• ベストアンサー
  • 困ってます

平均値±標準偏差は?

質問させていただきます。 平均値±標準誤差はわかるのですが 平均値±標準偏差は何を表しているのかよくわかりません どなたかご教授ください・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数5002
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.15
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

No13の補足について  オリジナルのご質問のなかの、  >平均値±標準誤差はわかるのですが の書き込みで、標準偏差と標準誤差を逆にとっておられるかもしれない、ということに気づくべきした。というのも、標準誤差について書いてあるテキストは少ないからで、標準誤差がわかるなら、統計学の初歩はご理解されているハズ、だからです。  さて、母集団とというのは、自分が対象としようとしている集団全体が、母集団です。例えば、A校の一年生と二年生を比較しようとする場合は、それぞれ1年生と2年生全員が母集団ということになります。ですがら、無限ではありません。  ヒトについての場合は、ヒト全体が母集団になります。実験者が、現在生存するヒト、と断らない限り、理論上は亡くなったヒトや将来生まれてくるヒトも対象になるので、ヒトという母集団は、無限になります。実際は、何歳のヒト、とか条件がつくので、数学的には有限になります。  とにかく、対象としようとするもの全てが母集団で、無限であることは絶対条件ではありません。  母集団は、ひつと一つの集まり全体です。その中から、一つを取り出す操作を抽出、といいます。抽出時には、作為(実験者の意志)が入るのはマズイので、無作為抽出を行います。サイコロをふって決めるのは、イカサマのサイコロでなければ、偶然によって決まるので作為は入らず、無作為抽出になります。最近は、コンピュータで、乱数表を発生させ、それによって決めるとか。  標本は、抽出されて、取り出されたものです。  6人いて、誰に当番をさせるかを決める場合、サイコロを振って決まるのは偶然です。サイコロを振るのが抽出、当番に当たったヒトがサンプルです。  サンプル数は、一つでも、複数でもいいのです。しかし、統計学では、サンプルが一つの場合はマレ(偶然性が強すぎる、あるいは平均も標準偏差が計算できないので全体が見えない)なので、サンプルといえば複数を想定します。  サンプルたち、とお書きにならなくても、複数を対象にしていると判断できれば、そのように想定します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

その他の回答 (15)

  • 回答No.16
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

また、お邪魔します。 まだ論争(?)が続いてたんですね(笑) 私も、遅ればせながら「標準誤差」という言葉の定義を調べてきました。 標準偏差÷√nだったんですね。 そういえば、これ、実験の基礎知識でした。(「95%」という数字は全く忘れていました) というわけで、あらためて整理しますと、 >実際に測定した値たちの平均値±標準誤差、に値たちの約68%が収まるか? →Yes >真の平均値は、平均値±標準偏差、内に95%の確率であるか? →Yes 2番目のほうは、QCの本で、なんちゃら検定だか危険率5%だかという用語で載ってたような気がします。 以下、引用です。 基礎科学分野の測定の場合,例えば地球の質量や月までの距離を正確に知りたいとき,その値(母平均μ)が中心課題となり,何回かの測定実験による標本平均値から真値がどの範囲にあるか示すため,標準誤差などを用いる。 (下記、参考URL)

参考URL:
http://www2.ttcn.ne.jp/~t.shimba/tsfiles/Comments.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.14

もとの質問については理解が済んだのでしょうか? >平均値±標準偏差は何を表しているのかよくわかりません について,別の観点からお答えします。 正規分布のグラフはご存じですね? 横座標で,平均値+標準偏差と平均値-標準偏差 のところがこの曲線の変曲点です。この横座標の間は曲線が上に凸,その外側は下に凸の形状をしています。 (今までのやり取りをみれば,質問はこんなことを聞いているんじゃなかったんでしょうね,きっと・・・  失礼しました。でももとの質問だけからは何を聞きたいのかよくわからなかったので,ちょっとわき道にそれてみました )

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はい! 理解できました有難うございます。 私、質問した当初は 平均値±標準偏差 平均値±標準誤差 を正反対に解釈してました(ーー;) 大変お騒がせしました。

