• 締切済み
  • 困ってます

SUS304を鍛造したときの地キズ(介在物)の動…

SUS304を鍛造したときの地キズ(介在物)の動きと地キズ管理 SUS304の棒材からフランジを作っていますが、介在物(地キズ)のため漏れを起こします。板材からですとこれは防げますが、材料取りなどコスト的に不利です。型鍛造にてブランクを成型しようと思いますが、棒の長手方向の地キズは鍛造することにより少なくすること出来るでしょうか、また漏れをなくすこと出来るでしょうか、教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数204
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

SUS304棒材からフランジ製作したら漏れ発生とのことですが、真空でしょうか?もしそうでなければ的はずれになりますが・・・・ 高真空フランジに丸棒が使えないことはよく知られています。 棒の整形過程で気泡や不純物が棒の長手方向に引っ張られ欠損が軸方向に伸ばされて存在している可能性が高いことから、棒材から真空フランジを作ると、フランジを突き抜ける方向に微細な穴や割れが残存し、真空漏れの原因になります。これに比べ、板材は欠損があっても横に走っているだけなら真空漏れの原因になることはありません。従って、真空部品は板材から作る・・・というのが半ば常識のようになっています。 鍛造にてブランク成型とありますが、どの段階で鍛造にかけるかによって効果が大きく違うことや鍛造によって欠損を完全になくすことはできないなどの問題があることと、鍛造工程のコストが増すことを考えると、よい方法とは思えません。 むしろ、板からの粗加工のコストダウン(後加工のしやすさなども考え)が鍵のように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返事ありがとうございます。お察しの通り真空用のフランジです。私どもも当然板材も使用しておりますが、特殊溶解の材料も使用しております。板材の場合ご指摘の通り荒加工のコストダウンが鍵と思います。近年の材料費の高騰で、コスト管理が苦しく、何とか一般材で鍛造で真空用に使用できる方法はないかと模索しております。ブランクのフランジは別として、多分穴あきのフランジであれば型鍛造にて成型することで棒材の長手方向の地キズは無くせるのではと考えておりますが、どなたかご経験ないかと考えておりました。

関連するQ&A

  • ステンレス鍛造材の内部割れについて

    ステンレス(SUS304)鍛造材の内部割れで困っています。業界用語ではもみ割れ?割れ部が炭化していないことからオーバーヒートでないと推察しています。過去多数の自由鍛造材を取扱ってきましたが、ローリング鍛造で頻発するようになりました。特徴としては欠陥が外部に出ず、切削加工を進めてから出現することです。リークテストの漏れで発見されるような小さい割れもありました。材料の偏析(介在物)が原因とも聞きますが、自由鍛造では経験がないので?です。最終加工段階で発見されるケースが多く、途中加工費と時間のロスが甚大です。原因と対策など情報ご提供下さい。

  • SUS303とSUS304の区別方法

    弊社ではこれまで材料はSUS303しか使用していなかったのですが、これからはSUS304の部品も加工することになり、2種類の材料を使用していくようになります。 棒材の状態では材料屋さんが種類ごとに材料端にペンキを塗ってくれるので、使用している材料が正しいかどうか判断がつくのですが、加工して部品となってからは判断がつきません。 可能であれば、精密部品なのでキズなどつけたくなく、不良にもしたくありません。 どなたか簡単に見分ける方法をしっているのであれば教えてください。

  • SUS304CSP(3/4H)に変わる振動対策品…

    SUS304CSP(3/4H)に変わる振動対策品の材料を探しています。 SUS304CSP(3/4H)に変わる振動対策品の材料を探しています。 現在、SUS304CSP(3/4H)0.6tの板材をコの字型に曲げ、更に、長手方向の両端面をL字型にプレスした部品を使用し、L字型に曲げた部分と、上下の部品をビス固定。 このような製品に振動を加えた際、プレス品のL字に曲げた部分が破断してしまいます。 対策として、SUS304CSP(3/4H)のプレス品に焼鈍しを行なった所、破断、クラック等は無く問題が無かったのですが、外観部品となる為、塗装を行なう必要が出てきました。更に、コストも大幅にUPしてしまい現実味がありません。 そこで、SUS304CSP(3/4H)同等の硬さで、柔軟性のある材料があればご教授願います。尚、SPCCのプレス品を試作したのですが、SUS304CSP(3/4H)同様、L字部分で破断してしまいました。

