• ベストアンサー
  • 困ってます

標準偏差の付け方

良く統計で平均値プラスマイナス標準偏差と書いてありますが、このままでいいのでしょうか。 これだと場合によっては実測値の幅より誤差幅が大きくなるような気がしますが・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3093
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

その対象となる母集団がガウス・ニュートン分布(正規分布)をしている限りにおいて、標準偏差の考えは適切なものといえます。 動物実験での医薬品の薬効検定などでは、CV値が100%を越える(つまり、標準偏差の方が実測値よりも大きくなる)ことは珍しくありません。ごくごく一般的なことです。 なんらかの方法で得られた実測値というものは、ある母集団のデータの一部に過ぎません。その得られたデータから、偏差を導き出すのですから、このような現象がおきてもおかしくはないのです。 平均値と各データの差の自乗の総和を自由度(n-1)で割ったものが標準偏差(S.D.)ですが、平均値プラスマイナスS.D.の3倍範囲がその母集団の97%を示すものであり、その範囲外にあるデータは代表的な数値から外れるものであるという使いかたがありますネ。 また、平均値プラスマイナス標準偏差としたグループ同士についてf検定を行い、さらにt検定によって有意差の有無を求めるというのが医薬品などの効果検定では一般的なものです。 これで、回答になっていますでしょうか? kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい説明有難うございます。 もう一回教科書を読んで理解できそうな気がしました。

関連するQ&A

  • 物理学実験における標準偏差、標準誤差について。

    物理学実験における標準偏差、標準誤差について。質問お願いします。統計学かもしれません。 正規分布をするグラフにおいて、平均値、標準偏差と、標準誤差をもとめました その場合、平均値±標準誤差、平均値±標準偏差のそれぞれの2つの範囲の意味を説明しなさいという問題です。 私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。 平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める であってますでしょうか

  • 標準誤差と標準偏差の違いは何?

    誤っているのはどれか? 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい ――――-―――――――------------------------------------- このような問題を考えています。 自分なりに答えを出すと・・・・・・ 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう →(○)正しい。  定義どおりだと思います。 小学校で習った平均値ですね。 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない →(○)正しい。 極端な例が混ざれば平均値は同じでも、バラツキがちがう 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される   →(○)正しい。 そのとおり標準偏差(SD)のSD±1は68.27%である。 SD±2はたいか95%くらいでしたっけ。 SD±3は99.9%くらいだね。 つまりバラツキの度合いに占めるパーセンテージだと。 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい →(○)正しい。 これがうさんくさい。 でも、私の持論によると・・・・・ ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n     σは標準偏差です。 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n      sは限られたサンプルより抽出した標準偏差の「予想値」です。                          そしてnはサンプルのサイズ(数)です。 つまり、標準偏差(SD)は国勢調査などで「全員」の数が把握できている場合であり、標準誤差(SE)は、大阪のミナミの繁華街の商店街の「全員」ということで つまり、 ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n          →σ/ √日本の総人口 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n          →s/ √大阪ミナミの商店街の人口 ・・・・ということで分母が小さくなりますから、 1/1000 と 1/10 では、1/10がおおきいですね。 つまり、調査の数が少ないと、誤差も大きくなるとそういうわけで、 誤差の絶対値は標準偏差よりも高くなるというわけです。 ですから一見この選択肢が誤りに見えますが、実は正しいのだと思います。 間違っていればどこがまちがっているか教えてください! 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい →(○)正しい。 そのとおり。 本物と同じだから誤差も無い

  • 平均値±標準偏差は?

    質問させていただきます。 平均値±標準誤差はわかるのですが 平均値±標準偏差は何を表しているのかよくわかりません どなたかご教授ください・・・。

  • 標準偏差

    実験で、とある法則にしたがってηを求める実験をして、 実験から標準偏差Δηと平均値η_0が得られた場合、 η_0±Δηという幅が得られますよね。 この範囲に参照値が含まれてなかった場合は、 法則によってηが求められたとはいえない、ということでしょうか? それとも、法則によって確かにηが得られたが、大きな誤差が発生した、ということでしょうか?

  • 母集団の標準偏差

    統計の初心者ですが困っているので教えてください。 母集団(N=30)で各グループ(N=10)の標準偏差がわかっている場合、母集団の標準偏差は計算ででるのでしょうか? 例 グループA(N=10) σ=2 平均値=10 グループB(N=10) σ=3 平均値=9 グループC(N=10) σ=2 平均値=11 この場合母集団(N=30)のσは?

  • 平均値の標準誤差と標準偏差の関係式について

    平均値の標準誤差と標準偏差の関係式について 平均値の標準誤差と標準偏差にはどのような関係式がありますか? 調べたのですがわからなくて困っています。わかる方がいましたら教えてください。

  • 標準偏差について教えてください。

    標準偏差について教えてください。 統計初心者です。正規分布するとわかっている母集団があって、ある値がその母集団で標準偏差がいくつなのかを知りたいと思っています。母集団は平均値、1.5SDの値はわかっていますが、それ以上はわかっていません。 初心者のため、簡単に教えていただけるとうれしいです。お願いいたします。

  • -1~1までの一様乱数の平均値と標準偏差、標準誤差について

    -1~1までの一様乱数の平均値と標準偏差、標準誤差について サンプルとなる乱数の数が増えるほど平均値は0に近づきますよね? そのサンプルを1,10,100,・・・とどんどん増やしていくときの 平均値と標準偏差、標準誤差の挙動を知りたいです。 サイトではどこも○○個のサンプルではこうだ!としか載っていないので。。 こういったことがわかるサイト、書籍はないでしょうか。

  • 減少率の標準偏差の求め方

    コントロール群(a,b,c,d,e,f)平均1 A群(g,h,i,j,k,l)平均0.7 B群(m,n,o,p,q,r)平均0.6 3群18サンプル存在し、群ごとの減少率を比較したい。 棒グラフの横軸を群の名称、縦軸を減少率としたい。 (A群、30%)、(B群、40%) この棒グラフに標準偏差によるエラーバーをつけたい。 この場合(1) A群 (1-g)/a, (1-h)/a, …, (1-l)/f 36通りの平均値に100を掛けたものを減少率とし、標準偏差を求める B群 (1-m)/a, (1-n)/a,…, (1-r)/f 同上 あるいは(2) A群 (1-g)/1, (1-h)/1,…, (1-l)/1 6通り(1はコントロール群の平均値)の平均値に100を掛けたものを減少率とし、標準偏差を求める B群 (1-m)/1, (1-n)/1,…, (1-l)/1 同上 のどちらが正しいのでしょうか。 あるいは他に正しい求め方があるのでしょうか。 2つのやり方で、値は同じになる気がしますが、それは統計上同じと考えてよいのでしょうか。 値は同じでも、意味が違うなら、その場合、どちらが正しいのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 標準偏差について

    最近、統計の勉強を始めたのですが、分からない問題があります。 試験の得点xの平均をx-、標準偏差をSxとすると 変量u=(x-x-)/Sxについて、uの平均と標準偏差Suを求めよ。 答えは、uの平均が0、標準偏差が1になるようです。 ぜひ教えてください!

専門家に質問してみよう