解決済み

会計学概論についての問題です。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9580572
  • 閲覧数119
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 16% (2/12)

至急、今日中に問題に答えてください。200字~300字以内でお願いします。
・法人税法における課税所得の算定が確定決算主義に基づいて行われる理由を説明しなさい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (128/276)

自分の言葉で書いたので、多少修正してください。(234文字)

法人の課税所得は益金から損金を差し引いたものであるが、益金、損金について法人個々で計算し申告するのであるから、その計算が正しく行われているかどうかを担保するものが必要である。
長い商慣習の中から一般的に公正妥当とされる会計原則、会計基準というものがある。企業はそれに基づいて行われているものであるはずなので、その基準に基づき計算され確定決算は正しいものであると解釈できる。
そこで、法人の課税所得は確定決算の利益を基礎とし、所要の調整を行うことにより算出することとなった。
お礼コメント
maaki1234

お礼率 16% (2/12)

ありがとうございます。あなたのお陰で凄い助かりました。
投稿日時 - 2019-01-23 14:02:22
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