• 締切済み
  • 困ってます

iDeCoと個人年金と積立型の保険

小さい会社に勤めていて退職金などもなく、このままいくと老後資金に不安があり、最近FPさんに老後資金についての相談をしています。 現在42歳のバツイチ女性子供なしの女性です。 37歳の時に医療保険と一緒に積立型の生命保険に加入しました。 60歳の時に580万くらいになるというもので、毎月20,150円支払いがあります。 その他にiDeCoと個人年金を勧められて加入した方がいいかなと思っています。 iDeCoは毎月23,000円、個人年金は10,000円(米ドルで)と思っています。 こういった制度にもあまり詳しくなく、FPさんの話を聞くとやった方がいいかなと思ってしまいます。 なので他の方のご意見も聞けたらと思い、こちらに投稿させていただきました。 何かデメリットや気になる点、気をつけるべき点などありますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数159
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.4
  • tom900
  • ベストアンサー率48% (1015/2079)

全体的な感じは良いと思いますよ。 「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は私もお薦めです。信託報酬が少し高いですが楽天証券の方の手数料が安いので気にならないですし、2017年に発売されてメチャクチャ人気の投資信託ですがiDecoで扱えるのは楽天だけなので、良い選択だと思います。 個人年金は本当に積立定期のちょっとだけ金利が良い感じの金融商品で、予定のモノは外国為替を使うので利回りがよく見えるだけなので、オーストラリア中央銀行が金利を下げると利回りも悪化します。※日本はこれ以上下げられないので考慮しないとしても…。 為替で円高になるリスクを取って20%では厳しいでしょう。 ならば、iDecoと同じように引き出す縛りが無く、税制面でも優遇されリスクはあるが外国株式への投資で年利4~7%のリターンを目指せる投資信託を積立NISAで運用する方が有利です。 積立型の医療保険を中途解約すると損をすると仰いますが、当然で、保険加入期間の医療保険料分は差し引かれるのです。満期まで何もなければ100万ちょっと多く返ってくる計算ですが、途中で医療保険を使って保険料を受け取ると戻ってくる金額も減りますよ。 積立型の医療保険って単純に「掛け捨ての医療保険+積立定期」なのです。その中の医療保険分を使わなかったお礼に、掛け捨てだけなら全く返ってこないですが、少しだけ戻してあげますよ。と言う感じなのです。 最後に蛇足ですが、あなたは何のために生きていますか? 20年も先の老後を心配するために生きては居ないでしょう。 全く考えないのも良くないことですけど、必要以上に心配しないことです。 まだ40代なのに老後のお金を心配して、60過ぎて年金を貰いながら、これまで蓄えた貯蓄を切り崩しながら、何年生きるか分からず貯金も目減りしていく不安に怯えながら老後を過ごす。それが幸せと感じるなら良いですが…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。 保険についてよくわからない部分があるのですが、私が加入しているのは積立型の医療保険ではなく生命保険(オリックス生命)です。死んだらお金が遺族に支払われるものです。なので貯金代わりと書きました。 医療保険(メットライフ生命)はそれとは別に月々5000円程度のものに加入しています。 途中で医療保険(メットライフ生命)の方を使って保険料を受け取ると生命保険(オリックス生命)の方の戻ってくる金額が減るのでしょうか? 最後の方に書かれていた老後の資金を揃える準備をするのが幸せとか幸せではないというのが私には謎です。 今見通しを立てているのも、必要な範囲の心配程度にしか思っていなかったのですが、老後になってから皆さん準備する訳ではないと思うのですが、40代からの準備ってそんなに早いのでしょうか? 今まで買い物したいだけしている部分があったので、貯金も年齢の割に少なく、自分に見合った生活レベルを考え始め最近になって見直したばかりなのです。多分堅実に貯金などをしてきた普通の人からしたら遅いくらいではないかと思います。 蛇足ですが副業がありそちらの仕事が好きですが、そちらのお金は別にしているので、会社員での給与のみでライフプランを立ててある程度の見通しを立てることで、今後どの範囲内で生活していくのか見定めつつ、副業をもっと楽しみたいと思っております。 また一般的なサラリーマンと違って普通にいけば定年まで同じ会社に勤められるという世界で暮らしていないので、次のステップを考えるに当たっても現状を一度把握したいと思っております。

関連するQ&A

  • 生命保険の個人年金とイデコ

    生命保険の個人年金とイデコ 今生命保険の個人年金に入って月5,000円を積み立て?ているのですが 調べてみるとイデコというものの存在を知りました 生命保険だと新契約だと20,000円以上だと 年末調整で生命保険料控除は全額は受けられないのに イデコだと小規模企業共済等掛金控除として 全額控除を受けられます 戻ってくるお金がどれくらいちがうかはまだ計算してないのですが(イデコで商品によっては元本割れのリスクもあることはわかります) これだと、明らかに生命保険の年金よりイデコが優れていると思うのですが 何か生命保険の年金の方が優っている点はありますか?

