• 締切済み

標準誤差と標準偏差の違いは何?

誤っているのはどれか? 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい ――――-―――――――------------------------------------- このような問題を考えています。 自分なりに答えを出すと・・・・・・ 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう →(○)正しい。  定義どおりだと思います。 小学校で習った平均値ですね。 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない →(○)正しい。 極端な例が混ざれば平均値は同じでも、バラツキがちがう 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される   →(○)正しい。 そのとおり標準偏差(SD)のSD±1は68.27%である。 SD±2はたいか95%くらいでしたっけ。 SD±3は99.9%くらいだね。 つまりバラツキの度合いに占めるパーセンテージだと。 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい →(○)正しい。 これがうさんくさい。 でも、私の持論によると・・・・・ ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n     σは標準偏差です。 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n      sは限られたサンプルより抽出した標準偏差の「予想値」です。                          そしてnはサンプルのサイズ(数)です。 つまり、標準偏差(SD)は国勢調査などで「全員」の数が把握できている場合であり、標準誤差(SE)は、大阪のミナミの繁華街の商店街の「全員」ということで つまり、 ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n          →σ/ √日本の総人口 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n          →s/ √大阪ミナミの商店街の人口 ・・・・ということで分母が小さくなりますから、 1/1000 と 1/10 では、1/10がおおきいですね。 つまり、調査の数が少ないと、誤差も大きくなるとそういうわけで、 誤差の絶対値は標準偏差よりも高くなるというわけです。 ですから一見この選択肢が誤りに見えますが、実は正しいのだと思います。 間違っていればどこがまちがっているか教えてください! 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい →(○)正しい。 そのとおり。 本物と同じだから誤差も無い

みんなの回答

noname#227064
noname#227064
回答No.2

突っ込みどころ満載の問題文ですね。 思うに、4と5は平均誤差の絶対値の期待値の大小について聞いているのではないでしょうか? つまり、4なら「母平均がμで母分散がσ^2の分布からiidに大きさnの標本を得る。この標本平均をMとしたとき、E[|M-μ|] がMの標準誤差√(σ^2/n)より大きいかどうか」ということではないでしょうか? |M-μ|も確率変数のため、Mの標準誤差よりも大きい値になることも小さい値になることもあり、どんな値になるかはわかりませんので、4と5は正しくありません。 E[|M-μ|] ならば定数なのでMの標準誤差と比較ができ、4が誤りで5は正しい。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

独特の日本語を使われているので不明点もいくつかありますが、気がついた点をいくつか。 >算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう  変量というのは確かに統計で使われる言葉です。算術平均値は統計以外にも使われる言葉なので、普通に統計において平均とは変量の算術平均のことである。 でよろしいかと。 >2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない  2集団を構成する標本という言い回しは聞いたことがありません。2集団からの標本とか、2集団から抽出された標本(標本には抽出の概念が含まれるから言葉が重なってますが) とかの言い回しが自然では? 標本が集団を構成するわけじゃないし。 >集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される   集団の標本が正規分布している場合 の意味が曖昧  抱合???どういう意味? 母集団が正規分布に従っているとき、母平均値±母標準偏差の範囲に68.3%の確率で標本値が現れる。なら意味が通るけど。 >集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい 平均誤差は測定の世界で誤差(統計誤差、系統誤差含め)の算術平均です。絶対値という言葉は不要です。 標準誤差は統計値(標本から計算された母集団を推定する数値)のばらつき(統計値の標準偏差)を表したものです。 ですから標準誤差には標本平均の標準誤差とか、標本中央値の標準誤差とか、標本分散値の標本誤差とかいろいろあります。絶対値という言葉は不要です。 ですから、この文章意味がない。 >SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n 標本の平均値の標準偏差=σ(母集団の標準偏差)√n >SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n 標準誤差の平均値という概念はありえません。 >正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい 意味不明 平均誤差の意味をどう考えているのかしら?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 標準誤差の式について

    標準誤差を求める式、SE = SD / √nについて質問がございます。 現在、標準誤差を勉強しております。 標準誤差が標本平均の標準偏差だと知り、 下記母集団を単純な例にして標準誤差を求めました。 ■1 母集団「2,3,4」 標本集団「2,3」「3,4」「2,4」 ■2 母平均:μ=3 母標準偏差:σ=√[{(2-3)^2 + (3-3)^2 + (4-3)^2} / 3] = √(2/3) ■3 標本平均:μ1=2.5、μ2=3.5、μ3=3 標本平均の平均:x=3 標本平均の標準偏差(標準誤差): s=√[{(2.5-3)^2 + (3.5-3)^2 + (3-3)^2} / 3] = √(1/6) ■4 標準誤差の式にあてはめ SE = SD / √n =√(2/3) / √3 =√(2/9) 3は標準偏差の公式に当てはめました。 4は標準誤差の公式に当てはめました。 計算間違いあるいは値の代入間違いでなければ、 3の標準誤差と4の標準誤差は同じになるはずだと思うのですが、 なっておりません。 何故なのでしょうか? 3の計算方法が間違っているのでしょうか? お教えていただければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • 標準偏差と誤差

