• 締切済み
  • すぐに回答を!

PCBNリーマ/ドリル

CBN焼結体のリーマやドリルは、メーカーカタログなどでも見かけませんが、何故なのでしょうか。インサートやエンドミルの切削では見かけますが。 製造コスト?、ワークとの相性?、良く分からないので、どなたかお教え願えませんか。 加工は鋳鉄の穴仕上げをマシニングで検討しております。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

私個人の意見ですが、 チルド鋳鉄などで高硬度のものは、荒ではセラミックチップを用いて仕上げにCBNを使用するのが良いのではないでしょうか。 仕上げをダイヤでも良いですが、熱に弱いので刃先の冷却方法を考えねばなりません。 サンドビックで刃先に高圧でクーラント供給するハイプレッシャー工具があったと思います。こういうものを使用してみるのも良いと思います。通常の超硬チップでもハイプレッシャークーラントを使用することで工具寿命を延長することが可能だと考えられます。但し、機械のポンプや配管、クーラント漏れの対策は施さないと駄目でしょう。 通常のFCやFCDではコスト面などからも超硬チップで良いのではないでしょうか。 以下、サンドビックWEBサイト添付しておきますのでハイプレッシャークーラントなどに興味お持ちであれば、一度問い合わせてみても損はないと思います。

参考URL:
http://www.coromant.sandvik.com/jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

金型加工会社や測定工具メーカーにて使用する刃物は、ダイヤモンド刃物が多い事がいえます。 加工材料が修理の場合が多かったのですが。 現在工具メーカー様とお付き合いがありますが、切削工具にダイヤモンドを使用した刃物を多く開発されています。 CBNと言う考えは、私も考えませんでしたが刃物メーカーが考えないのか疑問です。 やはり、CBNには刃物に向かない他の理由があると思います。 工具メーカーの方に聞いて見たいと言う興味がわきました。 しかしコストダウンの考えでダイヤやCBNでは問題があると思います。 超硬刃物などと比較すると一回の切り込み量は少なくする必要が有る事、 回転速度が遅い機械では振動が伝わり安く欠け等が発生しやすい事が難点。 高速回転機械等では有利かな? もしかしたら、今後高速回転様にCBN刃物が登場するかもしれませんね。 丸棒の刃物を加工する時、NC旋盤で高速回転にした場合効果が有る様に思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

理屈としては アキオ さんの回答がベストアンサー 作る事も十分に可能ですが ただ コスト的に 1穴で 1本のドリルが必要になる事もあるかも知れない 高硬度材の加工でも 放電加工・電解研磨など他にも加工方法がある コスト面ではその方が有利で市場性は非常に少ない リーマに関しては形状的には通常の物とは違うが リーマとネーミングして 販売されている物も有ります。 ここで明確にするべき事で CBN・ダイヤ の違いついて少し触れます 両者の硬さの違いはお分かりでしょうが、加工上決定的な違いは「耐熱性」です CBNと比べダイヤは熱に弱い この違いゆえ 鉄系の加工=CBN 非鉄系=ダイヤ と言われています。 しかし、ホーニングなどの加工方法ではダイヤが使われる事がある コスト的には CBN>ダイヤ となり耐熱性を除けばダイヤが優れています 刃先部で熱の発生が少ないホーニング・ラップ などはむしろダイヤが適している。 研削では刃先温度は切削より高くダイヤの消耗は著しい ハンドラップやヤスリではダイヤが有利です。

参考URL:
http://www.fsk-j.co.jp/new/200703/index.htm http://www.fsk-j.co.jp/new/200607/index.htm http://www.fsk-j.co.jp/new/20060

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

切削工具の事は良くぞんじませんが、研磨砥石で考えますと不向きと思います。CBN砥石の場合、ダイヤモンドが使用できない材料に使用します。 ダイヤモンド砥石の場合、硬い超硬やセラミック等には良好ですが、その他の材料に使用すると加工品にダイヤが埋まりダイヤ砥石が直ぐ消耗する事からCBN砥石を使用します。 しかしCBNの場合ダイヤと違い大きい粒を製作できないと聞いていますので、刃物製作の場合、砥石と同じで細かい粒をボンドで止めての物になるのでは無いでしょうか。 この場合、振動等に非常に弱い事から欠けて使用が不可能と思います。 又、欠けが発生しない場合でも、生材等の加工の場合、ダイヤモンド砥石でお話いたしました現象が有り、消耗が早いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

