• 締切済み
  • すぐに回答を!

不動産屋に不動産売却の依頼出来るのは登記名義人のみ

になりますか? 相続物件の土地と建物を不動産屋を通じて売却したい時に、名義が故人のままで法定相続人の名義になってない場合。仲介の契約をして貰えないですか?購入希望者が現われて仮契約とか売買成立しそうになってから法定相続人(売却依頼者)に登記します。と言っても無理ですか? 勿論、その物件の法定相続人である事は戸籍謄本とかで証明します。 登記なんか必要になれば1日で完了するものではないですか? 不動産売買、登記実務にお詳しい方のご回答お願いします。

noname#246430
noname#246430

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数35
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

 えーっとね、どうお答えすべきなのか悩むところですが、法律的には「可能です」が、「不動産屋は引き受けないカモしれません」とお答えしたいと思います。  法律的には、会ったこともナイ他人の権利(所有権も含む)を売り飛ばすことはできます(民561条)。なので、極端な話、質問者さんの所有する不動産を私が売り飛ばすことも可能なわけです。  ただし、期限までに、私がその不動産の所有権を取得し、買主に移転する義務等を負います(同条)。なので、私がその義務を果たすつもりもなく売り飛ばして代金をとろうとすれば、詐欺罪になりますが。  なので、不動産屋がOKすれば売却を依頼できます。但し、今は「争族と法律に書けよ」というくらい相続には紛争が付きもので、予定通り移転登記できない事態が頻発します。  そうなった場合、不動産屋も責任を問われますので、たぶん不動産屋は引き受けないでしょう。  「売買が成立しそうになったら『すぐ』登記できるというのなら、そんなに簡単にできるなら今すぐやってください。どっちみち登記しなければならないのですから」と言うと思いますよ。  もちろん、ギャンブルのつもりで引き受ける業者もいるでしょうけど、少ないと思います。  しかして、法的に依頼はできるが、実際には依頼を引き受ける不動産屋がいないので依頼できない、ということになりそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 故人名義の不動産を売却できますか?

    父が昨年9月に亡くなり、私と妹が法定相続人です。(母は父より前に他界) 父の遺産は動産が無く、不動産のみですが、単純計算で1000万円位の相続税が発生しますので、不動産を売却して相続税に充てようと思います。故人名義の不動産を売るにはどのような手続きで行なえばよいのでしょうか? まだ遺産相続の手続きはしていません。よろしくお願い致します。

  • 相続登記申請書について

    司法書士に依頼せず相続登記手続きの準備中です。 被相続人Aに対して法定相続人はBとCがいます。 法定相続通りですとBとCが1/2づつなのですが、 数点ある不動産を遺産分割協議をしてBとCがそれぞれ単独で 分け合うことになりました。 登記所へはBとC一緒に行って申請する予定ですが その場合、登記申請書はBとCそれぞれ分を用意し、 それに添付する書類(戸籍謄本、評価証明書、等々)も それぞれ必要でしょうか? よろしくお願いします。<(_ _)>

  • 相続に伴う不動産名義変更

    父が亡くなり、不動産は母が相続することに決まりました。 不動産の名義変更は急がなくても支障ないとのことですが、 いざ名義変更をする時に必要な書類のことを教えて下さい。 預金の名義変更の為に、手元には 1.被相続人の出生から連続した戸籍謄本 2.被相続人の除籍謄本 3.相続人の戸籍謄本 4.相続人の印鑑証明 が揃っています。 印鑑証明の有効期限は3ヶ月ということは知っていますが、 それ以外の書類はどの程度の期間有効なのでしょうか? 1.は複数の役所から郵送で取り寄せましたし、 2~4については、居住地が離れている為揃えるのが大変です。 何年か先に売却することになった時、 全ての書類を取得し直す必要があるのでしょうか?