    初めて質問します。 一般に標準偏差の計算は,母集団=標本集団とすると (測定値-平均値)の2乗の和をデータ数で割ったものの平方根だと思います。 (EXCELのSTDEVP関数もこの計算をしているようです。) ところで,大学のときに習った平均自乗誤差は, 母集団=標本集団の場合 (測定値-平均値)の2乗の和をデータ数の2乗で割ったものの平方根 ただし,母集団>標本集団の場合は, (測定値-平均値)の2乗の和を (データ数*データ数-1)で割ったものの平方根 以上のように習いました。 そこで質問です。 1.分母が標準偏差は1乗で,平均自乗誤差は2乗なのはなぜでしょうか? 2.母集団>標本集団の場合は,(データ数*データ数-1)になるのはなぜでしょうか? 3.EXCELには母集団=標本集団のSTDEVP関数と 母集団>標本集団のSTDEV関数がありますが,母集団>標本集団の場合の標準偏差の計算というのはどんな計算をしているのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 標準偏差と標準誤差

    標準偏差と標準誤差のちがいってなんですか? 両方とも正規分布(N、σ2/n)のσ2/nの正の平方根をとったものではないのですか?

  • 標準偏差について教えてください。

    標準偏差について教えてください。 統計初心者です。正規分布するとわかっている母集団があって、ある値がその母集団で標準偏差がいくつなのかを知りたいと思っています。母集団は平均値、1.5SDの値はわかっていますが、それ以上はわかっていません。 初心者のため、簡単に教えていただけるとうれしいです。お願いいたします。

  • 正規分布の標準偏差

    「質問」 下記の画像に記述されている標準偏差の意味がわかりません。 「質問の経緯」 標準偏差や分散の意味については理解できているつもりです。 下記の画像の赤線の部分には正規分布nの分散は120^2 と書かれています。なので当然標準偏差は120です。 ところが、この後標準偏差を無作為標本の標本数で割っています。 正規分布の標準偏差を無作為標本の標本数で割った数のことを 標準偏差と書いているようなのですが、ここについてよく分かりません。 「質問のまとめ」 正規分布の標準偏差を標本数で割った数字を改めて 標準偏差としている意味がよく分かりません。 教えてほしいです。

  • 分布からみた 標準偏差、標準誤差について

    はじめまして。よろしくお願いします。 さまざまな標準偏差、標準誤差についての投稿をみましたが、 分布から見た場合標準偏差と標準誤差とはどのようになるのでしょうか? データのサンプルをとり、それを正規化し、分布にあらわすと正規分布に限りなく近づいてくると思います。(これには中心極限定理がかかわっていると思います) そこでその分布の山の幅(というのでしょうか?)が標準偏差になっていると思うのですが、標準誤差とはどこを表すものなのでしょうか? また標準誤差をあらわすにあたって、中心極限定理を使ってあらわすことはできるのでしょうか?

  • 最大値の平均と標準偏差

    仕事で解が解けずに悩んでいます。助けてください。 平均値E(1)~E(N) 標準偏差V(1)~V(N)の正規分布の確率分布を持つN群の独立した事象があるとします。各集団のn数は等しく十分に大きいものとします。 このときに各集団から1つづつ任意にサンプルをNコ取り出して、その最大値がどのような確率分布(平均と標準偏差)になるか、一般解を求めたいと考えています。 もっとも単純な例として、等しい分布の集団から2コ取り出す例で 平均:E(1)=E(2)=150 標準偏差;V(1)=V(2)=50とおいてn=5000で実数検証してみると、最大値の分布は E=178 V=40ぐらいになりました。 処理時間ばらつきを持つ工程をNコ連続配置したときにスループットがどのようになるかの推定が目的です。

  • 物理学実験における標準偏差、標準誤差について。

    物理学実験における標準偏差、標準誤差について。質問お願いします。統計学かもしれません。 正規分布をするグラフにおいて、平均値、標準偏差と、標準誤差をもとめました その場合、平均値±標準誤差、平均値±標準偏差のそれぞれの2つの範囲の意味を説明しなさいという問題です。 私の考えでは、平均値-標準偏差~平均値+標準偏差の範囲は測定値のばらつきがこの範囲に68.3パーセントを占める。 平均値-標準誤差~平均値+標準誤差の範囲の意味は平均値のありそうな幅の推定でこの範囲に68,3パーセントを占める であってますでしょうか

  • 標準偏差について

    ある正規分布(標準偏差a)に従う集団からある正規分布(標準偏差b)に従う集団を引いたもの(または足したもの)の正規分布の標準偏差cは、aとbを用いてどのように表せるのでしょうか? 確か数式があったと思うのですが、ど忘れしました。 平均はただ足しただけだったと思うのですが、 標準偏差は足してルートとったりとかしてたような気が… ネットで調べてもうまく見つからないので、 覚えている方がいればお願いします。 稚拙な説明で申し訳ありません。

  • 標準誤差とその性質

    標準誤差(SEM)が標本平均の標準偏差であることは,分かったのですが,母集団から標本集団Aと標本集団Bをとった場合に,AとBの標準誤差の関係が分かりません。 具体的には,例えば貨幣を製造したときに基準をパスする貨幣の重さのSEMが1つの貨幣あたりsだとした場合に,n個の貨幣を無作為抽出したときに得られる総和の標準誤差と貨幣の重さの平均の標準誤差が求められるものでしょうか。