• 締切済み
  • 困ってます

CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか…

CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか(ほか)? 基礎的な質問ですが、フライスやボーリングなどの切削加工に於いて超硬では加工面の面粗度があまり良くないのに対し、CBNでは何故加工面の面粗度が良くなるのでしょうか? 一刃当たりの送りはf=0.1~0.15?/revでもCBNの方が良いのです。 チップの粒度とかに関係するのでしょうか? またポジやネガの違いでどの様に面粗度が変わりますか? 基本的には、ポジが仕上げと思いますが、ネガの仕上げ というのも偶に聞きます。 メカニズムがよく分かりません。ご教授願います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数2
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

1.高硬度のため 耐摩耗性に優れ 長寿命である、。 2.鉄との親和性が無いといってもいいくらい低く 鉄系材料の加工も適する 3.刃先温度1000℃以下では強度の急激な変化がなく、切削熱に対して安定性がある。 4.熱伝導性が大きく、熱を速やかに逃がし、安定した加工が可能である。 以上の事から仕上がり粗度が向上する 私は2.が一番大きいと思います 向いた被削材 高硬度鋼 チルド鋳鉄、超硬合金など 焼結合金 鋳鉄 超耐熱合金 向かない被削材 生材 逆に超硬などに比べ劣る  反面、靭性は低いため刃先剛性を高める形状が 安定した切削のために必須=>ネガ形状

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お二方様へ ご回答有難う御座います。 確かにアルミでCBNので何でかなって思ってましたが、鉄との相性が良いのでしょうね。 有難う御座いました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

 刃先形状や切削距離にもよりますが、cBN工具は超硬に比べて非常に高温強度が高いもので刃先にチッピングなどが起き難い(起きやすいとも言いますがここではカツアイします)もので、刃先の形状がそのまま転写されるなら刃先がキレイなほうが,面粗度が得られるのは想像できると思います。  もうひとつは,cBNは六方晶の焼結体ですので溶着がつき難い・摩擦力が少ないといったことも挙げられます。  ネガとポジ仕上げのことについてですが、ポジ仕上げは刃先の鋭利化などを狙っているのもあります。ネガについては,表面がただ平らになれば良い場合に、バニシング効果を狙って使用されるときがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • CBNチップについて

    NC旋盤で、焼入れ材の加工をしています。 YXM-1~-5、SKH-51~-55などで、HRC63~65ぐらいです。 荒加工で超硬チップを使っていますがクーラント(水溶性切削液)を使ってい ます。 フライス加工ですが、超硬チップでの荒加工はエアーのほうが断然持ちが 良いと思うのですが、焼入れ材ではどうなのでしょうか? 仕上げのチップで、CBNを使っています。 こちらはクーラントかドライ加工どちらで加工すればよりよい仕上がり面に なりますでしょうか。あとCBNチップの持ちとかもアドバイスして いただければ助かります。 なにぶん素人ですので詳しい方にご教授願います。

  • 内径加工の面粗度

    皆さんこんにちわ(こんばんわ)。 S45Cの内径加工をしているのですが、仕上げ加工で要求される面粗度「6S以下」が持続しません。未使用のチップで1020個程加工すると、以後の加工品は仕上げ面を爪で引っかくと「カリカリ」と引っかかるようになってしまいます。 切削条件は以下の通りです。 ●素材:S45Cみがき材 ●材料径及び長さ:φ40.0×W120.0mm ●内径仕上がり径:φ35.05 ●内径荒加工径:φ34.93 ●切削速度及び送り:G96S200F0.06 ●切削油:水溶性 ●仕上げ加工の長さ:材料端面から51.0mm ●チャッキング時のワーク突き出し量:40.0mm ●仕上げホルダーの突き出し量:最小加工径φ30.0×2.5L(超硬補強) 切削速度や送りを変えたり、引き加工にしてみたりと色々試してみましたが安定した加工が出来ません。 皆さんの良きアドバイスで出口にお導き下さい。宜しくお願いします。

  • マグネシウム加工の面精度を上げるには?

    今までは、ADC12での穴あけ加工でしたが(φ3,6荒加工xφ4.0+0.004+0.004仕上げ加工、超硬バニシングドリル加工)同じツールでの加工ですと、穴径のばらつき及び加工面精度が良くありません。 適正なツールと切削条件、切削油など教えて下さい。

  • 放電加工面の表面粗さ

    超微粒系(粒度<0.5μm)の超硬合金の金型で、□2mm×0.3の放電加工を行ったときの最良面はいくらになるのでしょうか? また、電極はCu-Wで中仕上げ、Cuで最終仕上げがよいと聞いていますが 本当でしょうか?

  • アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法に…

    アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法について 初めまして、今回上記のタイトルの通り教えて頂きたくて投稿いたしました。 会社の方に何とか問いただして、使用チップが京セラ=kw10になります。 スクイも広くあり、ノーズRも0.2になります。 他のアルミ・面粗度の項目でも使用されているようなのでここまでは何とか 知る事が出来ました。 ここからになるのですが、 材質 A5052 Φ85 ℓ30 のアルミ材の切削についてなのですが… まずΦ85のアルミ材を Φ80・面粗度Ra1.6の仕上げ加工をしたいのですが・・・ ムシレが強い感じでキレイさ全然出ません。 それで加工内容を変更し直して、 使用ツール内容は… 回転数 2500rpm 荒 1000rpm タンガロイ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.4 コーティング 仕上 2500rpm 京セラ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.2 超硬(KW10) になります。 そして荒加工でΦ85をΦΦ80.2まで切削します。 次に仕上加工でΦ80.05で中仕上を行います。 これによりアルミをキレイに仕上げたいので 取代を0.05残しました。 最後に仕上加工でΦ80で本仕上を行いました。 …それでも余りキレイとは言えない感じなのです… 他の方はキレイに仕上げているみたいなのですが、 自分には解らないです。 どうかこの内容を読まれた方がいれば、是非教えて頂けないでしょうか… どうか宜しくお願いいたします。

  • リーマ加工の面粗さ・寸法精度

    被削材S45で、Φ13穴公差±0.005面粗さRa0.8(Rz3.2) 。加工深さは20mm程度ですが、段下に穴がある為 刃物の最低突出量85mm必要です。 現状、BIGのボーリングを使用し(超硬丸バイト) チップはノーズR0.1(ビリ対策用)を使用しました、 加工条件V=50 f0.05で加工した結果Ra13程度になっ てしまったので、ボーリング後にリーマΦ12.99(EIKOUSHA ハンドリーマ(ハイス)) を追加し、取代片0.1mmクーラントは油性で加工を行った結果Φ13.012 Ra1.5と公差・面粗さ共に図面スペックを満たす事が出来ませんでした。 何か改善策がありましたら、ご指導願います。 リーマ加工条件はV=6 f=0.05です。 Φ13.000公差±0.005までの加工手順 スローアウェイドリルΦ12.5(先端超硬タイプ)→ボーリングでΦ12.8→リーマΦ12.99(刃物公差+0.007~+0.015) という流れです。ボーリングを入れているのは穴を真っ直ぐにする為です。 ボーリング時の加工条件: 回転数    S=1220min-1 テーブル送り F=60mm/min 1刃の送り  f=0.05mm/rev 切削速度   V=50m/min 理論値    Rz=3.13μ → 実測値Ra13.0

  • 正面フライスの切削条件

    丸材からの六面体加工をしています.そのとき正面フライスを使うのですが,送り速度がいまいちわかりません.正面フライスの切削条件ですが, D80 送り0.2mm/rev 切削速度150m/mim 5枚刃 で加工しています.S45Cです. 回転数=80*150/320=600rpm で,送り速度は600*0.2*5=600mm/min となるかと思うのですが,これでいいんでしょうか.速い気がします.そして切削後は荒いなんてもんじゃないです. なので削るときは送りを100mm/minまで落として加工してます. 仕上げでは0.2~0.05mmの切込で切削しましたが(600送りと比べると明らかになめらかではありますが)見た感じワークの表面が曇っていてきれいになりません. いろいろ調べたところ,削りながら送りを探る,みたいなのですがベテランの方どうかご教授願います.それと,六面体加工のとき,丸材をノコ盤などで角材に近づけてからでも加工できますか?

  • 加工面に小さな段がつきます

    一ヶ月ほど前に新しく入った横中ぐり盤で、内径のボーリング加工をしています。 仕上げた後に手でなぞってみると、0.01mm以下の小さな段がついていました。 機械のメーカーに問い合わせて調査をしてもらったところ、摺動面に送るオイルのポンプが作動したときに、油圧がかかることによってこの現象が起こっていることが分かりました。 機械を調整してもらいましたが、完全になくすことは不可能ということでした。 この内径加工は、3.2sの祖度を要求されるため、段がつくのは問題があります。 古い機械では精度が出ないために、機械仕上げの後に加工面を磨いて3.2sの要求に答えていますが、せっかくの新しい機械ですので磨きの手間を省いてコストダウンをしたいと考えています。 ついてしまう段をなくす良い方法はないでしょうか? 加工条件は加工径がφ450~φ750mm(同じような加工で、サイズがいろいろあります)、切り込み0.15mm、切削速度220m/min、加工時間は一回の送りで最大40分ほどかかります。 よろしくお願いします。

  • CBNのボールエンドミルで超硬を加工

    マシニングにR0.5のCBNボールエンドミルを取り付け、超硬のワークに1ミリのC面を加工した後C面の上下のエッジに0,3ミリのRをつけました。 所々にワークが欠けてしまったのですが、原因は何でしょうか? お願いします。

  • エンドミル加工でのチッピングについて

    金属加工についての質問です。 マシニングで、材料はADC12、水溶性の切削油を使用しております。 粗削りをφ10超硬DLCコートエンドミルで円がφ18高さ8mmのボス加工をしています。 仕上に別の刃物、φ10超硬DLCコートのエンドミル(強ねじれ)で円がφ17.95の円加工(CW)で高さ8mmで加工しているのですが、仕上の刃物が100ヶ~1000ヶほどでチッピングしてしまうときがあります。良いときで9000ヶほど加工できるときがあります。 切削条件は回転数1900送り220です。 原因として考えられることがありましたら教えて頂きたいと思っております。