• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

SS材の仕上げ面について

SS材のフライスでの面仕上げについてです。大物製缶品の機械加工を主な仕事としているのですが、面仕上げ範囲が大きな場合、3分の1くらいまでは光沢が出てきれいな面になりますが、徐々にに曇ったような面になります。超硬のコーティング材種を使用おります。 曇った面になる原因を教えていただきたいです。また、曇りの出ない材種はないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数5
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

切削理論 https://www.youtube.com/watch?v=VJpRk5es9lQ&list=WL&index=38&t=316s 精密機械工業 技術映画シリーズ 切削理論 製作:電通映画社  企画:株式会社不二越工業 1962年 白黒 21分 ⇡ ここんとここれを貼ってばかり いかに論理的に加工されてないかわかるわ まずこれを見てください 切削理論が理解できてないと 話にならない 兆候が出始めたころの話だが切削の理論は変わらない 多分 ドライでやってると思うんだが ドライだとだめです 長年水掛け論だったが この動画見れば明白です 潤滑性が無くなります ピカピカになるのは 構成刃先や歯の摩耗によって 切れてなく こすれているので ピカピカになります ⇡ 無ためはいいけど 削ってない 加工としてはNGです 超硬自体は 自己潤滑性を持ってるので 構成刃先も構成されにくく 硬度もあるので 摩耗しにくいです あくまでも切削面は理想加工時はノーズRの転写が残る ピカピカなのは こすれてる 曇ってるのは潤滑不足で ムシレてるor焼けてる ドライはの人は ワークを温かくして 柔らかくする とか言ってますが 加工部分は随時が変わっていくので温度は変わりませんが 刃物の方は同じ場所で削るので 刃物の方が厚くなり軟化する という当たり前のことが理解できてない ヒートショックでチッピング という人もいますが 油をかけ冷却するので そもそも油はヒートショックが起こるほど温度を上げないようにするのが目的っていうことを理解してない と マウントを取っておこう どうしてもピカピカにしたい場合は ワイパーチップを使うしかありません https://www.sandvik.coromant.com/ja-jp/knowledge/milling/pages/face-milling.aspx ワイパーチップによる仕上げ加工 参考 ノーズRでなく平面で削るので ピカピカになるよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

動画と解説、ありがとうございました。自分の知識の無さを痛感させられました。まずは、切削理論を勉強しようと思います。視野が広がりました。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

2回目解答 サーメットはセラミックと金属の複合材 鋼と親和性が小さい、よって微小な構成刃先が付かない、仕上がりが良く鋼の仕上げの代名詞です 超硬はその逆です、コーティングは最近は付きが良くはなっているがコーナー、エッジは瞬殺です、なので親和性の良い鋼の仕上げには向きません おのおの特徴は他にもありますが今回は割愛します 最後にサーメット一択です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もっと理論的なところを勉強して、試していこうと思います。自分の知識が低すぎると感じてます。ありがとうございました。

  • 回答No.3

SS材にはサーメーット一択ですね タンガロイのミラーサーフが早く遅れ刃先の痛みが少ないのでお勧め

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

同じく、サーメット、ミラーサーフ、使用しています。しかし、現在使用しているサーメット材種が廃盤になるということで、代替で超硬コーティング材種で光沢のある面に仕上がらないかと検討しており、質問させていただきました。 曇りのでない材種、曇ってしまう原因、ご存知ないでしょうか?

  • 回答No.2

>>曇った面になる原因を教えていただきたいです。また、曇りの出ない材種はないでしょうか? Ra Rz で書いてくれないと抽象すぎてわかりません 加工工具が超硬だけではわかりません フェイスミルなの?エンドミルなの? Φは? 加工条件がわかりません? 抜け際で加工が粗くなるのは 主軸のガタにより 裏で削ってるから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

面の精度は悪くはないのですが、見た目が曇ってしまうということです。フェイスミルのφ160までを使用します。条件はいろいろと試しましたが、ある程度切削後に曇りは出てしまいます。 一度メーカーに問い合わせしてみようと思います。 ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.1

