• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:φ12H8のリーマ加工)

φ12H8のリーマ加工に関する質問

このQ&Aのポイント
  • 材料SS400、t=12にφ12H8の加工について質問です。
  • 下孔ドリル径、リーマサイズ(製作依頼予定)、リーマの加工速度などについて教示してください。
  • NC機械を所持しています。

みんなの回答

noname#230359
noname#230359
回答No.6

>孔径は公差の上限値、仕上げは△3個の場合の 下孔ドリル径、リーマサイズ(製作依頼予定)、リーマの加工速度等の教示お願いします。 バニシング効果の高い日研さんのブローチリーマが適していると思います。 条件等は参考URLにありますが、リーマサイズは12.025~12.02位がいいと思います。 ※特注で作らなくても0.01とびもあるようですから呼び径で12.01 とか選択出来ると思いますが・・・。

参考URL:
http://www.nikken-kosakusho.co.jp/catalogue_pdf/Reamer_1659_035.pdf
noname#230358
質問者

お礼

回答有難うございました。 ご指摘内容に順じトライしてみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.5

現実的な対処方法として まず、穴あけのドリルは 回答 4)の三枚刃のドリルか東芝のギガドリル リーマは使わずスギノの「ローラーバニシング」 ダイジェットの超硬ロウ付けでφ11.75をあけて 日研のスキルカットで仕上るのも可能だが安定性に不安もある 条件は各カタログ通りの条件からスタート 余談ですが >孔径は公差の上限値・・・ よくある話だが これを守るならH8の公差では無い G7かF6 の公差を入れるべき 何の為の嵌め合い公差か だまし討ちみたいな図面公差は改められるべきと思う。

参考URL:
http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/pdf/drill%20manual.pdf http://www.dijet.co.jp/catalog/pdf/milling/05.pdf http://w
noname#230358
質問者

お礼

回答有難うございました。 公差の上限については、加工後熱処理します。 φ12全周ではないですが、部分的(方向性はあります)に収縮するようです。この対応のための上限値です。 熱処理後の寸法変化対応、今回で3アイテム目です。 過去2アイテムはSK5、今回はSS400で厄介な製品です。 熱処理記載の製品仕様は要注意です。 今後も宜しくお願いします。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.4

宣伝のためのチャンピオンデータとして割引いても・・・大昔6年前の技報 S50C、φ10     精度    面粗さRy        ドリル     +0.004~0.014  8.767 +リーマ仕上げ 3枚刃ドリル  +0.009~0.015  2.380   加工能率6倍以上!! イキナリ 目標と言うべきか・・・  SS400は面粗さ少し悪くなるかも

参考URL:
http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/tec/pdf/03a1.pdf
noname#230358
質問者

お礼

回答有難うございました。 参考記載ドリルについて検討します。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.3

初心者でしたら下記出版社の本がお勧めです。 全くの素人でもわかり易く書いてあります。 このうち 「切削工具のカンドコロ」 「穴あけ中ぐりのポイント」 にドリル・リーマの話が載っています。 私もずいぶんお世話になった本です。 理論は程々にやはり自分の手で経験することが大事だと思います。 最近は汎用機の経験のないNCオペレータが増えていますが 特に大手の工場は・・ (私も昔その一人でしたが・・) 汎用機での感覚を知っていると知らないとでは雲泥の差です。 百聞は一見にしかずです。がんばってください。 生材ならうちでは下穴11.8~11.9くらいであけます。 加工経験のない材料などは今でもまず汎用機で 手の感触を見ながら条件出ししてます。 回答1さんの話は同じ会社同士だから言える話です。 うちにもそういう方は居ますが客商売でこれを言ったら 二度と仕事は来ません。 ▽▽▽ということですが、リーマ肌で良いのでしょうか? 少しのスジや傷もNGでしたら加工法も変えないといけません。 回答(1)さんへ 気を悪くされたのでしたら失礼いたしました。 ▽記号は個人差があり誰が加工するかで相当品質が違います。 私は設計も機械加工もどちらもやるのですが 加工屋というのは品質を常に見られて評価されています。 (逆に設計者は加工屋の腕前を常に見て評価しています) ▽▽と書かれていても▽▽▽に近いくらいで仕上げて見せるのが 日本の加工屋の気質だと思っています。 (1品ものと量産では当然考え方は違いますが) うちの会社でも設計職場・加工現場がありますが 近年は「社内同士だから許してよ」という風土が会社全体の 加工技術のスキル低下につながっており危機感を感じている ところであえて反対意見を言わせていただきました。 ご容赦ください。