cBNは、硬い反面、脆い性格を持っています. つまり、壊れ易く気難しいんですね. 一方、とくにドリルなんてのは、思いのほか負荷の掛かる工具でして、 中心に近付くほどスラストが大きくなり、 加工内容も中心部は切削よりも塑性変形の割合が大きくなります. アルミ程度なら、高硬度脆性材種でも耐えられるのでしょうが、 cBNはほぼ鉄系専用の工具材種で、鉄はアルミの数倍重く、 加工にはアルミとは比にならないほどのエネルギーが使われます. また、脆い材質で剛性を出すにはがっちりとした作りが必要になりますが、 だからと言って、ドリルというのは切り屑排出の都合で、 心厚をあまり大きくは取れません. さらに、心厚が大きくなるほど、食い付きが悪くなります. 食い付きを良くするにはシニングを施す事になりますが シニングすれば当然中心付近の強度が低下します. 鋼は、熱処理で硬化するのは表面のみで、 穴あけにはcBNほどの硬さが殆ど必要なく、 一方、鋳鉄は塑性変形性が悪くcBNで作ろうとすると 穴があかない形状になるのではないかと思いますね. リーマはというと、切れ刃が長く、 そこにねじれる力が強く掛かりますから、 これもまた難しいでしょうね. やれるとしたら、大径のシェルリーマではないでしょうか. シェルリーマ自体が、大手切削工具メーカーの多くは 標準品としては製作していないと思いますので、 現物があったとしてもカタログには載り難いでしょうね. また、径が大きくなれば、cBNの旋削チップでボーリングするのと どちらがスマートかという事にもなって来るハズです. どうしてもそれでなければならない、というのがまず稀だと思いますから、 高価な超ニッチ品でなかなか大手は手掛けないのではないかと思われます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 止り穴リーマの下穴ドリル深さの規定はありますか

    マシニング加工での作業です、図面指示「Φ10H7リーマ深さ12」(下穴深さの指示は無し)の場合ですが、「マシンリーマ又はブローチリーマを使用の予定です」下穴ドリル肩の深さ又は下穴エンドミル深さは、リーマ先端部分より何mm程度余裕を見て深く通すのが一般的なのでしょうか?個人的には2~3mmの余裕は欲しいと考えています。 ワーク厚みは充分あります、位置決めピン用の穴に使用です。「Φ10H7の深さは12mm」は、ピンゲージを入れて深さ確認します。 出来るならば、タップの下穴深さ指定に類似した規定があれば教えて下さい。

  • リーマ下穴加工の切削条件

    リーマ加工をする際に、最終値よりΦ0.2ほど小さいHSSエンドミルで加工した後にリーマを通すのですが、このときのエンドミルの切削条件ってどう設定していますか?自分はHSSドリルの8割の条件で加工していますがうまくいかないことが時々あります。意見を伺いたいです。 加工手順はΦ8.0を例にすると、Φ3.0センタードリル・Φ7.0HSSドリル・Φ7.8HSSエンドミル・Φ8.0HSSリーマです。 すみません。大切なところが抜けていました。 エンドミルを使う理由は位置精度の為です。穴間ピッチが3000?でも交差が±0.05?の加工するため、穴位置の矯正のためにエンドミルを使っています。ドリルのみだと0.1?ぐらいずれた事があるようなので。 まず加工条件ですが、ドリルでΦ8を例にすると鉄でS800、F130、切り込み2.0?で加工をしています(およそ0.1?/rev、20.0m/min)。エンドミルはS650、F120、切り込み2.0?です。SS400板厚30.0?、深さ20.0?止まり穴です。 不具合の内容ですが、鉄でもアルミでもエンドミルが擦れてしまい食い込みが出来、リーマを通すと径が0.02?ぐらい大きくなってしまうことがあります。また、回転を落とすと今度は削れずに抉ってしまいました。

  • ドリルについて

    ドリル加工のスピードを上げて行きたいのですが、なかなか良いドリルが見つかりません。 皆さんは、どのような物(メーカー、品名)をお使いなのでしょうか? ドリル径はΦ0.5~Φ13位まで使っており、基本的にはリーマのした穴加工です。 切削時に使用しているのは、エアーブロー又は切削油です。 深さはまちまちです。ワーク材質も異なっており、S50C、NAK80、NAK55、STAVAXなど使っています。 オールマイティーなドリルが理想的でありますが、ワーク毎に使い分けることも考えておりますので、アドバイスをお願いいたします。

  • マシニングセンタでのリーマ加工

    私はCAD/CAMにてマシニング用プログラムデータを作成しているのですが、リーマ加工の条件がいまいち分かりません。 現在日研のハイスのスキルリーマもしくは、日研のブローチリーマを使っております。どんな穴径のリーマでも工程は小さ目のドリル→仕上げ径より0.3小さなエンドミル→リーマと言う工程です。条件などあればご指導頂けないでしょうか? 材質はSS、S50C、アルミ、SUS、特殊鋼などです。 だいたい使う径は4、6、8、10、12、16後はボーリング加工で行っております。何か良い知恵をお願いします。

  • リーマ

    材質ssで7.99のリーマ加工なんですが、過去2回問題無かったんですが、  今回螺旋状のマークがつきます  7ドリル-7.8エンドミル-7.98リーマの加工順序です  周速12送り0.03です  原因がわかりません お願いします

