• 締切済み
  • 困ってます

カッティングシート貼り付け後のクリアコート

当方、車用のウレタンクリア塗装された金属板の上にカッティングシートのロゴを貼り付け、再びクリア塗装で剥離防止を考えていますが、メーカーに問い合わせしてみたところあまり推奨できないとのこと。 ロゴが小さいのでなんとかしたいのですが、カッティングシートを侵さないクリア塗装の方法についてご存知の方はいらっしゃいますでしょうか? シートは中川ケミカル製のタフカル、メタリックカラーです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2457
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ロゴはカッティングシートが必須ですか。スクリーン印刷でロゴをいれクリアコーティングすることは、考えられませんか。携帯電話、デジカメ等の一般仕様です。

参考URL:
http://www.parker-kako.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 実はシルク印刷も検討してみたのですが、指定が金属光沢のあるロゴということで、金属箔、あるいはそれに類するものを貼り付けることがやはり必要のようです。インクではちょっと難しいようで、最初のような条件となりました。今後このような形も検討したいと思います。

関連するQ&A

  • カッティングシートの上からの塗装?クリア

    塗装に関して、ウレタン塗装して、、、カッティングシートでドレスアップ???したあとにクリア塗装してもステッカーが駄目になったり、表面がおかしくなったりしませんか? またステッカーの上からクリア塗装する時の注意事項あれば教えてください。

  • 2コート塗装では1コート目はザラザラでも可?

    クリアを塗る(メタリックやソリッドの)2コート塗装の場合、 カラー塗装時に、全くツヤを出さなくても大丈夫でしょうか? もしクリヤ塗装の時にツヤを出す事が出来るのであれば、 カラー塗装時は、少し距離を離して吹いて、 ツヤが出なくても垂れないように塗ってみようかと思っています。 理由は、 カラーを垂らしてしまうと乾燥後修正出来ないが、 クリヤーを垂らした場合は乾燥後の修正が出来ると聞いたからです。 塗装は上手い方ではないので、 カラー塗装時は無難にやり過ごしたいと思っています。 (ちなみに、自動車用ウレタン塗料使用でガン吹きです。) 宜しくお願いします。

  • プラサフ.ウレタンクリアなどの乾燥時間

    現在塗装面を耐水ペーパーで研磨し乾燥させているところです。 この後プラサフで下地、その上にカラーを乗せて最後に2液ウレタンクリアで保護しようと考えています。用意したスプレー類はソフト99の物。 ここで今迷っているのが乾燥時間。 プラサフ、カラーは2~3回重ね塗りするのでその間隔や、 プラサフからカラースプレーに移る際の乾燥時間、 またウレタン塗装に移る時間など、色々調べていると人によって乾燥時間がまちまちでした。 例えば… 色を塗った後は完全に乾燥させず、指触乾燥の状態でウレタン塗装しないと、クリアが剥離してしまう、硬化不良が起きる…など書いてありました。 予定では(昼間のまだ温かい時間に缶を湯せんし暖め行う) (1)プラサフを薄く塗装➡2時間程乾燥させ2度目塗り➡同じように2時間後に3度目。 (2)2時間程乾燥させたら塗りたい色を吹き付け(プラサフ同様最初は薄く徐々に厚く、乾燥時間も同じくらいで)。 (3)ウレタン塗装に移行する前にカラー塗装を十分に乾燥させる(半日程) のつもりでしたが、コレだとマズいでしょうか? 急がずあせらずじっくり乾燥させるつもりでしたが、 乾燥させ過ぎも良くないと目にして迷い始めています。 ちなみに塗装面の材質は不明ですが、オートバイのカウルです。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

金属板塗装色と同系色(限りなく合わせる)のシート(1)を抜き文字して ロゴの色のシート(1より一回り小さい)を貼り付けた上に貼る でもダメ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 重ね張りも検討してみましたが、デザイン上ごたついてしまうのを避けたいのと、ベース色がメタリック(金属色ではなく車の塗装のような)ですので諦めた経緯がございました。 バイクのタンクやヘルメットのように、カッティングシートの上からクリアの厚塗りをしたいのです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

質問の内容からそれます 重ね張りが条件になりますが、細かいロゴは逆に下地になるシートを カット(抜き文字)すれば良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ただ、今回の場合は金属板がかなり大きく、塗装色も指定されているのでその方法は取れなかったのです。

関連するQ&A

  • クリアの上に、カラーベースは可能?