光沢が出なくなった状態でもう一度、切削開始位置から加工開始して、曇ったような仕上がり面になるなら切削条件を変えるか工具メーカー(商社営業)に相談ですね。 再加工の加工開始で曇らない=光沢面なら、原因はクランプ方法、もしくは共鳴(ビビり)なのでやはり切削(クランプ)条件の見直しになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一度光沢がでなくなると、そのまま曇ったような面になってしまいます。再加工しても同様です。クランプ、ビビりではないと判断しています。 メーカーに一度相談してみようと思います。 ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • フライス加工の仕上げ面について

    立て形のマシニングで製缶ものの加工をしています。 京セラ、タンガロイのφ200の逃げ角45度のフライスやサンドビックの 逃げ角90度のフライスでサーメットのチップを利用してセミドライで 水溶性のミストを出して加工をしていたのですが、 今までは仕上げ面がそれなりに綺麗な面になっていたのに 機械を移設したところ面粗度は問題ないのですが ムラのような模様が目立つようになりました。 ドライで加工すると、傷が目立ち困っています。 またビビリが酷く何度も切削しなおすような現状です。 移設する前はφ300で計測して0.03ほど主軸を前倒しにしてあったのですが 移設した後は1000分代で平行がでていてあやめの模様がでるようなので 後刃でひっかいてしまいビビリ、ムラになるのではと思うのですが、 なるべく後刃があたらないような条件、またチップとはどのようなものでしょうか? それとも他に原因があるようでしょうか? またどうしても真ん中が凹み気味になるのですが、逃げ角が90度、45度より 15度のチップを利用した方がよいのでしょうか? 工具メーカーに聞いたところ仕上げで0.1の取り代では15度のチップは逆に よくないと聞いたのですがどうでしょう? できましたらアドバイスをお願いします。

  • アルミのダイヤモンドリーマ仕上げ面

    ダイヤ焼結体リーマにてアルミの穴仕上げをしております。加工精度的には問題無いのですが、見た目が黒ずんだ状態となります。同じ環境条件下では、超硬リーマのほうがかえって光沢のある面のようになります。 この黒ずみの考えられる要因には何があるでしょうか。

  • NC旋盤 加工面をキレイにしたい

    材質 SS400,S45C 加工でφ20位長さ30mm位の切削面をきれいに光沢を出したいのですが上手く出来ません。 ① 水溶性切削油(エマルジョン)使用 ② 仕上げ速度(VF)180 送り(F)0.08 チャックの回転数2000 ③ 使用チップ 京セラ サ―メット ノーズR0.2 TN620 PR1725 PR1425など使用       新品チップを使用しての案件です。    たまに加工面がブサブサになる時もあります。    何か良い材種はありませんか?

  • 仕上げ面粗さについて

    マシニングセンター作業の技能試験で、表面粗さと送り速度の関係を表した式が必要になり、探しています。レースでの「理論仕上げ面粗さ」については、見つけることが出来ました。フライス加工についての式など知っておられましたらお教え下さい。JIS・インターネット等で調べましたが、お手上げです。宜しくお願いします。

  • CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか…

    CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか(ほか)? 基礎的な質問ですが、フライスやボーリングなどの切削加工に於いて超硬では加工面の面粗度があまり良くないのに対し、CBNでは何故加工面の面粗度が良くなるのでしょうか? 一刃当たりの送りはf=0.1~0.15?/revでもCBNの方が良いのです。 チップの粒度とかに関係するのでしょうか? またポジやネガの違いでどの様に面粗度が変わりますか? 基本的には、ポジが仕上げと思いますが、ネガの仕上げ というのも偶に聞きます。 メカニズムがよく分かりません。ご教授願います。

  • 算術平均粗さについて

    日刊工業新聞社発行の本に算術平均粗さRa12.5の適用例として、 「重要でない仕上面:他の部分と接触しない荒仕上面などに使用される」とあります。さらにRa12.5は三角記号1つと同等されています。 私は製缶加工部品のツラだしのフライス加工は三角記号1つで表記していましたが 上記の内容には伴いません。 Ra6.3の説明欄には「きわめて経済的な機械仕上面:フライス,シェーバなどで得られる。一般的な基準面などの取付面の仕上に使用される」とあります。 Ra6.3は三角記号2つと同等であるとされています。 この説明によると製缶加工のツラだしのフライス加工はRa6.3であり、三角記号2つに 相当します。 ツラだしのフライス加工は三角記号1つが一般的であったとおもうのですが 違うのでしょうか?(今は三角記号使ってはいけないらしいですが。。) Raが中心線平均粗さから算術平均粗さとなったことによることも関係するのでしょうか? ご解答お願い致します。

