• 締切済み
  • 困ってます

弱い立場の人を苦しめて楽しんでいる相談員達について

人それぞれにとって普通とは何でしょうか? 天下りを使って揉み消すのは普通なのでしょうか? 公共施設である図書館に 「就労体験できます」という文章が、ポスターやリーフレットに書かれており、相談に行きました。 いざ、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントという心理専門職の相談員に 就労体験を望んでいると言っても、自分たちの指定する場所だけしか実施しておらず 出張相談の街は、一切なし。 出張相談の街で探してほしいと言っても「出来ません」を連呼。 個人が知り合いなどいない状態で、就労体験を望んだとしても出来るでしょうか? そのための県中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーションという存在だと思うのですが、 問題になると思ったのか、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは、天下りを使い揉み消した。 就労体験しか望んでいないと言っているにもかかわらず、コラージュと言う訳のわからない心理テストを説明なしで実行、トラウマを作る。 面談時、相談員自身の顔をクリップボードで顔を隠し、メモを書きまくる。傾聴も出来ていない。 そのような態度にとても嫌悪感を感じ、就労体験ができるまでの我慢だと思い行っていたが、まさに実験動物扱い。 酷い対応に謝罪を求めたら、人の母親にだけ電話で謝罪。 自分に対しては、謝っていたと伝えてくれという伝言謝罪。 直接謝るべきではないか! 伝言で謝るなんて非常識ではないか! と訴えたら、電話の後方で「切れ!切れ!」 こちらの望んでいる事を何一つせず、このような謝り方を受けた事を、全国各地の地域若者サポートステーションに問い合わせをしたら、 厚生労働省の自立支援中央センターの職員が、返信しなくていいという揉み消し。 すぐに謝れば、すぐに前に進めたのに、5~6年またせて、 「就労体験を望むのは、間違っていたのか?」 「電話の後方で切れ!切れ!言ったのは誰だ?」 「揉み消した天下りは、誰だ?」 という質問を無視。 統括コーディネーターが、自分の家族に謝ると言ったので、 家族全員の謝るのかと聞き返したら無視。 メモを書かれることに嫌悪感を持っていたのにもかかわらず、臨床心理士はこちらに断りもなく書き出す。 こちらが産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの面談時の態度に嫌悪感を持っているのを知らないのか、全く理解していなかった 椅子に座った状態で謝ろうとする。 立って謝るべきではないかと、こちらが言うまでわかっていなかった。 相談者は、見下していいと、相談員は学んでいるのでしょうか? 県中小企業団体中央会が管轄しているところなので、対応の酷さなどを言ったら、犯罪者にすると言われた。 こちらに来て尋問すればいいのに、来ようともしない。 弱い立場の人間の言葉は、聞かないのでしょうか? 前向きになろうとして相談に行ったら、犯罪者にされなければいけないのでしょうか? パワーハラスメント、モラルハラスメントではないのでしょうか? それともこの対応が普通なのでしょうか? 天下りを使って問題を揉み消すのは常識なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数162
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1

はいはい、また、親から、いつになっても就職しようとしないことを攻められたのですか? 自分のことは棚に上げて、人を責めることはやめたらいかがですか? あなたの親御さんが可哀想でしょうがないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就労体験を望む事は、間違いかを無視する相談員

