• 締切済み
  • すぐに回答を!

切削油について

切削油が、初めは、白い色なんですが、 半年くらい経つと、緑色に変色しベトベトします。 私のマシニングは、潤滑油が多く排出されると いうことで、まざって変色するのか、 他に問題点があるんでしょうか? 切削油に浮いてる油をローラが 吸い取らないせなのか。 なにか、分かれば教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数796
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

油剤メーカーに聞いた話ですが嫌気性(空気を嫌う)と好気性(空気を好む)両方存在しエアレーションが必ずしも好結果にならないようです。 浮上油回収装置 ゼオテック http://www.zeotek.co.jp/ のWOSミニ・Fお勧めです。 処理能力が高い、分離が悪くても分離できるなどの特徴があります。 少し高目ですが台車に付ければ使いまわしが出来ますので安くつきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

一部の機械では滑動面潤滑油が落下して切削油と混ざる構造のものも、 定期的に油分を取る必要があります。緑は銅系材料によるもの。 白い切削油は水溶性ですよね。 嫌気性バクテリアの繁殖により水質の悪化がおこります。水槽用のエアーポンプ(金魚用の)が有効という話を聞いたことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

#2です。 オイルスキマーは大手だと「カタクラ」 http://www.katakura.co.jp/Activities/Kiden/oilskmer.htm 吸着材は三井化学 http://www.mitsui-chem.co.jp/ のタフネルオイルブロッター こんなところでしょうか。 ちなみにウチでは スキマーは食品用(牛乳から生クリームを分離する装置)を改造して自作した物を20年使っています。 吸着材は上記のロールシートタイプを使っています。 スキマーは本当にたくさん出回っていますので、おすすめは特にありません。(ウチも自作ですし。。。) 吸着材はいろいろ試したのですが性能差を体感できたことがないので、入手が容易だと言うことだけでこれです。(ウチ出入りの工具商がたまたま、とりあつかっていただけ) あとは自力で調査してみてください。 大きさとか能力とかを考慮して。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

とりあえずクーラントの管理は 1.濃度管理 2.浮上油除去 3.スラッジ除去(浮遊&沈殿) です。 1.は糖度計たとえば http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/wppal-1.htm などで管理できます。 もちろん糖度を測る物ですからクーラントの場合補正をしなければなりません 補正は少量正確に作ったクーラントを計り濃度と表示の差を求めればOK。 2.3.はそれぞれ専用機がありますが高価ですので次の方法で安く出来ます。  1 クーラントタンクのレベルが下がってきたら全てのクーラントを一端別のタンクに移します  当然そのときにタンクの掃除を行います。  2 次に掃除したタンクに新液を張り込みます(濃度はきちんと)  3 移したタンクは底とそこから50程上にバルブを付けておきます    そして一週間もすればスラッジの沈殿と油の分離がされていますので    そこから50に付けたバルブから継ぎ足しとして使用します 以上をすれば現状の問題は無くなると思います。 またこの方法では機械台数、時間が取れないとなれば効果的な専用機がありますので紹介します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 高価な物ですと、大変なので 上記の方法を参考に、してみようと思います。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんばんは。 #1さんと似たようなお話になりますが、真鍮など、銅系統の素材の切削をしていませんか? 私は水溶性切削油を使っていますので、条件が違うかと思いますが、扱っている5台の機械のうち、一台の機械のみで真鍮の加工を行っています。残り4台は淡黄色ですが、その機械の切削油だけは緑色を通り越して、青色に変色しています。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 似たような感じですね。 いろいろな材料を使用しているせいなんですかねー

