• 締切済み
  • すぐに回答を!

フライス加工の仕上げ面について

立て形のマシニングで製缶ものの加工をしています。 京セラ、タンガロイのφ200の逃げ角45度のフライスやサンドビックの 逃げ角90度のフライスでサーメットのチップを利用してセミドライで 水溶性のミストを出して加工をしていたのですが、 今までは仕上げ面がそれなりに綺麗な面になっていたのに 機械を移設したところ面粗度は問題ないのですが ムラのような模様が目立つようになりました。 ドライで加工すると、傷が目立ち困っています。 またビビリが酷く何度も切削しなおすような現状です。 移設する前はφ300で計測して0.03ほど主軸を前倒しにしてあったのですが 移設した後は1000分代で平行がでていてあやめの模様がでるようなので 後刃でひっかいてしまいビビリ、ムラになるのではと思うのですが、 なるべく後刃があたらないような条件、またチップとはどのようなものでしょうか? それとも他に原因があるようでしょうか? またどうしても真ん中が凹み気味になるのですが、逃げ角が90度、45度より 15度のチップを利用した方がよいのでしょうか? 工具メーカーに聞いたところ仕上げで0.1の取り代では15度のチップは逆に よくないと聞いたのですがどうでしょう? できましたらアドバイスをお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数5
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

まず、ボルトの緩みのチェックでしょうか。 *サイドベッド、ベッド、コラム、クロスレール、サドル間の取り付けボルトの緩み *レベリングジャッキが遊んでいないか? *ラム摺動面押さえギブ磨耗によるガタツキ *ヘッドストック、ラムストック主軸周りのボルト緩み *工具クランプ力低下 etc 移設後、どのような調整工程を踏んだか分かりませんが、何かが遊んでいるんでは・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

No.23957 φ125のフルバックでの平面削りで発生する境界筋 上記が参考になります。(多分 回答 2 さんが言いたかった事) 他の方の意見同様、移設前の主軸の倒れに戻してやる事ですね。 但し、後刃が引く(ひっかっく)のは機械として正常です。(程度による) >またどうしても真ん中が凹み気味になるのですが 多分、移設前はもっと凹になっていた筈です。 機械の主軸の振り回し精度も大事ですが、水準器(レベル)を載せて、 テーブルを前後・左右に動かしてのレベル確認も必要です。 個々の機械によってレベルの出し方も変る場合があるのでメーカーに問い合わせてください。 参考的に、大雑把なレベルの出し方を説明しますと ベット型の場合6点又は8点支持が多いですが、 静止状態で四隅にて水平を出してから、サドル下(Y軸)の支持ボルトの片方を X軸方向で0.02(一目盛)上げて次にもう片方を上げて 0 にします。 >機械は門型の5面加工機なのですが、メーカーは5面加工機は主軸を倒さないほうが良いと言っていたのですが  ■メーカーの言う通りだと思います。  C型コラム(一般の立形)と違い切削方向の自由度が高い分、他の加工に影響がでてきます。 >ミストを使った際削った面が大理石のようにムラのある見た目になって しまうのですがこれは普通のことなのでしょうか?  ■何等かのビビリが発生していると推測します。  ワークと刃物の間で切削時にワークに模様として現れる共振振動が発生していると思います。  対策はワーク・機械(刃物)の剛性を上げるか、共振しない状態にする事  例えば、柔らかい銅などを敷いてクランプするとか。 >真ん中というのは箱の製缶もの足の無いところが 凹むということで、以前よりは凹みが激しいような気がします。  ■切削抵抗による逃げか、加工歪だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのQ&Aも見たのですが、やはり精度ではなく見た目綺麗な加工を 行うには主軸を少し倒したほうがいいのですかね。 ただミストを使った際削った面が大理石のようにムラのある見た目になって しまうのですがこれは普通のことなのでしょうか? ほとんど独学で会社にも詳しい者がいないのでよくわかりません。 あと言葉足らずでしたが真ん中というのは箱の製缶もの足の無いところが 凹むということで、以前よりは凹みが激しいような気がします。 機械は門型の5面加工機なのですが、メーカーは5面加工機は主軸を倒さないほうが良いと言っていたのですが やはり以前の状態に戻したほうがよさそうですね。 レベルについても一度メーカーに確認してみようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

1番さんに一票 条件を換えたのが設置ならそれが一番疑われるでしょうね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり同じものを削ってビビリがひどくなったのは ボルト等の設置方法が原因なのでしょうか? 私は主軸の倒れをなくした為に後刃が当たるようになって ビビリがひどくなったのかと思ったのですが そういうわけでもなさそうですか?

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

1ヶ月以内に類似質問があったのですが探せません。 後刃でのひっかきは、機械精度の問題であって、刃を工夫しても直らないと思います。 逃げ角が90度、45度、15度というのは、コーナ角のことでしょうか? 下記資料では、『薄肉構造物など剛性のない被削材を平削り加工する場合には、コーナ角15°の正面フライスを推奨します。』とありますから、この場合の仕上げに適しているように思います。 『技術情報』→『コーナ角(CH)と切削特性』

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.net/mmc/jp/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すいません、コーナー角のことです。 やはりびびる様なものには15度のフライスがいいのでしょうか。 検討してみたいと思います。 後刃のひっかきでセミドライ切削のときにムラのようなカッターマークが でるのではと思ったのですがこれはどうしようもないですかね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

?据え付け後に機械本体のレベルを正確に出しているか?機械の据え付けボルトがすべて床に当たっているか ?床の地盤が緩くて機械の振動が床に伝わっていないか 以上を確認してください ?は水準器をテーブルにのせてXY方向の傾きを確認 調整します ?はボルトの下に敷く板をたたいて動くようならボルトが浮いていますので締め付けます ?は地盤に問題があるので場所を変える必要があります ほかにも移動時の衝撃でジグのゆるみが発生している可能性があります ジグの取り付けボルト、クランプ、基準面の増し締めを行うこともおすすめします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レベルは移設した際に業者が水準器で測定するのに 立ち会いましたので大丈夫かと思います。 ボルトや治具については今日とりあえず見てみましたが 正直私にはあまりよくわからなかったので一度業者に点検を お願いする方向で会社に話をしてみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • SUS304のフライス仕上げ加工について

    皆様の経験・知識をお借りしたく投稿させていただきました。 SUS304の加工の仕事があるのですが、図面には▽▽▽相当の 面加工の仕上げ記号が記されています。 SUS304をフライス加工で▽▽▽相当に仕上げることは可能なのでしょうか? もし可能ならどのようなカッターがよろしいのでしょうか? 過去の投稿記事を「SUS304」で検索したところ、サンドビックのコロミル、 イスカルのフライスにIC382のコーティングチップが良いと書かれていました。 これらの工具で▽▽▽相当の面は加工可能でしょうか? どうかご教示くださいませ。 よろしくお願いします。

  • アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法に…

    アルミ(A5052)加工の面粗度の仕上げの方法について 初めまして、今回上記のタイトルの通り教えて頂きたくて投稿いたしました。 会社の方に何とか問いただして、使用チップが京セラ=kw10になります。 スクイも広くあり、ノーズRも0.2になります。 他のアルミ・面粗度の項目でも使用されているようなのでここまでは何とか 知る事が出来ました。 ここからになるのですが、 材質 A5052 Φ85 ℓ30 のアルミ材の切削についてなのですが… まずΦ85のアルミ材を Φ80・面粗度Ra1.6の仕上げ加工をしたいのですが・・・ ムシレが強い感じでキレイさ全然出ません。 それで加工内容を変更し直して、 使用ツール内容は… 回転数 2500rpm 荒 1000rpm タンガロイ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.4 コーティング 仕上 2500rpm 京セラ 切込角95 刃先角80 ノーズR0.2 超硬(KW10) になります。 そして荒加工でΦ85をΦΦ80.2まで切削します。 次に仕上加工でΦ80.05で中仕上を行います。 これによりアルミをキレイに仕上げたいので 取代を0.05残しました。 最後に仕上加工でΦ80で本仕上を行いました。 …それでも余りキレイとは言えない感じなのです… 他の方はキレイに仕上げているみたいなのですが、 自分には解らないです。 どうかこの内容を読まれた方がいれば、是非教えて頂けないでしょうか… どうか宜しくお願いいたします。

  • 仕上げ面に切り粉かみによりスジ発生

    真鍮を加工しているのですが、仕上げ面▽▽▽に、たまにスジが入ってしまいます。 加工形状:Φ100.球面倣い加工 加工条件:2000〔rpm〕 F0.04〔mm/rew〕 削り代0.05mm セミドライ加工(ミスト加工) 材料:真鍮  刃物:ダイヤモンド(半透明)ろう付けチップ すくい0度 ノーズR4.0 フライスが切ってある為、断続切削の部分あり。 フライスのバリが仕上げ面に返ってはNGな為、仕上げをしてから、フライス加工できない。 断続切削が悪影響しているのか??しかし、断続でない部分も、たまにスジが入る。 むしろ、断続で無いほうが、切り粉が連続したカール状になって、被作物に絡まりやすく、切り粉かみを起こしスジが入るような…。 エアーを刃先むけて、切削方向に向けてかけて、切り粉の流れを良くしているが、たまにスジが入る。 バイトの芯高が悪い?→芯高を変えても改善されず。 うーん。何か対策法 ないでしょうか???  .

  • CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか…

    CBNでは何故 加工面の面粗度が良くなるのですか(ほか)? 基礎的な質問ですが、フライスやボーリングなどの切削加工に於いて超硬では加工面の面粗度があまり良くないのに対し、CBNでは何故加工面の面粗度が良くなるのでしょうか? 一刃当たりの送りはf=0.1~0.15?/revでもCBNの方が良いのです。 チップの粒度とかに関係するのでしょうか? またポジやネガの違いでどの様に面粗度が変わりますか? 基本的には、ポジが仕上げと思いますが、ネガの仕上げ というのも偶に聞きます。 メカニズムがよく分かりません。ご教授願います。

  • フライス加工時の傷

    フライス加工後、仕上がり面に傷が残ります。 状態的には、ほぼ全面にむしれ、ひっかき傷といった状況です。 対策案あれば、教えてください。 状況は、銅の薄板加工5mm⇒4mmに、表面の凹凸を取り去ります。 大きさは、80×120です。 面粗さの指定が厳しいので、φ150の大径フライスを 使用してあやめがつかないように、切削しております。刃数は3枚です。 切削は、ドライ(変色防止のため客先指定)、1000m/mim、 f=0.05mm/刃です。切り込みは、0.2mmです。 刃を1枚にして、送りをその分さげたところ、傷はでません。 3枚にするとなぜか、傷がでます。びびり?切屑の排出が追いついていない? 条件を500m/minさげても発生します。 対策案がありませんでしょうか。また、なぜこのようになるのでしょうか。

  • あやめ模様について

    こんにちは。初めての投稿ですが宜しくお願いします。 アルミ材6061の面削で困ってます。 正面フライスカッターにダイヤモンドのチップを1枚付けて加工していますが、どうしても「あやめ模様」が出てしまいます。 顧客から「あやめ」は絶対に駄目と言われてます。研磨も駄目です。 カッターは160と200で試しました。 加工機種は門型MCで、水溶性切削油を使っています。 素材は200×300×1500の大きさです。 「あやめ」を出せない箇所は幅130で長さ1500の素材上面です。 S1500~3000、F150~400、仕上げ代0.05~0.15の間で条件はいろいろ変えてみました。 上から削ったり、横からもやってみましたが上手くいきません。 主軸を倒さないと不可能なのでしょうか? よい加工方法がありましたら教えて下さい。 5回に1回位はあやめ模様が出ないで加工出来てます。 ただ数が60個あり長手方向の4面に要求されているので困ってます。 平面度0.02、面粗度は6.3S以内を狙ってます。

  • 鋳鉄フライス高速切削時の刃具、加工面のコバカケ

    鋳鉄フライス高速切削で質問です。 最近、高速切削に対応した刃具で、CBNという材質のチップがありますが、 チップに欠けが生じ、更には加工面にもコバカケがでてしまい、 推奨の寿命よりも早く刃具交換しなければならない状況が多く、 大変困っています。 切削条件はメーカーの推奨領域内なのですが、 そもそも、ドライ加工ですので、鋳鉄が刃具の温度に耐え切れずに 欠けが発生しているのではないかと疑っています。 加工面を傷付けず、刃具を正常磨耗させるためには どんな対策が考えられますか?

  • フライスにおけるヒール加工について

    フライス加工でファイスミルなどの工具を用いて 刃具の進行方向に対して刃具を傾け、(もしくは定盤部を傾け) 後方部で面粗度を上げる工法をヒール加工と言うそうですが、 この時の傾け角度は何度でやられるのが一般的なのでしょうか? いろいろ調べてみましたが、ヒール加工自体が検索されず 工法自体は存在していると思いますが、 この分野では素人ですので、宜しくご教授お願い致します。

  • タンガロイのTACミル超仕上用 の面粗さ

    タンガロイのTACミル超仕上用 NMS09で面仕上げしたときの面粗度はどんな感じでしょうか?鏡面のようにピカピカになるのでしょうか? https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000405736/?rid=c14_detail_7_223000405736&list=HistoryViewedProducts カタログではSS400を削るとき周速が200~300mで2枚刃ながら、1~2.5mm/revになっております。この送り速度で本当に超仕上げになるのでしょうか?

  • 仕上げ面粗さについて

    マシニングセンター作業の技能試験で、表面粗さと送り速度の関係を表した式が必要になり、探しています。レースでの「理論仕上げ面粗さ」については、見つけることが出来ました。フライス加工についての式など知っておられましたらお教え下さい。JIS・インターネット等で調べましたが、お手上げです。宜しくお願いします。