• 締切済み
  • すぐに回答を!

浸炭処理後のメッキ

SWCH材の精密ねじにメッキする品物があるのですが 浸炭処理がされており、メッキ前の酸活性を行うと表面が黒くなります。 そのままメッキすると密着性などに影響が出るかと思うのですが 何か良い方法はありますでしょうか? バレル研磨など機械的な除去方法もあるのかと思いますが、化学的方法で良い方法があればご教示頂きたいと思います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数376
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

専門家ではありません。 URLで確認した資料や書籍を参考にしてみてください。

参考URL:
http://www.google.co.jp/search?q=%E6%B5%B8%E7%82%AD%E5%87%A6%E7%90%86%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%AD%E3%80%80%E5%8C

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 浸炭窒化焼入焼戻しのスケール除去

    初歩的な質問で申し訳ありません。 自動車部品を製造しているメーカーなのですが、 板金部品に浸炭窒化焼入焼戻しを処理するので すが、スケール除去のためにショットブラストを しています。 しかしコストダウン検討でショットブラストではなく バレル研磨に変更しようという案が出ています。 バレル研磨でスケール除去は適正でしょうか。 本来の目的とは違うことは承知していますが、 そちらのほうがコストが低いということで。

  • バレルメッキについて

    ステン材のNiバレル鍍金について御願いします。現在 6mm角厚さ0.2mmのステンのNiバレルメッキをしています。条件は下記の通りです。密着不良品が15%位出たりでなかったりしています。工程上どう直したらよいでしょうか、ご指導ください。 前処理 酸活性 塩酸  30%    2分 Niスト  NiCl 230g/L   260A 30分 HCL 120g/L Ni NiHSO4 250g/L    75A 50分 NiCl 60g/L PH 4.4 ホウ酸   45g/L バレル 径     250mm 7回転/分

  • メッキ前処理の酸洗いで表面層は何ミクロンくらい溶…

    メッキ前処理の酸洗いで表面層は何ミクロンくらい溶けますか? S12Cを切削加工した鍛造部品の残留応力の測定を考えていますが、X線を用いた測定では表面層数ミクロンの応力を測定しているため、 鍛造の残留応力ではなく、切削加工にに伴う残留応力を測定している様です。 これでは目的と違うため、何とか余計な応力を与えずに極表面層だけ取り除きたいと考えます。 案としてメッキ屋さんで酸洗いを行ってもらい、表面を溶かしては?と考えているのですが、通常のメッキ工程の酸洗いで金属(S12C)表面はどの程度溶けるのでしょうか? 皆さんアドバイス有難う御座います。 メッキ屋さんでも条件によっては可能性はあるが管理は難しい、と理解しました。 電解研磨の方が妥当との事ですので、其方を当たって見ます。 有難う御座いました。

  • 浸炭の表面硬度について

    客先からSCM415、表面硬度56~60HRC、浸炭深さ1mm以上で依頼がありました。 テストピースを180℃で戻し、ロックウェル指示なので、ロックウェルで測定したところ、表面硬度59HRCでした。 浸炭深さはヴィッカースで0.1mmおきに測定し、有効深さ1.1mmでした。 データを客先に出したところ、ヴィッカースで浸炭深さを測定した硬度が0.1mmから0.3mmのところで62HRCあると言われ、なぜ表面硬度より硬いのかと言われました。 表面は残留オーステナイトなどで多少柔らかくなると説明しましたが納得してもらえませんでした。 表面硬度指定なのに内部硬度を言われても、難しいと思います。 また、ロックウェルとヴィッカースの荷重による違いもあると思います。 どのように説明したらよろしいでしょうか? 浸炭深さ1mm以上指示は、板材で変形も考え、研磨仕上げで、どれ位削るかわからないので深めにしたということです。 品物が大きいので、品物自体をヴィッカースで測定することはできません。 テストピースをヴィッカースで測定し、表面硬度ではなく、内部のどの深さで硬度を測定するか客先と相談してみます。

