• ベストアンサー
  • 困ってます

JBという加工機?加工方法?について教えて下さい。

こんにちは、度々失礼いたします。 今回はJBという加工機?なのか加工方法?なのかわかりませんが、教えて下さい。精度穴の荒加工後に仕上げ工程にてこのJBを用いて精度XY方向±0.01、H7公差にて仕上げます。この機械について調べても出てこなかったので・・・。 研磨機・研削機ではなくバイトにて当てて加工するものだと思います。(材料はアルミのジュラルミンの生材) 以上、よろしくお願いします。 穴径についてはφ10H7とφ15H7です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1246
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

  JIS B0122 加工方法記号   ジグ中ぐり盤加工 BJ Jig Boring Machine というのはありますが・・・ >精度XY方向±0.01 ピッチ精度、垂直度は、リーマなどの穴径加工では下穴に倣う傾向のため充分でなく、バイトによるボーリング加工になると思います。 JG は JIS にないが、目的は同じ治具グラインダー加工の意味で通用すること多いのでは。 下穴ピッチが違う、削りシロが違う、バイトの倒れが違う、と影響が及ぶので1バスでは完全ではなく最低2バスは必要です。 逆に穴径調整はあまり得意でなく、それはリーマに任せて、下穴加工という位置付け。 治具グラインダーの軸付砥石はより影響して倒れが大きく、(切込ピッチは粗く)何十何百の繰返パスをやります。 研削は取りシロが幾ら小さくとも問題ないが、バイトの削りシロは刃の鈍り量以下では面荒れして削れない。 >安田工業 というと本サイトを徘徊くホラ吹きを呼び寄せちゃう・・・   工作機械・鋳物の枯らし迷信   http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=310444&event=QE0004 吹聴する誰彼  なのです。 岡山県出身はホントみたいだが、安田工業の近くでアパート所有し、鋳物の枯らしを見たと法螺。 回答(9)で嘘バレバレとなって 馬耳東風 半年前の板ながら関心ある方が1ヶ月前にも情報を寄せていただき、関連書籍で調査続行中。 工作機械など大型かつナマの加工は治具ポーラーても、高精度金型はベースから総焼入するので、治具グラインダーが圧倒的に多く、輸入機のムーア、ハウザーが著名で国産の評判は少し低い。 超超ジュラルミンをジグ研でやると、普通の砥石では目詰まりします。 専用砥石、削りシロを極小さく、湿式機械、では出来なくはないが、おススメではありません。 ダイヤピンが相手のジュラは摩滅が心配で、繰返しが多ければ焼入ブッシュ嵌込を検討すべきかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 聞き間違えの可能性もありますね。すみませんでした。 もう少し回答受付をしてみようと思います。 バイトによるボーリング加工の場合、面相度はでなくても位置精度がでるという点が不思議でした。加工機自体の性能も違うようなのですが、理由がわかりませんでした。もしよろしければ教えて下さい。 回答ありがとうございます。 私もいつもはジグ研にて穴精度を出してもらっていたのですが、超超ジュラルミンでジグ研にするよりも焼きがはいっていないということより、JBに至ったという形となります。その機械が今回の治具の位置決めピンの丸・ダイヤピンの位置決めとしてしっかり用途を満たすのか?という点についてしっかり知りたくでまず機械について聞きました。もしお詳しければその観点について教えて下さい。 厚かましいお願いかと思いますが、よろしけばよろしくお願いします。 何度も回答ありがとうございました。 やっとすっきりしました。ダイヤピン打ち込み部に関してはそこまでの段替え性能は必要ではなく、抜き差しも2~3か月に一回ということもあり、ブッシュ打ち込みにより補強はしませんでした。今回は加工屋さんの言う通りにJBにて加工し、面相度に関してもこちらで確認したいと思います。 皆さま、ありがとうございました。今回の最初の回答および今回の選定の理由を教えていただいた回答(1)様を回答として閉めたいと思います。

