締切済み

少子化ってそもそもデメリットは何かあるのでしょうか

  • 困ってます
  • 質問No.9546926
  • 閲覧数120
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/41)

例えば欧州ですと
人口の多い国では


ドイツが日本と同じような出生率ですが、
年金支給額を減らすなどをし、黒字国家になりました(国の借金はふえなくなりました)
逆に少子化をあまりしていない
フランスやイギリスは借金の増加率が高く財政状況はよくありません。
子供の貧困率も上がっています(日本と同じで子育て支援すればお金がない層が子供を生むので必然的にこうなるでしょう)

あとは少子高齢化で一番問題視される社会保障問題

これらもアメリカとドイツのシステムを合わせればいいと思います。

年金は会社や個人が民間会社に加入する、もちろん保険も
それで納付した額の運営分により将来貰える。
もちろん納付額が少なければ少ないほど貰える額も少なくなり
保険も保険料が低ければ低いほど安い医者でしか保険が使えなくなる。
年金支給額を減らし、老後も贅沢したければ+α分は個人で貯蓄していく。

またこれから生まれてくる子供は平均的に20年以上先からしか労働力にならない
ですので今の50代以降の方からしたらこれから子供が増えようと増えなかろうと
関係ないし、むしろ子供の奇声とかなき声が騒音と感じている人が半数以上という時代ですから
少ない方がメリットともいえる世代ですよね。例えば今の59歳の人だとすると5年後にうまれた子供がまともに税金おさめられる時(それも今はニートとかひきこもりなども多いので働く保障もない)には80代後半ですので男性はとっくに平均寿命を超えています。

30代や40代あたりも逃げ切れる世代ですね。

20代後半が微妙です。

それと人口が減少すると経済が縮小するといいますが
人口が多すぎてうざかった団塊ジュニア世代の方々が社会にでられた当たりから
デフレが発生し、給与が下がってきましたよね。
一つの理由として人口が余るほどいるので、いくらでも賃金を下げれるなどの理由もあったと思います、最近やっと賃金が上がりだしたので人手不足でデフレがはじまった25年前とは逆の減少で人が減ってきたので労働者確保の為に賃金があがりだしたという理由が一番大きいでしょう。そうするととくに少子化によるデメリット部分ってない人の方が多いのでは?

生活保護の人、低所得者で長生きしそうな人などなど税金のお世話にたくさんなる人達がこまっちゃうというだけで。

メルカリなども来年の新卒からは外国人比率を3割~5割にするとかやっていますしローソンなどもしています、特に労働力なんて日本人でなくてもよいわけですし。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 33% (12/36)

なぜ日本の人口が減ると日本の国力が落ちるのか。

日本が豊かな国でいるためには、より多くの人が自由と教育を得て、日本の文化を享受し、学問、学芸を発展させ、研究し、発明し、技術を発展させ、新しいアイデアの供給を増やしていくことが重要になるからです。

そして、それには多くの個人がよりよい豊かな暮らしを追求する必要があります。なぜならその発展のための技術革新は需要と供給の経済システムによって造り出されているからです。

人口が減っていくとは、発展のためのアイデアも、技術革新の研究も、学問や学芸のチャレンジも、すべての豊かさを得るための供給を減らすことになってしまいます。

発展を前提としない社会とは、かつての共産主義国と同じ轍を踏むことになるでしょう。共産主義は発展をせずに現状維持で分配をする社会システムです。これではみんなで貧しい暮らしをする社会になってしまうのですね。

私は日本をそのような社会にすることを望まないです。

 
年間ランキング2018
  • 回答No.5

ベストアンサー率 24% (25/103)

ちなみに
「税金払うやつが少なく、使うやつばかりになる。」
ということは120%あり得ません。

なぜならお金を使うと必ず税金を支払い、またお金を設けて受け取ってもも必ず税金を支払うからです。

なので必ず
「お金を使う奴は税金を払う奴であり、その時にお金を設けた奴もまた税金を払う奴」
となります。

お金というのはいくら使っても無くなりません。誰かが使ったお金は必ず次の人の手に渡り、誰かの所得となってまた使われて誰かの手に渡ります。そしてその過程で税金として政府にも渡り、税収となったお金は年度決算で100%使い切ることが法律で定められていますので、政府がお金を使い、そのお金はまた国民の所得になります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 24% (25/103)

そうなれば日本は超弱い国になります。
小さな市場しか持てない国は、衰退します。
だからEUは統合へ動きました。
また大きな市場を持っている国はとても強い国になります。
だからアメリカは中国を驚異に感じ、あらゆる難癖を付けて中国脅威論を振りまいているわけです。

日本の市場が今の半分の規模になった時、アジアはEUのような統合は不可能ですので、日本は韓国のような国になるしか選択肢がなくなるでしょう。
あるいは朝鮮半島がもし統合されるようなことがあれば、日本と韓国は完全に立場が逆転ですね。日本は韓国のご機嫌を伺いながら強がりしか言えないようになることでしょう。
日本の人口が5000万とかになったら、もう公用語は英語にしないとやっていけなくなるかもしれませんね。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 27% (3635/13337)

他カテゴリのカテゴリマスター
最終的には日本人が減る・・・
これに尽きると思います。
あまりにも減ると国家として成り立たなくなります。
それ以前に地方のインフラが整備できなくなりますが・・・

将来、中国から大量に人が押し寄せ、国会議員や総理まで中国系になるようなことになれば
日本を中国に併合するなんて法案が出るかもしれません。
公用語は中国語になり日本は地名を残し国としては消滅・・・
そんな話も現実味を帯びてくるかもしれません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (1823/8974)

社会 カテゴリマスター
>少子化ってそもそもデメリットは何かあるのでしょうか

税金払うやつが少なくなる。使うやつばかりになる。それに尽きる。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (431/1727)

少子化が問題と言うよりは高齢の人の寿命が伸びている事が問題なんですよね。
いわゆる医療の発達発展が中々死なない社会を作り出しているんですね。
元気な年寄りが増えて世の中トラブルばかりになっています。

所得に関しても単純労働者と呼ばれる労働がロボットに替わって事務処理や経理処理、銀行や証券取引等の分野はAIに替わっていきます。

元気な年寄りが働かずして生きていきたいから子供を多くして将来的に支えてもらいたいと言う願望を持っているわけです。
株式投資や○○ファンド等はコンピュータプログラムやAIに任せて自分たちは遊んで暮らす。
子や孫に財産を残すなどと考えない人達もどんどん増えています。

近い将来、経済の成り立ちはガラッと変わります。
激変の時代をどのように生きていくか?
その事を考えるとアメリカやドイツも駄目になります。
全く新しい考え方をしないと生き残れない。
働かざる者食うべからず。
なんて言う単純なものでもありません。
これからは遊んで稼いで遊んで暮らす。
そんな時代が来ますよ。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