• ベストアンサー
  • 困ってます

純文学のよさがよくわかりません。

純文学というものがあると思うのですが、例えば宮本輝氏の「蛍川」などを読みました。 途中いろいろあって、ラストの場面などは美しく有名だそうで、芥川賞受賞作品だそうですが、正直この作品がどういいのかよくわからないのです。特に良かったとは感じられません。 この作品はさほどの長編ではないとはいえ、純文学全般に言えますが、長々と活字を最後まで読んできて、読むだけの価値があった、感動したという作品はあまりないのですが。 純文学というは「次どうなるんだろう」という、「話のおもしろさ」というより、心情・情感や人生の真実が描写されているというところに価値があるということでしょか。読む人に感性がないとダメなのでしょうか。 純文学と大衆(エンターテイメント)小説の違いを知りたいです。 百田尚樹氏の小説などは、娯楽小説の部類なのでしょうか。 また、純文学というのは日本の文学作品に固有の言い方なのでしょうか。 トルストイや、ドストエフスキーなどの海外の世界文学では、あまりこうした言い方はなされていないように思えますが、「戦争と平和」や「罪と罰」なども純文学なのでしょうか。 それから、「文学」という言い方と、「小説」という言い方はどうは違うのか教えて頂きたいです。 前者のほうが、後者に比べると高尚というか、そういうことなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1660
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

お気持ちものすごくよく分かります。私も純文学は苦手でした。ただ、かといって娯楽小説も好きではありませんでした。 中学の頃から純文学を読んできました。最近の娯楽小説よりも、三島由紀夫や川端康成や漱石を読むべきだと思ってたからです。が、15年くらい幾ら読んでも純文学のよさが分からずに最近になって急に開眼しました。 私が初めて純文学の良さを知るきっかけになった作品は、宮本輝の「星々の悲しみ」です。派手な作品ではありませんがものすごく良いです。その後、宮本輝の川三部作を全部読みましたがどれも傑作だと思いました。しかし「星々の悲しみ」の前に読んでいたら、どのような感想になったかは分かりません。 多分、純文学は分からない、と思いながらも読み進めていればその様な作品に出会えるんじゃないかな、と思いますよ。貴方にとってそれがどんな作品かは分かりません。貴方が「星々の悲しみ」を読んで私のような感想を持つかも全く分かりません。(でもおススメです) 「純文学」と「エンタメ小説」の違いは、表現に重きを置くか、ストーリーに重きを置くかの違いだと思います。私も今でも定義はあやふやですが、たくさん読むを分かってくると思います。それが日本固有の言い回しかどうかは分かりませんが、考え方としては同じ分け方ができそうです。 「文学」はジャンルそのものを言い、「小説」はもっと具体的なものです。 「僕は日本文学が好きだ、とりわけ谷崎の『痴人の愛』という小説が好きだ」という言い方ができます。 「『痴人の愛』という文学が好きだ」という言い方にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

難しい問題ですね。文学(純文学)と娯楽小説の違いを明確に切り分ける基準はありません。例えば尾崎紅葉の「金色夜叉」とか泉鏡花の「婦系図」など、今では日本文学全集に収められていますが、発表当時は新聞の娯楽小説です。中身もありきたりの風俗小説です。でも100年後の今も読み継がれ、文学全集に収められている。百田尚樹氏の娯楽小説も、100年後に残っていたら文学として扱われるでしょう。でもその可能性は限りなく小さいです。 大胆に文学(純文学)の基準を作るとすれば、 ・テーマがストーリーではなく、感性、美意識、人間性、人間の業、文章表現の美しさ、などに置かれ、それを読者に伝えることを目的に書かれていること。 ・内容が時代の変容に耐えられるもの。 と言うのは如何でしょうか。源氏物語などは典型です。この条件にすべて当てはまります。 純文学が直木賞作品のような娯楽小説のように読んで面白くないのは当たり前でしょう。そもそも読者を面白がらせる目的で書かれていないのですから。しかし、純文学の見本のように言われている芥川賞はやや疑問を感じますね。ストーリーを過小評価しすぎて、せせこましい四畳半文学に脱している。無理やり「感性、美意識、人間性、人間の業」に傾いている。文章も下手。だから夏目漱石や志賀直哉のような日本語のお手本のような文学、「戦争と平和」や、{罪と罰」の様な骨太の文学が生まれない。この種の軽々しい純文学も後世に残らないでしょう。つまり時代の変容には耐えられず、消滅するでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • 2080219
  • ベストアンサー率32% (627/1954)

