• 締切済み
  • 困ってます

水溶性切削油の交換方法は?

ソリュブル式からエマルジョン式の水溶性切削油に交換する時、古い切削油を抜くだけでは無く、機械内部やポンプ内部に微量に残った油も綺麗さっぱり取り除かないとマズイでしょうか? カレコレ7年以上ソリュブルを使用していて切削油タンク内や刃物台細部などに固形化した油脂が結構見られます。これを取り除くとなるとかなりの時間、機械を止めなければならないので、かなりのロスになります。 どうしたものでしょう?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数665
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

■BlaserSwissLubeの油は、度々こちらのサイトで聞きますが値段は、どうなんでしょうか? ■高そうな雰囲気が有り、上司に相談できません。 ◆切削油の使用目的の一つに工具寿命の延長があります。工具磨耗を抑え、加工物精度アップ、そして、液寿命の長期化。、、、となればイニシャルコストでの対比は無意味であると即、分ると思います。技術者から技術者への提案です。 工具費用の低減。 段取りでの機器停止時間の縮小。 廃液処理費用の低減       等々を考えれば答えは出ますでしょう?

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>勉強不足で申し訳ないんですがバイオタイプとは、どの様な油でしょうか? 腐敗の原因となる元を殺菌剤を用いずに押さえる物です 方法はいろいろ有るみたいですが あるところは腐敗の元となる物は増える余地がないように 何かを入れるようです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

クーラントのロングライフ化は、なんと言っても管理に重点を置くべきと考えます。所詮、水と油です。混じるはずのない物を無理やり溶かして入る物です。別の観点から、、、、鉄は錆びる(酸素があるから)だから、遮断する事で防錆する。防錆油等があるとの考えが有ります。 簡単にすれば、簡単に腐敗 or クーラント液が不安定と成る。面倒がらずにしっかりやりましょう。  液が腐敗するから、バクテリアを死滅させる(ゼロにする)為にガンガンと殺菌剤・防腐剤を投入・添加する考えは間違っていると考えます。だって、空気中にも、水中にもバクテリアは居ますし、次々にクーラントタンクに入っていきます。その上、薬剤に強い耐性バクテリアが発生しますもの。  上記の発想から、常にバクテリアをコントロールして液の安定化を実施、製品の設計段階から考え、実行しているメーカーが有ります。BlaserSwissLube社がそうです。環境に優しくて高性能とうたっている事がうなづけます。同社製品のクーラント交換する際の、クリーン剤を試されたら如何でしょうか?  現在の使用クーラント中に添加して通常の業務運転中に配管の中、等々を綺麗にしてくれます。業務終了後に液を抜き取り、念の為(共洗い)、新しい液で薄めに作った希釈液をポンプが廻る液面まで張り込み、液を廻して再度、液抜き取りすれば万全です。(共洗いは、汚れの程度での実行と聞きました。)

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 BlaserSwissLubeの油は、度々こちらのサイトで聞きますが値段は、どうなんでしょうか? 高そうな雰囲気が有り、上司に相談できません。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

大同化学工業のシミロンCF-313AKという商品があります。 これの発想は洗浄剤から、エマルジョンを作ったらどうだろうか、という点が他のものに比較して、全く違いがあります。 この液自体もステンレスからアルミ、真鍮と何の材質にも使用でき、すこぶる快適です。 話は横にそれましたが、元が洗浄剤ですから、今までの使用液が少し残っていたり、スカム、油脂がだんだんに洗浄されて来ますので、交換が気軽にできると思われます。機械の配管などの洗浄を毎日やってくれます。 尚、蛇足ですが、細穴のタップにこの液が付着して、乾燥しても、水につけるだけで、穴からスーと付着液が出てきますので、さすが、洗浄剤からのエマルジョンと言ったところが、最高のメリットかと思われます。 毎日、濃度管理、浮上油の除去、をすれば、どんな液も長持ちするのでしょうけど、そんなこと、やってられっかという、自分は、刃持ちが落ちたかな、汚れてきたし、といった1-2年が交換の目安です。チップコンベアをどかしてきれいに徹底的にすればもっといいのでしょうけど、抜いて、入れるだけです。 真鍮、りん青銅の変色は客先しだいなんですが、普通に納めているところと、うるさい場合はドライ加工で逃げたりしてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 商品名まで教えていただいて、とても有難いです。 この文面からすると御社で使用している様に見受けられますが、真鍮で使用されていて変色等のトラブルは、ありませんか? 液の交換頻度はどの位でされているんでしょうか? 面倒だとは思いますが回答お待ち申しております。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

次のクーラントがバイオタイプであれば前の液を完全に除去する必要があります つまり機内~タンク~配管にいたるクーラントの通過する場所はすべて抜き取りして その後に薄めた次の液を入れ循環後 再度廃却といった作業が必要となります それ以外のであれば有る程度の機内掃除と抜き取りだけで良いように思います 次のクーラントのメーカに聞くのが間違いないですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 >次のクーラントがバイオタイプであれば・・・ 勉強不足で申し訳ないんですがバイオタイプとは、どの様な油でしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

