• ベストアンサー
  • 困ってます

海外での寸法公差の表記

寸法公差の海外での表記の仕方についての質問です。 アメリカから製缶ものを購入するのですが、その図面に 記載されている標準寸法公差の読み方がわかりません。 例えば FRACTIONS +/- 1/64 2 PLACE DECIMAL +/- 0.02 3 PLACE DECIMAL +/- 0.002 といった形で書いてあるのですが、何インチから何インチの 範囲では、交差は何インチか というように読み取れるもの でしょうか。 お力をお貸しください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

FRACTIONS +/- 1/64 整数寸法値 プラスマイナス 1/64インチ以内 2 PLACE DECIMAL +/- 0.02 小数点2桁 記載寸法値  プラスマイナス 0.02インチ以内 3 PLACE DECIMAL +/- 0.002 小数点3桁 記載寸法値  プラスマイナス 0.002インチ以内 JISとは全く見方が異なります。 この場合、小数点一桁の数値には FRACTIONS を適用します。 寸法値の直後に公差指示がある場合は、それを優先します。 SAEが手元にないのですが、探してみます。 数値の解釈の仕方は違います。もっとシンプルにみてください。 例えば 50インチの記載寸法の場合は ±1/64インチの公差が適用される。 50.00インチの記載寸法は ±0.02インチ 50.25インチの記載寸法は ±0.02インチ 50.000インチの記載寸法は ±0.002インチ 50.250インチの記載寸法は ±0.002インチ 寸法の小数桁数で公差が規定されるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 例えば 10 インチの寸法であれば 10 ± 1/64 インチ 1 インチの寸法であれば 1 ± 1/64 インチ 0.1 インチの寸法では 0.1 ± 0.02 インチ 0.01 インチの寸法では 0.01 ± 0.002 インチ という解釈であっているでしょうか。 少数点二桁寸法値というのは 0.1インチを差すのか、0.01差すのか が良くわかりません。 また、1.23 インチの寸法でも 1.23 ± 1/64 インチ と考えるのでしょうか。 それとも、この場合は桁ごとに考えるのでしょうか。 申し訳ありません。ご教授ください。 またこの寸法の記入方については SAEなどに記載されているのでしょうか。 m-sudoさん、丁寧な回答ありがとうございました。 読み方が理解できました。なるほど、小数点以下の桁数の表記で その部位の交差の大きさを表現するものなのですね。 SAEについては自分で調べて見ます。 ありがとうございました。

質問者からの補足

すみません。返答を記入中に追記が入っていました。 1.234 インチの寸法であれば 1に対して ±1/64 インチ 2に対して ±1/64 インチ 3に対して ±0.02 インチ 4に対して ±0.002 インチ をそれぞれ適用するということで合っているでしょうか。 実質的には これらの公差の最大最小をみると 1.234 ±0.038 インチとなると言うことで正解ですか?

関連するQ&A

  • 寸法公差の書き方について

    単純な質問で恐縮です。図面に寸法公差を記載する際、例えばプラス公差が ゼロで、マイナス公差が0.1の場合、+0/-0.1の表記はJIS上問題ないのでしょうか?習慣的なものなのですがゼロ表記にも+、-を付けてしまいます。 ご教授宜しくお願いします。

  • 寸法公差の表記で「ED0501」とは?

    現在、検査を担当しているのですが、先方の図面を見ると、 「指定なき寸法公差はED0501による。」と記入されているのですが、JIS規格をいろいろ検索するのですが、全く見当たりません。 図面のJIS規格は(JIS G 4318)と書かれています。この規格を調べても、交差的なものは載っていませんでした。 非常に困っております。 なにぶん、まだ未熟者でございますので、なにとぞご指導の程よろしくお願い致します。

  • JIS規格の寸法公差について

    はじめまして。 プレス加工製品の検査担当をしております(未熟者です)。 いつもの顧客図面では図面上に公差の入っていないものは一般公差として図面内に呼び寸法に対する公差が記載されているので確認できるのですが、 この度別の客先の製品を受注して検査することになったのですが、 図面上にそういった欄がなく、ただ 「公差表示方式 JIS B 0024、普通公差 JIS B 0419-mH」 と記載されているだけで公差のランクや幅がわかりません。 過去の質問を検索したり、上記JIS規格を検索しましたが勉強不足かもしれませんが理解できません。 知りたいのは曲げ寸法の公差なのですがJIS B 0419を読んでも曲げに関する寸法の記載がなくわかりません。 結局のところこの様な図面の場合「○○±0.1」とか直接公差が入っていない寸法公差をどの表で判断したらよいのかを知りたいのですが・・・。 初歩的な質問で申し訳ありませんがどなたか教えてください。 ご回答して頂いた方々、ありがとうございました。 大変参考になり、また、勉強になりました。 JIS規格というのはどうも苦手意識があり、読んでも理解し難い文章と思っていましたが、皆様のアドバイスを読んでから規格を読み直すと見えてくるものがありました。 まだまだ勉強不足です。 しっかり熟読して力をつけたいと思います。

  • 寸法公差について

    すごく基本的な質問なんですが、 図面の寸法公差の入れ方(解釈)で、10±0.1と書いた場合と、 9.9 0~+0.2と書いた場合では、どちらも9.9~10.1になると思いますが、ある設計者が「±で書いた場合は呼び寸法の大小どちらにばらついてもOK、0~+0.2と書くのはマイナス側へずれたら致命的な時なので、0~+0.2と書いていれば+側を狙って加工するような注意が必要」と言っていました。 加工する方から考えれば、通常、機械の精度にも±の公差があると思いますので、公差範囲の真中を狙って加工するのではないかと思います。 この解釈は合っていますか? もしくは公差の入れ方について何か明確な決まりはあるでしょうか?