関連するQ&A

  • φ12深さ149の内径加工について。

    NC旋盤にて外径φ22全長174材質SUS316の棒材に、φ12深さ147で先端(奥部)がR6の球状の穴を加工しなければなりません。 面粗度は穴内面、R6面ともにRa0.2です。 下穴はガンドリルとRガンドリルの併用で加工しようと考えておりますが、その後の仕上加工までの工程がまったく思いつきません。 最終仕上げはホーニングになるのでしょうか? 良いアドバイスがありましたら、ご指導願います。 穴径の公差はφ12±0.1です。 円筒度などは穴径の公差に準じます。 面粗度を重視しています。 宜しくお願いします。 完全な止り穴と思っていましたが、セブンスターさんのお礼欄に書いたように、穴底(R6)面に45度方向から2ヶ所(180度対象)φ4の穴が貫通するそうです。 この条件において化学研磨(液体?)や電解研磨などで、面仕上げは可能でしょうか? もはや旋盤加工とはかけ離れてしまいましたが、詳しい方がおられましたらアドバイスをお願いします。

  • 板の片面の研削指示でも、実際は両面研削をする必要…

    板の片面の研削指示でも、実際は両面研削をする必要性が分かりません。 設計をしており、図面を描く立場におります。 研削工程の実際を知りたいと思っております。 100mmの板に穴があいている部品があり、その穴には段付の棒が入り、棒が突き当たった反対側にてナットで締めます。穴と棒はインローになっています。 機能上、ナットのある面はナット以外では使用せず、ナットの反対面の平面度と穴との精度がほしかったので、図面ではナット反対面の研磨指示と、研磨面と穴の直角度を指示しました。しかし、加工担当に聞くと実際は両面を研削しているようなのです。片側を研削するためには、反対側も研削しないとだめらしいのですが、よく理解できません。 ちなみに工程は、「?6Fの素材を購入?穴あけ?外注で研削」です。 すでに反対面はフライス削りがしてあるので、穴とナット反対面の直角度さえ 確保できれば、片面だけでの研削で十分だと思うのですが。実際の研削工程ではそういうことは出来ないようになっているのでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。 平行度、直角度ともに0.05です。平面度、直角度ともに機能上必要です。6Fのフライス加工のみでは平面度が出ないというのが製作側の意見です。 チャックや基準の関係で反対側も研磨するというのは分かったような気がします。 しかし、うちのように穴あけ後に研磨したのでは直角度が出ないというのは、確かにそうだと思います。穴との幾何公差を測定しながら研磨しているのか、専用の冶具みたいなものがあるのか。そういうものは世の中にあるのでしょうか。 個人的な意見としては、穴あけ工程で反ってしまうから、穴あけ後に研磨を行っているのだと思います。 一般的にはどうなのでしょうか。

  • 超硬研削加工について!

     超硬研削で側面のツバ(高さ5MM程度)の加工で寸法公差05μ ダイヤモンドホイ-ルの端面研削。寸法公差に入らなくなった場合のドレッシングの仕方を教えて下さい。現状、銅材・生材にて再研?しているが、超硬の端面研削の知識があまりありません。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

URLで記します。 両社共、設計等のお客様としてお世話になったり、設計した機械の部品加工でお世話になったりです。 URL上段は、工作機を作る工作機メーカー。

参考URL:
http://www.yasda.co.jp/highTech/highTech.htm http://www.ty-tec.co.jp/pc/business.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ジグボーラは職人さんが念入りにキサゲを行ない高精度に仕上げ た機械ですが、ユーザも機械に相応しい環境(強固な基礎と空調) において無茶な使い方をしないので、結果として高精度加工が 可能になっているのでしょう XY方向±0.01の加工精度であれば、同様の環境、使い方をすれば、 昨今のマシニングセンタでも十分に対応できると考えます 主軸の形状はツールホルダとの求心性に優れたHSK-A63で、廉価で ないタイプのマシニングセンタがお勧めです (好き好きがあるので、あえてメーカ名は出しません) 穴径が不明ですが、PCD(焼結ダイヤ)のインサート+精密ボーリ ングアーバを用いれば、加工径も仕上げ面あらさもそれなりの精度 と品位が安定して得られると思われます (理論面あらさ=f^2/8R の2~3倍程度) 下穴の加工も、アルミ加工用超硬ドリル+精密コレットチャックホルダ (或いは焼嵌めホルダ)を使うことで、仕上げ加工もより安定すると考えます 下穴も含めどのような工具を使用するかは加工屋さんのご判断となり ますが、ジグボーラ+リーマで加工可能と思われます 図面には必要な位置公差、径公差を記載し、加工屋さんが言われる通り 研磨記号は付けない、でよろしいのでは それにしても、ジグ研やジグボーラをお持ちとは、頼もしい加工屋さん ですね!

