• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

光の速さで蹴る人

  • 質問No.9655949
  • 閲覧数95
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数2

お礼率 26% (79/295)

あるまんがに光の速さで人を蹴るおじさんがいるんですが、このおじさんをどう思いますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 63% (7/11)

粉塵で遮るとか、レンズで拡散させるとか、鏡で反射させるとかでしょうか。

あとブラックホールで閉じ込める。

また明日。
お礼コメント
shikiok

お礼率 26% (79/295)

ありがとうございました。
ブラックホールの能力者もういますね。
投稿日時:2019/09/15 16:29

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 63% (7/11)

>光人間の弱点は思いつきますか?

「スケスケの実」の能力者には攻撃が効かないかも。

ダメージを与えられるのは、覇気や、海楼石の武器。
補足コメント
shikiok

お礼率 26% (79/295)

あー、まんが内の話で回答されたのですね。
物理学の話だと何か意見はでますか?
私は物理学には詳しくないですが。
光を消すことができたら光人間もたじたじでしょうね。
投稿日時:2019/09/15 16:04
  • 回答No.5

ベストアンサー率 63% (7/11)

補足コメント
shikiok

お礼率 26% (79/295)

黄猿です。
光人間の弱点は思いつきますか?
投稿日時:2019/09/15 09:13
  • 回答No.4

ベストアンサー率 56% (3400/6000)

 妄想の中で生きられる人は、その人は、幸せだろうと思います。

 その分、周囲の人間は大変だろうと思いますが。

 もっとも私も、高校の体育の授業で柔道をしているとき、手持ち無沙汰にしていた友人を相手に乱取したことがありますが、相手の柔道着の襟とスソを握った瞬間、光の速さで一本背負いされた経験があります。ホントに、ふわっとした感じがして、気が付いたらマットの上で天井を見ている自分を発見したのです。

 もっとも、キチンとした受け身ができていた「私も偉かった」と思いましたけど。

 彼は有段者で、相手がいませんでした。体育の授業レベルでは。私はそのことを知らず、暇そうにしている彼に対戦を申し込んだのでした。

 なのでそのおじさんも、実は「退屈しているかわいそうな」立場かもしれません。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (935/2342)

大昔の野球漫画に、投球が大きならせん軌道を描いて捕手まで届くため、「上のある時のボールの影が下にある時のボールに投影されて、上下に白と黒二つのボールが飛んでくるように見える」という「秘球」が登場しました。これって、球速が光速を上回ることになるのではないか、と小学生だった回答者は不審に思いましたが、そんなことを考えるのは野暮の骨頂だったのですね…。

それにしても昔は「秘球」だの「魔球」だの「大リーグボール」だの、物理法則を無視したような、むちゃくちゃな変化球(?)を投げる野球漫画が多かった。「黒い秘密兵器」「ちかいの魔球」「巨人の星」…。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (1237/4298)

それはすごいおじさんだ。
物理学の基礎をぶち壊すものすごいエネルギーだ。
人類のエネルギー問題を解決できるぞ。
  • 回答No.1
頭の足りない読者にはうってつけのキャラだな
結果を報告する
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