  • SUS420J2丸棒のインサート成型にて

    SUS420J2の丸棒(D4.0)の先端にPOMを成型する型での質問です。 成型する樹脂は丸棒の先端(20mm程度)のところに、D11×L20程度です。 この金型で成型したトライ品が上がったのですが、SUSの光沢がなくなり白く曇った状態になってしまいました。(金型との干渉によるキズのようなものではなく、鏡面だった素材の表面が白く曇った状態です) SUS丸棒には防腐剤として『クリューバーA20』という錆止め潤滑油が塗布されております。 成型屋さん曰く、脱脂は行わなかったとの事ですが原因は脱脂を行わなかったからだけでしょうか?型の温度は50度程度との事です。 また、丸棒の長さは160mm程度なのですが適した脱脂方法についてもアドバイス願います。 宜しくお願い致します。

  • ステンレス製ばねにニッケルめっき

    SUS304-WPBの圧縮コイルばねを作ってもらいました。 材料分析を行ったところ多くのNiが検出されたため 業者さんに確認したところ、Niめっきを行ったとのこと。 図面には指定していなかったのですが、ばねの成型性を よくするためと、キズ防止とのことでした。 これは一般的なことでしょうか。

  • 丸棒はどうやって造っているのですか? 棒状にして…

    丸棒はどうやって造っているのですか? 棒状にしているのは型ですか? ステンレスなどの丸棒は、元々どうやって製造されているのですか? 丸い棒状にどうやっているのでしょうか? 溶かした金属を丸い棒状の型に流し込んでいるのでしょうか? 宜しくお願いします。 追記です。 SUSの丸棒で一番流通量が多いのは、ピーリング仕上げですよね。 ピーリングと言うことは熱間加工してありますよね。 その、熱間加工は質問にもあるように、丸棒を成型する時の熱間加工なのでしょうか? そうならそうで、どういう加工の仕方・製造方法をしているのか気になります。 熱間加工でどうやって棒状にしているのか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 金属材料の表面

    初歩的な質問ですみません。 JISなどのサイズで小口販売している丸棒や四角棒などの材料は、 基本的に材料の表面は傷や汚れがあるものと考えて、 表面を少し削ってから使うのが普通ですか? 例えば、丸棒の場合、図面上Φ60などのぴったりした値は 実は最悪で、できればΦ59などにした方が良いなどありますか? また、A5052Pなどの板材の場合も、 両面を削って綺麗にすることを考慮して、 t=10ではなくt=9などにした方が良いですか? どのくらい削れば両面のキズや汚れの除去ができるかの 目安はありますか? よろしくお願いします。 小型単品物しか扱わないため、支柱などの形状が単純なものはミスミなどで購入しています。そのため、丸棒というとぴかぴかの印象しかなく、そうでない丸棒はどのような表面なのかがわからずに質問させていただきました。 社内に加工部門がないのでこのような有様です。 今回、仕上げ済み材料も割と使われているとの アドバイスを戴きましたので参考にさせていただきます。 ありがとうございました。

  • TIG溶接での脚長の作り方

    初めての作業のため、困っています どなたかご指導頂ければ幸いです 材料SUS304でφ30.0X長さ25.0ミリのボス(パイプ形状品)と 160.0×160.0ミリXT12.0ミリの板で材質はSS400です 溶接棒はJIS規格でY309を使用しています 板材の中央にボスを溶接するのですが 図面指示が脚長を8.0ミリ要求しています なかなか8.0ミリを作る事が出来ず困っています 何回かに分けた多層盛りしかないのか それがベストか? そのほか脚長を作る方法が思いつきません 良い方法が有ったらご教授をお願いします。

  • 陽圧チャンバーの設計

     300pa程度が維持できるチャンバーで悩んでおります。 大きさは1700mm(L) x1200mm(D) x500mm(H)、PVC等の樹脂系材料は不可 との制約があり、アルミ材かSUS系の金属材料で制作を予定しております。 チャンバーはメンテナンス用の窓、製品投入用開口が必要です。 真空用レベルのチャンバーを制作すれば問題ありませんが、制作コストを 抑えたいと考えています。 ?アルミの板材でボルト締め→突き合わせ部にシール剤充填。 ?SUSの板金で、全周溶接、開口部は厚板にて補強。 このような設計でも300paが維持できるチャンバーが制作可能でしょうか。 その他の方法があればご教授願います。

  • 材料購入

    お世話になります。 金属及び樹脂材料の切断小口販売についてお尋ねします。 極少量の材料を、切断販売していただける業者を探しています。 従来は、株式会社白銅さんの小口ショップを利用していましたが、業務終了で購入できなくなり、困っています。 金属はSUS303、A5056、C3604、の丸棒、樹脂はPOM板材です。 径は、φ20~80程度、長さは短い場合は10mm程度、数量は1個からです。 ネットで注文、配達していただけるのが条件で、納期は発注から3日以内。 こんな業者はないでしょうか? よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう