• ベストアンサー
  • 困ってます

民事裁判と刑事告訴のタイミングは

被害者(例えばイジメでの負傷とか、性的暴行とか)は、民事裁判(損害賠償請求)と刑事告訴(または被害届)との両方を出せますね。 民事裁判(損害賠償請求)は1年から数年、刑事告訴(または被害届)の結着(不起訴処分など)は数か月と思います。 この2つのタイミングとしては、 (1)まず民事裁判(損害賠償請求)をして、その最中に刑事告訴(または被害届)、 (2)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが数か月後に結着してから、民事裁判(損害賠償請求)、 (3)まず刑事告訴(または被害届)をして、それが結着する前に、民事裁判(損害賠償請求)、 などの方法があります。 上記の(1)から(3)のどれかにより、被害者側に有利・不利はあるでしょうか? 例えば、上記(1)ならば、「刑事裁判を、民事裁判の相手方を動揺させるために利用しているのではないか」と検察官から思われて不起訴になりやすくなるなど。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 裁判
  • 回答数3
  • 閲覧数150
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#235638
noname#235638

(1)から(3)で不利になることは、あります。 民事を先にし、和解したとします。 それは、刑事には不利で刑が軽くなるかもしれません。 相手は全力で 和解・示談 にくるかも? 時効を止めるために、民事を先にせざるを得ない。 という場合は 刑事裁判になかなかならない、このままでは時効だ は、民事を先にし、和解ではない損害賠償請求。 これで民事時効が止まります。 時効が止まり、民事で争っているのだから 刑事裁判には影響しない。 刑事事件になりそうでないならば、民事しかない けれど 民事をきっかけに刑事に移るか? については、ハードル高いかも? (3)の刑事の途中で民事は 刑事の結果がわからないので、時には不利になることも。 刑事裁判で有罪となり、次は民事で争う。 これは 民事で勝つには、刑事裁判が間違ってた と認めさせないといけないので、それは難しい。 刑事負けなら民事も負け、のような? なので (2)がいいかな、と思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

刑事で有罪になると民事でも勝訴しやすい でも刑事で無罪になっても 民事で勝訴して 刑事のほうは控訴させる圧力にすることも(控訴するのは検察だから)できます。 「刑事裁判を、民事裁判の相手方を動揺させるために利用しているのではないか」と検察官から思われ・・・検察はそういうことは考えません。自分たちは特別な人間だと思う人たちですから。(難関の司法試験を通った人はみんなそんなものです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

刑事事件と民事事件で裁判を起こす場合、刑事事件が先です。 刑事事件での判決は、民事事件の根拠に出来ますので、証明などの手間が減ります。 刑事事件の方が終わらないと、刑事事件の結果を待ってからにしましょうと、中断される場合があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 刑事告訴と民事調停のタイミングについて

    こちらで色々お世話になって つい最近もめ事の相手方に対して警察に被害届を出して受理されました。 刑事罰については今後警察が進めていくかと思います。 ただ、これによって私が被った慰謝料等の損害賠償請求の 民事訴訟(調停)も検討しています。 色々なアドバイスなどを受けて まずは刑事でおさえて それから民事という感じが多かったのでそうしてみました 内容としては横領なんですが、横領の被害届を出して 相手がきっちり横領の罪が確定するまで それによる損害の損害賠償請求はしない方がいいのでしょうか? でも 横領は罰金刑がないから(懲役のみ)執行猶予でも 付けば別ですが、いわゆる拘置中の人間相手に民事訴訟や 調停って出来るのか と思っています。 同時進行が良いのか、確定してからで良いのか どのタイミングで民事は動けばいいのかが分かりません どなたかご教授下さい。 よろしくお願いします。

  • 刑事告訴で棄却 民事告訴で一審 敗訴

    教えて下さい。私は被告側です。(絶対無罪です。) 原告は詐欺罪において、まず刑事告訴しましたが、で棄却されました。警察の捜査で証人に対して、証人尋問をした際 詐欺罪ではない事がわかりました。 ところが 民事訴訟では この証人の尋問では 警察に言っている事と逆の証言をしています。 つまり この証人は刑事告訴において 真実を述べ、 民事告訴において虚偽を言ってしまっています。 しかし 民事裁判では この証人の証言を まともに 真実として 証拠採用をしており、 被告人は損害賠償を請求される始末です。 警察は民事不介入ですので被告は立証ができず、犯人にされてしまい、 損害賠償支払い命令となっています。  この証人の警察での調書を入手できれば良いのですけど、入手できないですよね。 立証方法があればご教示下さい。  

  • 刑事告訴

    検察庁に刑事告訴したいのですが詐欺の場合告訴状は何をどう書いたらよいでしょうか?また証拠なども必要でしょうか?民事損害賠償請求訴訟と同じ証拠書類でいいのでしょうか?

