• ベストアンサー
  • 困ってます

純文学

  • 質問No.9709234
  • 閲覧数172
  • ありがとう数15
  • 回答数14

お礼率 90% (1013/1115)

純文学作品を初めて読んだ年齢を教えてください。教科書除く

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.11
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (119/365)

字面を追うだけの作業なら小学校高学年くらいからやっていたと思います。芥川龍之介とか夏目漱石を中身を咀嚼し考えながら読むようになったのは大学生になってからです。記憶に残っているのは20歳前後に読んだソルジェニーツィンの「イワン・デニーソヴィッチの一日」です。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

ソルジェニーツィン?知らぬ~(笑)
ロシア人っぽい名前ですね。
投稿日時:2020/02/05 16:46

その他の回答 (全13件)

  • 回答No.14

ベストアンサー率 20% (226/1116)

REXULTIさまこんにちはです。keaget09です。

高校生の頃、森鴎外の『舞姫』を独学で読み切りました。
放課後の図書室で、辞書で調べながら頑張りました。


今はもう無理です。さっぱりわかりません。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

森鴎外の舞姫ですか~私には無理~
回答ありがとうございました。
投稿日時:2020/02/06 16:37
  • 回答No.13

ベストアンサー率 10% (165/1538)

多分、中学生の何時かですね。
芥川の短編集か、トルストイの短編集か。
幼いころは、漫画。
その後は洋楽と洋画ばっかでした。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

ありがとうございます。洋楽と洋画もいいですよね。
投稿日時:2020/02/05 18:21
  • 回答No.12

ベストアンサー率 21% (406/1853)

小学校入学前だったことは確かです(笑)。

何せ自宅の本棚には父が買いそろえた小説が山のようにあり、漱石やら鴎外やら川端康成やら三島由紀夫やらの小説を読んでいた記憶があります。私の場合、幼稚園・保育園に通っていなかったので、時間だけはたっぷりありましたからね。もちろん文字は読めました(新聞で鍛えたような気がします)。

でも、当時読んでいた「純文学作品」の内容の記憶はほとんどありません(笑)。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

恵まれた環境!
投稿日時:2020/02/05 16:45
  • 回答No.10

ベストアンサー率 21% (492/2260)

REXULTIさん、こんにちは。

 童話作家の森荘已池(もりそういち)には大人向けの作品もありまして、
『山畠』(短編)
 これが最初だったはず。。。小学5年生です。

 タイトルに惹かれて買い、わけも分からず最後まで読み切ったのが
『吾輩は猫である』 夏目漱石
 どっちが先だったか記憶が定かではありません。

 いずれにしろ、文学作品を読むのは忍耐がいるのね、って思いました(笑)

 あ、『あすなろ物語』 井上靖 も5年生で読んでた。これはおもしろかったけど・・・どれが一番最初が自信がありません(汗)
 
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

どっちが先だったかわからない!わかります(笑)

忍耐…いりますね~
ありがとうございます。
投稿日時:2020/02/05 11:14
  • 回答No.9

ベストアンサー率 12% (90/726)

おはようございます。
幼少期の記憶。私は良く覚えてますよ。まだ幼稚園に行ってない頃の記憶があります。「純文学」は森鴎外の「山椒大夫」です。但し、大人が読む原典でなく絵本化された「安寿と厨子王丸」だったと思います。もしかするとO.ワイルドの「幸福の王子」の方が先だったかもです。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

絵本…にしてもすごいですね。
自分が四歳の頃、字が読めてたのかどうか記憶が曖昧です。
投稿日時:2020/02/05 11:09
  • 回答No.8

ベストアンサー率 47% (14342/30437)

他カテゴリのカテゴリマスター
 小学校は三年まで共学、それが4年になって男女別々の組になりました。すると急に世の中がはかなくなり、町の図書館に行きました。

 一緒に行った藤村という友達はいち早く「藤村全集」を見つけましたが、僕の名前がなく仕方なしに面白そうな名前の「ブタ木全集」を借りて帰りました。

 ですから、振り仮名がないのでだいぶ飛ばして読んだ石川さん(まだ会ったことない人)のもので、純文学かどうか知りませんが、小学4年の時です。

 
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

ブタ(笑)
面白いエピソードですね。
投稿日時:2020/02/05 11:04
  • 回答No.7

ベストアンサー率 14% (2912/20332)

アンケート カテゴリマスター
マジな話ですが、読んだことありません
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

私も全然読みません。最後まで読めたのは2冊だけです。あとは途中でギブアップ…
投稿日時:2020/02/05 11:02
  • 回答No.6

ベストアンサー率 28% (3859/13739)

高校生の時、大岡昇平の「野火」を読みました。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

ありがとうございます。
投稿日時:2020/02/05 11:00
  • 回答No.4

ベストアンサー率 14% (1966/13298)

純文学の定義は人によって解釈が様々です。質問というのはどのようなことを聞きたいのか、はっきりさせることが基本条件です。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

シンプルにいきましょう。それぞれの感性に任せます。
投稿日時:2020/02/04 21:50
  • 回答No.5

ベストアンサー率 30% (6225/20658)

他カテゴリのカテゴリマスター
小学校5年生か6年生のとき、ドストエフスキーの「罪と罰」を読み切ったことがあります。さすがに周囲に驚かれました。あんま内容を覚えていないですけどね・笑。
主人公ラスコーリニコフが良心の呵責に耐えかねてソーニャに罪の告白をする場面があるのですが、そこを読みながら「バカ!女に秘密を告白するバカがあるか!みんなにペラペラ喋られるだろうが!」って心の中で叫んだことはよく覚えています・笑。
お礼コメント
REXULTI

お礼率 90% (1013/1115)

内容覚えてないってところがリアルに共感(笑)
でも変なところだけ覚えてるんですね。ありがとうございます。
投稿日時:2020/02/04 21:54
13件中 1~10件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
ページ先頭へ