  • 回答No.13
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

No8の回答の補足 >全体(実際測った値たち)の68%が平均値±標準偏差のなかにが収まり、 無限個の中からいくらかずつとりだした平均値は、その都度ずれるものの、その平均値たちの68%は、平均値±標準誤差、のなかに収まる。 で正しいと思います。 ただ、専門用語の、母集団、抽出、サンプル(標本)などを使われて、書き込まれた方が、認識のずれが生じにくくなるので、答えやすくなります。  統計は、何か具体的な問題がないと、勉強しにくい分野だと思います。ご質問の姿勢には好感がもてるのですが、統計学の入門書をもう一度ごらんになるのが一番です。  私の場合は、教科書どおりやってみて、次は教科書なしにトライして分からなくなり、また教科書を見て、の繰り返しでした。  ただ、標準偏差については、どの本にも書いてあると想います。標準誤差については、ほとんどありません。しかし、標準偏差がご理解できようになれば、標準誤差については、「サンプル」の部分を「サンプルの平均値」と頭の中で読みかえれば、それでOKです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

サンプル=無限個(母集団)のなかからいくつか取り出した(抽出した)値たち でよろしいでしょうか

質問者からの補足

確かに専門用語を使うと、専門家同士の話のやり取り で、認識のずれが生じにくいのはいえてますが・・・ 専門家じゃない僕自身、用語すらあいまいなものですから・・・・すみません。 僕の頭のなかでは 母集団=無限個のデータ   で 抽出?≒サンプル? なものですから、用語を使って話が出来なかったんです・・・ そのせいで、逆に皆様にわかりにくい話になってしまたかもしれません 上の3つについて説明していただけたら幸いです。 本当に素人ですみません。 でも、皆様のお力添えでとても助かりました。

  • 回答No.12

ゴメンナサイ。またまた訂正です。 「その平均値たちの68%は、平均値±標準誤差、のなかに収まる。」 ここで使われている用語「標準誤差」が, 毎回 (標本の)平均値たちを求めるときに使われたデータの個数の平方根で (母集団の)標準偏差を割ったもの, を意味するのだとすると, すなわち, 標準偏差÷√(標本データの個数) を,ここでいう「標準誤差」だとすれば, そのとおりです! かなり,「その平均値たち」は,平均値に近いところに分布していることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11

NO.7&8 再登場です。 あらたなご質問が 「無限個の中からいくらかずつとりだした平均値は、その都度ずれるものの、その平均値たちの68%は、平均値±標準誤差、のなかに収まる。のか?」 ということだとすると,違います。 No.10回答さんの答えでよいです。 すなわち, 「無限のデータたちから有限個のデータたちを取り出して,その平均値を計算する」という操作を何回か繰り返すと,そのいくつかの平均値たちは,もとの(無限のデータの真の)平均値にきわめて近いところに分布することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

またまた補足します。 #7さんの回答が気になったのですが、 おそらくsasaallyさんの新たな疑問の2つめは、 「測定した有限個のものの平均値は、無限個全てを調べたときの真の平均値とは異なるものであって、真の平均値が、「有限個のものの平均値±なんちゃら」の中に入っている確率は?」 ということなんですよね? これは、68%という怪しい確率なんかではなくて、ものすごく高い確率になります。 しかも、測定した「有限個」のデータの数によって、変わってきます。 (測定した個数が多ければ多いほど、真の平均値が、測定平均値±なんちゃら の範囲にある確率は上がります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

#5です。再び。 >実際に測定した値たちの平均値±標準誤差、に値たちの約68%が収まる。 「標準誤差」を「標準偏差」に読み替えると、正しいです。 「標準誤差」って「標準偏差」と同じだったんでしたっけ・・・? >実際に測定しきれないほどの、無限個の平均値は、 >平均値±標準偏差、内に95%の確率であるという解釈は >違ってるのですか? あー、これですね。そんなのも確か見たような・・・。 これは結構難しいです。たしか確率統計だか工業(QC)関係の文献に書いてたような気がします。 その文献が手元にないんで、すぐお答えできません・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

あ!ゴメンナサイ 書き間違いに気づきました。 訂正です。 誤:(残りの約38%はその範囲外にあります) 正:(残りのデータ(すなわちもとのデータの約32%)はその範囲外にあります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなんさん、つきあってくれて感謝します。 全体(実際測った値たち)の68%が平均値±標準偏差のなかにが収まり、 無限個の中からいくらかずつとりだした平均値は、その都度ずれるものの、その平均値たちの68%は、平均値±標準誤差、のなかに収まる。 ということですか。