参考URL:
http://carbide.mmc.co.jp/technical_information/tec_turning_tools/tec_hsk-t/tec_turning_formula/tec_turning_formula

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 弊社の抱えもちの加工屋さんでやっているため、0.01の精度(少しでも超えてはだめ)を保証してほしいという観点にて今回の業者さんにお願いしたところ、わからない言葉が出てきたので質問しました。いつもは研削によって穴精度・公差を保証してもらっていたのですが、JBならそれよりも安くできるとのことだったので、しっかり調べてみたいと思いまして、まずこの機械がなんなのか?およびどのような用途で使用でき、JBの加工精度保障と図面側でどのように 記載してあげることがよいかということを悩んでいます。穴径についても記載したので厚かましいとは思いますが、アドバイス頂けると嬉しいです。 なお、加工物は治具となり、穴は位置決めピンである丸・ダイヤピンの位置決め穴となります。以上、よろしくお願いします。 何度も回答ありがとうございました。 いつも治具の精度ものになるとお願いしている会社なのですが、あまり実態をしらずに図面を書いていたのですが、今回打ち合わせに参加させて頂いたので、そのお話しをしっかり調べたかったのです。追記いただいたように研磨記号も治具ボーラーの記号であるBJもなしでRa6.3で必要XYの公差±0.01でH7にて記入しようと思います。 何度も回答頂いたのにベストアンサーにできず、申し訳ございません。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

普通は「治具ポーラー」「ジグポーラー」と呼称される機械です。 国内では 三井精機・安田工業 等々が有名 海外の輸入機では ムーア・ハウザー が有名ですね。 主軸の真直度・テーブルの位置決め精度が命の機械

参考URL:
http://ohthuka.co.jp/reason/point2/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり治具ボーラーの事なのでしょうか。 参考拝見しました。 やはりどこまでいってもボーリング加工のため、面相度だけは仕上られないもかもですね。Ra1.6は厳しいとおっしゃっていました。研磨でもないため、G記号も省いてほしいとのことだったのでこれかなと思います。

関連するQ&A

  • 生材の研磨加工は なぜ 難しいの?

    φ19でS15の材質の生材の研磨をしなければいけません。規格は0.8Zです。 使用する設備は円筒研磨機でセンターで支えて加工する予定です。 作業者に確認したところ{生はやりにくいぞー}とのことでした。 弊社は熱処理が入ったワークを主に加工している関係あまりこのようなタイプの加工は実績がありません。 《なぜなぜ 生材の研磨はやりにくいのですか》 そのメカニズムを わかりやすく教えてください。

  • 超硬の穴加工

    現在客先から超硬にφ0.10.2mm、深さ3mmの穴加工ができないか相談されています。 穴径の公差は5μm以下です。できれば仕上げは研磨かラップ仕上げを希望されています。 このような加工は可能でしょうか? ご回答よろしくお願いいたします。 http://www.jng.co.jp/

  • 電磁ステンレス鋼の精密加工

    皆さん こんばんは  タイトルのような材質の加工とNC旋盤の経験無いため教えてください。  外径約20ミリ、内径約17ミリ、長さ約30ミリで片側小径穴貫通の壁のある小部品ですが、壁のあるほうの外径公差が端面から約10ミリが0.01ミリ、内径(壁の反対側で同じく約10ミリ)0.01ミリ公差の量産部品の加工についての質問です。  この被削材と精度に対して品質を安定させることが出来そうなバイトの仕様とNC旋盤の仕様等を教えてください。  ※バイトについては仕上げの加工条件等あれば嬉しいです。  また公差が直径で10ミクロンという事は半径で5ミクロンとなりますので、バイトが取りついているタレットの位置決め精度も気になりますので分かる範囲で結構ですので教えて貰えますか。  注意する事があればその辺も宜しくお願いします。

