• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

焼きいれ前に残しておく仕上代

焼き入れ後HRC60程になるような材料で、 最終的に焼入れ後で、ブロックの角に指定したRをつける場合、 長方体のブロックのまま焼き入れして、そこから超硬ボールエンドミルで 角にRをつけようとすると、面沿い加工などにおいて 角の部分の切削量が大きくなりそこで負荷が大きくなってしまうと思います。 一般的には焼き入れに出す前にある程度の仕上代を残して焼きいれ後に 超硬のボールエンドで仕上げると、角部でも切削量が増大しないですむ と思いますが、この焼き入れに出す前にある程度形状を仕上げておく 場合の最終モデルに対する仕上代はだいたいどれくらい残して焼きいれを するのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数3
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

寸法不明ですが・・ 各社違いはあると思いますが、うちの場合0.15~0.25位残して 熱処理に出してます。 板厚が薄い、長尺の場合は反りも気になるので焼き入れ屋さんのレベルも 加味したほうがよいですかね。 聞いた話ですが全仕上げ後の熱処理で変形が殆ど出ない熱処理もあるようです。 角部のみならあまり関係ありませんが、熱処理時の材質の伸びも 考慮した方がよいかと・・  バイスの固定口金が原点ならさほどのズレはないと思いますが・・ うちの場合ですが、基本焼入れ後は研削盤にて6G加工後 マシニングなりワイヤー、放電の加工になります。 SKS3で焼き入れの伸びが4~6%・・? バイス可動側が原点なら伸びの分は基準がズレますよね、 焼きいれ後の研削加工無しなら、その点を考慮して加工基準を 決めたほうがよいですね。 無垢材の焼き入れ後の変形は経験がありませんが 肉ヌスミ等ある場合は中央部が凹んだり、脹らんだりの変形も でる可能性はあります。(うちの現状で0.02~0.03) 焼き入れ業者の腕次第  って側面もありますが・・ 伸びに関しては焼き入れで検索すれば資料あると思います。 (横着ですみません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

150 150 厚み50位のワークでしょうか。 >角部のみならあまり関係ありませんが、熱処理時の材質の伸びも >考慮した方がよいかと・・  伸びるという事は、焼入れ後のワークをバイスに固定し同じ原点で加工を するとき、 その伸び分原点が形状位置に対して焼きいれ前の時とずれるという ことになりますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

百聞は一見にしかず...でトライしてみるのが一番ですが、 例え角部を0.3mm残しぐらいででも予め加工しておけば、熱処理後 の仕上げは随分楽になるとの感覚です。 (HRC60はかなりキツイですが、それでも最近のエンドミルであれば 十分に対応可能) 掘り込みの無いブロック材の熱処理であれば、それほど大きな歪も 出ないと予想します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

焼き膨れが一般的であり、仕上げ代は今までの実績値で可と考えます。 URLから貴殿の仕様にマッチする内容をチョイスして、仕上げ代を決定してみて下さい。

参考URL:
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%A0%94%E7%A3%A8%E3%80%80%E4%BB%95%E4%B8%8A%E3%81%92%E4%BB%A3&search.x=1&fr=top_ga1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SS400の上面仕上げ

    SS400の上面仕上げを綺麗に仕上げたいのですが、すぐエンドミルの輪っこがついてしまい、全く綺麗になりません。今はφ6.0超硬4枚刃ピン角のエンドミルを使用していますが、SS400と言う材料は綺麗になるのでしょうか?? 工具、仕上げ代、条件を教えて下さい。

  • 超硬ボールエンドミルの荒加工、仕上げ加工

    こんにちは、今回始めて私の会社で超硬ボールエンドミルを使いまして荒加工、仕上げ加工をする事になりました。従来は時間の関係でラフィングボールエンドミルを使っていましたが、今回の仕事につきましては小径を使う個所が、多くある為に超硬ボールエンドミルを使いまして、荒加工、仕上げ加工を行う事になりました。 私の機械では最速が6000回転で、本来ですと10000回転ぐらい必要かと思いますが、できましたら6000回転以下からの条件で、切削条件を教えて頂けないでしょうか。 加工物は、深さが約30.0mm 、形状の段曲げ、それを45度曲げ(山形)、それを90度曲げ(2段曲げ)となっています。 使用エンドミルは日進工具MRB230深リブボールエンドミル(3R)を使用します。 (知りたい情報は) 荒加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ 回転数、送り速度 仕上げ加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ。 回転数、送り速度 その他の超硬ボールエンドミルの条件でも切削条件が御座いましたら、お願い申し上げます。 以上。アドバイスを宜しくお願い申し上げます。  

  • CBN工具

    焼入れ材(HRc58~60)の加工をCBN工具で行いたいのですがどこの工具がお勧めでしょうか? 工具サイズはR0.3~R1程度のボールエンドミルなのですが・・・

  • SKD11の硬度

    焼き入れ前のSKD11はどの程度の硬度があるでしょうか?超硬のエンドミルで普通に切削できますか?

