• ベストアンサー
  • 困ってます

(初心者)ガラスの研削について

切り取った後の凹凸のあるガラス側面を平面研削盤で加工しようと考えております。 ガラスを研削盤で加工する際に発生するキリコは、後々研削盤の加工精度の悪化に影響しないでしょうか?(カーボンのように摺動面を傷つけるように) 私の説明不足で大変申し訳ございませんが、スライドガラスのような薄板の側面をならすような加工を行いたいと思っております。 加工条件は湿式が必須というのが理解できました。有難うございます。 また、生産でなくプロの方々には大変失礼致しましたが勉強させていただきました。有難うございます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数470
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

一般的には、ロータリー研磨機を使用しますが、平研でも加工が可能です。 マグネットテーブルに鉄製の治具を載せてガラスを固定します。 砥石は、ノリタケ製が一番良い様です。 研削液の温度で貝殻割れが発生しますので、研削液の温度に注意が必要です。 (テストでは、40度程度に保つと良いようです。) 研削液は、鉄製でも使用可能ですが、できる事ならガラス専用の研削液を使用してください。 濾過装置は、スピクロン又は遠心分離機で、研削ゴミ(ガラス)を取り除きます 一般ガラスの場合は、スピクロンで光学ガラスの場合は、遠心分離機を使用した方が良いですね。 ガラスの傷については、研削液内部にガラスの粉が循環する事で傷が入りやすい事からです。 機械に対しての影響は、通常の加工方法で有れば問題有りませんが、研削液がスライド面に入ると機械のスライド面摩耗で精度が悪くなりますのでご注意下さい。 乾式加工は不可です。 研削の場合、砥石と加工物の接点は非常に高温となります。 加工取り代が多い程加工抵抗及び高温となり、ガラスの割れやカケが発生します。 ご質問には、平研と有りますので湿式で考えておりますが、下記の方々の御回答に乾式の話が有りましたので、念の為追記いたしました。 研磨機でレンズの様な加工まではできません。 研磨加工終了後にラップ盤で加工が必要となります。 参考まで。 鉄加工の会社ですか。 鉄加工の会社でも1枚程度のダイヤモンド砥石が有ると思いますので、他のガラスで条件を確認した後で加工に入る事をお勧めします。 ダイヤモンドが無い場合、GC砥石の荒目でも加工が可能です。 GC砥石の砥粒は、ダイヤモンドの次に硬い砥粒です。 しかし切り込み量が多いと、ガラスの割れが発生しますのでご注意下さい。 濾過装置のスピクロンは、比重の重い切削ゴミに有効な装置で処理能力は 5μのゴミを98%取り除く事が可能です。 5μ以下の小さいゴミを取り除く事も可能ですが、遠心分離機の能力と比較すると低下します。遠心分離機の処理能力は1μのゴミも回収可能です。 回収能力は、89%程度です。 ペーパー濾過紙の場合、5μの濾過紙を使用した場合直ぐに目詰まりして、巻き取り装置が稼働しますので、経済的に問題が有ります。 平面研磨機の切り込み量とロータリー研磨機の切り込み量を比較した場合 平面研磨機の方が切り込み量が少ない調整が可能の為、時間を掛けて加工する場合問題無いと思います。 研削抵抗は、切り込み量と砥石の切れによって異なりますが、金属加工で加工品に焼けが入る事がありますが、この場合砥石と加工品の接触面には、1トン前後の圧力が掛っています。 又この時の製品と砥石の接触面の温度は2000度と非常に高熱となる為、部品が焼ける現象が発生します。 ガラス加工を行う場合も同様な不具合が有りますのでご注意下さい。 ダイヤモンド砥石の注意 ダイヤモンド砥石の砥粒(ダイヤ)も摩耗します。 特にメタルダイヤの場合、ポンドが硬い為次の砥粒が出にくい事が有ります。 ダイヤモンド砥石を常に良好に保つ方法としては、砥石が切れないと感じた場合WA砥石の100番硬度L程度で目立てを行います。 ダイヤモンド砥石の場合、焼き物砥石のボンドと異なる事から目詰まりが発生しやすい為で目立てでゴミを取り除きます。 目立てを行っても余り変わりが無い場合は、砥石表面の砥粒(ダイヤ)が摩耗している為、切れない状態です。 この場合、鉄の生材をダイヤモンド砥石で削って下さい。 生材に砥粒(ダイヤ)が刺さり抜け落ちます。少々生材を削った後に目立てを行い加工する事で、購入時と同じ砥石の切れが確保できます。 以上 頑張ってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 加工条件は湿式が必須、研削液は専用のもので温度にも注意。 また、摺動部分に入らないようにする。 詳細にご教示くださり、有難うございます。 私の方の設備には無いのですが、濾過装置の使用の分類について勉強になりました。有難うございます。 ダイヤモンドホイールのメンテナンスまでお教えくださいまして有難うございます。 頑張ります。