    アルバイト、パートをしたことがなく、 すぐに辞めてしまうのではないかと言う不安があるから 就労体験を望んだが、 就労体験を望むのは、間違いですか? 就労体験を望むのは、前向きになることではないのですか? 地域若者サポートステーションは、そのような人を助けるためにいるのではないのですか? 信じる心を殺すためにいるのですか? 前向きになる心を殺すためにいるのですか? 家の近くで就労体験出来る所がないから 『探して欲しい』と言ったら 『出来ません』 こちらがアルバイト情報誌を持って行き、相談員が間に入って、 『就労体験をしたいと言っている人がいるが、お願い出来ませんか?』 と言って欲しいと言っても 『出来ません』 面談中、相談員がクリップボードで顔を隠して メモを書きまくるのは、心理専門職(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)として、当たり前なのでしょうか? 面談中のメモに人の悪口を書いているのではないか? と思い、不安になり見せるよう言っても 『出来ません』 酷い対応に謝罪を求めたら、 心理専門職(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)は、人の母親にだけ電話で謝罪。 相談者本人の自分に対しては、その電話で母親に 『謝っていたと伝えてくれ』という伝言謝罪 そのような謝罪があるかと抗議したら、電話の後方で 『切れ!切れ!』 相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)は、問題を天下り事務局長に揉み消し。 このような対応は、常識ですか? 中小企業団体中央会管轄 厚生労働省認可 地域若者サポートステーション は、問題を出した所に 就労体験など、許可は出されるのでしょうか? 威力業務妨害で訴えると言ってくる 地域若者サポートステーションの責任的立場の 中小企業団体中央会が職場体験を実施するのは、間違いなのでは?

  • 前向きになるのを否定する相談員がいます。

    前向きになるために就労体験を望むのは、間違っていますか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントという心理専門職が、本来ならその手助けをするはずが、 崖下に突き落とすような対応を取るのは常識ですか? アルバイト、パートが未経験。 だからこそ、就労体験を望むのは、間違っていますか? 個人がいきなり店舗などに 「就労体験をしたいです。」というのと 地域若者サポートステーションの相談員から 「就労体験を希望されている人がいます。」というのと、 どちらが正しいのですか? 地域若者サポートステーションのランク情報が表に出たらにいいのにと思いませんか? ここの地域若者サポートステーションは、平気でたらい回しする所だとか、 伝言謝罪して、こちらが抗議したら、天下り事務局長に言ってもみ消してもらう所だとか、 ここは、親身になって、最後まで責任をもって対応する所だとか。 伝言謝罪をしたところは、伝言謝罪が謝罪方法として、正しいと認識して、その上で電話の後方で、「切れ!切れ!」と言う。 自分の場合は、公共施設に貼ってあるから信用したのに酷い扱い。 他の事で公共施設に貼ってあってもとても信用できない。 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士は、人から信用する心を奪うのが当たり前なのでしょうか? 相談員を変更してもらえば良かったのにと言われるかもしれませんが、 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントに相談員を変更したいと言っても 「できません。」 そのような対応は常識ですか? 説明を求めても無視。 心理専門職として常識ですか? 県中小企業団体中央会の職員、天下り事務局長、統括コーディネーター、臨床心理士 厚生労働省、若者自立支援中央センターの職員 そして、 酷い対応をして、「家族全員に謝る」と言って謝りに来ないで逃亡している産業カウンセラー、キャリアコンサルタント に読んでいただきたいと思うのは、間違っていますか? 伝言謝罪というのは、 就労体験を望むのに「出来ません。」を連呼。 説明なしの心理テストの実施など、相談員として、あまりにも訳の分からない対応 相談に行くのも、毎日ではなく、出張相談なので2週間に一度という少なさなので、 その待たされまくった時間を無駄にする。 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは、立場的には下だが、 地域若者サポートステーションを立ち上げた二人のうち一人(もう一人は、この産業カウンセラー、キャリアコンサルタントに 卑怯な手を使われて辞めさせられている。この方が歳上なのに)であり、目に見えない場所では上の立場になっている。 あまりにも酷い対応なので、謝罪を求めたら、電話での謝罪。 相談者本人が不在で、相談員は、自宅の固定電話にかけてきた。 相談員に信用がないので、携帯電話の番号は、教えませんでした。 相談員は、人の母親にだけ謝り、自分に対しては、 「謝っていたと伝えて下さい。」のみ。 「折り返し電話してもう一度言います。」ぐらい言うべきだと。 1週間待ったが、折り返して電話をかけてこないので こちらからかけたが、相談員にかわるよう言ってもかわらない。 折り返してかけてくるよう言っても無視。 相談者本人に謝罪を言うべきではないかと言ったら、電話の後方で「切れ!切れ!」 天下りにもみ消してもらう。犯罪者にすると脅迫する。 本人が不在なら電話に出ることができる時間を聞いて電話をかけ直すか、自宅に来て頭を下げるのが、 常識だと思ったのですが、間違っていますか? この伝言謝罪を自分なら卑怯な人の謝罪方法として多くの人に伝え続けたいですが、間違っていますか?