  • 亜鉛クロメートメッキの白い粉

    S45C、SCM415素材を機械加工後焼入れしたものをメッキ加工業者に持ち込み、脱脂、酸洗、亜鉛クロメートメッキを施してもらっている品物で、過去何年も同じ工程で正常に流れていたのですが最近突然、メッキ後の表面に白い粉が吹いたように腐食痕のようなものが大量に発生するようになり困っています。 メッキの前処理液の状態、母材の組成、機械加工時の 切削液等、考えられる原因をいろいろ探ってみたのですがまったく改善しません。メッキ前にショット処理をしても同様に発生しますが研磨すれば不良は発生しなくなるのですがすべてを研磨するわけに行きません。現象の原因として考えられる要因に心当たりのある方は教えてください。また発生した製品を再処理して正常にメッキ処理をしていただける加工業者の方、 大阪近郊にありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • アブゾール皮膜によるメッキの剥がれ

    得意先でアブゾール脱脂した真鍮の品物を、弊社でアルカリ脱脂後ニッケルメッキを付け、破壊検査をするとペロリと剥がれてしまう。 送られてきた品物には油分はなく脱脂できているのだが、アルカリ脱脂液に浸漬するとワックスされているように脱脂液を弾いてしまう。 品物表面のアブゾール皮膜が、メッキ剥がれの原因と思われる。 このアブゾール皮膜を簡単で安価に除去できる方法はでないでしょうか? ご存じの方、教えてください。 宜しくお願い致します。

  • クロムメッキのふくれ(浮き)についてのご質問

    弊社はグラビアロールを扱っているのですが(銅メッキ後にクロムメッキ)、 ここ最近(7月中旬ころから)例年になく標題の件に悩まされています。 当初は錆びだと思っていたのですが、どうもクロムメッキのふくれ(浮きの方が的確な表現でしょうか)が原因のようです(下地の銅は錆びていません)。 テープを貼り付ければ簡単に剥れてしまうような状態です。 複数の要因が考えられるので、以下の項目に分けました。 ?メッキがふくれてくる(浮いてくる)のは密着不良が原因だと考えられるが、密着性を上げるにはどうすればよいのか?(電気メッキです) ?クロムメッキ厚は7μの設定ですが、精密に測定する方法は? ?版倉庫は温度・湿度管理はしていませんが、やはりその辺りも関係するのでは? ?インキや溶剤がクラックから入り込むことも要因の一つなのでは? ?耐食試験の方法は?または専門の業者・試験所はあるのか? 以上5点についてアドバイスくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 追加質問します。 1.活性化とは「薬品や電解によって金属(この場合は銅です)表面を破壊し、電導率の良い、化学反応が起こりやすい状態にすること」とありますが、もっと具体的な説明が出来る方がいらっしゃればご教授ください。 2.銅とクロムの密着度を調べる測定試験を実際にやられている方がいらっしゃれば、評価方法などを教えていただきたいです。(折り曲げ試験や加熱・急冷試験があるそうですが) よろしくお願い申し上げます。

  • クロムメッキ上の熱処理スケール除去

    鉄素材にクロムメッキした製品に、ある部分だけ高周波熱処理行ったところスケールが発生して黒くなってしまいました。クロムメッキを傷めずにスケールだけを除去する方法をどなたか教えて下さい。物理的に取る方法はあるのですが、今回は薬品処理にて化学的に除去する方法をお願い致します。

  • メッキ剥がれについて

    材質S15Cを鍛造(冷間)処理した物をNCで切削加工しています。 これをMFZn?ーCのメッキ処理するのですが切削加工面は問題ないのですが素材地肌面のメッキが剥がれてしまいます。 表面処理に問題があると思い問い合わせたのですが酸洗いを強くすると表面が焼けてしまうと言われました。 どこに問題があるのでしょうか? 皆さんの経験で原因と解決方法のアドバイスをお願いします。

  • ニッケルメッキの密着不良の問題

    真鍮素材にニッケルメッキをした品物が、密着不良を起こしてしまいました。 破壊検査やクロステスト等、品物を壊すことなく密着不良の検査をする方法はないでしょうか? 以前、200℃ 1.5時間の熱を加える検査をしたことがあるのですが、メーカー推奨や文献に書いてあるなど、裏付けがなく認めてもらえませんでした。 何かこれならばOKを貰えるような方法を知っている方教えてください。 宜しくお願い致します。