  • SUS304のフライス仕上げ加工について

    皆様の経験・知識をお借りしたく投稿させていただきました。 SUS304の加工の仕事があるのですが、図面には▽▽▽相当の 面加工の仕上げ記号が記されています。 SUS304をフライス加工で▽▽▽相当に仕上げることは可能なのでしょうか? もし可能ならどのようなカッターがよろしいのでしょうか? 過去の投稿記事を「SUS304」で検索したところ、サンドビックのコロミル、 イスカルのフライスにIC382のコーティングチップが良いと書かれていました。 これらの工具で▽▽▽相当の面は加工可能でしょうか? どうかご教示くださいませ。 よろしくお願いします。

  • SUS304の面引きの仕上げ!!

    お疲れ様です。 SUS304の面引きの仕上げ12.5Sでこまってます。加工範囲は3500*1000*35で溶接構造で箱型で五面加工(横軸)です。うちは、S社のコロ245のΦ125を使ってます。S450、F400、クロス115ミリくらいで、仕上げ代を0.2残してCRCをかけて加工してるんだけど溶着したりチップがもたなかったりします。びびりはあんまりありません。荒加工は高送りのカッターで加工してるので仕上げ前の面はかなりあらいです。加工範囲が広いのでなるべく能率よく加工したいのですが何か良い工具はありませんか??機械はS社のHF-6Mです。 あとサーフミル?とかいうのは使えるんでしょうか??

  • 仕上げ面に切り粉かみによりスジ発生

    真鍮を加工しているのですが、仕上げ面▽▽▽に、たまにスジが入ってしまいます。 加工形状:Φ100.球面倣い加工 加工条件:2000〔rpm〕 F0.04〔mm/rew〕 削り代0.05mm セミドライ加工(ミスト加工) 材料:真鍮  刃物:ダイヤモンド(半透明)ろう付けチップ すくい0度 ノーズR4.0 フライスが切ってある為、断続切削の部分あり。 フライスのバリが仕上げ面に返ってはNGな為、仕上げをしてから、フライス加工できない。 断続切削が悪影響しているのか??しかし、断続でない部分も、たまにスジが入る。 むしろ、断続で無いほうが、切り粉が連続したカール状になって、被作物に絡まりやすく、切り粉かみを起こしスジが入るような…。 エアーを刃先むけて、切削方向に向けてかけて、切り粉の流れを良くしているが、たまにスジが入る。 バイトの芯高が悪い?→芯高を変えても改善されず。 うーん。何か対策法 ないでしょうか???  .

  • アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法に…

    アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法について 初めまして、今回上記のタイトルの通り教えて頂きたくて投稿いたしました。 会社の方に何とか問いただして、使用チップが京セラ=kw10になります。 スクイも広くあり、ノーズRも0.2になります。 他のアルミ・面粗度の項目でも使用されているようなのでここまでは何とか 知る事が出来ました。 ここからになるのですが、 材質 A5052 Φ85 ℓ30 のアルミ材の切削についてなのですが… まずΦ85のアルミ材を Φ80・面粗度Ra1.6の仕上げ加工をしたいのですが・・・ ムシレが強い感じでキレイさ全然出ません。 それで加工内容を変更し直して、 使用ツール内容は… 回転数 2500rpm 荒 1000rpm タンガロイ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.4 コーティング 仕上 2500rpm 京セラ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.2 超硬(KW10) になります。 そして荒加工でΦ85をΦΦ80.2まで切削します。 次に仕上加工でΦ80.05で中仕上を行います。 これによりアルミをキレイに仕上げたいので 取代を0.05残しました。 最後に仕上加工でΦ80で本仕上を行いました。 …それでも余りキレイとは言えない感じなのです… 他の方はキレイに仕上げているみたいなのですが、 自分には解らないです。 どうかこの内容を読まれた方がいれば、是非教えて頂けないでしょうか… どうか宜しくお願いいたします。