関連するQ&A

  • ガラスの研削加工後の曇り取り

    ガラスを研削加工した後加工面が曇りますが、その曇りを取って透明にする手段、方法は何かありますでしょうか?普通の平面であれば#3000程のダイヤモンド砥石で研磨すれば問題無いのですが、段がある面や穴の内面となると手段方法が分かりません。御教授の程宜しくお願い致します。

  • 超硬の成型研削

    超硬の角ピン(□で1mmくらい)にRを加工したいと考えています。精度は±0.005mmくらいです。プロファイル研削盤では時間が非常にかかるため、平面研削盤(成形)で行いたいのですが砥石は何がいいのでしょうか?

  • SUS304の平面研削加工

    SUS304の板材(厚さ30mm×700×600)を平面研削盤で今度加工したいのですが、マグネットチャックでは引っ張る事が出来ません。 どなたか、いい方法知りませんか? 加工精度は平面度0.01&平行度0.01です。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ガラスを研削する場合、金属の研削の考え方ではなく、石材やセラミックの研削の考え方になります。 湿式は必須、研削液は水で、鏡面まで仕上げるとすれば最低でも砥石は4工程必要です。 また、粗研削の場合メタルボンドのダイヤモンド砥石を使わないと砥石の消耗ばかり激しくなり、ガラスの割れの原因になります。 サイズがわかりませんが、加工量が多ければ、石材の研磨機を探すことをお勧めします。 基本的に、回答でいう研削はロータリー研削で、場合によって鏡面にラップを考えていますので、どうしても平研でとなると他の回答者の方にお任せします。 砥石も思っているものがあるかどうかわかりません。 研削液ですが、冷却効果が特に重要ですので、水溶性で、ガラス表面に影響を与えなければ大丈夫かとは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 加工条件は湿式が必須、研削液は水、メタルボンドのダイヤモンド砥石を使用する。 私の勉強不足とは存じますが、1品もので金属加工工場なので水の代わりに水溶性研削液でも問題ございませんでしょうか? 追加の質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。 研削液について理解致しました。有難うございます。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

元々、砥石を使うように 設計・製作 された機械が「研削盤」 砥粒もガラスの切子も大きさは違っても同類 適切な研削液と処理装置(ペーパーフィルターなど)を使えば問題なし。 私には取付方法や加工条件の方が気がかりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 工作機械の考え方やペーパーフィルタの使用は大変明快な回答で、ありがたく思います。 アングル2枚の間にガラスをはさんで、その両側をボルトで締め付けて取付を行おうと思っています。また生産ではないので時間はかけられますので、切込みは小さく、送りは素ガラスで練習してみて決めたいと思います。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

砥石は兼用しなく、ガラスはガラスとして、清掃も充分にする。 石英ガラスは、ダイヤモンド系砥石使用となるので、当然専用砥石となると聞いています。 運用方法で、何とかなりませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 ダイヤモンド系砥石をお勧めくださり有難うございます。 運用方法について、摺動部分などは回答(1)の岩魚内様のカバーで覆う対策を講じたいと思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

止めた方が良い ガラスの切粉は始末におえない カーブジェネレーターの切粉処理はとても手間がかかった

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘、ご回答有難うございます。 また、カーブジェネレーターというレンズ研磨機も初めて知りました。 有難うございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

