部活を辞めようか迷っています。

部活を辞めようか迷っています。 現在高校3年で受験生です。 まず情報として、 ・国立薬学部を志望 ・偏差値45 ・標定3...

Dr_Hyper さんからの 回答

  • 2019/06/19 02:48
  • 回答No.2
Dr_Hyper

ベストアンサー率 39% (2007/5047)

他カテゴリのカテゴリマスター
部活が何かによりませんか?
そろそろ殆どの部活が引退の時期ですよね?
それともものすごく強豪校でインターハイや甲子園,またはサッカーで国立行きですか?
運動部じゃない可能性もあるのかな,吹奏楽部や演劇部のように体力を使うものもあるとは思いますが,それでもそう言う部活のひとはまわりも計画的に勉強する人が多いので2年次にサボってしまってというのがすこしプロファイリングには当てはまりにくい。最後の大会にも出られないのに拘束時間だけ多いことが苦痛。
下手すれば他人の為に時間を使っている自分が嫌という感じに聞こえてしまいます。

私の高校生の時の経験から言えば,皆さんがいっているように,あなたの弱点はやりきらないところ。一時的に盛り上がって,その小さいヤマを越えることは大好きなので,今の目標は勉強するよりもやめることを成し遂げること。
そのためにいろいろ準備して相談して,というのがあなたの今の目標。
なんでこんな目標?この時間があれば英語の長文1個読めて,数学の入試問題も一問暗記できるはず。でもそれをしないのは,そういった悩みをもつことで勉強から逃避行動をとっているのです。

いいですか?いますぐやめるかどうかなど考えずに一週間勉強しなさい。
もしそれで気になって勉強できないなら,部活をやめても同じ事。
部活には体調でも家族の法事でもなんでも理由は付けられる。
とにかく部活から一週間離れて死ぬ気で勉強してみる。
できなければ部活は続けなくてはならない。そのくらい自分を追い詰めて短期間やってみること。
もしできなければ,思いでのために部活は最後までつづけなさい。
そのくらいの意思のひとはどれだけ偏差値の低い薬学部をめざしたところで,模試の度にしたの学校に目標をおろしていくだけです。たった一週間どんな雑音も無視して勉強できる意思を見せてから,判断すれば良い。

たぶんこういわれたところで,ああでもない。これはこれでこまる。と言い訳がくるでしょ。それが一番のあなたの障害です。部活をやめれば,好きな人ができた。親が理解してくれない。予備校の教え方がまずい。部屋が集中できない。あなたの言い訳になりそうなことは幾らでも思いつきますよ。

一週間では部員に迷惑がかかる?
じゃあ2日。部活をしないことでどれだけはかどるのか,部活をした日とちゃんと量で比較してみたら良い。
倍にならないのに,この時期でやめることのあとからの精神的な喪失感は割に合わないというのが,高校生を経験した多くの人の意見です。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 理系大学について 農学

    私は高3、受験生です。理系の国立大学を狙っています。私の第一志望は偏差値58の他県の国立大学ですが、私の前回の模試の偏差値は45ぐらいです。できれば大学院にもいきたいのです。 先生は「行ける」といってくれますが、不安です。 家族は「大学院まで行くのなら私立でもいいから自宅から通ってほしい」といいますが、国立なら自宅から私立大学、院にいくのと変わらない気がするのですが、甘いですか? 父には、全てが甘いといわれてしまいました。 理系の大学の場合、大学院に行かないと就職もないと聞いたことがあります。 実際、受験された方、意見をきかせてください。...