    自動車のボディですが、 1 カラーベースのみの状態の場合、 その上に、別色のカラーベース、その後、2液のウレタンクリア は可能でしょうか? 2 カラーベースにクリア の状態の場合、 その上に、別色のカラーベース、その後、2液のウレタンクリア は可能でしょうか? 3 2の場合、クリアの上に塗装になりますが、カラーベースが付くように プラサフをやってからが一般的でしょうか?

  • ウレタンクリアーの硬化後に再度ウレタンクリアーを吹く?

    お世話になります。  バイクのカウルの塗装を以下の手順にてオールペイントしました。  1・純正塗装研磨(耐水ペーパー#400⇒#600)  2・サフェーサーを塗装(1日乾燥)  3・好きなカラーを塗装(1日乾燥)  4・ウレタンクリアー塗装(4日乾燥)  が、  つやつやな部分と、つやがない(白っぽい)部分に分かれてしまいました。  つやがない部分をつやつやにしたいのですが、  再度、つやがない部分にウレタンクリアーを塗装しても問題ないのでしょうか? よろしくおねがいいたします。

  • ウレタンクリア塗装の重ね塗り

    ドライカーボンにウレタンクリア塗装を施し完全硬化した状態ですが、繊維の隙間に小さな塗料の吸い込み穴がたくさん出てしまっているので、上からSOFT99のウレタンクリアを吹こうと思っています。 この場合、いったん硬化したクリアの上にそのまま吹き付けるのはやはりまずいでしょうか? 下地処理や作業のコツ・注意点などありましたら教えてください。ちなみにクリアの下にカラーの塗装はしていません。 よろしくお願いします。

  • 車のクリアー塗装について

    車のクリアー塗装について技術的な内容を教えて下さい  平成15年製造 ダイハツムーブ 色:メタリックのシルバー が対象の車ですが、 車一般の塗装についてでも結構です。 (1)車メーカーで最終層の塗装としてクリアーが塗布されていますが、その目的はなんですか? (2)上記(1)の塗装はどのようにして行われていますか? (焼き付け塗装ですか? それとも 下地のカラー塗装の上に吹き付け塗装ですか?) (3)クリアー塗料の素材(樹脂の種類)はどのようなものですか? (4)耐薬品性能はどの程度ですか? 一般の塗料うすめ液(石油系シンナー)を布に含ませ2~3回程度拭いても剥がれませんか? (5)クリアーが剥離しているか、いないか 確認する方法はありますか?どのような方法がありますか?(目視検査とか触指検査で判断できますか) (6)四国地方の内陸部、常時屋外駐車ですが、このような環境条件でクリアー塗膜の耐用寿命はおおよそ何年くらいですか?

  • バイクを缶スプレーにて全塗装をしようとしています。

    バイクを缶スプレーにて全塗装をしようとしています。 シルバーをベースにメタリックの紺を塗ろうと予定しています。 現在サーフェイサーを塗り終わり、ベースとなるシルバーを吹こうとしているのですが 疑問点があります。 宜しければ質問にお答えいただけませんでしょうか。 ・ソフト99のカラースプレーと、ウレタンクリアで塗装を行います。  メーカーが発行している手順書には5分程度の乾燥(指触乾燥?)でウレタンクリアを塗るように  とのことですが、行おうとしているのはツートン塗装。  マスキングを行う関係で1色目は完全に乾いてしまいます。  完全に乾いてしまったカラースプレーの面にクリアを塗るには#1500程度の足付けが必要なようですが  メタリックなので表面の金属粉がなくなってしまわないか心配です。  今のところは足付け無しで  「シルバー(乾燥3日)→紺メタ(乾燥3日)→クリア(乾燥1週間)→ペーパー→コンパウンド」  と作業を行って行こうと考えていますがより良い方法があれば教えてください。  (「シルバー(指触乾燥後)→クリア(乾燥1週間)→足付け#1500→紺メタ(指触乾燥後)→クリア(1週間)→ペーパー→コンパウンド」の方が良いのでしょうか) いろいろと自家塗装関連サイトを読んでおりますが、全く正反対のやり方を奨励したりしていて 結局わかったのは「塗装はノウハウ」ということです。 今回はじめての全塗装ですので、私にとってはノウハウを蓄積する一歩目ですが、 どうせならより良いものにしたいと思っています。 以上よろしくお願いします。

