• 締切済み
  • 困ってます

FPとSWの耐震性、断熱性について

現在、FP工法とSW工法で新築を検討しています。私の住んでいる地域は南海地震の確率が高いので耐震性の高い家を建てたいと考えて検討しています。FPは耐震の認定を取ったFPパネルに面材をプラスした特製のパネルらしく、これだけで断熱と耐震を兼ね備えた家ができるといった売り込みをされていますが、坪単価が85万と破格に高いです。SWと競合が多いとのことだったので見積りを取って見ましたが、やはり300万ほどFPが高くなりました。それでも、値引きで対抗しなくても最終的にFPを選ぶ方が多いとの説明で値引きはしない雰囲気でした。とはいえ余りにも高いのでSE工法をやっている一級建築士の工務店にも相談してみましたが、安価なロックウールでも十分な性能が確保できるのに断熱にそこまでお金をかけなければならない理由もないし、FPやSWが構造的に特別に強いとも思ってないし、FPやSWは営業の人が売り込みがしやすく施工の管理もしやすい上に金額が高く取れるので増えてるかもしれないけど、住み心地と耐震性を考えてもそんなに高い家にする必要はないと思いますとのことで、提案された図面としては一番雰囲気がよく、金額も一番安価でした。地震のことを考えたら高くてもと考えてしまいがちでもあり、熊本地震でもあまり揺れなかった実績ありみたいな話もありますが、FPやSWの実際の評価とかご存知であれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数48
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • tom900
  • ベストアンサー率48% (1230/2519)

FP工法 松本建工株式会社により開発 株式会社FPコーポレーションに全国運営事務局を置くフランチャイズシステムで、各地の工務店が手がけています。 https://www.mk-home.info/fp-construction-merit-demerit sw工法 LIXILのブランド工法 https://funs-life-home.jp/column/super-wall-construction-method/ 正直に言えば、一級建築士の工務店に相談した回答が正解。 しかも、親切な工務店さんだと思いますよ。 揺れるかどうかは工法ではなく地盤次第です。 そして現在の建築基準法で言えば、南海地震でもそうそう倒壊するような木造住宅にはなりません。 もっと言えば南海地震で震度6強や震度7なんてあれば地盤が崩れたりするので、上屋が損傷無くても基礎が壊れるのでどんな工法で建てても結果は同じだと思って下さい。 本当に南海地震を気にするなら地盤に杭基礎打つくらい考えましょう。 私の考えが信じられないなら、それこそベターな提案をしてくれた工務店にこんな事言われたんだけど…と聞いてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 高気密高断熱どの工法にするか?FP、SW、外断熱

    高気密高断熱住宅を建てるべく、住宅メーカー、工務店を検討中です。 FPの家、SW工法、外断熱+セルロースファイバーを施工できるメーカーがあるのですが、迷っています。工法によってC値、Q値はもちろん、住みやすさ、快適性で違いはあるんでしょうか? また、自分が話を進めているメーカーでは、値段は以下のとおり。 FP>外断熱>SW となっております。アドバイスをお願いします。

  • ユニットラーメンの耐震性について

    ユニットラーメン工法が一番耐震性があると聴きましたが本当でしょうか? 他の工法は一度は大きな地震に耐えれても後に大きな修理が発生するのは本当でしょうか? 特に木造は横揺れに弱いというのは本当でしょうか?

  • 建物の耐震性など

    1、熊本地震で被害を受けたビルについて、その耐震性を調査してもらうことは可能ですか?例えば震度5・6・7などで倒壊の可能性がどの程度かという事です。 2、同じビルですが、次の地震でどの程度の揺れが生じるのか、調査できますか?  例えば、震度5・6・7などが生じた場合に、ビルの6階部分で横揺れがどの程度予想されるかという事です。  ビルは6階建で、敷地は40坪ほどの小さなビルです。  方法や調査を頼めるところがあれば教えて戴きたいのですが。

  • 耐震性について

    当方、神奈川県南部の海沿に在住です。 昨今、急に話題になっていますが活断層群に関する地震の他、南関東地震 等、数パターンの地震が発生する確率が非常に高くなっていると言われて いる地域で、震度7程度、少なくとも震度6弱程度は、覚悟する必要があ る考えています。 そこで、新築する場合に、耐震性を強く意識したいと考えております。 同時に、小屋的な小さなスペースの居住空間で十分と考えているものです から、ログハウスや2×4なども候補にあげて検討しています。 面積やレイアウト、価格などをざっと見たところ以下のようなものが候補 として考えるようになってきました。必ずしこの製品には固執しませんが。 ログも、2×4も、耐震性に優れており、コンパクトな平屋だけに、さら に、対応力はあるかと思って、候補に入れています。 実際に、耐震性に優れているのは事実なのでしょうか? 耐震性以外にも、さまざま要素はあるのですが、価格や工費、メンテナン ス、面積なども含めて、かなり近い条件だと考えています。 震度6や7程度にも耐えられるほど、耐震性が本当に優れているのかなど も含めて、アドバイスなど頂ければ幸いです。 候補1 レポ 建築面積 約18.5坪 (134mmのラミネートのログ 価格が約620万円~780万円程度) 工費を含めると、やはり1200万円~1500万円程度は必要でしょうね。 http://www.fin-bigbox.com/news/campaign/uni_laminate_log.html#lepo 候補2 サーファーズハウス 建築面積 約16.5坪 キット価格が 約600万円 工費を含めて約1500万円 http://www.ei-publishing.co.jp/add/surfershouse.html#planning どちらも面積の割には、割高な感じはしますが、諸条件を考慮すると 最低限の金額なのかなと思えています。