  • 個人年金保険とiDeCoについて

    個人年金保険かイデコかどちらに加入するか悩んでいます。 つい最近保険会社に入社しました。 (◯一生命) 入社前からイデコに少し興味があり、ネットで調べたりしてたのですが、なかなか理解しきれず先延ばしにしていたところで、就職が決まり… 保険会社の個人年金保険を勧められました。 やるならどちらかで老後資金を貯めたいのですが、どのように決めればいいのでしょうか。 本来なら自分の会社で加入すれば良いのでしょうが 長く働くつもりもなく、働いてるから入るというのもちょっと…と思っていて会社の人にも相談できません。 何かアドバイス頂けると助かります。

  • 個人年金か?終身保険か?

    老後の資金のため 無理のない金額で 夫契約で控除の対象になるので 個人年金を考えてました 東京海上の個人年金を 問合せたのですが 終身保険も勧められました(>_<) 個人年金は 個人年金の枠で控除きくし 60払い込みで 60歳から個人年金で10年間貰うのか 終身保険で 途中亡くなったら 保険金がおりるのでいいのか 60以降は配当金がつくので より金額が増えます 60歳まで払込みして 必要になったらその都度おろすのか どっちがいいか迷っています(>_<) 説明が下手ですいません

  • 回答No.2
  • tom900
  • ベストアンサー率48% (1015/2079)

別の質問にも書きましたが、積立型の生命保険は解約を勧めます。 せめて積立部分を無くした保険に切り替えましょう。 個人的には都道府県共済にガン保険単体加入でも良いと思います。 23年間月2万円支払った総額は約550万円ですから、満期時に支払った分が丸々戻ってくる計算ですが、それは何も無く満期を迎えたときです。 逆に言えば差し引きで30万円しか増えていないですよ。 iDecoと個人年金の両方は不要です。所得に余裕があれば別ですが、同じ目的の為に仕組みが異なる2つの貯蓄を行うのは無駄です。 税制的にメリットが大きいiDeco一本で良いです。 個人年金に予定している分を「つみたてNISA」に回して、中期的に纏まったお金が必要になる部分を補いましょう。 手数料も発生しますし、元本保証では無いリスクはありますが、まぁまぁ中長期的な運用なら利回りは出ます。 減税制度だけでも十分なメリットを受けられます。 単純に生命保険(医療・死亡)を共済に変えれば月5000円です。ガン保険を単体で手厚く加入しても月5000円程度ですから、1万円は浮きます。 そうすればiDecoを月25,000円・つみたてNISAを月10,000円でも実質25,000円の出費増で済みます。 44歳から開始すると仮定して、iDeco月25,000円なら積立元金総額4,800,000円で利息が1,450,000円(年利4%換算・税引き後)ですので、満期時に130%で戻って来ます。 同じようにつみたてNISAで10,000円積立なら、元金総額1,920,000円で利息が580,000円程度ですが、両方合わせれば積み立てた総額が670万円で利息が200万ですからね。この他に所得税と住民税の減税処置を受けられますので決して悪くないと思います。 検討してみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こちらでもご回答ありがとうございます。 すみません生命保険の金額が間違っていました。 65歳までに550万くらい払い込みして、解約時の払戻金が650万程度になっているものでした。 医療保険はこれとは別に5000円程度のものに加入しています。 生命保険は貯金代わりでやっているのですが、他の方法も色々とお聞きした今はいらなかったかなとも思います。 ただ今解約すると120万払ったものに対して80万戻ってくることになり、40万も無駄になるので解約するのもどうかなと思っています。 所得に余裕がある訳ではないのですが、FPさんからはiDeCoと個人年金とNISAとあり、iDeCoと個人年金がいいのではないでしょうかとのお話でした。 NISAについての詳しいお話は聞いていないのですが、個人年金と比べてNISAの方が良いメリットやまたはデメリットなどはどんなところがあるのでしょうか? もしお時間がございましたらご教授いただけますと幸いです。 今の計画だと現在の貯金(650万くらい)はそのままおいておいて、月々6万程する貯金のうち(生命保険に払っている2万程はすでに毎月発生している支払いなので家計の支出の計算に含んでいます)iDeCo¥23,000+個人年金¥10,000=¥33,000を現金預金ではなくそちらに回すという計画になっています。 iDeCoは楽天の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」というものを勧められたので、それに申し込むつもりでいます。 金額は私の条件(?)だと23,000円が満額のようですので、毎月23,000円を予定しています。 個人年金はマニュライフ生命のこだわり個人年金というもので年金返戻率というのが最低119.04%とあります。外貨なので条件の悪い時には引き出さずに、レートの良い時に引き出すように言われました。 家計簿は長年つけています。もちろんその内容を踏まえてFPさんがプランニングしてくれています。