  • 揉み消しをする相談員…。

    公共施設に張り出し、 『就労体験が出来ます』という言葉を書いている、中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーションは、 相談者の切実な願いで 『就労体験が出来ます』という言葉を信用して、相談に行った相談者を 馬鹿にするような態度をして、 謝罪を求めたら、 相談者本人に直接謝罪しない。 その事を抗議したら 電話の後方で 『切れ!切れ!』といい、電話を切る。 このような対応をとられた事を全国の地域若者サポートステーションにメールで問い合わせたら、ニートサポートネットの職員が 『返信しなくていい』 という揉み消し対応 天下りに頼んで揉み消す地域若者サポートステーションの相談員、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント 天下りにもみ消してもらうのは、常識ですか? 産業カウンセラーは、揉み消しをしてもらうのは、常識ですか? キャリアコンサルタントは、揉み消しをしてもらうのは、常識ですか? 臨床心理士は、揉み消しをしてもらうのは、常識ですか? 統括コーディネーターは、揉み消しをしてもらうのは常識ですか? 家族全員に謝るといい、嘘をついた、女性統括コーディネーター 『就労体験を望むのは間違っているのですか?』という質問をしているのを、答えない女性産業カウンセラー、キャリアコンサルタント 『就労体験を望むのは間違っていますか?』 にたいして、 『間違っていないです』 と、答えたら、自分たちのした対応が間違いとなり、それを、認めたくないのでしょうか? 間違いだと認める事で、相談者が前向きになれたかもしないのに、自分たちのした対応が、卑怯で卑劣な事、認めないのでしょうか? 前向きになるのは、間違いですか? 落ち零れたら一生落ち零れたままでいないといけないですか? 生きてる価値ありませんか? H.A女性産業カウンセラー、キャリアコンサルタント O.S統括コーディネーター M.K統括コーディネーター H.H臨床心理士 天下り事務局長 『犯罪者にする』と言った中小企業団体中央会の職員 『返信しなくていい』と言ったニートサポートネットの職員 『就労体験の望むのは間違いですか?』 『前向きになるのは間違いですか?』 『質問に答えず、無視対応は常識ですか?』 『なぜ、揉み消したのですか?』など 直接、質問し答えていただきたい事は、たくさんあります。 そのように思うのは、間違いですか?

  • 相談する事に恐怖心を与えるのが相談員の仕事ですか?

    ニートと呼ばれる仕事に就かない若者の就業を支援しようと、開設された総合相談窓口「若者サポートステーション」。経験豊富なカウンセラーらが悩みを聞き、一緒に将来を考える。 などと言う言葉を新聞記事に載せていながら、苦しめる手助けをしているのではないのでしょうか? 地域若者サポートステーションの産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの相談員。 就労体験を望む人に、「出来ません。」を連呼したうえ、問題になりそうと思ったら、天下りにもみ消ししてもらうことを常識だと思っています。 ひどい対応に謝罪を求めたら、人の家族にだけ電話で謝り、相談者本人には、 「謝っていたと伝えてくれ」という伝言謝罪。 そのような謝り方があるかと抗議したら、電話の後方で、「切れ!切れ!」と言われ、天下りにより揉み消し実行。 2009年から苦しめられ、2013年4月4日に同僚の女性統括コーディネーターとともに、家族全員に謝ると、相談員側から言ったにも関わらず、守らないで、逃げる対応。 その時、質問もしたが全て無視。 「就労体験を望むのが間違いか?」 「前向きになるのは間違いか?」 家族全員に謝ると言い出したにも関わらず謝りに来ないので、 地域若者サポートステーションを管轄している県中小企業団体中央会に問い合わせ。 そうしたら、県中小企業団体中央会の職員に威力業務妨害で訴えると言われた。 就労体験を望むと犯罪者にするのが仕事で、今も、それらのひどい対応に苦しめられている。 何かあるたびに、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの相談員や、他の相談員、県中小企業団体中央会の職員の対応を思い出しフラッシュバッグで苦しめられている。 全てを返して欲しい。 前向きになんてならなければよかった。 そもそも、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの相談員が伝言謝罪などせず、すぐに謝りに来れば、ここまで苦しめられていない。 県中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーション 一体いくつの場所で揉み消したのか? 自立支援中央センターにも、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの相談員の対応を抗議したが、そこも揉み消し。 全国各地の地域若者サポートステーションに産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの相談員の対応は、正しいかどうかをメールで聞いたら、 返信しなくていいという揉み消し。 パワーハラスメントではないのでしょうか? パワーハラスメントとして訴えたいです。 訴えたとしても揉み消されるのでしょうか? 酷い対応を、言ったのに揉み消す。 虐待されている子供が、大人に訴えたのに、虐待している本人に言って残虐な事件になる。 必死な思いで訴えたのを滅茶苦茶にする。 なぜ、訴えた側が不幸にならないといけないのでしょうか? 勇気を持って訴えるのは馬鹿なことなのでしょうか?

