• 締切済み
  • 困ってます

寸法公差

図面上で端面から±0.01の公差でのリーマ加工があるのですが、3次元測定器で測り精度が出たと思い続けて行うと精度がばらばらになってしまいます。 やはりマシニングでのこの精度は無理でしょうか?また何かいい方法がありましたら宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

マシニングより精度が上なのは冶具ボーラ。そう称するのは三井精機、安田工業など。しかし今はメーカーの考え方次第でマシニングと称するものでも同等の精度が得られるものがあると思います。 いずれでもピッチ公差±0.01は温度対策が必要です。ウォームアップと外気温を見計るような消極策ではおそらく不充分。 それと回答(1)記述のようにピッチ精度と垂直精度にはボーリングも必須です。ボーリングでは 穴径/深さ の比を大きく出来ず2程度に止める変更を要する。 下穴ボーリング + 仕上げリーマー にすると穴径精度も得られやすいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

端面からのピッチだしは難しいですね。 機械異常だとすると使用機械が判りませんが縦型でY軸ばかりピッチでないのであれば、主軸の熱膨張にによる芯ズレかも。ズレ量がいつも同じならばバックラッシかタッチセンサーの曲がりかも 機械精度がでているすると。 一般的にリーマは下穴に習って入っていきますから下穴が曲がってあいてるとリーマも曲がります。下穴を真っ直ぐあけるためにリーマの前にエンドミルで下穴の垂直を出しますが。それでも端面ピッチ0.01は難しいです。 私のお薦めは リーマは止めてボーリングで加工する、ボーリングの垂直は機械が精度出ていれば最強ですが無人加工は難しいです リーマ通す前に仕上り寸法のー0.02(現状市販のエンドミルはー0.02位)のエンドミルで深さ5ミリ程度加工、リーマが穴に習うためまっすぐ加工できるが口元が少し穴が大きくなる傾向あります。 永くなりましたが・・・・がんばってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。 1度やってみたいと思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

もう少し判り易く記載してもらえませんか。 例えばリーマ加工は何Φ。加工長さは? マシニング加工、エンドミルで加工ですよね。 エンドミルは何Φ。 ±0.01は穴径の要求精度ですよね。 宜しく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

材質がSS材 25t×100×85の材料に100幅のY端面から14±0.01の公差で12H7のリーマ加工(25厚みに対しての貫通穴)です。

関連するQ&A

  • 寸法公差について

    すごく基本的な質問なんですが、 図面の寸法公差の入れ方(解釈)で、10±0.1と書いた場合と、 9.9 0~+0.2と書いた場合では、どちらも9.9~10.1になると思いますが、ある設計者が「±で書いた場合は呼び寸法の大小どちらにばらついてもOK、0~+0.2と書くのはマイナス側へずれたら致命的な時なので、0~+0.2と書いていれば+側を狙って加工するような注意が必要」と言っていました。 加工する方から考えれば、通常、機械の精度にも±の公差があると思いますので、公差範囲の真中を狙って加工するのではないかと思います。 この解釈は合っていますか? もしくは公差の入れ方について何か明確な決まりはあるでしょうか?

  • 寸法公差の加工方法

    こちらのカテゴリーで正しいかわかりませんが、どうぞ宜しくお願いします。 現在、受注を受けている図面で、穴径が8ミリに対し公差がH7とF7といった異なる2種類のものがでてます。 それぞれの穴にその公差範囲も記載されていますが、弊社ではこれまでH7の穴径に対してはリーマー仕上げをしていました。 (私が過去の上司より教わったことです) これに対し、F7の公差で収めるにはどのような加工方法がベストなんでしょうか? 例えば、通常の指示なしの8ミリの穴であれば、8ミリのキリもしくは8ミリより小径のエンドミルを回して輪郭加工をしたりしています。 この場合、プログラムの際に8ミリの穴を公差範囲の大きさ(8.02とかの穴)にし、エンドミルでの加工で公差内に収めることは可能でしょうか? 初歩的な質問ですみませんが、こちらでしか聞くことができないのでどうぞご指導のほどお願いいたします。