キリコが残った状態で再度砥石が擦れば、キリコの一部は溶けるでしょう。 但し石英ガラスのような高融点ではどうなるか・・・おそらく割れ欠けの原因 不具合は砥石の目詰まりと加工面荒れ。 なので乾式はリュータなどの微細な加工に限られ、研削盤と名が付けば湿式になります。鏡面を得るには研削液の清浄度も問題なはずだが、詳しくはないです。 付随的に乾式なら吸塵機必須。湿式はお目こぼし。 >後々研削盤の加工精度の悪化に影響しないでしょうか? 主題をおとしてました。 湿式なら大丈夫。金属の研削でもWA砥粒の粉が少し舞うから、ガラスも似たり寄ったり。舞い降りる粉は殆どカバーで防げる。砥粒硬さは石英ガラスと同程度。 乾式はダメ。カーボン(グラファイト)の切削では摺動面を厳重に覆いその中を負圧にする防止策でもってしても摩耗が早いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追記のご回答までいただき有難うございます。 加工条件は湿式で、カバーをする。 砥粒硬さやカーボンの具体的な防護方法は後学のためになります。 有難うございます。

関連するQ&A

  • アルミA6063材側面研削加工時の加工肌(黒斑点)

    はじめて投稿させていただきます。 現在アルミA6063材を水溶性の研削液にて平面研削加工と側面研削加工をしています。 平面研削加工ではあまり見られないのですが側面研削加工をしたアルミの肌が 全体的に黒っぽい斑点になります。 焼きつけなのかわかりませんがこの斑点は何でしょうか。加工上仕方ないものなのでしょうか。 アドバイスお願いいたします。

  • 平面研削盤(横軸)加工について

    会社で平面研削盤(横軸)を触っています。前任者が退社し、他の社員も詳しく知らないためこちらに投稿しました。 ?テーブルの回転数を上げれば、研削抵抗が上がる→加工効率の向上 しかし、遠心力により製品が浮き上がり平面は出ても、平行が出なくなる? ?テーブルの送り速度は、テーブル回転、ワークの周速(m/min)、研削量(1N)によって変わってくる?また、その値の求め方を教えてください。 よろしくお願いします。 非磁性材の薄い材質のものを加工する際、加工前後で製品とテーブルの間に研削液が入りこみます。加工後、製品は研削液の上に乗った状態になるのは面精度に影響でますか?

  • 板の片面の研削指示でも、実際は両面研削をする必要…

    板の片面の研削指示でも、実際は両面研削をする必要性が分かりません。 設計をしており、図面を描く立場におります。 研削工程の実際を知りたいと思っております。 100mmの板に穴があいている部品があり、その穴には段付の棒が入り、棒が突き当たった反対側にてナットで締めます。穴と棒はインローになっています。 機能上、ナットのある面はナット以外では使用せず、ナットの反対面の平面度と穴との精度がほしかったので、図面ではナット反対面の研磨指示と、研磨面と穴の直角度を指示しました。しかし、加工担当に聞くと実際は両面を研削しているようなのです。片側を研削するためには、反対側も研削しないとだめらしいのですが、よく理解できません。 ちなみに工程は、「?6Fの素材を購入?穴あけ?外注で研削」です。 すでに反対面はフライス削りがしてあるので、穴とナット反対面の直角度さえ 確保できれば、片面だけでの研削で十分だと思うのですが。実際の研削工程ではそういうことは出来ないようになっているのでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。 平行度、直角度ともに0.05です。平面度、直角度ともに機能上必要です。6Fのフライス加工のみでは平面度が出ないというのが製作側の意見です。 チャックや基準の関係で反対側も研磨するというのは分かったような気がします。 しかし、うちのように穴あけ後に研磨したのでは直角度が出ないというのは、確かにそうだと思います。穴との幾何公差を測定しながら研磨しているのか、専用の冶具みたいなものがあるのか。そういうものは世の中にあるのでしょうか。 個人的な意見としては、穴あけ工程で反ってしまうから、穴あけ後に研磨を行っているのだと思います。 一般的にはどうなのでしょうか。

  • 銅合金の研削方法について

    こんにちはyasutecと申します。研削に関しては理論的な知識も実務経験も無い初心者です。放電加工用にテルコ銅(銅にテルルが微量に合金されたもので、切削性や研削性が純銅に比べると良好で、放電性はあまり変わらないといわれているもの)を使っています。この材料を平面研削して材料の直角度と良好な表面粗さを得たいと考えています。が、材料メーカーは、GC系の砥石をお奨めしますとカタログ上に記しているだけで、砥石の番手、湿式か乾式か、といった条件的なものまで教えてくれていない為、この為に購入したGC80IV81という砥石は、目詰まりを起こしてしまいました。現場の経験者はポーラス系の(WA系)砥石にビーズワックスを塗りこんで目詰まりを防いで加工するのだと言っています。ただ、これは純銅の研削方法であり、このような手間をかけるのではテルコ銅をわざわざ使っている意味がありません。そこで皆さんの内のどなたか、この銅合金の研削の経験、もしくは知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら、なんでも結構です、是非教えていただきたいと思います。宜しくお願い致します。