  • 相談者を傷つけた後の相談員の対応として、

    相談者を傷つけた後の相談員の対応として、謝罪を求めるのは間違ったことなのでしょうか? 県中小企業団体中央会管轄 厚生労働省認可 地域若者サポートステーションについて 場所は、2ヶ所で行われていて、本部が県庁所在地の街、出張相談は、自分の住んでいる場所の隣町 本部に行くのに電車で2時間かかります。 隣街の図書館の館内に、ポスターとリーフレットがありました。 ポスターとリーフレットには、「就労体験が出来ます」と大きな字で書かれてありました。 別の隣町で出張相談をしていると書いており、不安があり、母親と一緒に行きました。 相談当初からポスターに書いてあった「就労体験が出来ます」というのを信じて 「就労体験しか望んでいない」 と言っていたのだが 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは「出来ません」を連呼。 アルバイト情報誌を持参して、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントに間に入って、就労体験をしたい事やその他の事情を言ってほしいのに「出来ません」 個人がいきなり就労体験をしたいと言って、店や企業は、聞いてくれると思いますか? 絶対に断られます。 そのための相談員では、ないのでしょうか? 頼りにならないから、他のところに相談しようと言うと、資料のみ送りつけて来ました。 頼りにならない事も口にしていたのに、謝罪文一つなし。 書いてあることすらしない。 たらい回しを普通に行うように相談員は研修を受けているのでしょうか? 相談者に対して問題を起こしてしまったら、相談員は、天下り事務局長に 報告して、連絡して、相談して、もみ消すと結論づけたのでしょうか? 謝罪を求めたら、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは、電話で人の母親にのみ直接謝罪。 相談者本人には、謝っていたと伝えてくれと言う伝言謝罪。 1週間待ちました。 直接言ってくるのを。 しかし、音沙汰なし。 伝言謝罪について、抗議しました。 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントに電話を代わるようにも。 その答えが「切れ!切れ!」 これは、ハラスメントではないのでしょうか? 前向きになろうとしている人を、陥れるのが仕事なのでしょうか? 就労体験を望むのは、間違っていますか? きちんと答えていただきたいです。 自分の対応した産業カウンセラー、キャリアコンサルタント! 答えるように言ったのに、統括コーディネーターと顔を見合わせて、バカにしましたよね! 無視するのは、正しいのでしょうか? 家族に謝ります。といい、家族全員に謝るのですか? 無視しましたよね! 家族全員に謝るのではないですか! 統括コーディネーター! 自分の言った言葉、守ってください。 答えるように言ったのに、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントを顔を見合わせて、バカにしましたよね! 問題を天下りにもみ消して貰うのは常識なのでしょうか? 間違っていると思ったから、県中小企業団体中央会や、ニートサポートネット、自立支援中央センターに抗議したのに、 そこも平気で揉み消す。 県中小企業団体中央会の職員は、犯罪者にするとまで言って脅してくる。 これこそ、報告して連絡して相談して、相談者を犯罪者にすると決定したのでしょうか? 県中小企業団体中央会の職員! 地域若者サポートステーションの言葉だけ鵜呑みにして、こちらには聞きに来なかったですよね? 聞きに来れば、ひどい対応を直接訴えたのに、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士、天下り事務局長の言葉を鵜呑みにしたのですか? 報告して連絡して相談して、揉み消したのですか? 就労体験を望むと、犯罪者にされないといけないのでしょうか?

