• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

分散(2乗平均)を求めるとき

データがあって、その分散を求めようとしています。分散=(2乗平均-平均の2乗)で計算を試みているのですが、困った点がありまして質問させていただきました。もしお時間よろしければお願いいたします。 ・分散を求めるとき、「各データを2乗したものの和÷データの個数(2乗平均)」と「各データの和÷データの個数→これを2乗(平均の2乗)」において、「データ」が無数(データの和が無限級数のようになってる)のとき計算はどうなるのでしょうか? いい例えでないですが、例えばデータが、実力伯仲の3人の力士が巴戦(先に連勝した者の勝ちで、誰かが連勝するまで延々と勝負は続く)などで複数人から一人の勝者を決まるまでの回数など。このように決まらない場合は回数は延々と増えていくような。指針、アドバイスなどあればお教えくださいm(_ _)m ・あと、上に関連する計算の一部で自分なりに出した式なのですが、 「n^2・x^n-2(ただしx^∞→0)」のn=1から∞までの和というのは求められるでしょうか?求められないでしょうか?(2つもスイマセン)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • debut
  • ベストアンサー率56% (913/1604)

前半部分は意味がよくわからないので、他の回答者の回答を待ってみてください。 後半の和ですが、求めることはできます。答えは -(x+1)/x(x-1)^3 という比較的きれいな 1つの分数になります。(ところで、もとの式はnの2乗かけるxのn-2乗でいいのですよね) <計算>[k=0から∞]Σn^2*x^(n-2) の部分和をSnとすると、     Sn=1*x^(-1)+4*x^0+9*x+16*x2+…+(n-1)^2*x^(n-3)+n^2*x^(n-2)   両辺をx倍して     xSn=   1*x^0+4*x^+9*x^2+ … +(n-1)^2*x^(n-2)+n^2*x^(n-1)   これらを辺々引いて、   (1-x)Sn=1*x^(-1)+3*x^0+5*x^+7*x^2+ … +(2n-1)^2*x^(n-2)-n^2*x^(n-1) さらにこの両辺にxをかけた式を辺々引くことと、等比数列の和の公式で、     Sn=1/x(1-x)^2+2{1-x^(n-1)}/(1-x)^3-x^(n-1)*(n^2+2n-1)/(1-x)^2+n^2*x^n/(1-x)^2   ここで lim[n→∞]Snを計算すると1/x(1-x)^2-2/(1-x)^3   これを通分して整理するとはじめに示した答えが得られます。 ものすごくみづらくなりましたが、以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

途中式まで丁寧に書いていただきまして、とても感謝しております!もう一度自分でもこのやり方で計算をしたいと思います。私の前半部分の質問、わかりにくくてすいませんでした。取り急ぎお礼まで、、m(_ _)m

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

和をもとめてから、データの個数で割るというのだと 求まらないかもしれませんが、 平均というより、期待値の考えを使うと、 相撲の話なら、普通の無限級数で lim_{n -> 無限大} Σ_{k=1,2,...,n}(k^2 * P(k)) - (lim Σ(k * P(k)))^2 を計算すれば良いのではないでしょうか? (ただし、P(n) は n 回 で勝負がつく確率) 多分taka_oさんの計算は正しいのだろうと思います。 相撲の場合 P(n) = (1/2)^{(n-1)} (n>=2) 0 (n=1) だと思うので、 特に難しくなく、 debut さんの回答とあわせれば 答えがでると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答大変感謝いたします!そして分かりづらい質問ですいません!おっしゃる通り、期待値の考えを使う方向だと思います。本(ゲームや勝負を数学的な視点から考えた本)を参考に勉強しているのですが、疑問を持って質問した今回の分散の前に期待値についての記述があります。n人で勝負をし、最後の一人が決まるまでの回数の期待値を出してみました。そして、ばらつきを知りたいということで分散をと思いましたが、わからず質問させて頂いた次第です。参考にさせて頂いてもう一度整理して計算してみよう思います! ちなみに期待値はP+2P^2+3P^3+……+rP^r+……(Pはn次の行列)のようになっています(ここからまた計算に便利なように工夫を)