  • 湿式平面型成形研磨機のテーブルやワークについた水…

    湿式平面型成形研磨機のテーブルやワークについた水の処理 湿式平面型成形研磨機のテーブルやワークについた水の取り除き方をご教授下さい  m(__)m 湿式の平面型成形研磨機で鉄材(ORVAR や SKD11)を研磨していますがワークのねらい寸法公差がミクロン台のため ワークについた水を完全に取らないと加工できません。 湿式なのでいちいち水がついてしまいます。  テーブルやワークについた水の処理に困っています 今まではエアを使って穴のあいているワークの中まで入り込んだ水まで飛ばしていましたが キリコが摺動面に入り込み 研磨機をダメにするので 止めようと思っています。 布で拭いていた時期もありましたが 布のホコリや汚れで作業性が悪くなり布が 沢山必要で あまり実用的ではないように想いました。 エアを使わずにやっている所も実際にあると聞きましたがどんな方法で水を取っているのでしょうか? 突出しピン用の穴のあいたワークや ポケット加工されたワークは どのように中の水を取っているのでしょうか 又それをするために必要な加工や治具があったらご教授願えませんでしょうか  Ex(テーブルに幅3ミリほどの浅い溝を掘る)など 困っています 是非ともご教授願えませんでしょうかどうかよろしくお願いします。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • 46番の砥石の限界は?

    日立の平面研削機でWA、GC砥石を使い鋳物から鉄S45Cを研削してます。 難しい品物がありまして、鉄で精度が0.005以下の平面度(0.003までが合格なんですが)が必要で・・・上手く平面度が出る時と駄目な時があります0.02とか。 そこで46番の砥石で加工する場合はどの位までが精度の限界でしょうか?  ワークは初めにすてびきしてからマグネットを弱くしてトラバースを使ってます。

  • 薄板の貼り付けと加工後の剥離

    材質SUS430サイズ150mm×150mmt1.0mmの薄板を170角t10mmの鉄系材料に貼り付け薄板に深さ精度±3ミクロンほどの微細なドット加工を行い精度に影響させないで剥がしたいと考えてます。 問題は接着方法で、板の間に接着剤などを入れると薄板の平面度に影響が出て加工精度が出ないと思います。ですのでたとえば1-2ミクロンの厚みで均一の固定材を板に塗布して接合し、加工後、たとえば熱をかけると剥離するというような接合方法をどなたかご存じないでしょうか?

  • レーザー変位計のガラス越しの計測

     XYテーブルの上に測定物を載せ、動かしながらレーザー変位計で測定物の形状を測定するのですが、測定物を過熱しながら測定するとき、できればふたをして、空気の対流を小さくし、測定物の温度を安定させたいのです。  そこでガラスのふた(培養なんかで使われてるシャーレの様な感じ)などでふたをして、ガラス越しにレーザー変位計で測定したいのですが、ガラスを間に入れることにより屈折、反射により計測が難しいかと思われますが、ガラスの平面度、ガラスとレーザー光との垂直度、ガラスのコーティングにより計測は可能なのでしょうか?  計測物はφ20mmの薄板。ふたの直径120mm、厚さ3~5mm。レーザー変位計の焦点距離30mm。欲しい測定値の精度は1/1000mmです。  何かいい対策等ありましたらよろしくお願いします。

  • 円の薄板の加工について

    閲覧いただきありがとうございます。 薄板の加工について質問です。 マシニングセンタの加工でT2 φ50のガラスの円盤の平面に段を付ける加工することになりこの時のワーク原点の取り方で悩んでいます。 普段は機械についてるタッチセンサーでXYZの3軸のワーク原点を取っているのですがセンサーの先端の大きさがφ6ぐらいの球状のものを使用しています。 センサーの球の直径よりワークの厚さが薄い場合はどのようにして原点出しをしたら良いでしょうか? 治具に貼り付ける方法で治具とワークの原点を一致させるなど方法がありましたら教えてください。 ±0.05未満の精度を求められております。