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

#2です。 王道はご自身で検索していただくとして、ウチの例をお話しします。 >濃度の管理とは? エマルジョンはそれぞれの分子が親水基と呼ばれる水と結合しやすい部分と親油基と呼ばれる水と結合しにくい部分(油と結合しやすい部分)を両方もっています。 そのため適正に水が結合すると、バランス良く水の中に分散することができるようになります。 希釈後に白くなるのもこの分散による現象です。 逆に言うと、濃度が高くなると親油基どうしがくっついてしまい、分散できずに油として分離する現象が発生します。ムダなのはもとより、切削性能の低下も起きます。(薄すぎる場合も潤滑性が低下し、切削性能の低下が起こります) そこで濃度管理が重要となるわけです。 詳しくはブラザー等の大手エマルジョン系切削油メーカのHPで確認してみてください。 管理の手法はたくさんあるようですがウチでは、 リフラクトメータという光学式の濃度計を利用しています。 食品の糖度などを測定する道具で、先端にガラス板が斜めに付いた望遠鏡の様な形の道具です。テレビ健康情報番組などでみたことがあるかもしれません。本体のガラス板に測定対象の液体を垂らして光にかざしてのぞくと、あら不思議、濃度が解るというものです。 他の測定方法と比べて精度は若干低いらしいですが、お手軽なので測定作業が苦にならないところでおすすめです。 ウチでは週1回(月曜朝)に測定し、若干薄めのクーラントを追加して調整していました。(現在、現役を離れてしまったので。。。) 濃度は必ず蒸発によって高くなる方向にしか変化しないので一定濃度以下という管理のみを行っていました。4ヶ月毎に全清掃していたので、そのときはメーカ推奨濃度の新品を投入していました。 >オイルスキマーとは、ローラーで巻き上げて、 >油を清掃するやつですか? はい、その通りです。 浮上油除去装置と名付けて販売されているものも同じ目的です。 ローラー、ベルト、ディスクといろいろなタイプがありますがウチではディスクタイプを利用しています。 先輩の話では当時(20年位前らしい)いろいろ試していちばん良かったと説明にならない説明でしたが。。。(笑) 最近はいろいろと複雑なものもありますね。 JIMTOF等の切削に関する展示会でも数多くの出展がありますので一度見学されてみてはいかがでしょう。(5月にインターモールドならあるはずですよ。東京ビッグサイト) >吸着剤とは 吸着材は、やはりそれように販売されているものもありますが、要はタンクの中の切削油に浮いている油をシート状、マット状の油を吸い込むもので一気に除去してしまうといった感じでしょうか。 お料理グッズのアク取りシートみたいな感じですね。 工作機械等で油漏れしたとき等に周りに広がらないように似たような物をお使いでしたら試してみてはいかがでしょう。 とりあえずの追加投資が最も小さい方法です。 これでリクエストに応えられたでしょうか? がんばってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 参考になりました。 いろいろ調べてみようと思います。 5月のビッグサイトも 時間が取れれば、行ってみようと思います。 こんばんは。 たびたび、すいません。 吸着剤とローラー等のメーカーを 教えていただけないでしょうか? 探せませんでした・・・ 時間があるときでよろしいので、 お願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

白色ということはエマルジョンタイプだとは思いますが、濃度は管理されていますか? 潤滑油が多いとのことですが、オイルスキマー等の設置はされていますか? (吸着材で定期的に除去でも良いんですが) 異臭はしませんか? 嫌気性細菌の繁殖、もしくは乾燥による高濃度化が怪しいと思います。 半年とのことですが、ウチでは5月連休、お盆休み、お正月のそれぞれ前にタンクの清掃をしていますよ。 (当然、切削油は全捨て)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。 年に3回清掃をしてるんですね。 濃度の管理とは? オイルスキマーとは、ローラーで巻き上げて、 油を清掃するやつですか? 吸着剤とは? もしよろしければ、ご説明してくれないでしょうか? いつも、どうしたらいいのか悩んでいます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

他油混合は腐食の原因に鳴りますので定期的な除去が必要です 緑色で気になるのは 銅板腐食が関係していませんか? 機内の銅製部品が腐食で緑色になっていませんか あと 原液が緑色だと原液の添加過多で緑っぽくなります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅れて申し訳ありません。 そうですね、定期的な除去が 必要ですよね。 期間を決めて、掃除していこうかなと。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ジュラロンという切削油について

    どなたか、ジュラロンという日立精機マシニング専用に作られた 「MLO731H」という油を使用している方はいらっしゃいませんか? なんでも潤滑油と水溶性切削油がひとつの油で兼用できると言う油らしいの ですが、周りに誰も使っている同業者がいないので、真偽のほどが・・。 SS材でもアルミでもSUS304でも材質を問わずに使用できるのでしょうか? SS400のような生材にリーマ加工やネジ立てしてもかじらないで 加工出来ますでしょうか? メーカーの能書きではなく実際のところを知りたいのです。 一般的な水溶性切削油に比べて価格が高いということですが ペール缶一個あたりいくらなのでしょうか? 匂いなどはありませんか?手は荒れませんか?腐りませんか? 使用されている方がいましたらよろしくお願い致します。

  • 切削油の泡立ちが原因で出が悪くなるのか?

