• ベストアンサー
  • 困ってます

統計ー分散;σの2乗ー計算

X=1,2,3,4,5 に対して確率関数p(x)が各1/15、2/15、3/15、4/15、5/15 のとき分散:σの2乗を計算したら 平均は3/15=1/5だから σ^2=E(x^2)-(平均)^2 からσ^2=15-1/25=14.96 となりましたがあっているでしょうか。 分散が15だといわれてもイメージがわかないのですが。 (先に分散が直線にのる例なので、このような規則的な場合の分散は、計算する前に慣れていれば15くらいというのがでてきそうにおもうのですが。誰か納得いく説明をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

Xの値が1~5で平均値が1より小さい1/5となるのはおかしいと思いませんか? E(X)=ΣX・p(X) (平均) E(X^2)=ΣX^2・p(X) を思い出してもう一度考え直してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘のとおりです、 平均11/3 分散1.56でした。 どうもありがとうございました。 おかげでよく理解できました、

関連するQ&A

  • 確率・統計―カイ2乗統計量の分散の求め方

    確率・統計―カイ2乗統計量の分散の求め方 お世話になっております。 Yahoo知恵袋で見かけた未解決に終わった質問です。 3項分布に従うX,Y,Zより作られたカイ2乗統計量Tの平均と分散を求める問題です。添付画像をご覧になってください。 T=((X-Np)^2)/Np+((Y-Nq)^2)/Nq+((Z-Nr)^2)/Nr E{T}のほうはカンタンにできましたが,V{T}の計算方法はわかりません。正解はもっておりませんが個人的には4または4に収束する値になると思いますが,いかがでしょうか。 以下の方向で努力してみました:(1)E{T^2} を求める。(2)Tの積率母関数を求める。(3)行列を使う。(4)確率関数で直接計算する。…不勉強のため失敗しました。 留学生のもので,下手な日本語で失礼いたしました。回答者様には言葉より数式で説明していただけるとありがたいのですが,数式の入力の面倒も十分承知しています。 おアドバイスだけでも,いただければ幸いです。心よりご教授をお願い致します。

  • 確率統計

    ◆ 確率分布とパラメータ:指数分布 λ>0 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):{Px(x)=λe^(-λx) (x>0) , Px(x)=0 (その他)} 特性関数 φx(jt):(1-jt/λ)^(-1) 平均値 E[X]:1/λ 分散 Var[X]:1/(λ^2) ◆ 確率分布とパラメータ:幾何分布 0<p<1 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):Px(X=x)=pq^x, x=1,2,・・・ q=1-p 特性関数 φx(jt):p/(1-qe^(jt)) 平均値 E[X]:q/p 分散 Var[X]:q/(p^2) ◆ 確率分布とパラメータ:負の2項分布 r=1,2,・・・, 0<p<1 確率・確率密度関数P(X=x)またはPx(x):Px(X=x)=【r+x-1,x】(p^r)(q^x) , x=0,1,2,・・・ q=1-p 特性関数 φx(jt):{p/1-qe^(jt)}^r 平均値 E[X]:rq/p 分散 Var[X]:rq/p^2 これらの確率分布について、(1)連続確率変数と離散確率変数のどちらか、(2)全体の確率P(-∞<X<∞)=1となることを計算せよ、(3)これらの確率変数について、平均E(X)と分散 V(x)が求められることを計算せよ。 ってところがわかりません。よろしくお願いします。

  • [統計学]カイ2乗分布

    カイ2乗分布について多くの入門的教科書では、 > 確率変数 X1, X2 が正規分布 N(0,1) に従うとき、 > Y = X1^2 + X2^2 で与えられる確率変数 Y はカイ2乗分布となり、 > 以下の式で表される: > (分布関数) のような説明がなされていると思います。 このとき、X1, X2 が異なる正規分布 N(e1, v1), N(e2, v2) に従う場合には、 そのカイ2乗分布はどのような式で与えられるのでしょうか。 (e = X の平均値, v = X の分散) おそらく簡単すぎるために、説明が省かれているのだろうと思うのですが、 自分にとっては簡単ではありません。 詳しく載っている書籍・ウェブサイトを挙げるだけでも構いませんので、 御教示お願いいたします。

