• 締切済み
  • 暇なときにでも

材料のピンホール

材料によってピンホールの過多はへんかするものなのでしょうか?SPCCのプレス品を亜鉛めっき加工しているのですが、めっき後、材料のピンホール部分から変色が起こっています。めっきが悪いと言っていますが、めっきでは、材料にピンホールができる工程はありません。製品ロットによっては出ないものもあり、困っています。材料自体がばらつくことはないのでしょうか?また、対策はどうしたらよいでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数562
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

「ピンホール」の意味が不明です。ピンホールは、以下のどちらでしょうか? 1)材料の穴、 2)材料の欠陥部(非金属介在物)にめっきが付着しない(つまりめっきのピンホール)場合がある。 最近の材料は進歩しているため、1)項はの発生率は、かなり改善されていると思います。 SPCCには、Mn、C等が添加されているので、これらが2)項の非金属介在物となります。(さらにP、S、等の不純物も非金属介在物です) 非金属介在物を少なくするか、これらを微細にすれば、ピンホール発生は少なくなります。 (SPCC→SPCEに変更するのも、一案です) 材料の改善が不可なら、めっき前処理等にての対応が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電気亜鉛めっき材料の黒(灰色)変色

    初めての質問です。 弊社でプレス加工した製品が中国で黒い変色を起こしているという問題が起きました。 使用している材料は電気亜鉛めっき材です。 黒い変色は、点々状だったり糊の剥がれ残し?状のようだったりします。 プレス加工の後は洗浄(塩化メチレン)と不織布の貼り付けがあります。 変色が出ている面は一定で、雨とかに濡れたせいか?とも思えますが? 2ヶ月ほど前に問題が発生してから結構高い割合で不具合が続いていましたが、ここ1ヶ月ほどは不具合が出なくなりました。 工程上での変化はありません。 変色部を客先が分析したところ、「リン酸亜鉛」が含まれているとのことです。弊社で使用している部材で「リン酸亜鉛」は心あたりがありません。 このような状態についてご存知の方おられましたら情報をいただきたいです。

  • めっきが付かなく困っています

    鋼板材JSH720Cを使ったプレス品に電気亜鉛めっき加工依頼を受け、処理していますが部分的にプツプツとめっきが付きません。不具合品のめっきを剥離して再めっきを行なっても同じ箇所に発生します。 材料表面をベルト研磨で一皮剥くように研磨すると問題なくめっきは付きますが研磨加工できない部分もあり100%合格にはなりません。 今までこのような鋼板にめっき加工をしたことが無く原因が分かりません。めっきに向かない成分が表面層にあるのではないかと思っていますが何方か教えてください。

  • 板金プレス用材料

    Sheet Metal Stamping いわゆる、板金プレスで加工出来る材料は、どのようなものがあるのでしょうか。 冷間圧延鋼板だと思いますが、 SPCC,SPCD,SPCE.SPCF,SPCG,SUS303,SUS304 これ以外どのような、材料があるのでしょうか。 その材料は、どのような狙いで使われるものでしょうか。 代表的な材料でご教授をお願い致します。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

まず、yukioさんの回答から、どんな内容か見てみようとしましたが、たどり着けませんでした。 もう少し、親切などうしたらたどり着けるかを書いた、回答をお願いしたいと思いました。 その回答も見ずに回答するのも変なのですか、ピンホールは材料ロットによって変化するのも確かですが、ピンホールの変色には、錆とオイルステインが原因と考えられます。多くの場合、すぐ錆を注目してしまいますが、オイルステインの場合が結構多いんです。 洗浄不足により、ピンホールにオイルが残り、これが酸化劣化した状態がオイルステインです。 先日もSUS301で同様の事象がありましたよ。 これ以降は、ノウハウになりますので、下記URLにご連絡をお願いします。

参考URL:
http://www.lcv.ne.jp/~fuyos/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 オイルステインという言葉をはじめて知りました。要するに、ピンホールの油が酸化劣化して表面皮膜が変色したということでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

 このサイトの質問 「No.727 #3」の回答が参考になるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あまり参考になりませんでした。

関連するQ&A

  • 焼付け塗装後のフクレについて

    プレス部品に有色亜鉛めっきをして、焼付け焼付け塗装するのですが、塗装フクレが発生しています。 工程:めっき→プライマー塗装→磨き→本塗装 プライマー後ぶつが発生しているのでバフで磨いています。 その後本塗装です。 フクレ部を剥がしてみると、亜鉛めっきはしっかりと残っております。 しかし、有色の膜はなくなっています。 有色膜の密着が悪く、塗装が剥がれることはあるのでしょうか? また、プライマー自身に有色膜は取り込まれているだけなのでしょうか。 めっき、塗装とどちらを対策とればいいのでしょうか?

