• 締切済み
  • 困ってます

KES7301電気亜鉛メッキの品質規格、(クロメ…

KES7301電気亜鉛メッキの品質規格、(クロメート処理液標準No.06B-A00-004)について 調べても答えが出なくご質問させて頂きます。 ・亜鉛の膜厚が8μm以上と認識しておりますがMFZn8-A3-Cの A3はどういう意味でしょうか? ご教示の程、宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数226
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

素地の面の状態 a1=鏡面 a2=梨地面 a3=機械加工後そのままの面 出典は、回答(1)さんと同じです

参考URL:
https://www.sanwa-p.co.jp/sp/faq/detail.php?id=5271

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答を有難う御座います。 機械加工後のそのままの面という事が理解出来ました。 有難う御座いました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

> MFZn8-A3-C これをそのままググれば

参考URL:
https://www.sanwa-p.co.jp/faq/detail5271.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 亜鉛メッキ後の3価クロメート処理の膜厚

    外注さんで鉄板への亜鉛メッキ後、3価クロメート処理を行ってもらっていますが、その3価クロメート処理の膜厚を知りたいのですが。専門の方ご教授ください。

  • 亜鉛メッキ膜厚管理

    ボルトの亜鉛メッキの膜厚について教えて頂きたく宜しくお願いします。 お客様からASTMに遵守した亜鉛メッキボルトの10,000本の製作要求がありました。 ASTM規格を調べた所、 ネジ部の膜厚=9.5μ以下 その他部分の膜厚=8.0μ以上 とありましたが、膜厚差が1.5μしかなく、このような亜鉛メッキ膜厚管理(製作)は可能なのでしょうか? メッキは素人なので舌足らずはご容赦ください。

  • 亜鉛ダイカスト+亜鉛メッキ+三化クロメート処理

    金属製の電線保護管(フレキシブルチューブ)用のコネクターについてお尋ねします。 各社から、製品が販売されていますが、殆どのメーカーの標準仕様として 亜鉛ダイカスト+亜鉛メッキ+三化クロメート処理 で作られているものが多いと思います。 質問 (1)母材の亜鉛ダイカストに同じ材質の亜鉛ダイカストをメッキするのは何故でしょうか。腐食防止なら、クロム、ニッケルなど更に錆びにくい金属を使わないのは、コスト面のことでしょうか。 (2)亜鉛をメッキを省略して、亜鉛ダイカスト母材に直接三化クロメート処理ではダメでしょうか。 (3)一般的に、鉄(母材)+亜鉛メッキ+三化クロメート処理を行うことはよく聞きますが、電線保護管用コネクター以外に、亜鉛ダイカスト+亜鉛メッキ+三化クロメート処理 を行う製品はありますでしょうか。 (4)何故、電線保護管用コネクターにおいては、この亜鉛ダイカスト+亜鉛メッキ+三化クロメート処理が、各メーカーの仕様として、一般化しているのでしょうか。 お分かりになる範囲で、幅広いご意見、情報をお知らせ頂ければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

  • メッキの膜厚について

    SS400Φ25の丸棒に電気亜鉛メッキ2種3級(有色クロメート)をしております。両端部にベアリングを圧入するため交差を規定して仕上げているのですがメッキ後、寸法が外れてしまいます。 電気鍍金も材質によって膜厚が変わってきたりするのでしょうか。メッキ膜厚指定は出来るものなのでしょうか。

  • 亜鉛メッキとニッケルメッキの市場コスト

    新規開発している参考にしたいのですが 光沢クロメート(6価)の価格を 100 とした場合 ・光沢クロメート(3価クロメート処理) ・ニッケル(電気) ・ニッケル-クロム ・無電解ニッケル(P-in) の概算コストを教えて頂きたいのですが。 数量・大きさ・膜厚・薬品等の条件で変わるとは思いますが、 一般的な条件でお願いします。 あくまでも設計参考価格ですので、おおよそで結構です。

  • 三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時…

    三価クロメート処理と六価クロメート処理の耐食性時間について 現在、RoHS対応により三価クロメートに切替を進めており、黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートのJIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて耐食性データをとっています。そこで、JIS H8625を見ますとクロメート皮膜の耐食性データで白錆が発生してはいけない時間がのっていますが、赤錆が発生してはいけない時間という定義がありません。 もしご存知でしたらご教示頂きたいのですが、JIS Z2371塩水噴霧試験方法に基づいて黒クロメート、ユニクロメート、有色クロメートの白錆、赤錆の発生してはいけない時間はありますでしょうか。メッキの膜厚は、弊社の規格で亜鉛とクロム膜含め5~10μmの製品です。三価、六価両方あれば教えて頂きたくお願い致します。

  • 有色クロメートにウイスカは発生するか?

    有識者の皆様、ご教授下さい。 最近、コンピューター室でのウイスカ(亜鉛のヒゲ状結晶)による機器障害が問題になっています。 そこで、コンピューター室内では、電気亜鉛メッキを施した部材は使用しないようにしております。 今回教えて頂きたいのは、コンピューター室内で使用しているボルト・ナット類についてです。 今使用しているボルト類は、鉄素地に電気亜鉛メッキ後に有色クロメート処理されたものです。 クロメート処理した物も、やはりウイスカは発生するのでしょうか?

  • クロメートの色?

    現在EGC-C(電気亜鉛メッキ鋼鈑にクロメート処理したモノ)を扱っているのですが、お客様からなぜロットごとに表面の色が違うか聞かれているのですが、誰に聞いても明確な答えが返ってこないので困っています。どなたかわかりましたら教えて下さい。

  • 有色クロメート処理の記号

    電気亜鉛めっき+有色クロメート処理において膜厚を指定しない場合、以前のJIS規格では?2種?という表現がありましたが、現在は廃止されているようです。 膜厚が決まっている場合は?JIS H8610に規定するEp-Fe/Zn 12/CM2 C?などと記述しているのですが、膜厚を指定したくない場合、?JIS H8610に規定するCM2 C?などの表現で問題無いでしょうか。 または、もっと適切な表現がありますでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 亜鉛溶射メッキの耐久性について

    お世話になります。 SPHCの鋼板に溶射亜鉛にてメッキを施そうとしております。 通常は電気亜鉛メッキするのですが、大きさが大きい為に槽に入らず、初めて溶射亜鉛メッキなるものをすることになりそうです。 そこで、溶射亜鉛メッキの一般的な耐久性や膜厚などの情報が載っているところはないでしょうか? できれば数値的に記載があるとありがたいのですが・・・ 初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 すみません、早速追記です。 メッキした部材を使用するのは、ほぼ常温で環境も比較的いい屋内を想定しています。 発熱体を収納する箱にしようとしていますので、内部については50度程度まで上がります。 その他にも条件が必要かと思いますが、現状わかる範囲で記載しました。 お手数ですがご教示お願いします。