関連するQ&A

  • 二乗平均と平均

    この二つの違いで質問ですが、二乗平均というのは標準平均と同じということでしょうか? 実はある値を2乗したものの和(例:2*2 + 3*3+ 4*4)を平均で割っているものがあるのですが、最初分散を求めているのかなと思ったのですが分散は、平均を出してそのあとに偏差を出すために、値から平均を引いて、それを2乗するはずです。そうすると分散となり、√に直すといった感じです。 ただ、上記の偏差を出さずにいきなり値を2乗するのは二乗平均と呼んでよいのですか?またそれは分散とは違うのでしょうか?違いがわかりません

  • 分散の計算について

    お忙しいところ失礼します。数学か生物かどちらのカテゴリーに当てはまるかわからないのですが、こちらにさせていただきました。 レポートの中で、データの平均と分散を求めなくてはいけないのですが、レポートの書き方のプリントに載っている例題の計算がどうしても合いません。        分散:V=Σ(x-xの平均)の二乗/(n-1) (わかりにくくてすみません) x=244 xの平均=9.8 n=25 という式で、V=238.6/(25-1)=9.9と書いてあるのですが、「(x-xの平均)の二乗」の計算が、どうしても「238.6」になりません。 よろしかったら回答お願いいたします。 ちなみに、これはある生物の巣穴の分布様式を求める式で、xは巣穴の数、nは測定した区画の数です。

  • 平均と分散

    ある集合体Xの平均をα、分散をβとします。 Y=X+4 Z=3X  W=3X+4 V=W+Y (=4X+8) それぞれの平均と分散を求めなさい。という問題で Yの平均はα、分散はβ Zの平均は3α、分散は9β Wの平均は3α+4、分散は9β Vの平均は4α+8、分散は16β となるようなんです。 平均値の方は感覚で理解出来たのですが、分散の値が どうしてこうなるかわかりません。 分散に関して γの二乗=(aγ)の二乗という公式があるようなのですが どうしてこれが成り立つのかわかりません。 出来れば、平均値の方もうまく言葉で説明して 頂けると嬉しいです。 早く回答頂けるとほんとに助かります!

  • 統計学 分散について

    今ネットのHPでハンバーガー統計学とういところで統計学を覚えようとしています。 このHPで、 データのばらつきを数値で表す という、項目があります。  ここでは、分散の式を分かりやすく説明しているのですが、 HPの説明では・・・ 平均値からのずれ(つまり個々のデータと平均値との差)を足せば、ばらつきの数値になるのではないかと考えます。つまり、 ばらつき案1=(データ-平均値)の総和 ということです。しかし、これですと、データが小さいときに(データ-平均値)はマイナスになるので、総和を求めてもゼロになってしまいます。そこで、2乗することでマイナスをプラスにします。次の案はこうなります。 ばらつき案2=((データ-平均値)の2乗)の総和 しかし、まだ問題があります。この式ですと、データの個数が大きくなるにつれてばらつきが大きくなってしまいます。個数の大小にかかわらず、ばらつきを求めたいのです。そこで、総和をデータの個数で割ることにします。式は、 ばらつき案3=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数 これで良さそうです。この「ばらつき3」のことを「分散」と呼びます。もう一度式を書いておきましょう。 分散=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数 分散は、データが平均値を中心にして、どのくらいばらついているのかを示した数値です。 と、あります。  分散は平均からのずれを出すのであれば、 分散=((データ-平均値)の2乗)の平方根の総和÷個数 が正しいような気がします。 例えば平均から+5cmの2乗は25なのに、 +0.3cmの場合2乗は0.09になってしまい、 大きくぶれたものはより大きく、 小さくぶれたものはより小さくなってしまいます。 ばらつき案1で データから平均値を引いた答えに+と-があり、 総和を求めると、この+と-のブレがお互いに干渉しあって 数値を0に近くする為、 一度2乗して+と-を無くしたのに、 何故その後、そのままなのかよく分かりません。  2乗して+と-を外したなら、次に平方根を出し数値を実態に近い値にすればいいのにと思ってしまいます。  言ってる事がいまいち伝わらないかと思いますが・・・  どなたか解説お願いします。  分散とはそういう計算式なんだ!と、 言ってしまえばそれまでですが、 どうしても納得がいきません・・・

