• 締切済み
  • 困ってます

転造部分のメッキ膜厚測定方法について

ネジ部分のメッキについて、ネジ部分にはメッキが乗りやすい事は理解しておりますが、膜厚の測定方法は無いか、あるとすればどのような方法で測定するのか教えて下さい。 材質はSS400でメッキはダブルニッケルクロム20ミクロンです。 ネジはM10P1.25です。 宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数377
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

半分に切って 顕微鏡にて目測

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

無理じゃないですかね? 現状、ねじ部分の膜厚が数値として求められる要求自体、聞いた事が有りません。 蛍光X線はばっちり数値が出ますが平面が必要。 通常ボルトや小ねじ等は平面部の多い頭部で計測する事をSPEC規定に盛り込んでます。ねじゲージを数種使って(作って)やっても予測値の範囲でしょうし破壊式は論外・・・ 前述しました様に、何の為の膜厚管理?ってその必要性で全メッキメーカーが動いてると思いますよ。 全体的な製造物において締結ファスナーのコスト比率はその重要性を加味せず断然低い!その中で要求外の事に費用を使っても・・・っと普通考えるでしょう。 あくまでも参考予備知識としてもしねじ山部にピンポイントで照射して膜厚測定が可能な装置が自分の知らない間に開発されていたら自分も知りたいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 現状では膜厚を測定する方法は無いと判断して宜しいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 無電解ニッケルメッキの膜厚測定

    半導体素子に無電解ニッケルメッキを行っているのですが、膜厚測定の方法に困っています。  膜厚は5μmを狙っているのですが、今のところ素子を割って膜厚を測定する方法しか思いつきません。何か良い方法はないでしょうか?よろしくお願いします。               

  • メッキ厚の測定について

    はじめまして。メッキ厚の測定に関しての質問です。 黄銅(物はクリップのような物)にニッケルメッキ(電解メッキ)をするのですが、メッキ厚を6μ前後にするように客先から言われております。しかし、中国で生産していることもあり、膜厚測定器などが無いとのことで、測定ができない状況です。 X線膜厚測定器などの設備投資ができない状況なのですが、もし他の測定方法がありましたらアドバイスをお願いします。

  • メッキの膜厚について

    SS400Φ25の丸棒に電気亜鉛メッキ2種3級(有色クロメート)をしております。両端部にベアリングを圧入するため交差を規定して仕上げているのですがメッキ後、寸法が外れてしまいます。 電気鍍金も材質によって膜厚が変わってきたりするのでしょうか。メッキ膜厚指定は出来るものなのでしょうか。

  • 無電解ニッケルメッキの膜厚

    いつも拝読させていただいております。 質問です。 φ10h7 0~-0.015の外径に対して無電解ニッケルメッキの場合、膜厚はどれぐらいがベストでしょうか? 材質はS45C-Dです。 全長は9.5mm、うち4.5mmが外径φ10h7の部分です。残りは外径φ12の一般公差です。 φ12のセンターからφ5.5の内径穴が全長9.5mmあります。 無電解ニッケルメッキを使用する部品は経験がありません。 ご教示お願いします。

  • 銅合金の母材に銅メッキ厚をしたメッキ厚の測定方法…

    銅合金の母材に銅メッキ厚をしたメッキ厚の測定方法について 初めて投稿します。よろしくお願いします。 銅合金の母材に銅のメッキをし、その上に錫メッキを行った材料を使っています。 この材料の銅メッキのメッキ厚を調べたいと思っています。 メッキ業者からX線膜厚測定器では、母材の分まで測定してしまうため測定が、 できないといわれてしまいました。 他の母材を使用して、メッキ厚を測定しようとも思いましたが、 業者からはかなりの量を請求していただけるなら作りますと言われて、 それは経費がかかり過ぎるので断念しました。 また、断面測定も試みようとも思っておりますが、 もし、他の測定方法があるのでしたらアドバイスをお願いします。

  • 無電解ニッケルメッキの膜厚管理

     無電解ニッケルメッキの膜厚管理はどのように行うのでしょう。膜厚を決める要素(時間などでしょうか?)と最終的に指定膜厚の公差内に入っているか?のチェック方法について教えてください。  今まではめ合い部など公差の必要な箇所はメッキを避けていたのですが、膜厚精度も良く均一につく事を最近知り従来品のコストダウンに使いたいと考えています。  心配なのは、機械加工ならばゲージやマイクロなどでチェックすると思いますが、メッキ屋さんがメッキをのせたあと公差指定部の測定チェックや膜厚チェックをしているのか?です。  たとえば膜厚の決める要素が時間ならば、うっかり時間オーバしてそのまま未チェックで納品などが考えられます。一般的に最終精度をメッキ精度に依存することは良くすることなのか?です。(関係業務の方、失礼な話ですみません)  社内提案するにあたり、「最終精度をメッキ精度に依存しても問題有りません」との根拠を自分なりに掴んでおきたいと考えています。  精度を出す箇所のメッキは、厚めにメッキをつけて研磨との社内認識があるため自分なりに勉強してみようと考え質問することとしました。  精密なメッキ作業をされている方には大変失礼な質問で申し訳ありませんがアドバイスをお願いいたします。

  • 表面処理膜厚測定方法について

    簡単に出来る膜厚測定方法、測定器の種類を教えて下さい。対象はニッケルクロームめっき、カチオン電着塗装などです。

  • メッキ膜厚測定方法

    φ2040程のワッシャ-形状の部品(t=2)に亜鉛メッキを外注で施し、客先に納入しているのですが、客先から外周側壁のメッキ厚を管理して欲しいと言われ困っています。通常、メッキ品はメッキ屋さんに蛍光X線での測定をお願いしているのですが、この部品を納めている客先は蛍光X線を信用しておらず、部品を樹脂に埋め込み、断面を観察測定して欲しいと言うのです。実際のやってみたのですが、うまく研磨できた(ように見える)ものや、バリがでているようではっきりみえないもの等があり、均一に仕上げることがなかなかできません。客先の言う通り、「断面を実際に観察するのが一番信頼できる」という理屈は解るのですが、その前に観察するもの自体を信頼性のあるものに仕上げることが至難の技だと思うのですが・・ 蛍光X線と断面観察の測定結果に整合性がとれなければ、断面観察でメッキ厚を量産管理することになります。それはなんとか避けたいのですが、断面研磨、観察測定行った結果は、蛍光X線ととても整合性がとれているとはいえないものでした。蛍光X線がどれほど信頼性のあるものか知らないのですが、なんとか蛍光X線で管理させてもらえる様、話を進める方法はないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 膜厚の測定方法

    ポリマーゲルの膜厚を測定したいのですが、 どのような測定方法があるのでしょうか? また、最適な測定方法が知りたいです。

  • 無電解ニッケルメッキの皮膜厚について教えて下さい

    こんにちわ。無電解ニッケルメッキには、膜厚があるのでしょうか。又漬ける時間によって厚く付いたり薄く付いたりするものなのでしょうか。寸法精度が厳しい部品は、メッキをお願いする時には膜厚を指定してもいいのでしょうか。一般的には何ミクロン位なのでしょうか。お解りの方教えて下さい。