• 締切済み
  • すぐに回答を!

六角ナットのメッキ前後の有効径・内径の規格について

六角ナット製品のメッキ前とメッキ後の有効径・外径の規格について、 どなたか詳細を教えて下さい。  ≪材 質≫  ≪ネジ規格≫ ≪メッキ種≫     ≪膜厚≫ SUM24L(快削鋼) M16-P1.5-?級 三価クロメートメッキ 8~13μm  ※めねじでネジ山範囲は、4.2mmと短いです。 ◆御客様の受け入れ検査で、止りゲージWP-?級で検査され、  NG判定されました。 私の方で、JISハンドブックを調べましたが、JIS B0209,JIS B1044,JIS B1181のどれを見ても、迷うばかりです。 等級2級の有効径-φ15.026~15.216に対して、メッキ前の管理寸法を私なりに設定すると、φ14.994~15.164(下限側-8μm、上限側-13μm)になるのですが間違っているのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数841
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

2級ねじの検査に、1級のゲージ、ですか? 1級のゲージって、今でいう「はめあい区分:精」のねじに使うものではないでしょうか. M16×1.5の場合、「はめあい区分:中」なら適用等級が6Hで有効径公差が15.026~15.210ですが、 「はめあい区分:精」になると、5H級が適用され15.026~15.176になります. 通りゲージは同じ寸法ですが、止まりゲージは2級よりも少し小さくできているハズです. また、手元に'98年版のJISハンドブックしかないので、 JIS B0209の1997年版での話になってしまいますが、 少なくともこの版の時点では、 「この規格に規定する許容限界寸法は,原則として表面処理前のものに適用する。」とあり、 これに基づくなら、メッキ前の時点で規格に書かれた許容限界寸法に入らなければいけません. (かつ、メッキ後に基準山形を超えない(通りゲージが通る)様な寸法に加工する必要がある訳です.) 例えばM16×1.5-6Hにメッキ厚最大13μmを考慮すれば、有効径は最小15.052~最大15.210になるのではないでしょうか. (メッキするとめねじは小さくなるため.) ただし、先方がもし5H用相当の止まりゲージを使用しているなら、最大15.176になってしまいますけれどもね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答頂き有難う御座いました。 私は勘違いしておりましたが、めねじでメッキを付けると小さくなる所を、逆に考えてました。 御質問させて頂きたいのですが、有効径の場合ネジのフランク面は30度になってるので、径方向で捉えると片側に8μm(フランク面に垂直に)→16μm(径方向に)ついて、有効径に対しては32μm(膜厚の4倍)のメッキ膜がのると解釈していたのですが、合ってますでしょうか? また、御回答頂いた内容で”~最大15.210”の部分ですが、メッキ前で上限公差をプラス側にも設定する必要はないのでしょうか?(この場合最少膜厚×4倍?) ◆メッキ前での検査ですが、逆に、GP-?級のプラグゲージが楽に通って、  WP-?級のプラグゲージが隙間なく通りガタつきが無ければ良いのかな?  と思ったのですが極端でしょうか? (ちなみに加工はタップではなくネジ切りバイトなので調整可能です。)   メッキ業界からのアドバイスでは、尖がっているネジ山先端にはメッキが厚めにつきやすく谷部は薄くなる傾向があると言われメッキ前寸法設定を迷っております。 お礼のつもりが、またも質問になってしまい申し訳ありませんが、 御教授頂ければ幸いで御座います。 宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • ねじのISO規格とJIS規格の違いについて

    ネジの種類にもいろいろありますが、メネジでJIS規格の M28 P1.0とISO規格の M28 P1.0 H6ではどのように違うのでしょうか。JISはねじのJISをもっているので把握していますが、ISOの情報がありません。参考文献等ありましたら教えてください。お願いします。(引っ掛かりの高さ、谷の径、有効径、内径等、比較できる寸法を教えてください)