  • 人それぞれにとって普通とは何でしょうか?

    人それぞれにとって普通とは何でしょうか? 天下りを使って揉み消すのは普通なのでしょうか? 公共施設である図書館に 「就労体験できます」という文章が、ポスターやリーフレットに書かれており、相談に行きました。 いざ、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントという心理専門職の相談員に 就労体験を望んでいると言っても、自分たちの指定する場所だけしか実施しておらず 出張相談の街は、一切なし。 出張相談の街で探してほしいと言っても「出来ません」を連呼。 個人が知り合いなどいない状態で、就労体験を望んだとしても出来るでしょうか? そのための県中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーションという存在だと思うのですが、 問題になると思ったのか、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは、天下りを使い揉み消した。 就労体験しか望んでいないと言っているにもかかわらず、コラージュと言う訳のわからない心理テストを説明なしで実行、トラウマを作る。 面談時、相談員自身の顔をクリップボードで顔を隠し、メモを書きまくる。傾聴も出来ていない。 そのような態度にとても嫌悪感を感じ、就労体験ができるまでの我慢だと思い行っていたが、まさに実験動物扱い。 酷い対応に謝罪を求めたら、人の母親にだけ電話で謝罪。 自分に対しては、謝っていたと伝えてくれという伝言謝罪。 直接謝るべきではないか! 伝言で謝るなんて非常識ではないか! と訴えたら、電話の後方で「切れ!切れ!」 こちらの望んでいる事を何一つせず、このような謝り方を受けた事を、全国各地の地域若者サポートステーションに問い合わせをしたら、 厚生労働省の自立支援中央センターの職員が、返信しなくていいという揉み消し。 すぐに謝れば、すぐに前に進めたのに、5~6年またせて、 「就労体験を望むのは、間違っていたのか?」 「電話の後方で切れ!切れ!言ったのは誰だ?」 「揉み消した天下りは、誰だ?」 という質問を無視。 統括コーディネーターが、自分の家族に謝ると言ったので、 家族全員の謝るのかと聞き返したら無視。 メモを書かれることに嫌悪感を持っていたのにもかかわらず、臨床心理士はこちらに断りもなく書き出す。 こちらが産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの面談時の態度に嫌悪感を持っているのを知らないのか、全く理解していなかった 椅子に座った状態で謝ろうとする。 立って謝るべきではないかと、こちらが言うまでわかっていなかった。 相談者は、見下していいと、相談員は学んでいるのでしょうか? 県中小企業団体中央会が管轄しているところなので、対応の酷さなどを言ったら、犯罪者にすると言われた。 前向きになろうとして相談に行ったら、犯罪者にされなければいけないのでしょうか? パワーハラスメント、モラルハラスメントではないのでしょうか? それともこの対応が普通なのでしょうか?