  • 旋盤加工で横穴がある場合の内径高精度加工方法につ…

    旋盤加工で横穴がある場合の内径高精度加工方法について いつもお世話になっております。 SS材で外径φ35、全長27、内径φ11H7の貫通穴加工をしていますが 外周中央部にφ5の穴が1箇所あります。 内径を加工する際横穴付近でどうしても精度が不安定になり、突然小さくなったりします。 工程としましては1工程で内径をφ10.8のドリル→横穴→ボーリングバーにて内径バリ取り 2工程で内径仕上げです。 チップは京セラTPGH090202 PV720 条件は取りしろ0.1 速度100~80 送りは0.06 付近で調整してますが 400個中20個くらいは小さいのが出てしまいます。 何かアドバイス等ございましたらよろしくお願いいたします。 ご報告遅くなって申し訳ございません。 今回岩魚内様のアドバイスを採用させていただき、 以降穴径の不良が出ることなく加工できました。 ワーク全部には通用しないと思いますが、このような考え方もあるんだなと改めて感じました。 皆様有難うございました。

  • 穴加工治具について

    パイプの側面にボール盤にて穴加工する治具を製作しようと しているのですが、公差の厳しいものは外注作になっており 社内への取り込みをしたいので質問です。 穴位置をブッシュでガイドするのですが、通常大きい穴例えば φ12だったらφ4~6で下穴あけてから加工しますが、治具で加工 する場合、いきなりφ12でガイドしてあけるよりも下穴ガイドの 治具にし、φ12は下穴ガイドで加工したほうが径・位置てきにも 精度的にでやすいんでしょうか? ちなみに公差はφ12(+0.15、0)で芯ズレ±0.1ぐらいです。

  • 円筒研削盤で生のアルミ加工はほんとにできない…・?

    営業担当のmiwaです。この質問にだれか答えてください。 材質A6061で長さ70?のアルミ部品(φ10.9±0.003とφ9.0±0.003)の2箇所を研磨するんですが、少量の対応のため円筒研削盤をもちいて加工をしようとおもっていました。 ところが現場の職人さんに【生のアルミはけんまでけん!!】といわれ・・・ワークの条件は ?センター穴は機能上あけれない。 ?片側は面取りがあるので逆センターでうける。 ?もう片側はSR形状のため逆センターで受けるのはできない。 ?いずれも取り代は上記寸法より径で0.1と設定しました。 ほんとにアルミの生材の研磨はアルミが柔らかくで削れるからって研磨できないのでしょうか

  • A6061の穴加工

    A6061のΦ19バニシングドリルの切削条件を御教授下さい。現在、1400rpm 送り140 で加工していますが、精度が安定しません。 穴径が大きめに出ます。 公差は+0.02+0.05 切削距離 15mmです バニシングドリルの径はΦ19+0.020.03です。 宜しくお願いします。

  • 寸法公差の加工方法

    こちらのカテゴリーで正しいかわかりませんが、どうぞ宜しくお願いします。 現在、受注を受けている図面で、穴径が8ミリに対し公差がH7とF7といった異なる2種類のものがでてます。 それぞれの穴にその公差範囲も記載されていますが、弊社ではこれまでH7の穴径に対してはリーマー仕上げをしていました。 (私が過去の上司より教わったことです) これに対し、F7の公差で収めるにはどのような加工方法がベストなんでしょうか? 例えば、通常の指示なしの8ミリの穴であれば、8ミリのキリもしくは8ミリより小径のエンドミルを回して輪郭加工をしたりしています。 この場合、プログラムの際に8ミリの穴を公差範囲の大きさ(8.02とかの穴)にし、エンドミルでの加工で公差内に収めることは可能でしょうか? 初歩的な質問ですみませんが、こちらでしか聞くことができないのでどうぞご指導のほどお願いいたします。

  • 加工方法を探してます

    こんにちは,切削業30年以上やっていますが,下記のようなものは経験が無く 壁にぶち当たっています 材質=S45C 外径=8.00±0.005 真円度1.5µ 全長 82mm   内径四角3.26±0.04深さ15.5と12までØ4.7の穴その奥25まで同じ四角 両四角は位置ズレ10度以下 *外形,全長は問題無いのですが,四角の穴を加工するとふけれてどうしても上手く行きません,現在は片方四角をやって,研磨して片方四角その後投資研磨とかなり工程が(コスト)かかっています 宜しくお願いします

  • マグネシウム加工の面精度を上げるには?

    今までは、ADC12での穴あけ加工でしたが(φ3,6荒加工xφ4.0+0.004+0.004仕上げ加工、超硬バニシングドリル加工)同じツールでの加工ですと、穴径のばらつき及び加工面精度が良くありません。 適正なツールと切削条件、切削油など教えて下さい。