• 締切済み
  • 暇なときにでも

こんな内容の詩のタイトルをご存知ないでしょうか?

いつもお世話になっています。以前も同じ内容の質問をしたのですが、回答を頂けず削除しました。その後、自分なりに調べてもどうしても見つからないのでもう一度質問させていただきます。 数年前、教育実習で詩を教えるために読んだ本で、とても素敵な詩を見つけました。が、タイトルと作者名を忘れてしまいました。 うろ覚えなのですが、内容は ・子供:「お母さん、どうして小川は○○なの?」  母:「それはね、~~だからだよ」 という、子供と母親の対話 ・一見、母はただ子供の質問に答えているように見える ・小学校3,4年くらいの教科書に載っているが、子供には不適切。ある程度、歳をとって恋愛など色々と経験をしていないとこの詩の本当の意味はわからない(と、紹介されていました。) 少ししか情報がありませんが、よろしくお願いします。わかりにくい所は補足しますので、ご指摘下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2

全く想像がつかないのですが、親子の会話という点だけで言うと、読売新聞の投稿詩のようだなと思いました。生活欄だったと思うのですが、川崎洋さんがとても温かいコメントを寄せていて個人的に大好きです。 でも、本になっているかどうかもわかりません。 小学生やそれ以下の子供が書いたものなので(むしろ親が勝手に送っているのではと思うようなものもあります)そんな深い意味が隠されているのかどうかもわからないのですが……。 この質問によると、教科書に載っていたというわけではなくて、教育書や国語関係の本に載っていたということでしょうか。 中学生向けの国語便覧やワークには、新聞やコンクールに応募された子どもの作品が載っていたりすることもあるのですが、小学生はどうなんでしょうか。 ごめんなさい、書いているうちにどんどん自信がなくなってきました。 ただ、本当にかわいらしいので、読んでみると温かい気持ちになれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 私が読んだ本は詩を教えるための指導本といった感じで、この詩は実際どこかの会社の国語教科書に載っているらしいです。 ただ、本自体ちょっと古そうだったし、「小学生にはふさわしくない」という言葉から、今の教科書には載ってないのかもな~…と思い出しました。 ご指摘頂いた読売新聞の投稿詩、調べてみようと思います。う~ん、小学生が書いたというより、明らかに母親が書いたという感じではありますが。母親が、父親との恋を思い出して書いたという感じかな・・・。 ありがとうございました。

質問者からの補足

回答してくださった皆様へ。ありがとうございました。あれからいろいろ調べてみたのですが、結局見つけられませんでした。この質問はここで締め切ろうと思います。私の質問のために時間を割いて回答してくださって、本当に感謝しています。

  • 回答No.1
noname#11434
noname#11434

こんにちは。 詩を探しておられるとのことですが、 小学校の国語教科書に掲載の文学作品名をリストアップしておられる、大労作のホームページがあります。そちらで探して見られてはいかがでしょう?  ご参考まで。

参考URL:
http://www.iiclo.or.jp/data/mukogawa_1992.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ご紹介していただいたページ、「うわー懐かしいなー」と思いながら拝見しました。まずは、こちらで探してみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「いつくしむ」という詩

    「いつくしむ」という詩を昔どこかで見ました。 子どもがお母さんに「いつくしむってどういう意味」と聞くと 「こうすることだよ」と 抱きしめた。。。という内容の詩です。 ご存知の方、どうか作者と詩の中身すべてを 教えてください。

  • 詩のタイトルを教えてください。

    40年程前に読んだ詩をもう一度読んでみたいと思ったのですが、 作者も題名も思い出せません。 もちろん、内容もほとんど覚えておらず、記憶に残っているのは、 1.作者は女性 2.詩の内容は、学校に関することで、卒業後に学生生活を懐かしく思う。 3.詩の中に「蛇蝎のごとく嫌った」という語が出てくる。 以上のようなことしか覚えてませんが、この詩に心当たりのある方いらっしゃいませんか?