  • 相談員によるハラスメント問題について

    就労体験を望むのは、間違っているのか? という質問を無視するのはモラルハラスメントではないですか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士という心理専門職なら必ず知っているであろう事を 無視するだけでなく、天下り事務局長にもみ消してもらうのは、『パワーハラスメント』ではないかと思いますが、どうなのでしょうか? 県中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーションの相談員による、 酷い対応に対して謝罪を求めたら、母親にだけ電話で謝罪をして、相談者本人に対しては、謝っていたと伝えてくれ。 相談者が嫌な思いをしたから、本人に直接謝ってほしいのに、ひどい対応。 そのような謝罪があるかと抗議したら、電話の後方で、「切れ!切れ!」 この対応を、全国各地の地域若者サポートステーションにメールで質問したら、 厚生労働省の委託している自立支援中央センターが返事しなくていいと揉み消す。 『パワーハラスメント』をした上で、揉み消しをする。 これは、『セカンドハラスメント』ではないですか? 公共施設にポスターを貼り出すという事は、信頼を与えることではないでしょうか? 相談者を愚弄するために公共施設に張り出しているのでしょうか? このような相談員は、相談者の知らない場所で実験動物にしているのでしょうか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士という専門家が、相談者を苦しめ、トラウマやPTSDを発症させるのは常識なのでしょうか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの女性相談員、統括コーディネーターの女性相談員 2013年4月4日午後2時7分に、「家族に謝ります。」と言い、 こちらが「家族全員に謝るのか?」と聞き返したら、無視。 これは、『パワーハラスメント』ではないですか? この二人が所属していた地域若者サポートステーションの管轄している県中小企業団体中央会に 家族全員に謝ると言いながら全く来ないことを抗議したら、 犯罪者にすると言われた。これは、『パワーハラスメント』ではないですか? 前向きになる心を壊すのは、問題ではないのですか?

  • 揉み消しをする事が常識だと思っている相談員につい

    前向きになる心を壊すのは、問題ではないのですか? 就労体験を望むのは、間違っているのか? という質問を無視するのはモラルハラスメントではないですか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士という心理専門職なら必ず知っているであろう事を 無視するだけでなく、天下り事務局長にもみ消してもらうのは、『パワーハラスメント』ではないかと思いますが、どうなのでしょうか? 県中小企業団体中央会管轄厚生労働省認可地域若者サポートステーションの相談員による、 酷い対応に対して謝罪を求めたら、母親にだけ電話で謝罪をして、相談者本人に対しては、謝っていたと伝えてくれ。 相談者が嫌な思いをしたから、本人に直接謝ってほしいのに、ひどい対応。 そのような謝罪があるかと抗議したら、電話の後方で、「切れ!切れ!」 この対応を、全国各地の地域若者サポートステーションにメールで質問したら、 厚生労働省の委託している自立支援中央センターが返事しなくていいと揉み消す。 『パワーハラスメント』をした上で、揉み消しをする。 これは、『セカンドハラスメント』ではないですか? 公共施設にポスターを貼り出すという事は、信頼を与えることではないでしょうか? 相談者を愚弄するために公共施設に張り出しているのでしょうか? このような相談員は、相談者の知らない場所で実験動物にしているのでしょうか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士という専門家が、相談者を苦しめ、トラウマやPTSDを発症させるのは常識なのでしょうか? 産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの女性相談員、統括コーディネーターの女性相談員 2013年4月4日午後2時7分に、「家族に謝ります。」と言い、 こちらが「家族全員に謝るのか?」と聞き返したら、無視。 これは、『パワーハラスメント』ではないですか? この二人が所属していた地域若者サポートステーションの管轄している県中小企業団体中央会に 家族全員に謝ると言いながら全く来ないことを抗議したら、 犯罪者にすると言われた。これは、『パワーハラスメント』ではないですか? 前向きになる心を壊すのは、問題ではないのですか? すべてを返してほしい。 このような対応をきちんと公表するべきです。 前向きになる事や体験に対して否定的な対応や偽証広告を、 厚生労働省認可と名乗るところが表示するのも問題だと思います。 そして、揉み消しをした天下りが誰かも公表するべきです。 なぜなら、女性産業カウンセラー、キャリアコンサルタントに誰が揉み消したかを聞いても無視対応のため。 今も仕事にはつけていません。トラウマとPTSDを 心理専門職によって実行されたため。 責任をとっていただきたい。 謝罪方法が心理専門職としてありえないので抗議したのを、揉み消すのは常識ですか? 怒らせる謝罪方法を産業カウンセラー、キャリアコンサルタントは、研修で受けるのでしょうか? 県中小企業団体中央会が、管轄と言っておきながら、 問題をおこしたら、相談員側だけの言葉を聞き、相談者側がどのような対応を受けたか聞きに来ない。 双方の言葉を聞くべき立場なのに、片方しか聞かないのは、揉み消しをする事が決定しているからでしょうか?

