• 締切
  • 暇なときにでも

ASUS MB と IDE HDD(>32G)

  • 質問No.1017
  • 閲覧数93
  • ありがとう数3
  • 回答数1

お礼率 40% (9/22)

ASUS の P2B-L に IBMのATA-66対応の37G HDを接続したところ、OS(NT4.0, Win98)インストール後、ウインドウを複数枚
起動するとハングってしまいます。P2B-LのBIOSは最新(1011)にしHDのジャンパピン設定もPrimary Master, 32Gをサポートしていない
MB用のピン設定と両方ともやってみましたが、結果は同じでした。また、オンボードのネットワークチップを切り離してみましたが、
やはり結果は変わりませんでした。ところが、MBをP3B-Fに替えたところまったく問題なく動いてしまいました。
P2B-Lはそれまでは動いていたのでMBが壊れているとは思えません。理由が分かる方がいらっしゃれば、教えてください。
相性問題があるのでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (13/45)

とりあえず、
http://www.storage.ibm.com/techsup/hddtech/welcome.htm
IBM Hard disk drives | Support | Utilities
とか
http://www.ontrack-japan.com/newprodc.htm
データ・アドバイザ

で入手できるユーティリティを使って問題の環境下でのチェック
をしてみるといいと思います。
特にトラブルが無いようであればM/Bに問題があるのかもしれません。
BIOSレベルで解決できるものであれば新しいBIOSがリリースされるのを
待つしかないかもしれせん。
しかし、P3B-Fで正常に動作していると言うのであれば、P2Bがすでに
ハードウェア的に大容量HDDに対応できにくくなってきているのかも
知れません。
すでに試されているかもしれませんがHDDの転送モードをIBMの
ユーティリティを使ってUDMA33にしてみるとうまく動作するかも
しれません。(確証はありませんが)
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