  • 大学受験に向けて 大学・短大

    今年高校3年生になる、現2年生の者です(理系で物理と地理選択) 今年から受験生ということで、厳粛な気をもって挑もうとしている所です。今まで、幾度と、「大学受験に向けて、勉強をしていくぞ」と決断し、行動してきたのですが、1ヶ月、もしくはそれ以下で、妥協してしまいます。その訳としては(言い訳になるかも知れませんが)、部活で疲れ、帰宅しても、勉強しようとしても、うとうとしてしまうことです。もちろん、学校の授業はちゃんと聞いて、理解に努めています。 また、時々、自分のしている受験対策は本当に効果的なのか?遠回りしてはいないか?と思ってしまいます。 自分の志望大学としては、自分が行ける様な大学ではないかもしれませんが、名古屋工業大学です(工業系に興味がある)。 今、悩んでいることは、 ・部活から帰ってきた後での各教科の勉強の時間の区分け ・各教科の勉強の仕方、各教科のやっておきたい参考書 ・今、重点を置く教科 今、使っている参考書は、 国語:田中の漢文早覚え(2周終了)、マドンナ古典単語(2周位終了) 数学:青チャをやってましたが、テクがいる問題で妥協 英語:速単(必修)(5周くらい地道にやってますが、伸びが見えない。Readingだけしかやっていなく、CDはあるが、使っていない。) 化学:無し 物理:エッセンス(運動・波動編)(1周やりましたが、基礎はついたと思います) 地理:山岡地理教室上下(2周目が終わった位で、結果が出ない) 参考書についてはこれだけです。 あと、学校では、進研模試が行われていて、結果を言うと(信憑性が疑われると騒がれてますが)、 科目(結果/全国平均、順位、偏差) 国語(97点/65,4点、47032位/37908位、61,7) 数学(141点/70,5点、13669位/287964位、67,7) 英語(115点/64,7点、29740位/387699位、65,8) 物理(67点/30,2点、3369位/80048位、70,4) 地理(49点/32,8点、11081位/85465位、61,4) 化学(47点/30,7点、22363位/124457位、58,8) 今、自分に言える学力に情報はこれだけです。 この学力で名古屋大学を目指すのは、笑われるかもしれませんが、絶対にいきたいです。(自分の行きたい学部がそこにあるから)もう、かなり差がついているかもしれませんが、頑張って埋めるとまではいかないにしろ、戦えるレベルまでいきたいです。センター試験を経て、2次試験を受ける予定です。 最後に、家に帰ってから取れる時間は、最大で4時間~4:30。部活は、早めに終わるほうで、5月中旬)、学校の定期テストは、ちゃんと取り組んでます。 どんな内容でも全然かまわないので、こういう勉強の仕方や時間区分けをした、こういう参考書がよかったから本屋で見てみるといい、など、とにかく情報が欲しい次第です。 長くなりましたが、よろしくお願いしますm(_ _)m...

  • 今から国立大学を目指して 大学・短大

    現在高3で偏差値55の国立大学の文系を志望していますが、 高校受験を勉強なしで乗り越えたからか 考えが甘くて勉強にも身が入らず、 毎日を受験生とは思えないほどだらだらと過ごしています。 先日、進研記述模試がありました。 自己採点をやってみたのですが、 とても悲惨な結果になってしまいました。 1000点満点中、127点ぐらいしかありませんでした。 英語は特に苦手で、 古文と漢文は全滅、数学は大問1の一番最初しか解けず、 地理は全く理解できず、化学もほとんどわからず中途半端。 さすがにこれではやばいと、今更感じ始めました。 私は特進クラスにいますが高校自体は進学校ではなく、 周りの人はほとんど指定校推薦という感じです。 国立受ける人は学年で4人しかいません。 まとも?な模試(進研)を受けたのはこれが初めてです。 できるだけ親にお金の面で負担をかけたくないと思ったのですが、 予備校などに通ったほうがいいのではと思い始めました。 しかし、こんな私です、塾に行っただけで勉強した気になりそうです。 独学で必死で勉強する覚悟はあります。 とういうか必死で勉強しないと無理ですよね… 浪人する覚悟もしていますが、 今出来ることを最後まであきらめず頑張りたいです。 そこで皆さんのアドバイスを頂きたいのですが、 まず、私は今何から始めればいいのでしょうか。 センターの受験科目は、 国語(現古漢)・英語・数学1A・数2・地理B・化学1・倫理 です。 手元には、 過去問、大学の赤本(去年の)、 数2の青チャート、速読英単語があります。 倫理は学校の講座をとっていて、 山川出版の用語集と一問一答をもっています。 私はこれからどういう風に、何を取り組むべきなのか、 おすすめの参考書、私に対する厳しい言葉、 どんなことでもかまいません。 支離滅裂な文章になってしまいましたが、 何かアドバイス等頂けるとありがたいです。 宜しくお願いします。...

  • 国立大学偏差値 その他(学問・教育)

    国立大学理系(偏差値51)どう感じられますか。 1.勉強できない 2.普通に勉強してきた 3.そこそこ頑張ったんじゃない? 回答、お願いいたします。...

  • 国立大学を目指している場合、高校での部活は何にすべきか? 高校

    僕は、偏差値が70くらいの学校に通う高校1年生です。 本気で東大や一橋大学に入りたいと思っています。 で、今何部に入るか迷っています。 一番入りたいのは野球部で、今仮入部していますが、 練習が厳しく疲れきってしまい、今後ちゃんと勉強が できるかどうか心配です。 大学受験を考え、野球部に入ったらいいのか、 もう少し身体的に楽な部に入ったほうがいいのか本気で 悩んでいます。 アドバイスをお願いします。   ...

ページ先頭へ