    NC旋盤で切削油をかけながら加工中、切削油の出が悪くなります。最も考えられる原因は配管のつまりだと思いますが、その他に考えられる原因はありますか? 因みに、切削油タンクは去年末綺麗に掃除したばかりで油量は十分です。が、摺動面潤滑油が混ざる構造になっています。又、タレットに装着した工具ホルダからかなりの勢いで出るのでタンクに落ちた切削油は白く泡立っています。小生思うにこの泡立った切削油を再びポンプで吸い上げる為に出が悪くなるのではないか?と。併せて泡立ちを抑える消泡剤の効果はいかがなものでしょうか?

  • 切削油について

     NCフライスにて S55Cを加工しています。 8割以上ハイスエンドミルやドリルによる加工です。ときどき超硬Φ6使用。 実は切削油ユニカットテラミを今後購入しない方針になりました。 潤滑油SF68廃油を切削油として(混ぜて)使用した場合、加工への影響が知りたいです。 難しい質問ですみません。

  • 切削油

    汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?

  • 切削油

    私は、現在自動盤(シンコム)による仕事に従事 していますが、協和石油化学の(サーティングカット)切削油を使っています。このメーカーの 油を使っている方は多いようですし、私も気に入っていますが他社に比べると若干割高なもので、 このご時世で経費を落とせと上からの要求もあっ たりするので、ここの油より低コストで同等の切削性の油が有ればご推奨願えれば有難いです。 できれば、塩素系・非塩素系の両方で御願いします。

  • アルミの切削油について

    初めて、投稿しました。 当社では、半導体製造装置のアルミ(A5052)部品を、切削加工しています。 そこで、切削加工時にアルミ切削加工表面が変色してしまいます。(赤茶色) 切削油は、水溶性の《ユシローケンEC73》を濃度5%10%で管理しています。ちなみにPhは67です。 加工時間は、約2時間程です。 油メーカーに確認しても、変色の原因がはっきりしません。 皆様方で、同じご経験がある方、また、その処置方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。よろしく、お願いいたします。

  • 切削油を使用しない加工方法

    アルミ(A6061)の鍛接品のマシニング加工において、切削油を使用しない加工方法を探しています。 理由:切削油を使用した製品を後工程(熱処理)に回すと、鍛接された部分に油が入ってしまって黒く焦げた状態になってしまい、これをなくしたい。切削量は5mmくらい。ワーク寸法は1500*1500*1000くらい 小生でも調べてみましたが、エアーブローぐらいしかわかりませんでした。 切削油に代わる加工ツール又は加工方法(湿式、乾式どちらでも可)をご存知でしたら、ご教授ください。 すいません、言葉足らずでした。 要は油をあまり使いたくありません。 湿式でも、水とかアルコールとか油を使わない加工方法があればご教授ください。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 切削油と灯油の混入

    どなたか教えてください。 弊社ではマシニングの切削油に灯油を混ぜて使っています。 切削油1に対して灯油2ぐらいの割合です。 試作部品製造専門なので、加工材質は主にアルミですが、銅や鉄なども扱います。 環境面、安全性、コスト、などいろいろあるのでしょうが、 他の会社を知りませんので、普通なのか異常なのかわかりません。 素人的にはものすごく健康に悪い気がしてなりません。 どなたか良いアドバイスをお願いします。

  • 切削油の使用の仕方

    ボール盤で、ステンレスやATS34などに穴を開けたんですが、ホームセンターで買ってきたステンレス用切削油を少したらして使用しました。 最初にちょっとだけだと、途中から煙がでたりするので、半分ほげたら、また少したらしてみたりしました。 少しづつですが、垂らしながら使用すると、煙も出ずに穴をあけれました。 少しくらい、煙が出ても問題ないのでしょうか? 今回の穴あけは、5mm厚位のステンレス304とATS34でした。 切削油をどれくらいかけながら穴あけをするのが、よいのでしょうか? また、良い切削油をご存知の方、教えてください。 それと、ボール盤で切削油を使用する場合の段取りを教えてください。 やはり油の受け皿等は準備しておくべきものなのでしょうか? よろしくお願いします。