• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

二乗平均と平均

この二つの違いで質問ですが、二乗平均というのは標準平均と同じということでしょうか? 実はある値を2乗したものの和(例:2*2 + 3*3+ 4*4)を平均で割っているものがあるのですが、最初分散を求めているのかなと思ったのですが分散は、平均を出してそのあとに偏差を出すために、値から平均を引いて、それを2乗するはずです。そうすると分散となり、√に直すといった感じです。 ただ、上記の偏差を出さずにいきなり値を2乗するのは二乗平均と呼んでよいのですか?またそれは分散とは違うのでしょうか?違いがわかりません

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • asuncion
  • ベストアンサー率33% (2006/5967)

>二乗平均というのは標準平均と同じということでしょうか? まあ別物でしょうね。言葉からして。 分散を計算するときに、(2乗の平均) - (平均の2乗) を実行します。おっしゃっている2乗平均とはおそらく「(2乗の平均)」のことでしょう。 くだんのデータ(2, 3, 4の3個)を使って分散を求めるときは、下記の2とおりの方法があります。 1) 平均 = 3 ((2 - 3)^2 + (3 - 3)^2 + (4 - 3)^2) / 3 = 2/3 2) 各データの2乗 = 4, 9, 16 (2乗の平均) - (平均の2乗) = (4 + 9 + 16) / 3 - 3^2 = 2/3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分散(2乗平均)を求めるとき

    データがあって、その分散を求めようとしています。分散=(2乗平均-平均の2乗)で計算を試みているのですが、困った点がありまして質問させていただきました。もしお時間よろしければお願いいたします。 ・分散を求めるとき、「各データを2乗したものの和÷データの個数(2乗平均)」と「各データの和÷データの個数→これを2乗(平均の2乗)」において、「データ」が無数(データの和が無限級数のようになってる)のとき計算はどうなるのでしょうか? いい例えでないですが、例えばデータが、実力伯仲の3人の力士が巴戦(先に連勝した者の勝ちで、誰かが連勝するまで延々と勝負は続く)などで複数人から一人の勝者を決まるまでの回数など。このように決まらない場合は回数は延々と増えていくような。指針、アドバイスなどあればお教えくださいm(_ _)m ・あと、上に関連する計算の一部で自分なりに出した式なのですが、 「n^2・x^n-2(ただしx^∞→0)」のn=1から∞までの和というのは求められるでしょうか?求められないでしょうか?(2つもスイマセン)

  • 統計学の二乗平均がわからない

    統計学を本当に初めてやり始めました。で、いきなり、二乗平均で分からなくなりました。 二乗平均はいくつかの偏差の大きさの平均を求めるために、偏差を2乗してプラスマイナスが打ち消しあわないようにしたところまでわかりました。しかし例えば、 +1、-4、-2、+3、+2という5つの偏差のばらつきの平均を求めるとき、上のような理屈なら、( |+1|+|-4|+|-2|+|+3|+|+2|)/5 =2.4と二乗平均は同じと思ったんですが、二乗平均を求めると約2.61になり、値が違いました。なぜでしょうか??二乗平均は、 “いくつかの偏差の大きさの平均を求めるために、偏差を2乗してプラスマイナスが打ち消しあわないようにした”以外になにかしたのでしょうか??教えてください…

  • 平均値で求めた標準偏差と最小二乗法で求めた標準偏差

    10個のデータの平均値から求めた標準偏差と、グラフを用いた最小二乗法から求めた標準偏差の2パターンで対象の不確かさを求めたのですが、求めた2つの値は大きく異なりました。 この2つの値の違いの原因は何なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • シグマの平均値の求め方

    ある問題で、300人の生徒がおり、3クラスあります。 それぞれ、150人、100人、50人というクラスのサイズなのですが、300人一人ひとりに自分たちのクラスが何名いるのかという質問をした時の、答えの平均値を求める場合、150 + 100 + 50それぞれ2乗にした値を、150 + 100 + 50の和で割るようなのですが、なぜこれは2乗をしているのでしょうか?これは分散を求めているのですか?

  • 標準偏差の成り立ち

    標準偏差の意味について、質問致します。 (質問を簡潔にするため、母集団を分析の対象とします) 標準偏差を求める場合、偏差の2乗和をデータ数で割り、 その値の平方根を計算しますよね。 なぜ、偏差2乗和の平方根で求めた数値を、 データ数で割るという方法ではないのでしょうか?? (偏差2乗和)^0.5÷データ数 の方がイメージがつかみやすい気がします… 分散は、対象データとは次元(単位?)が違うので、 感覚的に分かり易いように、標準偏差が使用されると 理解しています。 単位を揃えることが目的ならば、データ数で割るという 行為はルートの外に出すべきなのではと考えてしまいます。 私は、どこで訳がわからなくなっているのでしょうか。。。 アドバイス頂ければ幸いです。

  • 結局その数値 分散,標準偏差の数値は何?

    こんにちは。  計算は公式に入れてなんとかできました。次の問題です。  問題 5人の生徒の英語のテストの得点xである。       50, 70, 90, 80, 50 (点)    (1) 偏差の2乗の平均値を求めることにより,分散s^2を求めよ。    (2) 標準偏差を求めよ。  (1) 平均値 点数総和 340なので,340/5=68(点)     偏差の平方の和 1280なので, s^2=1280/5=256  (2) 標準偏差 s=√256=16(点)  この256とか16点の数値の意味が教科書になく、16点だから何?という ことです。  分散は標準偏差をもとめる段階での数値と理解していいのでしょうか。

  • 平均値を求めない分散(標準偏差)の演算式

    こんにちは。 分散は普通、平均値を求めて計算しますが、 平均値を求めず、それぞれの2乗和と和×和で演算する方法があったと思うのですが、 忘れてしまいました。 よろしくお願い致します。

  • 平均と分散

    ある集合体Xの平均をα、分散をβとします。 Y=X+4 Z=3X  W=3X+4 V=W+Y (=4X+8) それぞれの平均と分散を求めなさい。という問題で Yの平均はα、分散はβ Zの平均は3α、分散は9β Wの平均は3α+4、分散は9β Vの平均は4α+8、分散は16β となるようなんです。 平均値の方は感覚で理解出来たのですが、分散の値が どうしてこうなるかわかりません。 分散に関して γの二乗=(aγ)の二乗という公式があるようなのですが どうしてこれが成り立つのかわかりません。 出来れば、平均値の方もうまく言葉で説明して 頂けると嬉しいです。 早く回答頂けるとほんとに助かります!

  • 要素の平均、分散から目的の平均、分散を計算する。

    ある袋に無数の玉が入っています。 玉の重さの平均は10g、標準偏差5。 この袋から平均15個、標準偏差10の個数の玉を取り出す時、 取り出した玉の総重量の期待値と分散を求めたいです。 期待値は10×15だと思うんですが、分散がよくわかりません。 どなたか宜しくお願いします。

  • 変動係数における平均値について

    現在勉強の一環で、変動係数を扱っています。 その中で、対象データに正と負の値が混在している場合に、変動係数が極端に高い(低い)値になることがあるのです。 正しい値なのかが分からないので、何方か御教授頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。 上記の文章では説明不足かと思いますので、以下に例を示します。 例: 対象データ(4件) 1.102 3.302 -2.598 -2.298 このとき 平均:0.277 標準偏差:3.040045 変動係数:1097.489 ※変動係数=標準偏差/平均×100で計算 このように1000以上というような高い値は、ばらつきを正確に表しているのかが疑問なのです。宜しくお願い致します。