  • 耐震性の高い賃貸マンション選び

    現在引越しを検討しており、色々と物件を見ています。 物件選びのポイントとして、地震が怖いので耐震を気にしています。 そこでお伺いしたいのですが、耐震性が高い物件を選ぶポイントは何でしょうか。 より新しい物の方がより耐震性高いとは思うのですが、財布と相談すると新築は正直厳しいです。 ネットで軽く調べた感じだと81年に新耐震基準というのが定められたようなので、 これだけ考えるとこれ以降に建てられたものが良いのかなとも思うのですが、この探し方でよいのでしょうか。 また、鉄筋コンクリートのものにしようと思っているのですが、 築年数以外で耐震を気にした際に選ぶポイントのようなものはありますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • マンションの耐震性について

    大阪に転勤になり、今、検討中のマンション(2)ついてです。 ●1995年築 ●鉄骨鉄筋コンクリート ●9階建て ●一階が駐車場 この年代の鉄骨鉄筋コンクリートのマンションの耐震性はどんなものでしょうか… 一階が駐車場だと弱いのでしょうか… 今日、地震があった事もあり、どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えて下さい。

  • 軸組+壁パネルの耐震性

    新築予定で来週あたり基礎着工になります。 HMはクレバリーホームで、金物を使って緊結するタイプの軸組工法です。 「耐震性を上げるために壁パネルのオプションがありますよ」という 紹介があってプラン策定当初からこのオプションを採用しました。 着工の前に「壁量計算書」をもらったのですが、1Fについて、 建築基準法(耐震等級1)の必要壁量22.4に対し、計算結果は24.5でした。 (等級2では38.4、等級3では45.7です) 延床の坪単価にして1万円ほどのコストをかけて耐震性を上げたつもりが、 「基準法ギリギリ」とも思える内容だったので、現場監督さんに相談して みたところ、 「壁パネルは壁量計算に含めない壁も含めて外周は全面張るのでこれでも 十分強いです」という答えで、これはこれでわかる気はします。 実際問題、計算壁量が同じになる筋交いのみの家と壁パネルの家では 耐震性は大きく違うものなのでしょうか? ご存じの方、教えていただけませんか。 ※それでも「やっぱり数値も欲しい」とお願いして、内部の壁に筋交いを 追加して34.5にしてもらうことにはしています。

  • 海を埋め立てた土地に建てるマンションの耐震性

    海を埋め立てて、タワーマンションがにょきにょき建てられています。横浜ですと、みなとみらいのあたりがそうです。 私は、地震の発生を考えますと、支持層もない、この間まで海だった上に建てられた建物に住む気にはなれません。でも、あれほど多くのマンションが大手業者により建てられ、堂々販売されているのですから、法的にも建築技術的にも耐震問題はクリアしているのだろうとは思います。 実際、ああいう海の埋め立て地に建てるマンションは、どのような工法で耐震性を確保しているのでしょうか。残念ながら、当方、建築の専門家ではありませんので、わかりやすい言葉でお教えいただけましたら大変ありがたいです。

  • 断熱材の性能について

    本当にいつもお世話になっています。 私は家を建てるなら「木造軸組工法」と決めています。 そして断熱材を考え始め、検討した結果、 FP(フレーム&パネル)の家を選びました。 書籍で勉強し、実際にFP工場も見学しました。 先日は10月に引き渡されたFPの家を見させて頂きました。 感想は「素晴らしい!」の一言です。 しかしFPの家は、本当に気に入ったのですが、 どうしても断熱材(断熱パネル)が高価で、 私の予算では「ギリギリ」か「ダメ」かです。 私は30歳を越えてから、とても寒がりになりました。 今は社宅に住んでいますが、11月~3月は寒くて仕方ないです。 断熱方法には「内断熱」と「外断熱」がありますが、 どちらが「夏は涼しくて、冬は暖かい」のでしょうか? 又、色々な断熱材がありますが、私はずっとFPだけを考えて来たので、 他の断熱材に疎く、知識が豊富ではありません。 どの断熱材が、性能が良いのでしょうか? 「夏は涼しく、冬は暖かい断熱材」そして、 「壁内結露が起きにくい断熱材」を探しています。 どうか知恵をお貸し下さい。

  • 耐震リフォームとルームシェルター

    築38年の木造に住居しています。 大地震の危険が高いエリア(三浦半島)という事もあり。耐震リフォームを検討しています。 最初はウッドピタ http://www.woodpita.jp/ が良いと思ったのですが 地震が起きた場合、縦揺れと横揺れが同時に来る可能性が高いという事で縦揺れの場合はどうかな??と思い、 耐震シェルターの設置を検討しております。http://www.hkm-taishin.com/ しかし 建物の耐震性として 鉄筋は強度 木造は木の特性を生かして、揺れることで地震の揺れを吸収する という特徴がある。 シェルターは、木造に対して、強度を上げるということなので、 それによる利点がわからない。 下手すると、家全体は倒壊して、シェルター部分だけが残る、ということに なりかねない。 と、シェルター工法に否定的な見解も聞きました。 ルームシェルター工法についてどう思いますか?こちらで意見を広くお伺いしたく思います。 ちなみに建て替えの時期と思いますが、事情があり建て替えることはできません。