• 受付
  • すぐに回答を!

国内旅行について

  • 質問No.9766941
  • 閲覧数192
  • ありがとう数1
  • 回答数4

お礼率 89% (1204/1344)

 私は、43歳の男性です。
 皆さんにお聞きしたいのですが、7月から、政府が、いわゆる、「GO!TO!キャンペーン」という、宿泊費の半額補助や、クーポンをセットする事により、国内旅行の需要を喚起し、観光、宿泊、旅行業界を支援する期間限定の政策を始めますが、本日、完全失業率、有効求人倍率のかなりの悪化が発表されました事からも分かる通り、実は私も失業中ですが、失業しておられる方がかなり増えて来ていますし、失業していなくても、休業中、あるいは、働いていても収入が減少したという方もかなり増えて来ていますので、この様な状況下において、今後の新型コロナウイルスの収束状況が見通せない事も含め、何処まで、国内旅行をする方がおられるのでしょうか?
 旅行、観光というのは、いわば、不要不急の行為で有り、将来不安がある程度解消され、かつ、金銭的に余裕が有って初めて行える物です。     
 ですので、もう一点、お聞きしますが、国内旅行、観光が、昨年度迄の水準に戻るのは何時位でしょうか?

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 8% (153/1882)

他カテゴリのカテゴリマスター
帰省はするけど、飛行機✈️を使う遠距離国内旅行は当面無いんじゃないかな。

東京都内だと、日帰りで那須や草津温泉や熱海・箱根。
大阪なら京都や有馬温泉とか。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 21% (45/210)

私はコロナでも変わらず仕事を続けられており、2月からずっと、多分ワクチンができる頃、少なくとも今年いっぱいはリモートワークとなる見込みです

今後大きな不況の波が来ますが、自分は特殊なスキルと経験があるので世の中の会社が全てなくならない限りは収入を得ることができそうです

始めの数ヶ月は自宅で働いていましたが、
自粛疲れと気分転換の為、国内のリゾートホテルに長期宿泊し、テレワークしています

今まで50年ほど生きて来ましたが、不謹慎ながらも、こんなに自由に過ごせることはありませんでした

通勤もなくなり、出張や打ち合わせなどの外出もなくなり、
家族との時間、自分一人で考える時間が多く与えられ、不謹慎ですがとてもいい機会を得たと感謝しています

今は沖縄にしばらくいますが、時々散歩する程度でずっと部屋に篭りっきりで働いています

この後は一度自宅に戻り、また、軽井沢、九州、北海道、など、自宅に戻りつつ、転々とする予定です
以前憧れていた日本一周旅行ができる状態にあり、とても満足しています

コロナが落ち着いても、ずっとこういう働き方ができるよう、いろんな会社の働き方を見直す仕事もしています

もう週休3日制に移行しようというトレンドより、リモートワークをなるべく多くの業種業態に根付かせるトレンドに入ったと感じています
つまり、業務のデジタル化です
多くはコンピュータ、ロボットに置き換えていくでしょう

また、既に都心のオフィスビルの一部で空室が出始めていますが、半年後にはかなりの空室が出ると思います
今は郊外暮らしがテレワーク可能となり見直されておりますが、事業用賃貸が激減し、代わりに超都心に住居用の物件が増えますので、私もその頃に超都心への転居も検討しています

給付金も6月頭にすぐ入金されましたし、給与も変わらず頂いておりますので、なるべく金を使う責任があると感じています

普段は観光地では買い物などしないのですが、衣服など含めなるべく浪費しています

贅沢な時間を与えられていることに感謝し、夜の繁華街だけは避けつつ、なるべく金を使う予定です
もちろん、GOTOキャンペーンが使えるのなら活用します
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (1191/4774)

失業中とのことで、先行きの不安を感じておられるものと思います。
このようなことを書けば怒られるかもしれないのですが、メディアからのニュースというのは不安を掻き立てる素材しか流しません。
新型コロナで会社が倒産、失業、生活保護増大などのワードはたくさん流れますが、現実としてコロナのせいで会社史上最高の売り上げというケースもたくさんあります。
不謹慎でメディアでは取り上げませんが、リモート、テイクアウト、マスク、家具、薬品‥など数えればキリがありません。

このような業界にいる人は、昇給や臨時賞与などが与えられGO!TO!キャンペーンに乗って、ちょっと豪華に温泉にでも行きたいと言います。

日本は狭いと言いながら、1億以上の人口がいてお金を持っている人っていっぱいいるんですよ。
そういう人は、いくら不況でも1千万を超える新車を買ったり、マンションを買ったり旅行もスイートルームに泊まったりするんです。

日本人は、熱しやすく冷めやすいとよく言われますが、質問にある国内旅行の件で最近、私が経験したことです。

今年の夏は沖縄に行こうと思って、1月からホテルと飛行機の予約をして楽しみにしていたのですが、こんな状況になってしまって全国に緊急事態宣言が出た4月にキャンセルしました。

そのころは、私が宿泊予定だったホテルはほとんどが空室でした。
沖縄には来ないでくださいという宣言も出ましたから当然といえば当然のことですが。

ところが、東京アラートが消えた頃に何げなくそのホテルの予約状況をネットで見てみたのです。

満室です。

東京からコロナ避難、自粛お疲れ様、中国人いない沖縄・・・などのワードがたくさん出てきます。

ウイルスの収束状況にもよります。
秋、冬に第2波が来るとの情報もあります。

私自身も旅行が好きで、旅行会社との付き合いもあっていろいろアンケートが来るんですよ。
いつから旅行行けますかなんて。

確かに不要不急な行為ですし、金銭的なことや感染の状況を見て1年後くらいでしょうか。

昨年までの水準というのは、外国からの旅行客も含めてのことですから、かなり先としか言えません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (1357/6044)

正解を出せる立場ではございませんが、庶民の感覚としましてまさに同意でございます
観光に大打撃があったとはいえ、現時点で大手を振って観光に行く気にはならないです

解放される時期の予測ですが、私の地域はすでに数か月感染者もいなく、たまに感染のニュースも県外在住の県民とか東京帰りとかだけになりまして、東京もこんな状況になる日まで、と思います

願望としましてはウイルス拡散のリスクの減る夏季での終息を祈るばかりです
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