• 締切済み
  • すぐに回答を!

標準偏差の幅の算出法を教えて下さい

統計については素人です。 標準偏差の幅の算出法がわかりません。 算術平均から求める標準偏差と、幾何標準偏差の2種について、簡単に教えて頂けませんか。 また、エクセルでの算出法も教えて下さい。 データの見方がわからなくて、困っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1549
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • onakyuu
  • ベストアンサー率45% (36/80)

まずは分散をもとめます。すなわち、 平均で引いたものを2乗たものの平均を求めます。 これが分散で分散の平方根が標準偏差です。 幾何標準偏差については対数を取ってから同じことを するとよいでしょう。 エクセルでは分析ツールを用います。 上のツールと書かれたところをクリックして 分析ツールが見当たらなければアドインを 選んで追加します。CDが必要になるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 「幾何平均(幾何標準偏差の幅)」という数値をいま見ているのですが、幾何標準偏差の最小値と最大値の求め方がよくわからないのです。 つまり、幾何平均値が幾何標準偏差の最小値と最大値の中央値になっていないので、なんだかよくわからないのです。シロウトなので、こんな説明しか出来なくて申し訳ないのですが、もし、幅の出し方がお分かりでしたら、お教え下さい。

関連するQ&A

  • 幾何標準偏差の求め方

    6つの数値 23,30,34,14,11,18 の、幾何平均と幾何標準偏差をExcelで算出したいのです。幾何平均はGEOMEAN関数で算出することが出来ましたが、幾何標準偏差はどのような関数を用いれば良いのでしょうか?

  • 算術平均に対する標準偏差は、幾何平均に対する?

    度々お世話になります。よろしくお願いいたします。 さて現在、ある課題を10回繰り返し、それに要した時間について 3つほどのグループで比較するグラフを作成しようとしています。 (例えば、ABCと3つのグループで、それぞれに属する人が  同じテストを10回行い、その所要時間を測定します) 図中の横軸にはグループの別を、縦軸には所用時間をプロットします。 このとき、所用時間は個人差が大きいので、各人の中央値を取って、 その幾何平均を示したいと思っています。 ここで、ひとつ困ったことが発生しました。 私は、算術平均を用いるのであればグループ内のばらつきを示すために 標準偏差を添えて図示しているのですが、今回は記述の通り幾何平均を 用いたため、何を添えれば良いのかを知りません。 自分で調べてみたところ「幾何標準偏差」なる用語を見つけたのですが この正体もわからず、上述の用途に使えるものか判別できませんでした。 また、下記URLの説明文中には、 「誤差は正負ともにつけるべきです。なぜかというと血中濃度の個体差は対数席分布すると言われているため、幾何平均を用いる人もいます。その場合対数プロットした際のSDは正負同じ長さです。算術平均で求めたSDは正負で長さが異なります。つまりSDの長さで、幾何平均か算術平均か図をみればわかるのです。」 というコメントがあります。 http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Jupiter/2752/geobook.html 標準偏差を算術平均で求める場合と幾何平均で求める場合というのは、 私の質問と関係があるのでしょうか。 あるいは対数プロットする場合の話であって、関係ないのでしょうか。 すこし質問が長くなりましたので、まとめます。 まず 1. 幾何平均した際に示す「ばらつき」の指標は何が適当か という点についてご存知であれば、ご教授いただければと思います。 また、 2.標準偏差を幾何平均で出す場合は、算術平均の場合と何が違うのか ということにつきましても、ご教授いただければ大変有難いです。 些細な情報でも結構ですので、よろしくお願いいたします。

  • 標準偏差の計算について教えてください。

    確率統計が超苦手なのですが,計算しなければなりません。よくわからないので教えてください。 例えば, 数:10 平均:1.1 標準偏差:0.05 数:5  平均:1.2 標準偏差:0.03 数:20 平均:1.05 標準偏差:0.1 が与えられたとき,どのようにして計算すれば,全体の標準偏差が算出できますか?

  • 標準偏差を求める際のデータ数について

    統計初心者ですが、この度アンケート調査を行い、その結果報告書を作成しなければならないのですが、データ数9の場合、平均、最小、最大に加え、標準偏差も記載しようと思っていますが問題はないでしょうか? 標準偏差は、データが30、50以上ないと意味がないということを聞いたことがあるので戸惑っています。 また問題ない場合、「データ数が少ない場合は補正係数を掛ける」という説明を見かけたのですが、これは単に算出した標準偏差に補正係数を掛けて、記載すればいいのでしょうか? この場合の記載の仕方などについても教えていただけないでしょうか。

  • 標準偏差について

    最近、統計の勉強を始めたのですが、分からない問題があります。 試験の得点xの平均をx-、標準偏差をSxとすると 変量u=(x-x-)/Sxについて、uの平均と標準偏差Suを求めよ。 答えは、uの平均が0、標準偏差が1になるようです。 ぜひ教えてください!