  • 分散を計算する際の、E(X^2)の計算方法

    こんにちは。 分散の公式は V(X) = E(X^2) - {E(X)}^2 ですが、この計算において E(X^2) はどう計算したらよいのでしょう? X^2とはどういう意味なのでしょう? 確率変数を二乗する場合の計算方法がわからないです。 例として、P(X=1)=1/2, P(X=2)=1/2の場合で説明いただけると助かります。

  • 統計学 分散について

    今ネットのHPでハンバーガー統計学とういところで統計学を覚えようとしています。 このHPで、 データのばらつきを数値で表す という、項目があります。  ここでは、分散の式を分かりやすく説明しているのですが、 HPの説明では・・・ 平均値からのずれ(つまり個々のデータと平均値との差)を足せば、ばらつきの数値になるのではないかと考えます。つまり、 ばらつき案1=(データ-平均値)の総和 ということです。しかし、これですと、データが小さいときに(データ-平均値)はマイナスになるので、総和を求めてもゼロになってしまいます。そこで、2乗することでマイナスをプラスにします。次の案はこうなります。 ばらつき案2=((データ-平均値)の2乗)の総和 しかし、まだ問題があります。この式ですと、データの個数が大きくなるにつれてばらつきが大きくなってしまいます。個数の大小にかかわらず、ばらつきを求めたいのです。そこで、総和をデータの個数で割ることにします。式は、 ばらつき案3=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数 これで良さそうです。この「ばらつき3」のことを「分散」と呼びます。もう一度式を書いておきましょう。 分散=((データ-平均値)の2乗)の総和÷個数 分散は、データが平均値を中心にして、どのくらいばらついているのかを示した数値です。 と、あります。  分散は平均からのずれを出すのであれば、 分散=((データ-平均値)の2乗)の平方根の総和÷個数 が正しいような気がします。 例えば平均から+5cmの2乗は25なのに、 +0.3cmの場合2乗は0.09になってしまい、 大きくぶれたものはより大きく、 小さくぶれたものはより小さくなってしまいます。 ばらつき案1で データから平均値を引いた答えに+と-があり、 総和を求めると、この+と-のブレがお互いに干渉しあって 数値を0に近くする為、 一度2乗して+と-を無くしたのに、 何故その後、そのままなのかよく分かりません。  2乗して+と-を外したなら、次に平方根を出し数値を実態に近い値にすればいいのにと思ってしまいます。  言ってる事がいまいち伝わらないかと思いますが・・・  どなたか解説お願いします。  分散とはそういう計算式なんだ!と、 言ってしまえばそれまでですが、 どうしても納得がいきません・・・

  • 分散(2乗平均)を求めるとき

    データがあって、その分散を求めようとしています。分散=(2乗平均-平均の2乗)で計算を試みているのですが、困った点がありまして質問させていただきました。もしお時間よろしければお願いいたします。 ・分散を求めるとき、「各データを2乗したものの和÷データの個数(2乗平均)」と「各データの和÷データの個数→これを2乗(平均の2乗)」において、「データ」が無数(データの和が無限級数のようになってる)のとき計算はどうなるのでしょうか? いい例えでないですが、例えばデータが、実力伯仲の3人の力士が巴戦(先に連勝した者の勝ちで、誰かが連勝するまで延々と勝負は続く)などで複数人から一人の勝者を決まるまでの回数など。このように決まらない場合は回数は延々と増えていくような。指針、アドバイスなどあればお教えくださいm(_ _)m ・あと、上に関連する計算の一部で自分なりに出した式なのですが、 「n^2・x^n-2(ただしx^∞→0)」のn=1から∞までの和というのは求められるでしょうか?求められないでしょうか?(2つもスイマセン)

