• 締切済み
  • 困ってます

ネジゲージ(1級、2級)の選択で教えて下さい

例えば、これから表面処理されるメッキ前品などのネジ検査とメッキ後の完成品のネジ検査で使用するネジゲージの等級を変えています。 その使い分けと理由が理解できません。 また1級と2級のネジゲージの差はなにかもわかりません。 ご指導を宜しくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数3563
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ネジ径(山径と谷径)の公差設定の違いです。1級の雄ネジと雌ネジだとガタが小さく、2級のほうが許容差が大きくガタツキが許容されます。参考に「ねじ用限界ゲージ方式と製品ねじの公差相互の関係位置説明図」のHPのリンクをつけておきます。

参考URL:
http://www.daiichisokuhan.co.jp/a_004_b.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ネジ径とリングゲージについて

    あるメーカーさんの図面でねじ切りなしの表面処理は3価クロム8ミクロンの指示があり、M8X1.25ネジを切る部品は3価クロム5ミクロンの指示があります。 5ミクロンのメッキ処理後M8X1.25のネジ部は止まり通りのリングゲージ検査の適用を受けると解釈するのでしょうか。図面には記載は有りません。 適用を受けるとすると現状φ7.1のマイナス目のS15Cの丸棒材をネジ加工をしてますが、このネジきり時点での管理(チェック)はどうするかということになります。メッキの膜厚管理だけで対応可能でしょうか。 宜しく教示願います。

  • ネジゲージの誤差について

    ある製品で、自社の製造部が持ってるOSGの3BネジゲージではOKなのに検査部が持ってるオヂヤセイキの3Bネジゲージが通らない事案が出ました 測範社の3AリングゲージにOSGのネジゲージは通るのですが、オヂヤセイキのネジゲージが通りません この行為がいいのかどうかわかりませんが・・・ 検査部のネジゲージは毎年エヌケイエスで校正してるのでこっちが正しいと言います ネジゲージはメーカーによって微妙に違うものなのですか? また、毎年の検査以外に自社で行えるネジゲージの検査はどのように行えばいいのですか? わたしは製造側の人間なので検査には詳しく、専門家の指導を頂きたいです よろしくお願いします

  • ネジリングゲージで検品する時、変な事がおきました

    新品で買ったネジリングゲージG1/2(止りゲージ:等級NR A、通りゲージ:等級GR A.B)を使ってPF1/2のメネジを検品したところ、止りゲージが入ってしまい、通りゲージが入らないという事で、わけが良くわからなくて、教えていただければ、助かりますので、宜しくお願い致します。

  • ネジゲージでの検査

    M10P1.5おネジをGR2(2級ネジリングゲージ)を利用して検査しようと考えております。 社内に3個,GR2のゲージがあり製品を3本指の力でねじ込んでみたところ、通るもの1個、きつい感じのもの1個、入らないもの1個あり同じ規格のゲージのはずが、ここまで差がはっきり出るとは意外でした。 製品検査上、合格、不合格の判定が出来ない状態です。 最良の方法はエンドユーザーの検査機器を借用して検査する方法ですが、その前に自身(製造側)の判定基準を作りたいと考えております。 考え方のご教授を御願いします

  • ネジゲージのGP?、IP?とは?

    宜しく御願いします。 タップがしっかり切れているかどうか検査するのに「ネジゲージ」 というツールがあると思います。 両端がおネジになっており、 それぞれに「GP?」、「IP?」と表示されているのですが、 どういう意味なのでしょうか? ネジの等級などを表してるんでしょうか? ネットで調べたのですが、説明らしきものが見当たらないので 質問させていただきました。 設計をしているにもかかわらず、初歩的質問でお恥ずかしいのですが、 部品検査から質問され回答に困っています。 お助けください。 急ぎでいただけるとありがたいです…。

  • ネジ加工後鍍金処理するとゲージが通りません

    御世話になります。 ダイスで雄ネジ(M3×P0.5)の加工後、鍍金処理(無電解ニッケル4~6μ)するとネジゲージ(リングゲージ)が通りません。 ねじの加工時に鍍金を考慮するのか、メッキ屋さんに配慮して頂くのが良いのかよく分かりません。(鍍金は、かごで(400~500個)処理されているとの事です。) 良い方法を教えて下さい。

  • ねじゲージ ISOとJIS

    旋盤加工でねじ切りをします。 検査で、2級のネジゲージを使いないと言われました。 5hのネジゲージもあります。  JISとISOとのネジゲージの検査の使い分けはどのようにするのですか? 素人ですがよろしくお願いします。

  • ネジの錆止め材、表面処理メッキによるケミカルアタ…

    ネジの錆止め材、表面処理メッキによるケミカルアタック ネジの錆止め、表面のメッキ処理、加工時の油残りが原因でネジ止め部が ケミカルアタックを受ける事はあるのでしょうか? 使用するネジは適切なものを使用しているのですが、ボスが割れてしまい 原因を追求しているところです。 ご回答をお願い致します。

  • ネジ部へのメッキのつきやすさ

    特殊なボルトを外国の工場で製造しております。 それをその近辺の外注で三価クロメートのメッキ処理をしてもらっております。 品質にいろいろ問題があってメッキ業者と討論しているうちに、ボルトのネジ部とネジ無し部ではどちらがメッキがつきやすいのか?という疑問が出てきました。 材料のSWCH材(ボンデ処理)をフォーマー加工後、ネジ加工は、ダイプレートによるローリングもしくは転造盤で、ネジ部とネジ無し部の切削加工は有りません。 現在までの調査結果では、 ?転造ネジならネジの表面はネジ無し部より平滑でメッキがつきやすいという人もいますし ?逆にネジの表面はむしられており平面ではない。 という意見の二つに分かれています。 素人なので、どちらもなるほどと思えて結論が出ません。 初歩的なことで申し訳ないですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。

  • ねじゲージの較正

    お恥ずかしい内容ですが。 外注に加工を依頼している機械加工部品にM5の貫通ネジがあり、その受入検査をオスねじゲージを使って行っていました。 そのねじは客先で使用するネジ穴になります。 オスねじゲージが通ることを確認して組立をしていたのですが、お客様の所でネジが入らないというクレームが出ました。 返却された物を調べると、オスねじゲージは通るのですが、メッキのネジだと通らない事がわかり、オスねじゲージ自体がやせてしまったと考えられます。 そこで対策として定期的にオスねじゲージの確認を行う事にしました。 どれぐらいの頻度で、どのように確認すれば良いのかがわからず、どなたか詳しい方に教えて頂きたい。 一応、一ヶ月ごとにメスの止まりのねじゲージに通してみて、通らなければOKにしようかと思っています。 ある人に聞くと、メスねじゲージはオスねじゲージを検査するためにあるのではないと言われてしまいました。 別の職場に聞くと、較正対象外にしているとの事で参考になりませんでした。 是非とも情報をお願いします。