  • 所有権移転登記

    又お願いします。 土地の所有権移転登記において、法定相続人は私を含めて4名。 長男で後を継いでいる私が全て相続をする協議を行いました。 相続人である私の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)は必要だと思います。 相続をしない人たちが用意する書類としては、協議書に押印した印鑑の印鑑証明だけで良いでしょうか。 ご指導願います。

  • 【相続人がする滅失登記】必要な戸籍謄本について

    亡くなった父の家を最近になって取り壊したので 滅失登記しようと思います。 滅失登記申請では、 建物の所有者である父親が亡くなっていることがわかる書類として 父親の戸籍謄本や、 登記申請者である相続人と建物所有者である亡父との関係がわかる 相続人の戸籍謄本を添付することになっています。 今回、申請者は父親の未婚の子なので、 父親の戸籍に入ったままのはずで、住所もずっと同じです。 この場合、父親か相続人のどちらかの戸籍謄本だけで、 父親が亡くなっていることと、相続人との関係の両方を 証明できるのでは?と考えました。 戸籍謄本を取りに行くと、父親は平成1年に亡くなっているので 父親の戸籍は普通の(?)戸籍謄本ではなく 改正原戸籍を取らなければいけないと言われました。 そして市民サービスセンターでなく 市役所の窓口でなければ取れないとのことです。 質問1 この場合、亡父の改正原戸籍を1通取るだけで大丈夫でしょうか。 (相続人の戸籍謄本は不要でしょうか?) 質問2 亡父の改正原戸籍ではなく、 申請者である相続人の戸籍謄本1通ではだめでしょうか? 質問3 法務局へは身内の若い人に行ってもらうので、 その者を代理人とする委任状を作りました。 代理人による提出の場合、他に添付書類は必要でしょうか? (印鑑登録証明書や住民票など?) わかる分だけでも回答お願いします。

  • 登記名義人が死亡した農地を売却する手続きについて

    登記名義人が死亡した農地(市街化区域・通行許可の地役権設定)を、不動産会社に売却するのに、農地転用,開発許可申請,地役権抹消登記等の手続きで、添付が必要な役所で交付申請するもの(謄本・住民票・印鑑証明書など)を、相続登記前と後とについて教えていただきたく、よろしくお願い申し上げます。

  • 故人が行った不動産売買でのトラブル

    昨年無くなった故人が5年前以上に売却した不動産についてのトラブルです。 先日、買い主から法定相続人の一人に電話があり、売買した土地の一部が、故人の兄弟(この兄弟もすでに故人)の名義になっている、金を返せという話がありました。 故人と買い主は友人関係にありますが、買い主は不動産関係の仕事をしている専門家です。 私も法定相続人の一人となっていますが、まだ事態の詳細も分かっていない状態です。この状態での質問も失礼かと思いますが、電話を受けた者が動転しておりますので、質問させて下さい。 不動産売買にかかわる登記は、通常売買時に行われ、すでに完了しているものかと思っていましたが、実際、このような事態は起こりうるものなのでしょうか。

  • 所有権保存登記の添付資料について

    登記情報について、表題部のみしかない不動産を相続しました。 所有権保存登記を相続人名で行う予定です。 相続があったことを証明するため 相続人全員が確定できる戸籍謄本を準備しておりますが 申請書の添付資料の欄には これを指して、登記原因証明情報 と記述すればよいでしょうか?

  • 未登記+複数人の名義の家屋を売却処分出来ますか?

    祖父が他界し(父は既に他界)、結婚して家を出た自分が実家の土地のみを相続しました。 祖父母とも亡くなり、家には誰も住んでいないので、土地と家屋をまとめて売却処分しようと思い、登記を調べたところ、その土地に建つ家屋は建て増し部分が未登記、物置は祖父名義、家のほとんどは曽祖父の名義のままであることが判明しました。 このまま不動産屋さんに売却することは、やはり不可能でしょうか? 家屋は築80年以上で手入れもしておらず、物件としての価値はありません。 わざわざ図面をおこして登記し直したり、曽祖父の代からの戸籍謄本を取ってさらに見知らぬ親戚を探して印鑑をもらって回り、遺産分割協議書を作成するなど不可能に近いと思えます。 解体してから売却すればいいのでしょうが、古くとも田舎の広い家のため、解体費用の捻出が難しく、悩んでおります。

  • 死者名義の普通車の売買

    亡くなった親名義の普通車があります。買いたいという人が現れたので、売ろうと思っていますが、名義人は死んでいます。通常は印鑑証明書と実印があればいいと思うのですが、死んでいます。相続人は一人です。名義人の戸籍謄本と私の戸籍謄本・印鑑証明書で足りますか。相続登記のように名義人の出生から死亡までの戸籍謄本は必要でしょうか?

専門家に質問してみよう