  • 公差について

    おはようございます。 自分はマシニングの加工者なんですが、 図面を見てて気になることがあったので質問させてください。 公差で、 6.5の+0.1、+0.2 という表記があるのですが、これは 6.6の0、+0.1 とは求めたいものは違うものなのでしょうか? 区切りのいい値から、公差を入れないといけなかったりするようなきまりがあったりするのでしょうか? お暇なときにでもアドバイスいただけるとうれしいです

  • 幾何公差、寸法公差について

    表題はどのように決めれば良いのでしょうか? だんだん分からなくなって来ました。 例えば穴ピッチ・・・マシニングを使えば±0.02は基本は加工公差は出せるのですよね?ならばあえて±0.05や±0.03とゆるくしなくても良いと考えていました。 基本どのように考えれば良いのですか?

  • 寸法公差の見方

    客先からの加工図面で、60±0.1となっていたものを、加工したあと、寸法測定すると、58.08でした。図面からいくと59.9~60.1の間に入らないといけないのでしょうが、図面に60±0.10とあるのとどう違うのでしょうか。 今回の加工は、不良と判定すべきでしょうか。

  • 長さの寸法公差について

    長さの寸法公差(削り加工寸法)について社内で一般公差(図面には公差を記入しない場合)として規定したいと思います。 長さの寸法公差についてJISB0401-2(3頁 基準寸法に対する公差等級の数値)B0405個々に公差の指示がない長さ寸法・・・に対する公差)があるようですがどちらを採用したらよいでしょうか?B0401-2ははめあい方式のみでしょうか?教えてください。

  • はめあい寸法公差

    ワイヤーカットで精度穴を開けるのですが 図面の指示にφ2EP(並級)とありました。 この穴の指示の公差は幾つでしょうか? 「SI単位化により、圧力スパンが変わったため、それに合わせて1.5級を1.6級と変更したものであり、精度はどちらも同じ(又は同等)」と思っていました。

  • キリと書かれた場合の寸法公差

    図面上3キリなどのように書かれている場合、JISの普通寸法公差の中級で小生は加工いたしておりましたが〔+-公差〕、客先よりそれは間違いであるとの指摘を受けました。 そしてドリル加工によるきり穴一般寸法許容差及び表面粗さの表をいただいたのですが、それによると鋼、鋳鉄、アルミニウム合金類が並級H14、精級H12とありました。この場合下が0で上が+0.25。また銅、黄銅類は下が-0.05上が+0.10となっておりました。 3リーマと書かれた場合、下側公差は0なのはわかりますが。 客先によると決して単に社内基準というわけでなくJISなどの規格からのものですとの事。どこにこの規格があるのかご存知の方ご教示願います。

  • 寸法の入れ方で迷っています

    四角いプレート t25x200x200  この中央にφ50穴 周りにリーマ2ヶ所、ボルトきり2ヶ所 設計上欲しい精度は、リーマからφ50穴の寸法公差のみです(下図) -----リーマ穴中心 ↑ 250±0.005 ↓ -----φ50H7穴中心 しかし加工者のことを考えると下図のようにワーク基準面から寸法を入れるべきか悩んでいます どちらが正しいでしょうか あとどんな加工機でも下のように基準面を固定して位置を決めて加工しますよね?この認識はあっていますでしょうか よろしくお願いします ------------------------加工基準面 ↑ ↑ │ 250±0.002 │ ↓ 500±0.003 ------------リーマ穴中心 │ ↑ │ (250±0.005) ↓ ↓ ------------------------φ50H7穴中心

  • 幾何公差の指定方法について

    下図の様なφ3(棒)の切断面を側面に対して直角にしたいと考えています。 (公差の指定は考えています) 端面の加工指示無しに、全長のみ寸法を記載したら、端面切断形状がをニッパでカットした様な潰れた形状(+若干斜め)になっており、寸法の取り方によっては、図面の公差に入っていない場合もありました。 図面に注記として 例)「切断後端面をヤスリがけし、直角にする事」等(曖昧な表現)を記載すればよいのかもしれませんが、幾何公差で指定出来ないものかと思い、質問しております。 幾何公差に関しては普段全く使わないので、本を読んでもいまいち分かりませんでした。  ___ ←端面が斜めになっている |   | |   |  |   | |   |