  • 回答No.1

積立保険は保障特約部分は掛け捨てですから、貯蓄と掛け捨て保険を一緒にしたような商品です。払い込み満期までにいくら払うのかトータルで考えてください。貯蓄と違って病気にならなければ保険金は出ず、積立分のみ戻るわけですが運用益によっては払い込み額のほうが多くなるものもあります。今一度内容を確認してください。 ただし加入時の条件次第では今後新たに加入が難しいとかだと解約しないほうがいいものもあります。 iDeCoと個人年金はまずiDeCoからでしょう。掛け金受取金ともに非課税です。独身の方には節税効果だけでもメリットだと思います。ただこちらも手数料がかかりますから取扱機関と銘柄選びは慎重に。最初は無理のない金額から始めてみてはいかがですか? 個人年金はさらに余裕があれば考えるものだと思います。特に外貨建ては一見運用益が良いように見えますが手数料や為替変動によるマイナスが意外と重くなることもあります。 保険料負担が重くなって中途解約になっては効果が期待できません。 FPに相談なさっているならライフプランについての説明があったことと思います。公的保障をしっかり踏まえて足りない分を私的保険または貯蓄で備えるのが一般的です。 保険は病気にならなければ使えませんがし今すぐ必要な保障なのかを考えて目的別に積立貯蓄をするのも一案です。 老後に備えなければと焦るお気持ちはよくわかりますが、まだ40代になったばかり、いきなり完璧なプランを目指すのではなくもう少し腰をすえて勉強しながら充実させていくというのがいいかもしれません。 あと、家計簿は簡単でもつけておいた方がいいです。我が家は節目ごとに家計簿を見てFPさんがプランニングしてくれました。 ライフプランについてもまだまだ勉強中です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません生命保険の金額が間違っていました。 65歳までに550万くらい払い込みして、解約時の払戻金が650万程度になっているものでした。 医療保険はこれとは別に5000円程度のものに加入しています。 iDeCoは楽天の「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」というものを勧められたので、それに申し込むつもりでいます。 金額は私の条件(?)だと23,000円が満額のようですので、毎月23,000円を予定しています。 個人年金はマニュライフ生命のこだわり個人年金というもので年金返戻率というのが最低119.04%とあります。 FPさんのお話を聞いていると現金で貯金していてももったいないのかなと思ったのですが普通に現金で貯金した方がいいものでしょうか? 今の計画だと現在の貯金(650万くらい)はそのままおいておいて、月々6万程する貯金のうち(生命保険に払っている2万程はすでに毎月発生している支払いなので家計の支出の計算に含んでいます)iDeCo¥23,000+個人年金¥10,000=¥33,000を普通の貯金ではなくそちらに回すという計画になっています。 なので現金での貯金は毎月¥27,000程度になる予定です。 計画に無理があるでしょうか? 家計簿は長年つけています。もちろんその内容を踏まえてFPさんがプランニングしてくれています。

関連するQ&A

  • 個人年金と積立について

    個人年金と積立貯金は何が違うのでしょうか? つきに少しずつですが、老後のために個人年金か、積立かをしようとしています。 個人年金は、年末調整で控除されるようなのでお徳なのかなとも思うのですが、何か裏があるような気がして。。。 どなたが、個人年金と積立貯金との違いを教えていただけないでしょうか? 今から、約30年前後先の受取になると思います。

  • 戦争と個人年金

    老後の資金についてお伺い致します。いよいよ還暦が近づいてきて、あれこれ考えているのですが、ある経済評論家曰わく、老後の資金は個人年金などにせず、現金で持っておけ、とのこと。私は現金で持っておくと、使ってしまったり、ろくなことがないと思うので、色々と調べているのですが、考えれば 、数十年先の資金を保険会社に渡して大丈夫かな、とも思うようになりました。というのは、ここのところの東アジア情勢が不透明であり、いつどのような事態にならないとも限らないからです。もし、仮に日本が戦争に巻き込まれた場合、支払った個人年金は、どうなるのでしょうか?

  • 個人年金

    個人年金に入りたいのですが、どこがおすすめですか? 夫婦で入りたく、41歳、月に1万から2万(1人)を考えてます。 イデコが良いのか、JAや保険会社のが良いのか… 迷っています。

  • 個人年金かなにか。

    個人年金かなにか。 国民年金と国民付加年金に加入しています。 しかし、これでは老後は心配です。 月々1万前後で加入できる、そして、失業など、払えなくなったとき、払わなくてもいい、そして、老後にもらえるような年金はありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 個人年金と終身保険

    生命保険について 24歳男です。 現在、個人年金に入っていますが、FPの方に勧められた終身保険も気になっています。 どちらがあっているのか、教えてください。 現状・・ 現在は日本生命の個人年金に加入し、2年たちました。貯金のつもりで始めました。 気になっているのはメットライフの終身保険です。 終身の方が、死亡した際の補償もしっかりしていますが、解約返戻金の上がりかたは個人年金より微妙です。 FPの方の言い分・・ 「結婚したときも考えて・・死亡保障も貯金も出きて良い」 「保険会社で運用するし、返戻金の上がり方も、見積もりでは最低限で見積もっている。今後上がる可能性がある」と言われています。 自分の考え・・ 自分としては、結婚したときのことはまだ考えられないし、万が一、リストラなどで職を失った際に解約してお金がほしいとも思うので、解約返戻金の高い方が良いかと考えています。 これまで払った年金を解約するのももったいないし・・ みなさんならどうされますか。 どうするのが良いでしょうか。

  • 個人年金は使い物にならない!に気がつきました。

    そろそろ60才定年退職を迎えます。 老後の生活資金のベースは、厚生年金+企業年金+個人年金=約400~500万円ですが、これらをもとに国民健康保険税を算出するとほとんど上限の53万円/年になってしまします。さらに、所得税や住民税もかなり払わなければなりません。(私の場合:扶養家族控除なし) 個人年金は税金で有利ときいておりましたが、実際に計算してみると、 所得(受給金額-必要経費)が国民健康保険料の支払い金額を押し上げてしまって、年金で受けらないほうが有利となってしまします。 若いころから個人年金をコツコツと掛けてきましたが、個人年金をもらう段階になって、はじめて使い物にならないということに気がつきました。 個人年金に加入するときには、保険会社は税金上「有利」なことばかりを説明するのでなく、「不利」なことを説明すべきだと思いますが、いかがでしょうか。

  • 個人年金

    JAの個人年金に加入して5年になります。 離婚して配偶者がいないので老後のことを考えて入りましたが、先は長いし(60歳まで払込み)、月3万6千円の額はけっしてお安くないので、どうしたものかと考えています。このまま加入し続けてても良いのでしょうか。それとも解約して、他の個人年金に加入したほうが良いでしょうか。尚、現在48歳です。

  • 個人年金についてですが・・・。

    個人年金についてですが・・・。 主人が転職しようと考えています。 現在の職場は、厚生年金などの社会保障があるのですが、今度の希望する職場は 個人経営の会社で、社会保険がありません。 現在、家族構成は32歳の主人と専業主婦の30歳の私、子供が0歳児で一人です。 老後、厚生年金に入っている方と同じくらいの年金を受け取るには、どんな保険に加入したら いいでしょうか??将来的にはあと一人子供が欲しいと考えており、ある程度大きくなったら 私も働くつもりでいます。 保険や年金に詳しい方、すでにご自身で国民年金を払いながら個人年金もかけていらっしゃる方が おられましたら、アドバイスをお願いします!

  • 個人年金について、

    国民年金をかけている、33歳、独身の者ですが、受給額が少ないので、他にも年金をかけたいと思っています。 国民年金基金が良いと思ったのですが、今後、厚生年金などに加入したときに、国民年金基金に加入できる資格を失うので、国民年金、厚生年金、又、結婚をしても、かけれる年金に加入したいと思っています。 保険会社の個人年金は、今後、私の老後まで、何十年後もその保険会社が存在するのか、倒産したらどうなるのか、不安です。 できれば、何十年後も確実に存在する可能性の高い保険で、得のある年金があれば教えて下さい。

  • 個人年金

    33歳の同居の息子ですが、 3ヶ月ほど前に、第一生命の生命保険に加入しました。 職団のようなのですが、押し切られて加入したようです。 息子は、すでに、県民共済とアフラックに20歳前から加入してますので 私は、必要無い、、と思ったのですが、、。 県民共済とアフラックで3600円ほどです。 今回、加入した第一生命は、1万ちょっとです。 さて前置きはこのくらいにして、、、。 その第一生命の保険レディから、個人年金を奨められました。 息子は、33歳ですし、結婚も、(今のところ)まったく予定もありません。 家庭を持ったのなら、個人年金も必要とは思いますが、 いまの段階で個人年金なんて必要でしょうか? 息子が結婚しないかぎり私達が建てたこの家に 同居です。 息子の貯金は、現在900万ほどです。 この若さで、個人年金が必要でしょうか? 30年先に、第一生命が存続しているかどうか、、、も気になります。