  • 三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時…

    三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時間について 現在、RoHS対応により三価クロメートに切替を進めており、黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートのJIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて耐食性データをとっています。そこで、JIS H8625を見ますとクロメート皮膜の耐食性データで白錆が発生してはいけない時間がのっていますが、赤錆が発生してはいけない時間という定義がありません。 もしご存知でしたらご教示頂きたいのですが、JIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートの白錆、赤錆の発生してはいけない時間はありますでしょうか。メッキの膜厚は、弊社の規格で亜鉛とクロム膜含め5~10μmの製品です。三価、六価両方あれば教えて頂きたくお願い致します。

  • 雌ねじ面取りの考え方

    雌ねじの面取りには2種類の考え方があると思っておりますが、 どちらが正解に近いのでしょうか、ご教授お願いします。 ? 例M6P1・下穴径φ5.1を基準としてφ7.1まで面取りを行った結果はC1の面取りである。 その後、雌ねじを加工する。 ? 例M6P1の雌ねじの谷径のはφ6を基準としてφ8まで面取りを行った結果はC1である。 その後、雌ねじ加工を行う。 PDF図面などで長さを比較できる場合はよいとしても、荒れた図面の場合あるいは加工干渉の恐れのある場合などは困り者であります。 ご存知の方でJISのどで規格可されていましたら、こちらの方もお願いします。

  • 米式管用平行ねじNPSMの寸法

    NPSM 3/4の寸法規格を教えてください。 輸入の計測器の雄ねじがNPSM 3/4なので、NPSのタップで相手部品の雌ねじを加工しました。 双方を嵌め込もうとすると、2山くらいしか入りません。 雄ねじの外径を計ってみると φ26.35でした。 タップメーカーOS*っさんに問い合わせると、NPSM雄ねじの外径規格はφ26.010~φ26.263です。(計測器の雄ねじは規格はずれ)といわれました。 ちなみに、JISの G 3/4の外径寸法はφ26.441とあるので確認したい次第です。

  • ネジメーカーではどのようなメッキ評価(塩水噴霧試…

    ネジメーカーではどのようなメッキ評価(塩水噴霧試験)をされているのですか? はじめまして。 規格品のネジM12六角ボルトに追加工を行い、めっき処理(6価クロム、3価クロメートの2種で膜厚は8~10μm)を行い部品に取り込むことになりました。 腐食性の確認を行うために塩水噴霧試験を外部機関に依頼し比較をしました。初めての塩水噴霧試験で条件に困りましたが、色々と調べたところ、条件は、 JIS Z2371、 ?塩水濃度5%、 ?槽内環境、温度35℃、湿度98%Rh ?噴霧時間 96時間 で行いました。 結果は3価クロメートは試料10個すべてに黒錆が発生してしまいました。6価クロムメッキの方はメッキののっていない部分(電極をあてる部分)のみの赤錆でした。 環境対策で3価を使用したいのですが、このままでは許可が得られません。 実際に、ネジメーカーではメッキの評価(塩水噴霧試験)をどのような条件で行われているのでしょうか?今回の条件は厳しいのでしょうか? ご存知の方、教えてください。宜しくお願い致します。

  • JISでは円周率はいくつ?

    JISハンドブックの巻末に「主なSI単位への換算率表」がのってます。 国際単位であって、換算率はJISやISOで、 決まってるわけじゃないのかもしれませんが・・・ 円周率も、何桁までが、規準なのかな?と思っただけです。 たとえば、コイルばねの応力計算式にπが使われてますが、 円周率がいくつか?は規格にはのってません。 円周率ではありませんが、 「コイルばね-第 1 部:圧縮及び引張コイルばね  基本計算方法 JIS B 2704-1:2009年版」には、 「注a)計量法では,重力の標準加速度を 9 806.65 mm/s^2としている。」 と、あります。 2018年版、ハンドブックでは2019年版からは、削除されましたが・・・ この規格にはπを使っているのに、円周率のことについては、なにも記載されてません。 現実的に考えて、有効数字3桁もあれば・・・と思うんですが。 でも、ほかの規格には、なんか書いてあるのかな?と思ったので、聞いてみました。 「一般配管用ステンレス鋼鋼管 JIS G 3448:2016年版」には、 「外径の許容差のうち,平均外径とは,任意横断面における円周を  円周率 3.141 6 で除した値又は相互に直交する 2 方向の外径測定値の平均値と  外径の公称寸法との差をいう。」 と、円周率がでてました。 これは、仕様なので、この桁数に固定されているのでしょうね・・・ ほかにも、このように規格内に、記載されているものって、ありますか?