  • 前向きになろうとしている人の心を壊す相談員

    ニート状態から抜け出そうとしている人を 心理専門職(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士)天下り事務局長が前向きになろうとしている心を踏みにじる。 就労体験を望むのは、馬鹿げているのか? 揉み消しを平然として恥ずかしくないのか? バイパス謝罪をして恥ずかしくないのか? 2013年4月4日午後2時5分 女性統括コーディネーターO.Sさん、女性産業カウンセラー、キャリアコンサルタントH.Aさん言いましたよね? 謝罪モドキの場で あのような場で、 『家族に謝る』と そして、こちらも聞き返しましたよ。 『家族全員に謝るのですね』と 見事に無視 心理専門職のプロがもっと傷付ける。 辞める際の研修に私をもっと傷付けろと残して言ったのは、なぜですか? 心理専門職のプロとして恥ずかしくないのか? 相談者を見下すために産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、統括コーディネーター、臨床心理士になったのか? 中小企業団体中央会管轄 厚生労働省認可 地域若者サポートステーション と堅苦しい名前で、相談者の前向きになる心を壊すために作られたのか? 未来を壊すために作られたのか? 希望を壊すために作られたのか? 時間を壊すために作られたのか? 誠意をきちんと見せるべきだと思う 相談員として傷付けたのだから。 悩んで相談に行く人を馬鹿にする事、人としての存在を無くすために 中小企業団体中央会管轄 厚生労働省認可 地域若者サポートステーションは、あるのか?