確かに、機械を止めなければならないので、かなりのロスになりますね。 大型連休前とか休みのときにやる他ありませんね。 私は、大型連休前に廃油回収業者を呼んでいます。 廃油回収の費用を調べるので待ってくださいね。 廃油回収の費用を調べました。 当方は福岡市内ですので、地方と会社によって金額が異なると思います。 あくまで参考としてご検討ください。 ドラム缶1本(200L)13000円です。 意識無く回収してもらったのですが、金額は初めて知りました。 考えないといけませんね。 バキューム車にて廃油回収費用も、ほぼ同じ金額かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 年末の大掃除の時に、内の会社もやりました。 廃油回収業者の方がやってくれるんですか? 費用は、いくら位なんですかね? すみません!また質問になってしまいました。

関連するQ&A

  • 水溶性切削油について

    水溶性切削油について質問します。現在原液を水で溶くと白色になるエマルジョンを使用しておりますが、無色透明になるソリュブルに変更出来ないかと考えています。エマルジョンとソリュブルの違いが良く判りません。大きな違いがどこなのか説明できる方いらっしゃいませんか?腐敗性、後の処理性、価格、それぞれの長所、短所等、どのような事でも構いません。又、推薦銘柄がありましたら教えて頂ければ幸いです。被削材は樹脂です。宜しく御願い致します。

  • 水溶性切削油について

    皆様お世話になっております。 くだらない質問なんですが、今使っているNCフライスは説明書には”水溶性切削油は使えません”となっているのですが、作業者は水溶性切削油を使いたがっています。 水溶性切削油を使える機械と使えない機械の違いは何なんでしょう。 単純に錆びるからとしか説明出来ません。 また、もし使えるとしたら良い水溶性切削油のサイトご存知でしたらご教示お願いいたします。

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • 水溶性切削油について

    当社では主に鉄 ステンレスなどのマシニング加工をしておりますが 機械にいれている水溶性の切削油で悩んでおります。近所のガソリンスタンドから買った日石三菱の水溶性切削油です。ところが一日中作業に従事すると石鹸で洗ってもかなり油臭いし かなり手が荒れます。 そこで 切削性も良好で人体にも害のない銘柄をご存知でしたら メーカーと名前を教えてください。

  • 植物性の水溶性切削油って優しいの?

    最近の疑問。 つまらない事ですが判断が付かず困っております。 会社で「地球環境に優しい」をキーワードに水溶性切削油を探そうとしています。が・・・・? 機械メーカーは、植物性の切削油は環境・人体に安全性が高いと言っておられました。 しかし、カタログ上では植物油が45%でした。これって植物油性の水溶性切削油と解釈して良いのでしょうか? その他が55%(半分以上)なので疑問です。植物性油高含有の水溶性切削油でなないのでしょうか? しかも、水で20倍に薄めておりますので。・・・・? 地球規模から植物もバイオ燃料とやらで相場高騰しているし、沢山栽培しようとすると森林伐採にも繋がり Co2が増え温暖化にもなるし。 こう考えると、今の鉱物油水溶性から変える必要がないのではと。 考え過ぎでしょうか。

  • 水溶性切削油専用タップについて

    今回、NC工作機械を更新し、新しくなったのですが、今まで不水溶性切削油 を使っていました。 これから水溶性を使うのですが、専用タップを使った方がいいのでしょうか? アドバイスなどよろしくお願いします。

  • 水溶性切削液について教えてください。

    MCの水溶性切削液を交換したいのですが 他のメーカーの切削液を使ってみたく いろいろ調べてみたら、エマルジョン、ソリューブルとありましたが一長一短を教えてもらえませんか? 主な加工材種がアルミとS45C等ならどちらがいいのでしょうか?

  • 水溶性切削油用バルブについて

    現在、7%水溶性切削油を循環させる装置を設計しています。 水溶性切削油でも使えるポンプは見つけたのですが、 電磁弁がなかなか見つかりません。 どなたか水溶性切削油でも使える電磁弁をご存知ありませんか。 回答をよろしくお願い致します。 申し訳ありません。 上記のバルブは電磁弁ではなく、 リリーフバルブとのことでした。 どなたかご存知の方、回答をよろしくお願い致します。

  • 不水溶性切削油の悪臭

    現在 不水溶性(水溶性ではない)切削油の臭いで困っております なぜ臭いのきつい油にしたかというと 刃具寿命の延長目的でいろいろとテストをしているうちにたどり着いた油がそれでした。 (なんと寿命が2倍に延びました) 臭いの少ない油に替えれば解決しますが、それでは刃具寿命が激減してしまいます。 設備はNC自動盤 中圧ポンプ10キロ使用 1.不水溶性切削油がミスト化するため、集塵機をつけてありますが効果なし。 2.臭いを隠すために油剤メーカー純正ココナッツの香料を添加しておりますが効果は余りありません。(臭いが強くなる) 3.水溶性の場合、バクテリア除去でオゾンが効果があるということで だめもとでオゾン発生器を切削油タンクに入れてみましたが効果なし。 現在かなり困っております。 油の臭いを消す方法を知っておられる方、よろしくお願い申し上げます。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。