  • アルミリーマ加工

    アルミ鋳物のφ8以下のリーマ加工で困っています。特にφ4G7(+0.005から+0.020)の精度が出ません。(径が小さくなる) φ4G7の加工工程は-0.5のドリル→-0.2のエンドミル→4.01リーマです。 リーマは超硬のストレートであんない無し(先端にC2有り)を使用しており、切削油は水溶性です。加工条件はS900 F150ほどです。 以前はハイスのリーマを使って精度が安定しない為、超硬リーマを試みたんですがやはりうまくいきません。 振れは先端で0.01、口元0.005です。 4.02のリーマも試みたんですが、大きくなってしまいます。後は加工条件が悪いのでしょうか? どうか宜しくお願いします。 http://www.gld.mmtr.or.jp/~tkyk/

  • リーマ穴径のバラつき

    こんばんわ。最近、マシニングによるリーマ加工を始め、この技術の森を大変参考にさせて頂いているものです。 大変困っていることがあります。是非皆様のお力を貸してください。 現在、S55C 厚み20? に 10.00リーマー を貫通させています 4箇所なのですが、それぞれ径にバラつきがあり、ピンゲージが通ったり通らなかったりです。入り口からまったく通らなかったり、19ミリほど入ったところで止まったりとさまざまです。 面粗度も非常に悪く、リング状の傷がつき明らかに段のようになっているものもあります。 抜きは10mmにしており、周速8~20、毎回転送り0・08~0.2ぐらいでいろいろ試してみました。 また、10mmほど入ったところで必ずキュー!と鳴きます。 手順は、 ?9.5キリ ?10エンドミル(-0.02くらい)* 最初は9.8エンドミルでやっていました ?10.00リーマ(日研ブローチリーマ新品) 切削油は油性のものです。 同時に加工している13.00リーマはなぜかまったく問題ありません。 こちらも手順は、12.5キリ→12.8エンドミル→日研ブローチリーマ、と10リーマと同じです。 これまでS45C、SS400材で日研ブローチリーマ4,5,8のものを何度かやっていますが、まったく問題ありませんでした。 今回、S55C、10リーマをするに関してだけまったく上手くいきません。何が原因か本当に分かりません。よろしくお願いします。 追記です。 新品ではありませんが、別のリーマも使ってみました。 結果は同じ・・・。 どうもリーマそのものではなく、下穴の加工・・・? 皆様、たくさんのレスありがとうございます。今現在ちょっと暇がなく個別に御返事出来ませんで、大変申し訳なく思っております。 とりあえず、自分が知らなかったことがたくさん聞けて大変参考になりました。 これよりまた同じような10リーマ加工がございますので、皆様方からお教え頂いたことを片っ端から試してみようと思います。 一通り試し終わりましたら、また感想等書かせていただきます。 がんばります。 今更ですが、使っているのはマザックのネクサス510Cです。 まだ購入して半年ですので、もし機械精度に問題があるとするなら、正直めっちゃショックです(w 他のリーマは全然問題ないので、大丈夫だと思うのですが・・・。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。 返答すっかり遅れてしまってもうしわけありません・・・。 皆様ありがとうございました。 とり代を0.3にし、違うリーマに代えたところうまくいきました。 が、面粗度がすこし気になったので、最終的には10エンドミル(四枚刃)で加工いたしました。

  • Ф0.7リーマ加工

    お世話になります。 厚み3mmのSUS303ワークにФ0.65SUSドリルで下穴をあけて Ф0.7の超硬リーマで仕上げをしたところ、見事に折れました。 加工条件はS11500送り30でした。 なにか良い方法はありませんか!? よろしくお願いします。

  • φ8のリーマ加工

    こんにちわ。SKD11焼入れ後φ8のリーマで仕上げをしようとしたら、途中で折れてしまいました。リーマは岡崎の超硬(ノンコート)、穴は貫通で加工の長さは8ミリ、固定サイクルG81で300RPM、送り30ミリ/min、下穴φ7.9、ドライカット、材料の硬度はHRC56、このような条件で加工したのですが、7ミリぐらいのところで折れました。折れずにできるのでしょうか?リーマ加工は無理なのでしょうか?リーマが折れてなくなったので、エンドミルで回ったのですが、できればリーマで加工したいです。よろしくお願いします。

  • 完全止まり穴のリーマ加工

    始めて止まりのリーマ加工をやります。 S45C t15mm 500x500 の材料に深さ12mm(有効12mm 貫通不可) 6パイ H7 の穴をあけます。 センター>5パイのドリル>5.5パイのENDMILL>5.8パイのENDMILL>6パイリーマ このような加工方法なのですが、リーマはどのようなものを使えばいいのですか? 回転と送り、下穴は深くしないとだめなのでしょうか?以上よろしくお願いします。