の落ちそうな圏内から逃げる。 【4】【3】の場合、ついでに圏内にいる人口にも「飛行機が墜落するぞ」と叫ぶ。 【5】【4】の場合、乗客及び圏内にいた全員で逃げる。 着地点が海上の場合でもただ落ちるよりは生還の可能性が遥かに高い。 全員は無理だとしてもこれでせめて乗客数名(もしくは数十名)の命が助かる可能性が生まれます。 「墜落時はスカイダイビングと違って即座に落ちる」という考えもありますが、それでも何もせずに神頼みのまま落ちてゆくよりは何倍もマシだと思いますが。 酸素マスクだのなんだの備えてるのになんでこんな当たり前のようなシステムを採用しないのでしょうか? 「しない方がマシ」と断言できる理由が何一つないと思うのですが…。 ※この内容に適切なカテゴリーが判りませんので「法律」にしておきます。 数日しても回答無しの場合は念のために「旅行」の方に移動させて頂きます。

  • 航空会社は何で墜落しそうな時のためにパラシュート積まないの?

    質問させていただきます。 前々から疑問に思っていたのですが、飛行機はどうして非常事態用に落下傘の様な装備を積んでいないのでしょうか?  日航ジャンボ機墜落事故 などを見て、即墜落するような状況ではなくしばらく空で迷走している間に全員パラシュートで落下すれば全員とはいかなくても、一定の人の命を助けることはできたのではないかと思ったので、なぜ航空会社はパラシュートの標準装備をしないのかと疑問に思いました。  搭載しないということは、飛行機からパラシュートで落下することが危険だからそうしないのでしょうか?(そもそも脱出できなければ死んでしまうのに危険もなにもないと思いますが)ご存知の方教えてください。

  • 飛行機に脱出という考えがないのはなぜ?

    なぜ戦闘機は脱出手段があるのに、 殆どの飛行機(旅客機)、もしくはヘリコプターなどには 脱出用のパラシュートなどが備わってないのでしょうか? ジャンボジェットなどでは、故障でこれから落ちるとか、テロでダメだとか、 そういう事が万が一起こっても逃げ道がないですよね。 それは精神的にも客のプレッシャーになっている気がします。 現実的にもパラシュート脱出が可能であれば、 多くの人が助かった墜落ケースも結構あるのではないでしょうか。 タイタニックの様な旅客船でいえば、救命ボートなしで 出港してる様な感じがして、私はどうも怖いですね。

  • 飛行機の墜落時対策としての考案

    カテゴリーがわからずここに書きます。 飛行機の墜落事故について以前から思っていたことがあります。 ジャンボジェットなどを含め飛行機全般の墜落事故に関して、 高度上空でなんらかの異常で墜落体制になり急降下したとします。 そのとき、飛行機の屋根から大きなパラシュート (ドラッグカーレースで止まるとき後ろからパラシュートみたいなの出ますよね。 あれの巨大なのが)5つくらい出たら、かなり落下スピードは遅くなりませんか? 落下スピードが遅くなれば墜落時、地面や山への衝撃はいくらか緩和されると思うのですが・・・ それと、墜落時には飛行機のコックピットの方から落下すると思うので、 墜落時専用のエンジンをつけて、墜落方向へ噴射するとか、 ハリアー戦闘機みたいに下に噴射して、それで落下スピードを少しでも抑える。 パラシュートと墜落時専用エンジン?(噴射装置)の併用、 パラシュートは通常のものより強度が高いものを開発したとします。 これどうですか? まぁ、素人の考えですけど(笑) 航空機に詳しい方、専門家の方、コメントお願いします。

  • 飛行機事故で助かる方法は?

    最初に、飛行機の事の関してまったく無知で、2.3度しか乗った事がないのでご了承ください。 最近、飛行機事故のニュースなどを見て思うのですが。 どうして一人一つパラシュートを常備しないのですか? 仮に飛行機事故が起きた時、機内は凄い状態でしょうけど、ある程度上空なら墜落するまで少し時間に余裕ありますよね? そのまま機内に残り生存確率0%に近い墜落より、飛んだ事がなくても、パラシュートを背負い、上空で飛び立ったほうが何人か助かる確率があるのではないでしょうか? このまま死を待つのなら、飛ぶ!って人もいると思います。 飛行中はドアが開かないと誰か言ってましたが、そんなものどうにでも工夫できますよね。 自衛隊機のように後ろから飛べるようにしてもいいし。 多分、そんな事はもう議論尽くされたのでしょうが、調べても分からなかったので質問させていただきました。 どうか教えてください。 また、こんな感じにすれば事故を起こしても助かるのでは?ってのがあれば教えてください。

  • 飛行機について

    飛行機について、いくつか気になっていることがあるので質問させてください。 1.YouTubeでJAL123便墜落事故の再現CGを見ていたのですが、意味の分からない用語が沢山出てきます。用語が見やすく紹介されているサイトがあれば、教えてください。 2.何らかのトラブルで、機体の重量を軽くしなければならないときに、燃料を捨てる と聞いたことがあります。 空中で燃料を捨てると、地上の民家の家に燃料が落ちてくる。干してあった洗濯物に燃料が付着する等々、そのようなトラブルは無いのでしょうか? 気化するのでしょうか? 3.先日、那覇空港で炎上事故がありましたが、あのような場合、預けた荷物はどの程度補償されるのでしょうか? 4.離陸や旋回の映像を見ると、凄い角度で上昇したり旋回しています。ですが、飛行機に乗っているときはそんなに角度の変化が感じられません。 高速で移動していると、感覚がおかしくなるのでしょうか? 5.上昇して行くに連れて、車だったり海の波の動きがだんだん遅く鳴っていくように感じます。 何故でしょうか? 6.「飛行機から別の飛行機が見えないのはなぜか?」と言う質問とその回答を見ました。 その回答には、飛行機同士が近づくのは危険だから・・・ と言う回答がありました。 ですが、飛行機から飛行機を撮影した映像を何度か見たことがあります。後ろや上から撮影している映像は、遠く離れた所から、高倍率のカメラで撮影しているのでしょうか? 教えてください、お願いします。