  • 真空容器にRc1/2配管での真空圧検査値について

    真空容器の真空度検査をする上で教えてください。 SUS316L製で10リットルの容器に管用テーパーめねじ(1/2NPT)がフランジに切られています。 フランジはJIS呼び径200の真空フランジをバイトンオーリングでシールしている設計です。 ヘリウムリークディテクターで検査する場合、どれくらいの真空値であれば、 洩れのない検査結果が得られるものでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • G1/4官用ネジ オネジ加工について

    ひさしぶりに投稿させてもらいます。 機械が、スター精密 SR20R S45CFでG1/4のオネジをネジ切りサイクル(G92)で加工しているのですが、 3点質問させて頂きたいです。 1,ネジの外径、谷径を調べる為JIS規格の本を参考に、JIS B0202 のオネジのページをみたのですが、上の許容差 下の許容差など 色々載っていまして、何を基準で記載されているのか 全然解りません。 2,メネジのページを参考に外径13.157 谷径11.445と記載されていましたが、MAX MINがどこにも見当たりません。官用ネジにはそもそも前者の内容がないものなのでしょうか?(加工完了後ネジ山が、10山ピン角に見える) 3,ネジ切り加工中かなりのバラツキ?が発生し、検査時(リングゲージ)、ネジの奥側が硬くて通らない製品が発生する。(表現がわかりづらくてすみません。) 以上3点なのですが、悩んでます、 少しでもアドバイス等頂けたらありがいです。 よろしくお願いします。

  • めねじサイズと口元面取りサイズ

    めねじを立てたときに、口元が盛り上がってしまいますが、対策として面取りを行っています。 ねじサイズに対して基準となる面取りサイズというのはあるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。 公的規格はなさそうですね。やっぱり、みなさんのところでも面取り寸法は作業者(作業職場)の任意で行なわれているのでしょうか。 おけましておめでとうございます。 年も明けましたので一旦、締め切ります。 ご回答いただいた方には申し訳無いのですが、いろいろ調べていると当社のいち顧客の規格がありましたので、それを流用する事としました。 理由としては ・下穴径+ピッチ  ちょっと小さいように思えた ・呼び径M+ピッチ  小さい径では案配良かったが、大きいところちょっと大きすぎると思えた ・六角ナットの面取りサイズ  全体的に大きすぎるように思えた ・いち顧客(A社)の規格  その顧客からは少なくともクレームが付かない  他の顧客には「貴社からの指示もなく、公的な規格もない。JIS制定に名をはせるA社の規格を流用させてもらっている・・・」と言い訳できる (かなぁ・・・) その基準を参考までを紹介します。同じ悩みに陥った方の参考になれば幸いです。 ・M2.5以下は規定なし ・M3以上M7以下は呼び径M+0.5 ・M8以上M9以下は呼び径M+0.7 ・M10以上M17以下は呼び径M+1.0 ・M18以上M22以下は呼び径M+1.5 ・M24以上M40以下は呼び径M+2.0 ・M42以上M68以下は呼び径M+3.0 ・M70以上は規定なし

  • 雌ねじの修正について(タップ切り)

    また識者のご意見を聞かせてください。 古い軽自動車を整備して楽しんでいます。 最近、ボルト穴やネジ穴を修正したいと考える事があり、 タップ切りに興味が出てきました。 しかし、ねじ山にはISOやJISの規格があり、さらにその中で 外径や谷の径などによって多くの種類があるようです。 となると、ネジ山を修正している皆さんは(全てとは言わなくても) 相当量のタップを用意しているのでしょうか? それとも、日本の工業製品として常識的な幅があり、このくらいを 用意しておけば安泰、などの暗黙の了解があるのでしょうか? あまりにも初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示願えれば幸いです。