  • エアーブローと水溶性切削液が使えない状態での超硬…

    エアーブローと水溶性切削液が使えない状態での超硬での加工 横17縦60ミリ深さ10ミリの溝加工をSKS3プレートに φ10のスクエアエンドミルで加工した後 この状態では角がR5なので、 そこを超硬φ5 刃長13のエンドミリで R部R5からR2.5に 角Rを小さくしたいのです。 マシニングセンターの最高回転数は3500で、 クーランドは油性 エアーブローは機械についていません。 最高回転数が3500なので、上限で使うと機械の負荷が強いと考えると 回転数3000位で使うのがいいのかと思うのが一点 回転数3000でもVは50位になると思います。 V30以上あれば、超硬で加工する範囲に入ってくると思いますが、 V30を超えてきた時の煙や発火の可能性はどのように考えるといいでしょうか?(油性クーラントを使った場合) 削る量が角部のRとりで、切削量がすくないから 煙や発火の可能性は 考えなくていいのでしょうか? 油性クーラントを使うのと エアーも油もなにもなしで加工するのと どちらの方がいいのでしょうか? ちなみに超硬を使う理由は単にφ5のエンドミルが超硬しかないからです。 よろしく御願いします。

  • アクリル3次元加工

    透明、もしくは半透明のアクリルをボールエンドミルで3次元加工することがあります。 簡単に説明すると、3cm角程度の5mm厚みのアクリルを3mm程度の浮き彫りにするのです。 キーホルダーやアクセサリーのブローチなんかを想像していただけたらよいと思います。 そんなに透明度は求めていないのですが、どうしても白っぽく濁ってしまいます。 最終的な手段として、機械加工の後バーナーで表面をあぶり、どうにかよしとしています。 最終仕上げのボールエンドミルはR0.5を使用しています。 仕上げ代は0.1、機械が15000rpm仕様なのでそれ以上回転をあげることはできません。 もしも、回転をあげればきれいに仕上げるようでしたら増速ユニットなども考えますが。 アクリルをきれいに切削できる刃物などあるのでしょうか、またほかによい方法があるのでしょうか。 寸法制度はまったくラフに考えてよいです。 よろしくお願いいたします。

  • CBNチップについて

    NC旋盤で、焼入れ材の加工をしています。 YXM-1~-5、SKH-51~-55などで、HRC63~65ぐらいです。 荒加工で超硬チップを使っていますがクーラント(水溶性切削液)を使ってい ます。 フライス加工ですが、超硬チップでの荒加工はエアーのほうが断然持ちが 良いと思うのですが、焼入れ材ではどうなのでしょうか? 仕上げのチップで、CBNを使っています。 こちらはクーラントかドライ加工どちらで加工すればよりよい仕上がり面に なりますでしょうか。あとCBNチップの持ちとかもアドバイスして いただければ助かります。 なにぶん素人ですので詳しい方にご教授願います。

  • 加工条件について

    はじめまして。nj960288です。 現在金型の切削彫り込みをしようと考えています。 しかし、今まで高速切削の経験がほとんどないため四苦八苦しています。 現在、φ1のロングボールエンドミルで深さ5mm、面積150mm×50mmの仕上げ加工を検討しています。(側面と底面)材質は調質鋼(HRC40)です。 切削条件、仕上げ取りしろ、工具等参考になるものどんなことでも良いので教えていただけませんか?

  • ダイRの加工

    プレス金型の 曲げ加工の 肩R やパンチRですが、 マシニングで加工するのが主流だと思いますが、 焼き入れ後の 超硬による 直ぼり  それとも ある程度 生の段階で 削ってから 焼き入れし  焼き入れ後の ワークをまた超硬で仕上げ どちらの方が  一般的というか 多いのでしょうか?

  • 焼入れ品の仕上げ加工について!!

    業務でおもに、機械加工を担当している者で、プレス金型の製作に、たずさわっています。 最近、SKD-11の総焼き後の加工が、増えてきており、仕上げ加工に時間が、かかり困ってます TiAlN系のコーテイングの超鋼2刃ボールを使用していますが2度がけ、3度がけしないと、取りきれません。 よい刃物(エンドミル)はないでしょうか?? また、加工条件等も参考にしたいので 同じような加工を、されてる方が、あればよろしくお願いします *(生の状態で0.5mm残しまで加工後、研磨にて  基準面の加工をおこなってます) 焼入れ高度は、HRC58-60です 加工種類は、形状加工(3D加工) 取り代(切り込み量)は、0.2mm-0.3mm 形状加工のピックは0.5mmでS6000のF3000前後で行ってます 使用機械は、オークマ製の門型です 説明が、乱雑で、わかりにくいかも、しれませんが、よろしくお願いします