  • 回答No.7

>実際に測定しきれないほどの、無限個の平均値は、 平均値±標準偏差、内に95%の確率であるという解釈は違ってるのですか? →違っています。(キッパリ) 無限個のデータがあったとして,もしその平均値と標準偏差がわかったとします。(どのようにして分かったのでしょうね?) その場合も,無限個のデータの約68%は平均値±標準偏差のなかに入ります。(残りの約38%はその範囲外にあります) ・もとの質問の次の問について: >平均値±標準偏差は何を表しているのかよくわかりません →「標準偏差」というものが,たくさんあるデータのバラツキを表すのに理論的に都合がよいので,多くの理論的議論のなかで用いられます。 で,『「標準偏差」って,もとのデータとどういう関係にあるの?』 という問に対する答えの一つが 「平均値±標準偏差 という範囲の中に,もとデータの約68%が入る という関係があるよ」 というものです。 「その関係について,もうちょっと多く教えて!」という要求に対する答えとして, 「平均値±2×標準偏差の範囲には,もとのデータの約95%が入っちゃうんだよ」とか 「平均値±3×標準偏差 の範囲には,もとのデータの約99.7%が入っちゃうんだよ」などという答えがあるのです。 「さらにもっと知りたい」という物好きのひとのために, 「標準偏差±0.6745×標準偏差 の範囲内に,もとデータの約50%が入るんだよ」 「標準偏差±1.6449×標準偏差 の範囲内に,もとデータの約90%が入るんだよ」 などと,(理論のはなしですから)いくらでも詳しくその関係を述べることができます。 ※ 別に「平均値±標準偏差」だけを特別扱いしなくてもいいのです。d(^_^.)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • kgu-2
  • ベストアンサー率49% (787/1592)

>無限個の平均値は、平均値±標準偏差、内に95%の確率であるという 平均値のバラつきは、標準偏差ではなく標準誤差で表します。95%の確率は、標準誤差の1倍ではなく2倍の範囲になります。  したがって「無限個の平均値は、平均値±2×標準誤差のうちに、95%の確率で入る」なら正しいのでは。  下に、以前回答したものがあります。私の知識は、それで全てです。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=667191

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 物理学実験における標準偏差、標準誤差について。

    物理学実験における標準偏差、標準誤差について。質問お願いします。統計学かもしれません。 正規分布をするグラフにおいて、平均値、標準偏差と、標準誤差をもとめました その場合、平均値±標準誤差、平均値±標準偏差のそれぞれの2つの範囲の意味を説明しなさいという問題です。 私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。 平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める であってますでしょうか

  • -1~1までの一様乱数の平均値と標準偏差、標準誤差について

    -1~1までの一様乱数の平均値と標準偏差、標準誤差について サンプルとなる乱数の数が増えるほど平均値は0に近づきますよね? そのサンプルを1,10,100,・・・とどんどん増やしていくときの 平均値と標準偏差、標準誤差の挙動を知りたいです。 サイトではどこも○○個のサンプルではこうだ!としか載っていないので。。 こういったことがわかるサイト、書籍はないでしょうか。

  • 標準偏差/平均値で何がわかるの

    標準偏差の意味と標準偏差/平均値で何がわかるか教えて

  • 標準誤差と標準偏差の違いは何?

    誤っているのはどれか? 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい ――――-―――――――------------------------------------- このような問題を考えています。 自分なりに答えを出すと・・・・・・ 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう →(○)正しい。  定義どおりだと思います。 小学校で習った平均値ですね。 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない →(○)正しい。 極端な例が混ざれば平均値は同じでも、バラツキがちがう 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される   →(○)正しい。 そのとおり標準偏差(SD)のSD±1は68.27%である。 SD±2はたいか95%くらいでしたっけ。 SD±3は99.9%くらいだね。 つまりバラツキの度合いに占めるパーセンテージだと。 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい →(○)正しい。 これがうさんくさい。 でも、私の持論によると・・・・・ ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n     σは標準偏差です。 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n      sは限られたサンプルより抽出した標準偏差の「予想値」です。                          そしてnはサンプルのサイズ(数)です。 つまり、標準偏差(SD)は国勢調査などで「全員」の数が把握できている場合であり、標準誤差(SE)は、大阪のミナミの繁華街の商店街の「全員」ということで つまり、 ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n          →σ/ √日本の総人口 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n          →s/ √大阪ミナミの商店街の人口 ・・・・ということで分母が小さくなりますから、 1/1000 と 1/10 では、1/10がおおきいですね。 つまり、調査の数が少ないと、誤差も大きくなるとそういうわけで、 誤差の絶対値は標準偏差よりも高くなるというわけです。 ですから一見この選択肢が誤りに見えますが、実は正しいのだと思います。 間違っていればどこがまちがっているか教えてください! 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい →(○)正しい。 そのとおり。 本物と同じだから誤差も無い