こんにちは。 私も純文学は苦手ですよ(^^ゞ 「良さが解るふりをしていることが、良さ」なのではないかと考えています。 更には、所謂”文壇”の数々の「賞」は、 広告業界最大手の会社と出版業界の自作自演です。 お歴々も含め、「文学賞」に物申すということは、 集団心理から考えても、ほぼ不可能な行為ですので、【良い文】ということに確定します。 私は外国語は苦手ですので、世界的名作と言われている本も、翻訳版しか読んだことがありません。 翻訳者の方々がざっくばらんなのかもしれませんが、 日本の本は、言葉使いばかりに重きを置き、「主旨」は薄っぺらに感じることが多いです。 自分の言葉に酔っている印象です。 私は、「純文学」の本来の意味は、世相や風俗にとらわれず、 人間や社会の本質を描いた作品のことだと考えています。 ですから、ジャンルや形式にとらわれている事自体が、おかしなことだと思いますよ。 絵本でも、エッセイでも、SFでも、人の心と向き合っていれば、それは文学だと思います。 ではでは(^_^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 純文学というのは、枯れた文学と言えば、わかりやすいかもしれません。詳しくは以下のリンクを参照してください。  純文学:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E6%96%87%E5%AD%A6  純文学論争:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%AB%96%E4%BA%89  何が純文学かという具体的な定義は無いようですが、娯楽一辺倒の小説ではなく、当時の時代世相を詳細に描いた歴史的価値を持っていたり、当時、生きていた人達の考え方が理解出来るように描かれている小説などを差すようです。娯楽性よりも歴史的事実を描いた歴史小説も純文学だと思います。  それと言うのも、小説の多くがフィクションばかりの娯楽作品で、純文学は少数派だからでしょう。売り上げも同じく、娯楽小説が多く、純文学はあまり売れない小説です。赤字採算の書籍も多いだろうと思います。  漫画や娯楽小説しか読んだ事が無い人には、どこが面白いのかわからない小説ですが、当時の世相を知っている人から見ると、懐かしいお話や既知の知識を確認出来る小説です。昭和回顧録とか、平成回顧録などを読めば、当時の世相がわかるように、当時、生きていた人から見れば、価値を持つ文学と言えるでしょう。  たとえば、8ビットパソコン時代のお話は、あまり面白い小説ではなくても、実話ばかりを集めて書くと年配者で読む人は多いでしょう。同じく、ビデオデッキの変遷やゲーム機の変遷を描いた小説を読みたい人は多いと思います。技術系の純文学はあまり読んだ事が無いですが、懐古本として出版されています。  米国ではニューヨーク同時多発テロを描いた純文学も出版されているはずです。日本でも爆弾テロやハイジャックを描いた純文学があると思います。テロリズムの世界を描くのは取材が難しいでしょうが、そういう小説ほど読む人が多いのは事実です。  純文学は面白くない小説ばかりではありません。戦争の時代を描いたり、テロの時代を描いたり、技術革新に押し流されている現在を描いたり、面白い小説は数多くあるはずです。  もっとも、情報社会になり、インターネットが普及したせいか、昔話を書くのに出版費用をかける必要が無くなり、インターネットのホームページやブログに書いて公開出来る時代になりました。  それに比べると、出版界は斜陽で、出版不況が続いているようです。純文学も情報化の波には逆らえないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 戦争と平和

    百田尚樹さんが【戦争と平和】という新書を出しました。 タイトルがトルストイの【戦争と平和】とカブってます。 これは、著作権上、大丈夫なのでしょうか?

  • 百田尚樹さんについて

    百田尚樹さんはいろいろなジャンルの小説を書いていると聞きました 純文学の小説は書いてますか?

  • 「永遠のゼロ」はエンタメ?純文学?

    百田 尚樹さんの「永遠の0」はエンタメでしょうか、純文学でしょうか。 また、その判断基準を教えていただけると助かります。

  • 純文学愛好者の皆様に質問です。

    純文学の条件として、「物語性の無さ」を挙げる人をたまに見掛けます。 そういう意見を聞くたびに不思議に思うのですが、「物語性」を否定すると、 ドストエフスキーの「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」、 漱石の「こころ」、三島の「金閣寺」なども否定されてしまうんではないでしょうか。 いわゆる純文学扱いされている作品でも、物語性に富んだ作品は多いと思うのですが。