  • 標準誤差と標準偏差の違いは何?

    誤っているのはどれか? 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい ――――-―――――――------------------------------------- このような問題を考えています。 自分なりに答えを出すと・・・・・・ 1. 算術平均値とは対象群のすべての変量の総和をその対象群の総数で徐したものをいう →(○)正しい。  定義どおりだと思います。 小学校で習った平均値ですね。 2. 2集団の平均値が同じであっても2集団を構成する標本の分布が等しいとはいえない →(○)正しい。 極端な例が混ざれば平均値は同じでも、バラツキがちがう 3. 集団の標本が正規分布している場合、平均値±標準偏差の範囲には標本中の約68.27%が抱合される   →(○)正しい。 そのとおり標準偏差(SD)のSD±1は68.27%である。 SD±2はたいか95%くらいでしたっけ。 SD±3は99.9%くらいだね。 つまりバラツキの度合いに占めるパーセンテージだと。 4. 集団における平均誤差の絶対値は常に標準誤差の絶対値より大きい →(○)正しい。 これがうさんくさい。 でも、私の持論によると・・・・・ ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n     σは標準偏差です。 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n      sは限られたサンプルより抽出した標準偏差の「予想値」です。                          そしてnはサンプルのサイズ(数)です。 つまり、標準偏差(SD)は国勢調査などで「全員」の数が把握できている場合であり、標準誤差(SE)は、大阪のミナミの繁華街の商店街の「全員」ということで つまり、 ■SEχ(標準偏差の平均値)=σ/ √n          →σ/ √日本の総人口 ■SDχ(標準誤差の平均値)=s/ √n          →s/ √大阪ミナミの商店街の人口 ・・・・ということで分母が小さくなりますから、 1/1000 と 1/10 では、1/10がおおきいですね。 つまり、調査の数が少ないと、誤差も大きくなるとそういうわけで、 誤差の絶対値は標準偏差よりも高くなるというわけです。 ですから一見この選択肢が誤りに見えますが、実は正しいのだと思います。 間違っていればどこがまちがっているか教えてください! 5. 正規分布する標本数の等しい2集団において、標準偏差の絶対値が等しければ平均誤差の絶対値も等しい →(○)正しい。 そのとおり。 本物と同じだから誤差も無い

  • 標準偏差について

    ある業種の大手4社の過去5期分の決算内容について、4社合計の平均営業利益率の標準偏差を算出したいのです。これを算出するには、(1)各社の5期分の各営業利益率の標準偏差の平均、(2)各社の各期の営業利益率5期分の標準偏差、(3)各社の5期分の平均営業利益率の標準偏差 以上のどれが正しいでしょうか? 営業利益率は、営業利益÷売上高です。

  • 標準偏差の付け方

    良く統計で平均値プラスマイナス標準偏差と書いてありますが、このままでいいのでしょうか。 これだと場合によっては実測値の幅より誤差幅が大きくなるような気がしますが・・。

  • 標準偏差について

    下記、アドバイスをお願いします。 前提:標準偏差=データの各観測値と平均との差の2乗の平均を取って、その平方根を取った値。正規化された形で表されたデータのばらつきを示す数値。 1.0.86 2.4.4 3.-0.72 4.0.44 5.1.57 6.1.13 7.-1.70 8.-0.58 上記の平均は、0.86←これは、理解できます。 上記の標準偏差は、1.86←これが、分かりません。 上記の標準偏差に対する比率0.36←これも、分かりません。 標準偏差・標準偏差に対する比率の出し方の指南をお願いします。 宜しくお願いします。

  • 標準偏差の算出について質問があります。

     野口悠紀雄著『金融工学、こんなに面白い』(文春新書)中の標準偏差の算出で質問があります。    74頁 表3-4に、     円安   円高  標準偏差 A社  1000円  300円  494.97円 とあります。  数学の教科書にあります方法で標準偏差を求めますと、A社の株価の平均は650円ですから、 {(1000-650)×(1000-650)+(300-650)×(300-650)}÷2の平方根で350円になります。エクセルの関数STDEVPで計算しても350ですし、同書79頁の表3-5(III)でも標準偏差は350になっています。  ところがエクセルの関数STDEVで計算しますと、確かに494.97になりますので、著者の間違いとは思えません。  そこでお尋ねします。 (1)上の例で、494.97になる標準偏差と350になる標準偏差は、金融工学的にどういう場合で使い分けるのでしょうか?(エクセルの説明では、前者STDEVは「標本に基づいて予測した標準偏差を返します。」、後者STDEVPは「母集団全体に基づく、ある母集団の標準偏差を返します。」とあります。正直申して、全く意味が分かりません。) (2)494.97になる標準偏差(エクセルの関数ですとSTDEV)の計算方法を教えてください。  数学にも、金融工学にも素人です。なにとぞよろしくお願いいたします。