• 受付
  • 困ってます

仏壇と床の間の位置について

  • 質問No.9642279
  • 閲覧数42
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 0% (0/2)

リノベーションを考えています。現在、二間続きの和室南側に縁側あり。縁側を背に部屋に向かって立つと、右部屋に仏間で襖で仕切って左部屋があります。右部屋には仏間と床の間があります。床の間は東を背にして西側に向いて作られており、仏壇は北を背にして南(縁側に)向きに設置してあります。今、仏壇を二間続きの左側の部屋に移動したいと思っています。位置は左の部屋の押し入れを潰して一段上げて の設置を考えています。仏壇を置くと、西を背にして南向きになる予定。そうなると二間続きの床の間と向かい合わせになります。床の間と仏壇が向かい合わせになるのが今一つしっくりこないのです。二間を繋げて使うとき、床の間の反対は下座と考えると、下座にお仏壇を置いているような位置関係になります。襖で仕切っていればいいものなのでしょうか?
よろしくお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 43% (4204/9619)

他カテゴリのカテゴリマスター
仏壇の設置の基本的な事を書かせて頂きます。

当家の玄関は南向きになっていて、その西側に仏壇が置かれた和室が
2部屋あります。通常は襖で仕切ってあり、法事等では襖を取り外し
て1部屋になるようにしています。
仏壇は西を背にして東に向いています。東は日が昇る事から縁起が良
いとされ、西は日が沈むから縁起が悪いとされています。
基本から申しますと、仏壇が向いている向きは日が昇る東か日が頂点
に達する南向きが良いとされています。

仏壇の高さは立っている時の目線が、御位牌と同じか上にあれば良い
とされています。座った状態で御位牌との目線が同じとか下にある場
合は立った時に御位牌が下になりますので、これは御先祖様を見下す
と同じになりますので、このような設置はすべきではありません。
立って拝む時の目線が、御位牌と同じ高さか御位牌より高い目線にな
るように御位牌は置くべきです。

我家では床の間の横に仏間があり、この部屋は通常は襖で仕切られて
います。隣の部屋には神棚があります。
仏壇と神棚を一つの部屋に置くのは悪いとされています。仏様と神様
は根本的に立場が違いますので、同じ部屋に置くと喧嘩をされ、家の
安泰に大きく影響すると言われています。
襖で仕切られた2部屋があるなら、西を背にして御位牌が東向きにな
る部屋に床の間と仏壇を、その手前に神棚を設置ます。神棚は東向き
か南向きにするのが基本で、頭より高い位置に設置して、神棚の下を
人が歩けない位置にするのが基本です。

仏壇は床の間がある部屋に置き、神棚棚と一緒の部屋には置かない。
御位牌は立っている時の目線が必ず同じか上になるように安置する。
座った時に御位牌が目線と同じか、下になる設置は好ましくない。
仏壇は西を背にして東向きになるか、北を背にして南向きになるよう
な設置が好ましい。
神棚は仏壇がある部屋には設置しない。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (1031/3409)

上座、下座の事を気にしていらっしゃるようですが、基本的な考え方としては、
仏壇は家の中の一番厳かな場所に安置する事、そして先程一段上げて設置と言われましたが、仏壇に向かって正座して、目線より本尊が少し上、これがベストと私の宗派は指導されています。なお、方角を気にする事は間違いで正しい智慧と決断で乗り切って下さい。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