  • 「将来、お母さんみたいに」という内容の詩の題名

    以前、見かけたことのある詩の作者・題名を教えていただきたいのです。 少女の立場で書かれた詩で、「長電話をしたり、子どもをしかったり、三十数歳になったらお母さんと似ている母親になる」といった内容のものです。 ご存知の方がいらしたら、お願いします。

  • 詩を教えてください

    学生のころ、国語の教科書に載っていたんですが、 ●「かげろう」という言葉が出てくる ●お母さんが妊娠している様子 ●主人公は男の子 これくらいしか覚えてないんですけど、 もし、分かる方いらっしゃいましたら 詩のタイトルと作者を教えてください。 なんか悲しい詩だったと思うのですが、 よろしくお願いします。

  • ある詩のタイトルと作者を教えてください

    中学生の時に見た道徳の本の中に詩があったのですが、その詩のタイトルと作者がどうしても知りたいのですが…。いくら調べてもわかりません。詩の内容は「道はすべてに開かれる。一度決めたら必ずやり遂げること。そのやり遂げようとする心を決して忘れないこと」というような内容があったと思うのですが…。十数年前の事なので曖昧になっています。どうかこの詩のタイトルと作者をお分かりになる方…。お教え頂けないでしょうか…?よろしくお願いします。

  • 国語の教科書に載っていた詩のタイトル

    初めて質問します。30年位前の国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトルをご存じ無いですか? 無人の駅舎に電車(もしかすると汽車だったかも)が止まります。プラットホームにはコスモス?の花が揺れていて、のどかな昼下がりの状況です。 ドアが開いても降りる客はいないし、又乗り込む乗客もいません。電車のドアがしまって発車しました。といった内容なのです。教科書の見開き1ページ位の短い詩なのですが、”誰も降りない、誰も乗らない”というフレーズが妙に印象に残っています。よろしくお願いします。

  • 詩を探している。。

    いにしえより、昔から、母が、祖母が、女たちが、その様々な手で、 様々な家事を、真心で、休まず、毎日、家族のために、行ってきた。というような内容の詩。 外国ではない。日本。 少なくとも35年以上前の作品。 家事を卑下する気持ちとは真逆のもの。 家事を取り行ってきた女性たちへの愛情と尊敬と感謝が感じられる。 奉仕精神。 おそらく作者は女性の可能性が高い。 教科書ではなく 教材で見かけたように思う。 わかる方、作者やタイトルを教えてください。お願いします。

  • この詩の作者は誰か分かる方いらっしゃいますか?

    小学校低学年の頃の教科書に載っていた詩なんですが、作者が気になっています。 ほとんどうろ覚えで確かではありませんが、 1、挿絵にかまきりがいる 2、真夏の暑い日のかまきりの心情を詩にしている 3、出だしが「夏は暑いぜ~」 4、3の後、「~だぜ」口調で詩が書かれている。(「でもがんばるのぜ」ようなことも書いてあった気がします。 5、作者はたしか女の人で「のばらうた」という詩集を出している。(このかまきりの詩もたぶんその中に入っている) 最近になってこのかまきりの詩が気になっています。 手がかり少ないですがよろしくお願いします。

  • こういう詩の作者を教えてください

    詩の内容は、「花(または草)は、自らの意思に関わらず勝手に名前を付けられる」というようなものです。作者は日本人です。うろ覚えなのでこれしか分かりませんが、ヒント的なものでも結構なのでお願いします。

  • 国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトル

    30年位前の国語の教科書に載っていた詩の作者とタイトルをご存じ無いですか? 無人の駅舎に電車(もしかすると汽車だったかも)が止まります。プラットホームにはコスモス?の花が揺れていて、のどかな昼下がりの状況です。 ドアが開いても降りる客はいないし、又乗り込む乗客もいません。電車のドアがしまって発車しました。といった内容なのです。教科書の見開き1ページ位の短い詩なのですが、”誰も降りない、誰も乗らない”というフレーズが妙に印象に残っています。よろしくお願いします。