  • タッチアップペイントのクリア

    塗装にお米2粒程度の範囲の剥れを発見したのでタッチアップペイントを使って補修しようと思っています。 それでカーショップに買いに行ったのですが、その店の補修コーナーにあった説明ボードに「マイカやメタリックには、タッチアップペイントの上に、さらにクリアーを上塗りするのがおすすめ」って書いてあったのです。 当方、マイカ塗装なのですが、タッチアップペイント程度の補修でも本当にクリアーを上塗りする必要性があるのか疑問で、質問させて頂きました。 たしかに売り場にはタッチアップペイントの形状の商品で、クリアーが売ってました。 以前に乗っていた車はメタリックでして、その時はディーラーで純正タッチペイントを注文したのですが「クリアーのタッチペイントも一緒にどうですか?」なんて聞かれた事もなかったもので・・。普通にカラーだけのタッチペイントを渡されていました。 広範囲の塗装ならクリアー塗装をしないと仕上がりが変になりそうですけど、タッチアップペイント程度の補修でクリアーまで塗る必要性があるのか、詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

  • デカールとクリアー塗装どちらが先ですか?

    久しぶりにcarモデル(タミヤ z34)を作製しているのですがボンネットとテールに銀色のデカール(シールタイプ)でその上にnissanのロゴを張るようになっているのですが普通にデカールをすべて貼り付けてからクリアー塗装を行いますか?今までは普通のデカールしか使ったことがないのでデカール貼り付け後クリアー塗装していましたが・・・皆さんはどうされてますか?ちなみにクリアーはウレタンを使う予定です。 よろしくお願いします。

  • フレーム塗装について

    20年前のクロモリロードが『まことちゃん』カラーのような紅白であんまり好きじゃないので塗り替えようと思います。 ジャガーグリーンで塗りたいのですが、スプレー、ハケってどっちが良いんでしょうか? 現在剥離が終わって、脱脂の後にサーフェイサー、本塗り(ウレタン)、2液ウレタンクリアーで塗装予定です。 あと本塗りとクリアーで強制乾燥用にホットエアガンで熱しようと思うのですが、あれって本塗り後とクリアー後にするのと、クリアー後だけにするのってどちらが良いのでしょうか?

  • ウレタンクリアのみの塗装は?

    1992年製造の古い車で色はシルバーです。ここ数ヶ月でクリア塗装が急激に老化して、ボンネットと屋根(?)はあちこち白い部分が出てきました。 よく見ると本当に細かい線傷の集まりです。多分このままだとボンネットと屋根は世界地図みたいにクリアがはげているところとそうじゃないところと。。。みすぼらしい車になってしまいそうです。 15年以上の車ですからぴかぴかには考えていませんが、せめてみすぼらしくなく余生を送らせてあげたいので(まだしばらくは乗ります、たぶんあと五年)、老化したクリアの表面だけだけ少し耐水ペーパーで削ってウレタンクリアのみで塗装したら、強硬度のウレタン皮膜で老化したクリアの剥離も止まるのではと考えていますが、アイデアとしてありでしょうか。 エアコンプレッサーはあるのでガンとペイントだけ買ってきて自分で自家塗装を予定です。ほかの部分のペイントの状態はごく普通です。ボンネットと屋根だけです。ほかの部分とのバランスを考え、仕上げはポリッシュなしで何とか光沢を抑えてと考えています。あちこちのサイトをのぞきましたが、このようなけちなケースがなくて。。 皆さんのご意見をお願いします。

  • スプレー塗料でのDIY塗装

    フェンダー付近の凹み傷を自分で塗装しようと思っています。 3コートのホワイト系のパールです。 難しい色ということもあり、プロの仕上げに遠く及ばないのは分かっていますが、それでもできる範囲できれいに仕上げたいです。 下地作りの部分は大体理解しているつもりですが、塗装自体に関して分からないことがいくつかあります。 1.スプレー缶はホルツとソフト99のどちらがよいか? ソフト99はカラー塗装→クリア ホルツの場合はカラー塗装→パール塗装→クリアとなるようで成分もウレタン系とのことですが、パールの感じを目で見ながら塗るということなのでしょうか? 素人レベルでソフト99と仕上がりの差は生じるでしょうか? また、パールやメタリックの場合はどちらのスプレーを使用してもカラー塗装(下塗り)の後、ペーパーでならすことはしないのでしょうか? 2.ボカシ剤 色は間違いなく合わないと思うので、使った方がよいように考えていますが、ボカシ剤はソフト99などの補修動画説明を見ていると、クリアに対して行っています。カラー塗装の際には使用しないのでしょうか? また、クリアは2液タイプのウレタンクリアを使いたいと思っています。 この場合は通常のボカシ剤は使用できないのでしょうか?