参考URL:
http://www.taigashuppan.co.jp/ginoubucks.htm
noname#230358
質問者

お礼

丁寧な回答有難うございました。 参考書については早速購入します。 このような書籍の存在を紹介いただき助かります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.2

質問者も質問者なら回答者も回答者 ▽▽▽が必要なのに▽▽でいいか聞けとは まったく…いうまい 加工条件がわからないので、教えてくださいは、加工者として失格です とりあえず、刃物のカタログの巻末は加工者なら熟読してください ミスミのツールのカタログについてる小冊子など結構バイブルになります 満遍なく書いてあるから(もちろん、宣伝半分ですが) リーマーの加工条件は結局やってみないとわかりません 特に切削油との関係は非常にウェイトが高く トラブルのファクターになります http://www.nc-net.or.jp/mori_log/detail.php?id=29325 ちなみに▽▽▽はリーマで可能です ボーリングバーのほうが荒さコントロールは簡単だけど Φ12だと厳しい 加工条件の考え方 周速は、メーカの指針を優先させる (ただし、機械によって頭打ちになったり メーカ推奨値でまわすと、刃物触れるとか) 削ってみる 出来れば手感が伝わってくるフライスなど 軽く力かけるぐらいで加工が出来る状態が一番ベスト NCなので手感が感じられない場合音で判別するしかないが 単に音だけ聞いてもまったくのどシロートだとわからないので NCやるには必ず、フライスや手旋盤を使える人でないと無理 まあ、普通1刃あたりの切込みが0.1から0.2mmていどで設計されている場合が多い 結局は感覚で削るっているが、まったくの山勘ではなく 回転数 送り 切削水 は密接に絡んでいる

noname#230358
質問者

お礼

回答有難うございました。 ご指摘内容に準じてトライしてみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.1

加工屋でなく、設計屋です。 小生の場合、φ12H8穴リーマ指示加工の場合は、▽▽とします。 昔(30年程前)、▽▽▽にすると、リーマが使用できないと、加工現場のボスに 呼び出され怒られた事がありました。 本当は、できない事は無いけど、新しい工具を使用しないと駄目だし、▽▽▽仕上げ可能な 工具寿命は短くなるし、工具を別に管理しないと駄目だし、でコスト高になりやっては いけない設計と言われました。 φ12H8穴▽▽▽仕上げがしたいなら、リーマと描かない事と、強く怒られました。 (戦争体験者の怖いボスで、状況をみて工具は此方で選択するからと。) ですから、設計に▽▽で良いか、確認してみて下さい。 最近の特に若い方は、回答内容で * 誤りを見つけると、鬼の首を取ったような記述をしたり  (小生はその方が同様の内容で回答していても、…が理由で参考にならないと記述します) * 決めつけでの内容に関して、ガサツな言葉で記述したり  (小生はアドバイスでの投稿で、アドバイスをしているだけです) さて、“設計に▽▽で良いか、確認してみて下さい”は、 ◇ 同じ会社なら、質問者がそのまま確認するのも可でしょうが、一応上長にはその主旨   の内容を伝え了承をもらってからの確認が一般常識でしょう。 ◇ お客様であれば、上長と営業にその主旨の内容を伝え、コストダウンに協力している   過程での提案なんですがと断りを入れて営業より確認してもらうが一般常識でしょう。 が、そこまで記述しなくても、一般常識まで記述すると質問者に失礼なので、記述して ませんが、何か問題が発生しますか? ▽▽▽がどうしても必要であれば、リーマに拘らないか、リーマ+ハンド処理(修正)、 等々でもφ12H8公差内で▽▽▽を満足させれば良いので、選択幅や考え方が変わります。 その事が重要と思います。(簡単にリーマで条件クリアできるのが、一番良い方法ですが)

noname#230358
質問者

お礼

詳細な回答有難うございました。 回答に基づきトライしてみます。 今後も宜しくお願いします。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • マシニングセンタでのリーマ加工

    私はCAD/CAMにてマシニング用プログラムデータを作成しているのですが、リーマ加工の条件がいまいち分かりません。 現在日研のハイスのスキルリーマもしくは、日研のブローチリーマを使っております。どんな穴径のリーマでも工程は小さ目のドリル→仕上げ径より0.3小さなエンドミル→リーマと言う工程です。条件などあればご指導頂けないでしょうか? 材質はSS、S50C、アルミ、SUS、特殊鋼などです。 だいたい使う径は4、6、8、10、12、16後はボーリング加工で行っております。何か良い知恵をお願いします。

  • リーマ加工孔縮小について

    FC200(中国製なので怪しい)を横型マシニングセンタで加工しています。 加工後孔径検査をすると、ほぼ全ての孔で縮小していました。 ゲージでの検査どころか対品(孔径-0.02ミリ)すら挿入できない状態です。 加工孔径はΦ3,4,6,8,10,12,15,17,19。 加工工具は超硬Vロー付の先ムクリーマ(これも中国製)。 右刃・左ネジレ、ネジレ角10°、刃数は径の小さな物は4、大きくなるにつれて6,8と増やしています。 下孔はΦ3~10までは仕上り径-0.5?のドリル加工後仕上り径-0.3ミリの ザグリカッター(スロッチングカッター)を入れています。 Φ12~19までは仕上り径-1?のドリル加工後仕上り径-0.5ミリのザグリカッターを入れています。 Φ12以上のリーマについては先端に仕上り径-0.25ミリの刃を付けています。 加工条件はどれも周速60m、送りは周速x0.2~0.3を基準としており、 水溶性切削油をかけながらの加工です。 鋳物が悪いのか、工具が悪いのか、加工条件が悪いのかと色々試行錯誤を繰り返していますが 一向に良くなる気配がありません。 皆様の経験から何かアドバイスを頂ければと思い書込みしました。 よろしくお願いします。 皆様、色々とアドバイスありがとうございます。 先日中国ローカルメーカーにてバニシングリーマを試作し、完成しました。 Φ17+0.015です。 約100孔を加工しましたが、今の所問題ありません。 対品挿入はもちろんの事、H7ゲージでの検査でも全品合格しております。 FC200のロットも同じものです。 工具寿命が目標値を達成出来るかどうかはまだ分かりませんが このままで、もうしばらく様子を見ます。 何か変化がありましたら追記いたしますので、締め切るのはもう少し待ちたいと思います。

  • Ф2H7をリーマで加工したいのですが

    機械加工を始めて4ヶ月位なんですが いつもこのサイトを見て日々勉強させて頂いてます。 Ф2のH7の穴をリーマで加工したいと思うのですが、 アルミ(A5056)の材質に深さ13mm加工するつもりなのですが、 Ф2のH7は(+0.01 -0.00)の公差だと思うのですが 2.000のリーマを使って(FPゴールドリーマという商品名のリーマを使ってます。) 下穴は1.95のドリルで先に加工して 回転S2300 送りF20 で加工してみたのですが、 Ф2H7ゲージの止まりまで入ってしまって加工がうまくいきません。 色々な条件を試し削りしたいのですが、 在庫に余裕がなく失敗出来ない為、こういう場合の対処法を教えて頂きたいと思い投稿させていただきました。 私自身の考えでは2.000のリーマを使って2.01の止まりゲージが入って しまうという事は穴がリーマより大きくなってると言う事なので ブレて大きくなってると思うのですが、 かなり送りの方は条件を落として加工してるつもりなのですが、 何か良い対処法があれば是非教えて頂けたら幸いです。 読みづらい文章になってしまって 申し訳ありませんが、なにとぞよろしくお願いします。

  • リーマー径の選定は?

    はめあい公差の穴加工径に対する、リーマー工具径の選定を教えてください。 穴径、公差、材質、厚さによって様々だとは思いますが、 何か基準をお持ちでしたら経験談などを交えてご教示ください。 たとえばSS400t12mm、φ10H7(0~+0.015)の穴加工なら いくつの工具径でいくつを目指しますか? 弊社は大阪北摂地域にありまして、リーマー工具は京都のFPツールを 使っています。(FPツールを使ってる理由は工具屋の薦めだったから) メーカー曰く、 「機械上での工具の振れをゼロと仮定して、  リーマー工具(工具の径公差0~+0.005)の種類にもよるが、  SSはゼロ~プラスめ傾向、SUSはゼロ~マイナスめ傾向」 とのこと。 穴加工ってあけてみないと実際の直径ってわからいないですよね? ということは加工後にまたそれに見合う径の工具を買うのでしょうか? また、同じ径でもH6用、H8用と分けて使ったりする必要があるのでしょうか? 実は弊社現状ではφ15以下は穴径を測る測定器がなく、リーマー頼みで加工しています。 今のところクレームは出ていませんが、今後工具の摩耗等もでてくると思うので、何らかの計測器は考えているのですがいかんせんこのご時世なので検討段階で止まっております・・・。

  • φ8のリーマ加工

    こんにちわ。SKD11焼入れ後φ8のリーマで仕上げをしようとしたら、途中で折れてしまいました。リーマは岡崎の超硬(ノンコート)、穴は貫通で加工の長さは8ミリ、固定サイクルG81で300RPM、送り30ミリ/min、下穴φ7.9、ドライカット、材料の硬度はHRC56、このような条件で加工したのですが、7ミリぐらいのところで折れました。折れずにできるのでしょうか?リーマ加工は無理なのでしょうか?リーマが折れてなくなったので、エンドミルで回ったのですが、できればリーマで加工したいです。よろしくお願いします。

  • 内径加工

    シチズンNC自動機を担当しております。端面から5mmまでφ6.4+0.1の内径があり、その径からφ4.45+0.02まで60°のテーパーがありそのまま13.4mmまでこの公差で加工し、φ3.7+0.02まで60°のテーパー後、垂直の壁がありφ2.3の穴が16mmまであります。このφ3.7+0.02はテーパーと垂直の壁との接点の為、検査不可能だと思います。(φ2.3の穴はきり穴でOKです。)13.4mmも±0.02の公差があります。材質はSUS303です。 現在、φ6.1とφ4.1とφ2.3のドリルで粗どり後、φ3.6エンドミルで13.3mmまで加工(ドリルのかた削り)。そして三菱のステッキツイン最大加工径φ4.0(VP15TFのブレーカー付)で仕上げしろ0.05残し加工。φ4.45+0.02部分のみゼロカットしています。(奥の壁も同じく)そして同じく三菱のステッキツイン最大加工径φ2.0(VP15TFのブレーカー付)で仕上げております。仕上げもφ4.45+0.02部分のみゼロカットしています。粗、仕上げともに40mm/minで送りは0.05で、ゼロカットは回転同じで送りを0.1でしています。 加工個数は3500個で加工し現在500個ほど加工しました。φ4.45+0.02部分を500個全数検査してみると15個ほど12~3mmくらいのところでφ4.45ピンゲージが止まってしまいました。 上司の指示を仰ぐと、それくらいならしかたないだろうとの意見でしたが、技術の森の諸先輩方のご意見はいかがなものでしょうか? ちなみに最初はゼロカットなしで500個近く加工して、30個ほど通りが硬いものと止まりが覗くのがでてきました。ゼロカットをしてから上記のとおり通りが硬いものだけになりました。 なおリーマーの使用も考えましたが、今回はツールがいっぱいなうえに以前同じような加工をした際、リーマーを使ってかなりばらつきがでました。(超硬リーマー) よろしくご指導願います。

  • リーマ下穴加工の切削条件

    リーマ加工をする際に、最終値よりΦ0.2ほど小さいHSSエンドミルで加工した後にリーマを通すのですが、このときのエンドミルの切削条件ってどう設定していますか?自分はHSSドリルの8割の条件で加工していますがうまくいかないことが時々あります。意見を伺いたいです。 加工手順はΦ8.0を例にすると、Φ3.0センタードリル・Φ7.0HSSドリル・Φ7.8HSSエンドミル・Φ8.0HSSリーマです。 すみません。大切なところが抜けていました。 エンドミルを使う理由は位置精度の為です。穴間ピッチが3000?でも交差が±0.05?の加工するため、穴位置の矯正のためにエンドミルを使っています。ドリルのみだと0.1?ぐらいずれた事があるようなので。 まず加工条件ですが、ドリルでΦ8を例にすると鉄でS800、F130、切り込み2.0?で加工をしています(およそ0.1?/rev、20.0m/min)。エンドミルはS650、F120、切り込み2.0?です。SS400板厚30.0?、深さ20.0?止まり穴です。 不具合の内容ですが、鉄でもアルミでもエンドミルが擦れてしまい食い込みが出来、リーマを通すと径が0.02?ぐらい大きくなってしまうことがあります。また、回転を落とすと今度は削れずに抉ってしまいました。

  • アルミリーマ加工

    アルミ鋳物のφ8以下のリーマ加工で困っています。特にφ4G7(+0.005から+0.020)の精度が出ません。(径が小さくなる) φ4G7の加工工程は-0.5のドリル→-0.2のエンドミル→4.01リーマです。 リーマは超硬のストレートであんない無し(先端にC2有り)を使用しており、切削油は水溶性です。加工条件はS900 F150ほどです。 以前はハイスのリーマを使って精度が安定しない為、超硬リーマを試みたんですがやはりうまくいきません。 振れは先端で0.01、口元0.005です。 4.02のリーマも試みたんですが、大きくなってしまいます。後は加工条件が悪いのでしょうか? どうか宜しくお願いします。 http://www.gld.mmtr.or.jp/~tkyk/

  • 旋盤でバニシングリーマー加工

    いつもお世話になっています。アルミダイキャストにΦ12公差が+10+30μ深さが50mmのリーマー加工をNC旋盤で加工することを考えています。バニシングで一発で仕上げようと思っているのですが、今まで旋盤ではリーマー加工をしたことがありません。芯だしをしっかりやらないと寸法が出ないのかな?どのくらいの条件で加工するのかな?工程を分けてマシニングで加工しようかな?どなたか今までに経験のある方アドバイスをお願いします。

  • CNC旋盤のリーマ加工

    お世話になってます CNC旋盤でリーマ加工したのですが、完成したワークにピンゲージを入れると抜け側がキツく少し力を入れないと通りません 材料は真鍮 リーマはφ3.01、加工深さは18.5 下穴ドリルはφ2.8、加工深さは19.7 G01で加工しています アドバイスお願いします

このQ&Aのポイント
  • 小4女子が絵を描くことが趣味で、タイピングも得意。お父さんにパソコンを買ってもらい、動画編集に興味があると相談した。
  • お父さんが急に私がタイピングしている所を動画にしてYouTubeに投稿しようと言い出し、さらには兄のモノマネも載せると言っている。
  • お父さんは儲かると言い訳しており、家族も応援しているが、私はお父さんから離れたいと思っている。
回答を見る