  • 統計ー分散;σの2乗ー計算

    X=1,2,3,4,5 に対して確率関数p(x)が各1/15、2/15、3/15、4/15、5/15 のとき分散:σの2乗を計算したら 平均は3/15=1/5だから σ^2=E(x^2)-(平均)^2 からσ^2=15-1/25=14.96 となりましたがあっているでしょうか。 分散が15だといわれてもイメージがわかないのですが。 (先に分散が直線にのる例なので、このような規則的な場合の分散は、計算する前に慣れていれば15くらいというのがでてきそうにおもうのですが。誰か納得いく説明をお願いいたします。

  • 平均値を求めない分散(標準偏差)の演算式

    こんにちは。 分散は普通、平均値を求めて計算しますが、 平均値を求めず、それぞれの2乗和と和×和で演算する方法があったと思うのですが、 忘れてしまいました。 よろしくお願い致します。

  • 標本分散と不偏分散

    平方和で、個々の測定値と平均値の差の2乗(偏差の絶対値の2乗?)の総和を出せますね。その総和から、測定値と平均値の差の2乗の平均を出したものが標本分散。 単なる平均よりは余裕を持って出した平均(平均値の一部をn-1等分で振り分け?)が不偏分散ですか? また、不偏分散と標本分散は実際、どちらも使われるのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • マイナスを含むデータの平均と分散

    例えば, {-0.0027,0.0005,-0.0006,0.0003,-0.0002,-0.0002,0.0016,-0.0017,-0.0003,-0.0004,-0.0005,-0.0007} のようなマイナスを含む誤差データがあるとします. この誤差データの平均と分散を求めたいとしますと,単純に足してデータ数で割っただけだとマイナスでキャンセルされてしまって平均とは呼べないと思います. そこで平均二乗誤差を使用してデータの平均を求めた場合,分散を計算するときに使用する平均値のデータとしては,平均二乗誤差を使用しても良いのでしょうか? このようなデータ処理の仕方について,わかりやすい本がありましたらついでに教えていただけると助かります.

  • 分散が1でない場合のカイ二乗分布?

    一般的な教科書で定義されているカイ二乗分布は、平均ゼロ、分散1の正規分布に従う確率変数の二乗和が従う分布として導出されています。では、分散がσ2のような一般的な場合はどうなるのでしょうか? このときのカイ二乗分布の分散だけでもわかるとよいのですが・・・、よろしくおねがいします。(この内容が記されている文献やHPの情報でも大歓迎です)

  • 正規母集団の標本平均と標本分散の独立性

    X_1,…,X_nを正規母集団から取った大きさnの標本とします。 簡単のため、母集団の平均は0、分散は1と仮定します。 このとき標本平均X=(X_1+…+X_n)/nと 標本(不偏)分散s=((X_1-X)^2+…+(X_n-X)^2)/(n-1) を考えます。 Xは平均0、分散1/nの正規分布に、 (n-1)sは自由度n-1のχ^2分布に従うと思いますが、 このXとsの独立性の証明はどうやったらよいのでしょうか? 結合分布の計算にX_i^2が混じるので大変に面倒です。 非芯χ^2分布の特性関数の計算などを使うのでしょうか。 方針は立つものの、あまりに煩雑な計算になりそうで尻込みしています。 簡便な計算法をご存知であれば教えていただきたく思います。 よろしくお願いします。