• 締切済み
  • すぐに回答を!

転造による直角度NGについて

いつも教えをいただき大変ありがとうございます。 首記の件ですが、現在M46のネジを転造加工しておりますが、製品の全長が11と短いため、加工中にストッパーからはなれてうねりが出てしまい、直角度0.15の指示をオーバーしていまいます。転造ダイスの回転をおとしてみたり、ストッパーへあたる箇所を変えてみたりしていますが、良品率が変わりません。何か対策はないものでしょうか?よろしくお願い致します。 ピッチは1.25で全ネジです。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数129
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

すごい加工ですねM46とありますがピンチはいくらでしょう? まさか並ネジなんて事はありませんね、形状的にもおそらくネジヌスミもあるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ウォーム の転造 または 歯面研磨

    試作にて ウォームの転造をと思っています。 加工先 ご存知の方お教えください。 また  試作にて ウォームの歯研をと思っています。 加工先 ご存知の方お教えください。 ウオームは m0.5 ピッチ円φ15 進み角3°49'21'' 歯幅13 φ8の軸付で 全長35程度です。 よろしくお願いいたします。

  • 転造ダイスによるピッチズレ?

    M8 P1.0のおネジ転造加工していますが、100.000個加工し、2~3個、 ネジ山がそろばんの様に、ピッチが無いものや、 ネジ山が、あまり立ってないような物も出来てしまいます。 原因が分からず、全数検査実施しており、困っています。 加工物は、有効ネジ長さ、15~20mm。 ネジ下径 Φ7.23~7.25 材質S20Cです。 アドバイス宜しくお願いします。

  • アルミ板材への転造タップのネジバカ

    初めて質問させて頂きます。 現在、アルミ(A5052 t=1~2mm)薄板への転造タップ(M1.4~M3 2級)で散発的なネジバカ(下孔が大きくネジが締めれない)が発生しています。 加工方法は高速タップを使用し、多軸で数十箇所を同時加工しています。加工時には加工油を針先端に毎度吹き付ける構造です。転造タップを立てる箇所はバーリング加工し、高さも問題ありません。またその下孔も異常はありません。 発生箇所は特定では無く、一定の箇所が連続し発生した後、良品に戻るというのをさまざまな箇所で繰り返して発生します。 原因は恐らく、転造時にタップ針にカス(焼きつくのかは不明)が巻きつき、 山の成形を阻害し、下孔が大きくなると推察しています。 対応としては針の種類を変える、油の塗布量を増やす、回転数を上げる、下げるなどの処置をしていますが、根本的な解決に至っていません。 この散発的に起こるカスの巻きつきを解決するにはどのような方法などありますでしょうか?(切削タップへは切り替えはできません) 転造タップの回転数は2000rpmでした。 (これが高速との呼称が正しいのかは不明です)

  • 小径のねじ切りについて

    直径2mmのステンレスシャフトに先端部分をM2X0.4で15mm切りたいです 現状は旋盤のチャックにシャフトを最小限で掴み、切削ダイスにて加工しています ただ、ネジが曲がってしまったり、ダイスの入り口がうまく入らなかったりと苦戦しております ハンドルを縦に回すのが安定しないのかもしれません やはり転造ダイスのほうがいいのでしょうか? 今のやり方が間違っているのであればアドバイスを頂きたいです よろしくお願いします 転造ダイス http://www.yamada-mt.co.jp/rolling/jbo_dice.html

  • PJ13のオネジ

    PJ13のオネジの加工をするのですがネットで調べても規格などが分からず、ネジ径やネジピッチ、ネジの角度などご存知の方、お教え願います。 またPJ13もネジ切りチップなどあるのでしょうか?

  • ウィットネジ規格

     ウィットネジ(雌ネジ)を放電で加工することになりまして、ネジの規格がわからず困っています。山の角度・ネジの径・ピッチなど規格をわかる方教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • NC旋盤ネジ加工時の主軸回転速度低下について

     8,000回転まで回せるNC旋盤でアルミ鋳造品(ADC12)にネジ(M50x1.5)加工を行っています(8回挽きで加工)。  ネジ加工時に主軸回転速度が低下し、最初800回転でネジ加工を試したところネジピッチが出ませんでした。  そこで回転速度を倍の1,600回転にしたところ主軸回転速度は低下しているもののネジピッチは出るようになったのですが、これでは加工精度の保障は出来ないのではないかと思っています。(現在は、2,400回転で加工しています。)  主軸モーター特性は30分定格出力(3.7kw)連続定格出力(2.2kw)、30分定格トルク(13.2N・m)連続定格トルク(8N・m)となっています。 このようなネジ加工時の主軸回転速度低下は通常起こるものなのでしょうか?  どなたか旋盤加工に詳しい方、アドバイス頂ければ幸いです。  

  • SUS403のネジ切り・タップ立てについて

    先日、初めてSUS403のネジ切りとタップ立てをやったのですが、ネジ切りはSUSなので使用したチップのカタログを参考に、周速70mで回転数を計算し(600RPM)、ネジを切ったのですがネジがビビってしまい、不良となりました。 品物の全長は180mmくらいで、ネジはM36のメートルネジです。 同じSUSでも、304だと周速55m~80mでもまったくビビることはなかったのですが、403はネジ加工が難しい材質なのでしょうか? その後、もう一度403でネジ切りをし、その時は周速を少し下げて55mで回転数を出しましたが(500RPM)、若干ビビりが発生しました。 更に質問になりますが、材質は同じSUS403で全長170mm前後で、直径が全長の半分くらいまでが80mmで、残り半分の直径が90mmの品物があり、90mm側の端面にM20のメネジ加工をするのですが、爪の深さが40mmほどしかなくてもメネジ加工は可能でしょうか? 無理そう(ビビりそう)なので、加工はマシニングのほうでお願いしたのですが、マシニングでタップ立てをしても、ネジが若干潰れたようになっていましたので、次からは旋盤でメネジ加工してくれと言われました。

  • 旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?…

    旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?ネジゲージでの確認はだめ? ネジは一般的に転造で造りますが、旋盤でも造れますよね。 当社は1品モノの製作をしていることから、たまに旋盤でネジを造る事があります。おねじを造る事もあればめねじを造る事もあります。 そこで質問なんですが、おねじ、めねじどちらでもいいのですが、 どちらか一方を造る場合、相手となるめねじ、またはおねじを貸して欲しいと言われます。 例えば、おねじを製作して欲しい場合、現場から相手となるめねじを貸して欲しいと言われるのです。理由は、出来たおねじをめねじに入れて上手く入るかどうか見るためだそうです。逆のパターンも同様です。めねじを製作依頼したときには、相手のおねじを貸して欲しいと言われます。 え?なんで?と疑問に思うのです。 別に相手がなくても、JISに基づいて製作すればねじは機能すると。 角度やピッチは決まっているからそれに沿ってやれば問題ないと。 等級は別にして。 私は転造ねじ、NCによるオネジ・メネジを大量生産している会社を見たことがあるんですが、どちらも1つ1つ相手とねじ込んで確認なんてしていませんでした。大量生産なんでそんなことしていられませんし、確認しなくても問題なく出来ていました。1時間に数個ランダムに取っての確認はありますが、それでも問題ないと思います。 汎用旋盤で加工する場合のみ、相手を貸して欲しいというのでしょうか? それは、加工者の腕によって出来栄えが違うからでしょうか? そうとしても、別に相手がなくても、ネジゲージを使って確認すれば 問題ないと思うのですが、なぜ相手を欲しがるのかわかりません。 ネジゲージを使って入れば問題無いと判断するのは違うのでしょうか? なぜ、旋盤で加工するネジは確認に相手を使うのでしょうか? ゲージがなんの為にあるのかわからなくなりませんか? どなたか教えてください。 宜しくお願いします。

  • オーバータップ

    いつもお世話になっております。 早速ですが、オーバータップは、名前の通り「めねじ」にオーバーサイズでねじを切るものですが、 「おねじ」への「オーバーダイス」という用語が探せませんでした。 JISでは溶融亜鉛めっきの場合における、おねじ・めねじへのオーバーサイズについて 記述はありますが、世間的にオーバータップが主流なのは、どのような理由によるものでしょうか? おねじの製造方法自体、転造やヘッダー加工が多いためかとも 思っていますが、推測の域から抜け出たくて、ここに質問させて頂きました。 ご教示の程、よろしくお願いします。 皆様、ご回答をありがとうございました。 大変理解を深めることが出来ました。