  • ネジ穴の寸法公差

    図面に関しては素人なのですが・・・。 手書きの製図図面を業者さんに出して物を作ってもらいました。 後から、作ってもらった部品の寸法を測るコトになったのですが・・・ 各寸法の公差は記入していなかったので一般公差で済ましていると思うのですが、ネジ穴部分の寸法公差は存在しているのでしょうか? (ネジ穴の寸法表記はM6としかしていません。) JISで決まっているんであればどの規格に当てはまっているのかしりたいです。 業者さんに聞こうと思っていますが、なるべく早く回答が欲しいです。 質問文章で不明な点は私が分かる限り教えたいと思います。

  • 設計の公差の表記について

    設計については全くの素人ですが、簡単なものの図面作製を依頼されました。 そこで公差の決め方が分からないので教えていただけますでしょうか。 基準寸法を100として公差を±2とするのと、99にして公差を+3、-1にするのではどのような違いがあるのでしょうか。どちらの場合も許容範囲は98~102で同じになるような気がするのですが。 使い分ける時の判断基準があれば、それもあわせて教えていただけると幸いです。

  • 製缶公差について

    製缶公差について調べております。 製缶公差はよく図面の隅っこに小さく載っていますが、 その規定はJISにも無く、各社それぞれで基準を設けて おられると思います。どの程度の公差範囲を基準とされて いるのかご教授頂きたく。 ちなみに小職の知っているものは↓。 50以下       ±1.0 50超え、200以下   ±2.0 200超え、400以下  ±3.0 400超え、800以下  ±4.0 800超え、1600以下  ±5.0 1600超え、3200以下 ±6.0 3200超え      ±10.0 宜しくお願い致します。

  • 図面に公差を指示しないと、許容寸法範囲はどのくらい?

    図面を書く上で公差の指示方法は、普通公差、数値による公差、はめ合い方式による公差がありますが、 図面に公差を指示しないと、許容寸法はどのくらいの範囲になるのでしょうか。 これはJISで決まっているのでしょうか。 どなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • 寸法ゼロの場合の図面表記

    私は長さがゼロの場合や角度寸法がゼロの場合に今までは幾何公差を 用い図示していたのですが、客先からきた図面に ”0±0.5”や”0°±0.5°” のように寸法指示ゼロの表記となっているものがありました。 そこでご教示頂きたいのですが、長さや角度を表記する場合にゼロ の表記は図面作成ルール上、良いのでしょうか? 私は今まで寸法ゼロの表記が駄目なものとばかり思っていたのですが。 JIS参照やネット検索で調べてみたのですが、それらしい記述がなかった ためご教示頂きたくお願い致します。

  • WORDでの寸法公差の表記方法を教えてください!

     初めて質問させていただきます。 私は金属加工業に従事する者です。  さて早速ですが、弊社でも発注元から受注した試作 品の生産を行った場合、検査結果報告書(寸法検査 結果等の報告書)の提出が義務付けられています。  この場合、弊社ではWORDを使って検査結果報告 書を作成していますが、機械加工図面で公差指定 (親寸法+上限公差・下限公差併記)がある寸法を 表記しようとする場合の表記方法をどうすればよいか 悩んでいます。 例えば、φ100+0.05           -0.25  のような場合です。  正直申し上げて、以前(WORD97等)では (+0.05-0.25)の部分を組み文字を使って 親寸法に続いて1行での表記が可能でした。 それがWORD2000以降、組み文字の文字数制限 で「6文字以内」と改悪されてしまったため、上記の ような例(6文字以上)では使えなくなってしまった のです。  注)WORD97では12文字以上の組み文字が    可能でした。  数年前にMicrosoftのサポートサイトへ組み文字の 文字数制限撤廃に関する要望を出してみたのですが、 未だ回答・改善のないままです。  機械系の品質管理部門には必須ともいえる寸法公差 の表記ができなくてはWORDを使う必然性が無くな ってしまいますが、WORDがワープロとして主流を 占めるようになった現在では、WORDを使うしか なく、非常に困惑しています。 現在は、応急措置として検査結果報告書はWORD 2000やWORD2003で公差部分を除く大半 を作成し、公差部分をWORD97で仕上げて印刷 するという方法を採っています。  注)'90年当時、公差表現ができるのは一太郎    のみで、上限公差・下限公差を2行に分けて    上付文字・下付き文字で書いて、0改行する    という方法を採用。WORDに組み文字機能    が付加されたことでWORDに乗り換えた経    緯があります。     ちなみに、会社にはWORD97がインス    トールされた古いパソコンは1台のみで、残    りはWORD2000や2003がインストール    されています。  WORD2000以降でも、テキストボックスや 数式エディタを使えば表記がまったく不可能という 訳では無いのですが、それらはあくまで文字では なくオブジェクトなので取り扱いが不便で使う気に なれません。  機械系職種に従事され、WORDをご使用の方で、 このような寸法公差の表記問題を解決されている方が ございましたら、ご教示方よろしくお願い申し上げま す。