  • 純文学と小説の違い

    こんにちは。 最近の純文学と小説・大衆文学との違いが少ない気がするのですが、 それは、私にその違いをわかる能力がないからでしょうか? 例えば、芥川賞は純文学の新人作者に与えられる賞ですが、 (最近のノミネートされた作品も含め)それぞれ違いはありますが、 芸術的な文学か?と考えながら読んでいくと、 たまに違うような気がしています。 何となく芸術作品と言うよりは、大衆的な作品にも近いような・・・ (多くの人に読まれている(=売れた)大衆小説との大きな違いが見えない) 上の様に思うのは、私の芸術をわかる能力がないからでしょうか? 純文学と小説・大衆文学の 大きな違いはどのようなことでしょうか? 芸術ある文学は、どう言った点が優れ、どの様に芸術が表現されているものなのでしょうか? それとも、最近は純文学も大衆文学もそれ程差がないのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 百田尚樹さんの小説について

    百田尚樹さんの小説はどのジャンルになりますか? エンタメ 大衆 文学

  • 百田尚樹さんの殉愛ってどういう内容の本なんですか?

    百田尚樹さんの殉愛ってどういう内容の本なんですか? 百田尚樹さんはやしきたかじんさんが死ぬまで病院にいたのですか?これは事実?それとも架空の想像小説? 百田尚樹さんの密着ドキュメンタリー?

  • 純文学を最近読みたいんですが

    最近純文学を特に読みたいです でも、純文学で本当に文章が上手いと感じた人が全然いません! 純文学にストーリーはいらないという論争があることは知ってます ですが、今まで純文学読んだ中では、ストーリーもダメだしストーリーなくていいほど文章は上手くないって人か、バリバリストーリーあるじゃんプロットで読ませてるじゃん…って人か、なに書いてるかすら意味不明だよ…って人しか知りません あとは小説じゃなくて詩なんじゃない?ポエムだよ…とか 本当に文章だけでまともに作品として作れてることをほとんど見ません なので、詳しい人、教えてください。 あと文章が上手い作家も教えてください! 以下に私の好みと評価書きます。異論ばんばん出してokです。 文章が本当に上手いと思った 村上春樹、花村萬月(だが二人ともストーリーで読ませるタイプだとは思う) ストーリーも文章もダメ 金原ひとみ、笙野頼子 そもそもストーリーあるじゃないか… 綿矢りさ、村上龍、大江健三郎 意味不明 円城塔(デビュー作は除く) 個人的な好み 三島由紀夫 美文の代表と言われてるが、どのへんが??と。読んでて、妄想が激しくて自意識過剰な主人公だなとしか思わない 池田満寿夫 デビュー作の「エーゲ海に捧ぐ」はストーリーは特にない純文学で成功してるとは思うが、彼タイプの作品が典型的な純文学で、評価の主流かというとそうではないと思う

  • 文学小説のガイド本を探しています

    有名な文学小説を読もうと思い色々探してみたのですが、サイト等で探そうとするとネタばれが多く、いまいちうまく探せません。 様々な海外文学(ドストエフスキー・ディケンズ等)や純文学(太宰治・夏目漱石等)などを、ネタばれせずに大まかなあらすじを、魅力を伝えるにとどまった紹介しているガイド本が理想です。 出来れば、一人一作品ではなく、有名な作品は多く紹介してほしいです(ドストエフスキーなら「カラマーゾフの兄弟」「罪と罰」という風に)。あと、出来ればでいいですが別のページに、ネタばれを含むあらすじの紹介も欲しいです。 理想は海外・日本文学が一緒になっているものですが、難しいなら別々でも構いません(イギリス文学など、国ごとに分かれているのは冊数が多くなるのでいまいちです)。 色々注文が多いですが、宜しくお願いします。

  • 最近のものでおすすめの純文学を教えて下さい。

    ミステリーやホラーを好んで読んでいたのですが、 うっとりするような素敵な文章の本をもっと読みたいと思うようになってきました。 50年以上前に遡れば名作が沢山あるのは知っていますが、 純文学に若干苦手意識もあり出来れば最近のものの方がとっつきやすいのでは、と思って質問してみました。 日本の作品で、文章が上手で恋愛メインではないものがいいです。 目に浮かぶような情景描写や巧みな心理描写、読み終わってしまうのが惜しいそんな小説を読みたいです。 あと癖のない読みやすい文体、文章の方が有り難いです。 太宰治は何作品か読みました。斜陽など面白かったものの方が多いですが読みづらいものもありました。 ミステリーで森博嗣さんの小説はとても文章が上手いと聞いて読んでみましたが、お話が全然好みではなかったので純文学のみで答えて頂けると嬉しいです。