  • 就労体験を望むのは間違いかを無視する相談員

    長文です。 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、臨床心理士は、全て「心理専門職」です。 H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)、O女性相談員(統括コーディネーター)が、2013年4月4日午後2時7分にこちらが強制して言わせたのではなく、 O女性相談員(統括コーディネーター)が、「家族に謝る」と言い、 こちらがすぐに、「家族全員に謝るのですね」と聞いたのを無視。 「謝罪もどき」とこちらは認識している 「謝罪もどき」は、常識ですか? 謝罪の場と言っている所で心理専門職が、嘘をつくのは常識ですか? 1年待ったのに、訪ねてこない。 人を馬鹿にした対応をどう思われますか? 電話の後方で「切れ!、切れ!」といったのは誰か? もみ消した天下りは誰か? という質問も無視する。 どう思われますか? 公共施設にポスターを貼り、リーフレットを置いてあり、 『就労体験が出来ます』 H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)に それを見て、『就労体験を望んでいる』と言っても全く動かない。 『できません』と連呼。 個人がいきなり就労体験を望んでいると店舗や会社に言っても、 聞き入れてもらえないから、H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)が間に入る対応を望んだが 『できません』 出張相談所の市で就労体験を望んでいると言っても 『できません』 本部の所に時間やお金もかかるのに、考え無しで平気で呼び付ける。 こちらが、H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)にしつこく,電車で2時間かかる所に言うことを聞いて行ったのにこちらの望んでいることは、全く実行しない。 不平等ではないですか。 説明無しで『コラージュ』というのをし始める。 まるでモルモットみたいに。 自分は、就労体験しか望んでいないのに、それを一切しない。 当たり前なのですか? 全く話が聞かないから、他の所にと言ったら、リストだけ送りつけて、 自分達の酷い対応を認める文章もない。たらい回し。 これも常識ですか? 酷い対応に謝罪するべきでは?と抗議したら、 H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)は、 電話で、人の母親にだけ謝り、自分には、「謝っていたと伝えてください」と言う伝言謝罪。 自分に直接言うべきではと言っても無視。 H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)は、一度も電話に出ず、家に来て謝ることもせず H男性相談員(臨床心理士)に電話の後方で、「切れ!切れ!」と言われた。 H男性相談員(臨床心理士)に、「切れ!切れ!」と言ったのは、なぜかと聞いても無視。 謝罪もどきの場で、1回目は来て2回目は来ない。 来なくていいと言われても、来るのが常識だと思いますが、間違っていますか? 2時間かかるところに説明し直すからと呼びつける手紙を送りつけてきた、M男性相談員(統括コーディネーター)。 間に入った人にだけ謝罪し、自分には一切なし。 なぜ,自分に謝罪しないのか。 これも伝言謝罪ではないですか? 管轄している県中小企業団体中央会に抗議しても無視。 H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)に言われて、天下りがもみ消し、電話着信拒否、手紙受取拒否をして、「威力業務妨害で訴える」と。 相談に行くと、犯罪者にされる。 人間不信、トラウマを作るのは常識ですか? 就労体験が出来ますと、偽証広告を載せた責任があるのに。 公共施設にポスターやリーフレットを表示するということは、 信頼してくださいということ。 その信頼させる心を殺すのを楽しんでいるのか? 自分たちの身内にそういう目にあった人間はいないのか? だからこそ、平気で偽証広告や、威力業務妨害で訴えると脅迫できるのか? 県と書いてあるのだから県全域と思うでしょう。 誤解させる表示方法にも問題がある。 県中小企業団体中央会は、就労体験を出来ると表示するべきではない。 偽証広告は表示するのは、常識ですか? インターンシップ、職業体験、就労体験の違いは? ひとつだけを差別するのは、何故か? 全国の地域若者サポートステーションに、自分の味わった体験をメールしたのを若者自立支援中央センターが返事しなくていいと言ったのは、 もみ消しではないか? 人を信頼する事をゴミ扱いするのは常識か? 信頼することが怖くて、どんなに、二度と同じようなことをしないと言っても、信用できない。 それを、心理専門職がしたのだから 地域若者サポートステーションというものがあると知ったのは、大学入学資格検定を合格してから10年後。 そういうものがあるという事を、公共施設に張り出されている「若者サポートステーション」の ポスターを見て初めて知った。 だからこそ、どれほど期待したのか? 期待したのをどれほどひどい扱いで殺されたか、体験したものにしかわからない。 就労体験は、しないくせに、相談者の心を殺す体験をさせた。 戦争体験や、地震被災体験は、体験した人がいうから、いろいろ考えさせられる。 だからこそ、自分の味わった政府推進の厚生労働省認可がしたひどい扱いも言い続けるべきであるという考えを持っている。 戦争体験や地震被災体験を後世に伝えるなと言えますか? 自分の味わった事は、同じように伝え続けるべき。 若者サポートステーション、県中小企業団体中央会、若者自立支援中央センターのしたことは、世間に公表すべき。 公表して、今はこのような対応方法をしていると言えばいいのではないか H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)、O女性相談員(統括コーディネーター)、H男性相談員(臨床心理士)、M男性相談員(統括コーディネーター)、天下り事務局長などに連絡が取れないなら、 この問題を公表して、謝罪もどきになってることをメディアを通じて知らせたらいい。 謝罪を受けても、一生許さない。 その事を関係している人間、少しでも関係している人間にも認識していてもらいたい 許してもらえたと思うなと。 絶対に一生許さない。 それほどのことをしたのだから、 忘れさせないために公表すべき。 前向きになってはいけないのか? 県中小企業団体中央会、H女性相談員(産業カウンセラー、キャリアコンサルタント)、O女性相談員(統括コーディネーター)、M男性相談員(統括コーディネーター)、H男性相談員(臨床心理士)、天下り事務局長たちに何が分かる? もみ消したくせに 市に新しくできると聞いた。県中小企業団体中央会は、全く関係していないと聞いたが、とても信用できない。 就労体験を望むのは、間違い、前向きになるのは間違い、生きていることが間違いだと認識しています。 だからこそ、何度も質問したが、無視対応。 このような対応、どう思われますか? 人の信じる心に恐怖心を与え、未だに無職にさせたままで逃げた相談員は、最低ですか? 最低ではないですか?