  • 分散の計算について

    お忙しいところ失礼します。数学か生物かどちらのカテゴリーに当てはまるかわからないのですが、こちらにさせていただきました。 レポートの中で、データの平均と分散を求めなくてはいけないのですが、レポートの書き方のプリントに載っている例題の計算がどうしても合いません。        分散:V=Σ(x-xの平均)の二乗/(n-1) (わかりにくくてすみません) x=244 xの平均=9.8 n=25 という式で、V=238.6/(25-1)=9.9と書いてあるのですが、「(x-xの平均)の二乗」の計算が、どうしても「238.6」になりません。 よろしかったら回答お願いいたします。 ちなみに、これはある生物の巣穴の分布様式を求める式で、xは巣穴の数、nは測定した区画の数です。

  • 統計学について

    統計学の問題です。平均はできたのですが、分散ができなくて困っています。解答、解説をどうかよろしくお願いします。問題は以下です。 確率変数X、Yは独立で、それらの平均と分散はE(X)=μ1、E(Y)=μ2、V(X)=σ1、V(Y)=σ2であるとする。εはベルヌーイ分布Ber(p)に従う確率変数であり、X、Yとは独立であるとする。そのとき、確率変数Z=εX+(1-ε)Yの平均と分散を求めよ。 ちなみに、答えは、E(Z)=pμ1+(1-p)μ2、V(Z)=pσ1+(1-p)σ2+p(1-p)(μ1-μ2)^2 です。

  • 統計学、分散について

    標本平均の分散が誤差項が互いに独立ならば、標本平均の分散は Var(Xばー)=1/n(σ^2) であるという事に関して質問があります。 https://sites.google.com/site/kanolabweb/home/econometrics/note04.pdf?attredirects=0&d=1 の4ページ目に計算過程が書いてあるのですが、 Var(μばー)=E(uばー^2)になるのは何故ですか? Var(μばー)=E{(ui-uばー)^2}        =E{(ui)^2-2*ui*uばー+(uばー)^2}        =E{(ui)^2}-2*E{ui*uばー}+E{uばー)^2} となるんじゃないでしょうか? uばーの分散ってなんなんでしょうか?(誤差項の平均の分散ってどういう事なんでしょう?平均は平均で定まってるんじゃないんですか?) そもそも期待値の関数の形のままでの計算方法が良く分かっていないです。 また、どの部分の知識が抜けているから分からないのでしょうか? 読みにくいですが、ご教授よろしくお願いします。

  • 統計解析の問題(分散など)

    X1~Xnを母平均μと母分散σ^2の同一母集団から無作為に抽出されるn個の確率変数とする。 標本平均{Xn}(アッパーバーを表記できないので代わりに)と分散推定量Un^2をそれぞれ {Xn}=(1/n)*Σ(Xi)[i=1~n] Un^2=(1/(n-1))*Σ(Xi-{Xn})^2 とする。 このときXi(i=1~n)の確率密度関数が f(x;μ)=(1/μ)*exp(-x/μ)(x>0) 0(x≦0) のとき、V[{Xn}]を求めよ。(ただし、母分散σ^2はμで表すこと) また、{Xn}が母平均μの有効推定量であることを示せ。 という問題について、この場合、E[Xi](期待値)=μ、E[Xi^2]=σ^2+μ^2ということは分かったのですが、 σ^2をμで表す過程で躓いています。 MXi(t)=∫e^tx*(1/μ)*exp(-x/μ)dx(積分範囲-∞~0)+∫e^tx*0dx(積分範囲0~∞) を計算するところで止まっています。 ∫e^tx*(1/μ)*exp(-x/μ)dx(積分範囲-∞~0)をうまいこと計算するにはどうしたらいいでしょうか?