  • 民事と刑事について

    例えば詐欺事件などの犯人が有罪となり刑事罰を受けたとしても被害者は損害の賠償を民事で請求しないといけないし、使ってしまって支払い能力がない場合も多そうです。これは民事と刑事が別になっているからで法律上どうしようもないのでしょうが、 例えば刑事事件で被害者に損害を与えた場合その損害を賠償するまでの懲役にするとかすれば多少なりとも割が合わないと思うようになり詐欺などのの抑止力になるように思うのですがいかがでしょうか?

  • 刑事裁判とそれに関わる民事訴訟がどちらが先に決着?

    ――― 架空の話ですが、詐欺などを起こした(詐欺や横領などの弁済賠償ができず、倒産必至の)会社の社長が逮捕起訴され、刑事裁判が始まると同時に、顧客が詐欺による損害賠償を求める民事訴訟を起こした場合です。 逆に刑事裁判が確定して社長被告(自己破産済)が刑務所に収監された後も、損害賠償請求訴訟が続くというのが普通なのでしょうか? で、このような民事訴訟というものは、どういう風に決着がつくのでしょうか? また決着がついた地点で被告と民事裁判を担当していた弁護士(破産管財人)との間にどんな手続きがあるのでしょうか? 事件→告発→警察捜査→社長逮捕→会社の産手続き→社長自己破産→民事損害賠償請求訴訟→ 刑事裁判→刑事裁判判決→どっちが先に決着がつくのか?ということです

  • 刑事裁判と民事裁判について

    ――― ある会社が複数の容疑で強制捜査を受け、逃亡した前代取を除いて取締役幹部等が逮捕された。が、幹部等は粉飾のみで起訴され、他の容疑に関しては証拠不十分として不起訴となった。その後、粉飾の刑事裁判が開かれた。 このとき、逃亡した前代取が莫大な被害金を出るほどの詐欺をしていた場合、逃亡中は時効が止まりますから、民事の損害賠償も止まるのでしょうか? それとも被疑者不在のまま(下手すると実態不明瞭のまま)、裁判所や破砕管財人などが勝手に会社財産を清算して被害者への損害賠償に分配されるのでしょうか? この場合、逮捕前に平取締役が代取代行として対応にあたっていて、逮捕後に弁護士に「弁済補償のために会社を清算してほしい」と申し出て、それが可能になるのでしょうか?

  • 民事と刑事は全く別々というけれど

    裁判でも民事と刑事は全く別々と聞きます。 では、例えば 痴漢の裁判で 刑事では有罪でも、民事では冤罪が証明されて、告訴者が莫大な賠償金を払うこともありうるんでしょうか? また、民事で無罪が証明されても、刑事で控訴するのに有効な材料にはならないのでしょうか?

  • 民事訴訟

    経験や法律に詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご回答お願い致します。 ■暴行・傷害を受け、民事損害賠償した場合です。 事件後、警察に刑事告訴又は、被害届けを提出していない事は、後の民事裁判において原告は不利になるのでしょうか? ■暴行・傷害を受けた後、精神的な病(うつ状態)になり、打撲等の治療費の他、精神的な病の治療費も請求出来ると思うのですが、被告側に精神的な病は、暴行との因果関係が無いと言われた場合、立証するには、診断書などでよいのでしょうか? よろしくお願いします

  • 刑事告訴・民事訴訟の違いは??

    刑事告訴・民事訴訟の違いを教えてください。 刑事告訴は警察(検察)が検挙した被疑者を検察に送って、検察が起訴・不起訴を決める。 民事訴訟は個人が企業や個人などを告発する。 だと思いますが、刑事告訴と民事訴訟が事件によってごっちゃごっちゃになってる例をよく見るのですが、どういう仕組みなのでしょうか?? 警察が動いてくれないものを民事訴訟するのでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 強姦被害による刑事裁判と民事裁判

    強姦被害による刑事裁判と民事裁判 友人が数年前に強姦にあい、最近犯人が逮捕されました。 これから、検察官による起訴が行われるそうですが、懲役○年だけで済ませたくないとのこと。 慰謝料を請求するとなると、民事裁判になると思われますが、どのタイミング (刑事裁判の判決の前?後?)で訴えたほうがいいですか? また、いくらぐらい請求できますか? 専門の方、経験者の方からの回答をお願いします。