  • 標準偏差と平均値の関係

    標準偏差と平均値の関係を教えて下さい。 標準偏差は平均値より大きくなったらまずいんですか。 とにかく急いでます。教えて下さい。

  • 平均値と標準偏差

    10人の各被験者に対して10回以上ずつ朝と夕でデータをとりました。例えばAさんのデータは朝12回分、夕方13回分、Bさんのデータは朝15回分、夕方12回分あります。 朝と夕方の平均値と標準偏差はどうやって求めればいいのでしょうか。10人に対して一人ずつ平均値を求めてそれに対する平均と標準偏差を求めるというのでいいでしょうか。また、朝と夕方の違いというのは一人ずつの朝と夕方の平均値を使ってpaired-t で検討すればいいのでしょうか。それともなにかもっと適切なやり方があるのでしょうか。教えてください。

  • 標準偏差の平均値の求め方

    二つの標準偏差σaとσbがあったとします。 このとき両者の平均値は(σa+σb)/2ではなく、 SQRT((σa^2+σb^2)/2) となるらしいのですがどうして単純に足して割るだけではだめなのでしょうか?

  • 確率と平均値と標準偏差

    教えてください。 確率で数値を出した場合に、その確率の値から標準偏差は出せますか? barを挿入した場合に0%や100%を超える事になったりして、意味のある数値なのか気になりました。 で、標準偏差の値は平均値にそのまま足したり引いたりしたのが範囲となるのですよね? 標準偏差で出た数値の中心を平均値にもってくるのは間違いですよね?(つまり、こうすると標準偏差で出る値の半分が上限、下限となりますが)

  • 標準平均Xバーの標準偏差について

    たびたびすみません。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3484149.html を質問させていただいたものです。 まず、「標準平均Xバーの標準偏差」というのは「標本誤差」という のですか? そもそもこの標本誤差というのは何に役立つのでしょうか? 高校の数学の教科書の問題で、下記のようなものがありました。 「ある県の17歳男子の体重の平均値は62kg、標準偏差は9kgである。  この県の17歳男子100人を無作為抽出で選ぶとき、100人の体重の  平均Xバーの期待値と標準偏差を求めよ。」 この標準誤差?というのは9/√100で0.9kgとなると思うのですが、 この0.9kgはどんな意味をもつのでしょうか? 100人全体の標準偏差は、「標本標準偏差」というものになり本来は 分母をn-1にして、これが母標準偏差の推定値ということなんです よね?それでこれはだいたい9kgに近いということですよね? (分母をnにしたものを標本標準偏差と呼ぶの?) 文章下手ですみません。 よろしくお願いします。

  • 平均値の標準偏差

    とある画像処理に関する論文を読んでいて次のような記述があったのですが分からない点があったのでどなたか教えてください。(簡単にまとめてあります。) 「ノイズのある画像を複数回撮影し、その平均値をとることでノイズ成分を小さくすることができる。ノイズ成分が正規分布の場合、標準偏差σと測定回数n回の平均値の標準偏差σ1は以下で記述される。 σ1=σ/√n 」 この記述に関して、 1.ノイズ成分が正規分布の場合しか、上記式は適用できないのでしょうか。ランダムノイズの場合でも平均化できるような気がするのですが・・・。 2.またなぜ、測定回数の平方根に反比例するのでしょうか。 3.上記式では測定回数nを多くすれば平均値の標準偏差σ1は0に近づきますが、この数値はいくつくらいならいいのでしょうか。0に近いほど母集団の平均値を推定できているということまでは分かったのですが、どのくらいの数だったらいいという閾値や評価基準みたいなものはあるのでしょうか。 以上、どなたかご回答お願いします。