  • 抜き加工についての質問です

    『プレス抜き加工の際、抜いた製品がダイに付かず、下に落ちてしまう』という 現象が起こっていて困っています。 普通、ダイに付くものだと思うのですが・・・ 型は単型でSPCCやSUSなどの材料を抜いています。 何かヒントを頂ければ幸いです。

  • プレス機への材料供給・材料送り

    この度はお世話になります 表記の件につきましてご指導の程、宜しくお願い致します プレス機の導入を考えています 導入しようとしている製品の形状は以下の通りです ・材料:厚板(t4~8)材質S28/35、SCM435等 ・ワークサイズ:□20~40mm(いろいろありますが だいたいの大きさです) ・形状:いろいろあります、Φ4~12の孔が1~2ケあります     孔と外形は板厚の90%せん断加工(流動中の製品はFB加工)     弊社での生産になった場合はせん断が必要な部位のみシェービングの予定 ・流動数:1種あたり10,000ケ/月(1台導入し6種ほど生産希望) 弊社はプレスの知見が乏しく(簡単なものは生産しています) 型屋さんと組んで立ち上げようと思っています、型屋さんにおすすめのプレス機は 教えてもらいプレス機は導入しようとしているのですがコイル送り装置がt8まで 対応しようとするとプレス機よりはるかに高額なことが解りました まずはSPMは低くてもいいので(SPM20~25ぐらいは希望しますが) 切り板で何とかして(手送りではなく)やれないかと考えています 上手く立ち上がりコイル送り装置を導入しても採算が取れそうだと分かったから コイル送り装置を買おうと思っています プレス工程は順送5工程程度で考えていますが材料の最後の方(工程の後半と 手送りの場合は持っているところ)がロスになり歩留まりが非常に悪くなります 上手く最後まで材料を使う術はないでしょうか? ご指導の程、宜しくお願い致します

  • 預かり材料の棚卸は?

    製造業の棚卸の評価額算出について質問です。 得意先から預かっている材料があるのですが、相手から委託 されて加工を行い、出荷し加工賃をもらい売上げに計上して います。預かっているため当社のものではないので材料の段階 では棚卸は不要だと思うのですが、工程を通して製品となった ものはどうすればいいのでしょう? 加工賃分を製品評価額にして資産計上するのか?それとも他に 処理の方法があるのか? 教えてください。

  • しわについて

    はじめまして。 アメリカでカーエアコンの部品を作っています。 その製品の一つで、SPCC相当材を200トンの順送プレスで加工し、外径28mm程で、底に穴の空いたカップ状の物を作っています。 元々は無かったのですが、最近絞り工程(3工程で絞り、これはその最初)で外周側にしわが出来、最後に縁切りしても、内径側に出っ張りとして残ってしまいます。 材料屋に聞いた所、コイル材料の蛇行が問題だと言うのですが、納得行きません。 私としては、曲げR部にも見られる結晶粒度の違いが原因だと思うのですが、うまく伝わりません。 (材料屋は米人・・・) 型内部のバネはミスミの茶色(ヘタリは無し) 型にも傷、摩耗等は見られません。 材料以外に疑う所はどこでしょうか? それとも材料でしょうか? もしその場合は、材料の何を調べれば良いのでしょうか? (硬度は調査済み) 宜しくお願いいたします。

  • SECC鋼板の表面保護フィルム

    SECC鋼板でプレス加工した製品の表面キズが問題となっているため,対策として保護フィルムを貼り付けた材料を使おうか検討しています。 ?SECC鋼板に保護フィルムを貼り付けた材料は一般にあるのでしょうか? ?保護フィルム付の材料をプレス加工することは可能でしょうか?その時の注意点など。

  • 銅合金の変色で困ってます。

    真鍮に銅下地付き半田メッキをした材料をプレス加工した製品で、破断面が赤く変色する問題が発生ております。 加工油 塩素系潤滑油(銅板腐食1b) 後加工 トリクレン洗浄 症状  1LOT5万個~6万個程度生産(1箱10000個入りを5から6ケース)の内1ケースのみ全数変色。同日生産、同日洗浄でこのような現象が発生してます。 何が真鍮を赤化させているのかが不明で、対策が取れません。何かアドバイスいただけないでしょうか?

  • S55Cのプレス加工

    製品材質がS55Cで、厚み2.0ミリや1.8ミリの材料を順送金型でプレス加工することが多いのですが、抜刃の磨耗が激しく、すぐに抜き工程で粉やバリが発生することが多く対策に困っています。金型材質の見直しを図り、ハイス鋼材などにも変えてみましたが、あまり成果がでません。何か良い対策が有ればアドバイス下さい

  • シェービング加工

    SPCC 4mmの板に φ6.00の穴をプレスで加工します。穴のせん断面が9割が条件 そこで、下穴→シェービング2回の工程を考えているのですが シェービングの取り代はどの位が適正なのかわかりません

  • SPCCt=0.5 テフロンコーティング前処理材…

    SPCCt=0.5 テフロンコーティング前処理材料をプレス加工します。 ご教示頂きたい事があり、投稿します。 これからSPCC t=0.5 テフロンコーティング前処理材料をプレス加工します。 ※テフロンコーティング10μ すごく心配してるのが、製品をコの字型にするのですが、製品幅20で、 曲げR0.2x2があるのですが、テフロンコーティングにひび・割れとか入らないか心配です。 テフロンコーティング材を始めて加工します。 すいませんが、加工に対しての注意点をご教示頂けないでしょうか。 ちなみに板材には片面のみテフロンコーティングがされてます。 加工は、2種類ありまして外側にテフロンコーティング・内側にテフロンコーティングになります。 宜しくお願いします。

専門家に質問してみよう