• ベストアンサー
  • 困ってます

help + 人(目的語) + do の文について

(1) I helped him create a website.   help + 人(目的語) + do (2) They help make you stronger.   help+ do + 人(目的語) (3) This machine has helped increase the company's productivity.   help+ do + 人(目的語) どうして(2)と(3)は help + 人(目的語) + do の順になっていないのでしょうか? 使い方の違いを教えていただけますか?よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数65
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

これまで何十回と質問されてきたことですが、 help make のような英語が出てきて、 なぜ動詞が2つ続くのか? help は人を目的語にするのが基本ですが、 「~を促進する」という意味でものごとを目的語にできます。 そのものごとの部分に to 原形という不定詞が可能なのですが、 その to が省略されることがあります。 すると、help +原形となって、動詞が2つ続くかのように見えます。 原形というのは準動詞の一つなので、 to の有無に関係なく、問題ない英語です。 述語動詞が続くことはありません。 あるいは、help 人 (to) do(とにかく、to はあってもなくてもいいです) において、目的語の人の部分が省略されていると説明して、 「~するのに役立つ」的に訳せば通じることも多いです。 とにかく、help (to) do という形を覚えておくことです。 https://ejje.weblio.jp/content/help こちらの辞書で、 1 e 2 c をご覧ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しく教えて下さってどうもありがとうございました!

関連するQ&A

  • helpの目的語★

    I helped my father with his work. という英文のhis workが目的語になれそうなのに前置詞withを使って表してあるので何でかなぁと思いました★!!! 日本語だと普通に、私はお父さんの仕事を手伝いました。って言うじゃないですかぁ!!! だから、お父さんの仕事=his workが目的語にどうしてなれないのかなぁと思いました。 helpという動詞は目的語に“人”しか取れないんですか??? みなさんどう思いますか??? 教えてください。

  • 目的語が2つ?

    Priorities of the management team include improving productivity and reducing annual expenditures. Priorities of the management team(S名詞句) include(V) improving(O動名詞?) productivity and reducing annual expenditures. この文について教えてください この文はSVOの第3文型ですか? Improving は動名詞でproductivityを目的語に取っていますか? Improvingからexpendituresまでが名詞句ですか?

  • 目的語駆動力と言う考え方について(1)

    こんにちは。taked4700 です。 英語文法について、普段からいろいろ考えてきましたが、高校段階でやる動詞の語法について、それを説明するのにとても便利な考え方として、目的語駆動力と言うものがあると思います。 それについて、幾つか、説明を考えてみました。この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 1.request とか、recommend と言う動詞の使い方を覚える時に一番問題になるのは、これが第4文型で使えないと言うことです。つまり、I recommend him that he go there at once. のような文は間違えになるのです。これは、request もrecommend も、提案、推奨しているだけで、一体性、既遂性のようなものが無いからです。逆から言うと、第4文型と言う表現形式は、二つの目的語が直接並ぶことによって、一体性、普遍性のようなものが強調され、たとえば、He taught me English. と言う文は、「私が英語を身につけた」度合いが、He taught English to me. よりも高いと言うニュアンスが生まれます。また、He gave me that book. は、同様な行為が結構日常的にあると言う前提があります。He gave that book to me. なら、与えると言う行為があまり無いことを暗示するか、または、その時の一回きりの「本を与える」と言う行為に注目した言い方です。つまり、recommend, request, suggestのような動詞は、提案、示唆しているだけで、行動が決定されるわけではないので、request + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順を取りえないのです。 動詞 + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順は、I wish you a Merry Chistmas. のように、目的語(人)と薦める内容とが一体感のある文で使われると言うことになります。 2.なぜ、I request to him とは言わずに、I recommend to him は、ある程度使われることがあるかと言うと、request には一種の目的語駆動力というか、目的語に対する働きかけの力のようなものがrecommend よりも強く感じられ、それが、request to him のようにしてしまうと、to him の持つ距離感と言うか、目的語が離れていると言う感覚と矛盾してしまうからでしょう。この目的語駆動力と言う感覚は、実を言うと、とても大切な感覚で、使役動詞などの使い方を理解するうえで、とても役に立つものです。 3.目的語駆動力と言う考え方と、名詞節の独立性、目的語+to不定詞(または原形不定詞)の被駆動性(つまり、動詞によって駆動されやすいその度合いの意味)の組み合わせにより、ほとんどの動詞の動詞パターンを説明することが出来ます。なぜ、hope+目的語+to do の形が取れないのか、などその説明が非常にきれいに出来ます。 たとえば、want は、「望む、要求する」のような意味で、目的語駆動力が非常に高いのです。その結果、I want him to go there. のような形が出来ます。しかし、hope は、「現実的な訳、実現可能性を証明する根拠のようなものが無いまま、希望する」と言う意味なので、当然、目的語駆動力がほとんど無いのです。その結果、I hope him to go there. のような文型は取れないのです。しかし、目的語+to do ではなくて、that節なら、駆動すると言う意味は無くなり、単にある情景を望んでいるだけなので、hopeの目的語として成立できるわけです。つまり、反面から言えば、だれでも、どんなことでも願うことは出来るわけで、その「願う」という意味を表現する言葉がhopeということです。 反対に、駆動力の高いwantは、that節を取ることが出来ません。I want that he go there. のような文章は、駆動力の対象となる目的語が無いわけで、駆動力が空回りする印象になるからです。that節は、一種の文章であり、駆動する対象ではないのです。 want と hope を駆動力と言う視点でもっと強いものと弱いものの両極端とすると、advise は、その中間と言えます。つまり、目的語に何かをしてもらいたいと言う圧力を与えるイメージがwantほどではなくても、かなりあるのです。「忠告する」というのは、単に、何かを解決する方法を述べているのではなくて、友人関係とかで相手と何か関係性があり、「こうしてほしい」という気持ちがもともとあるはずですから、目的語駆動力がある程度あるとイメージするわけです。その結果、I advised him that he go there. も、I advise him to go there. も、I advised that he go there. も I advised going there. も許容されるわけです。

  • help+人+withという構文はあるのでしょうか?

    Many years of trying to help people with every kind of trouble have left me with one sure conviction. この文の訳例は「私は長年にわたって、あらゆる種類の悩みを人々が 解決するのを助けようとしてきたが、その結果、1つの確信を持つようになった」ですが、私は以下のように訳しました。 「長年にわたって、あらゆる種類の悩みをもつ人々を助けようとして きて、1つの確信をもつようになった」と訳しました。 この二つの訳を比較すると、 help + 人 +with~の取り方に違いがあると思われます。 正しい訳例は「人がwith以下をhelpした」という 解釈ですが、help+人+withという構文ってありますか? ちょっと見たことがありません。 また、この場合の訳は訳例のとおりになるのでしょうか? help+目的語+(to) doは「Oが~するのを手伝う」と記憶して いますが、help+人+with~を構文としては見覚えがありませんでしたので、質問します。 よろしくお願いします。

  • 後置修飾と語順

    次の日本文に対応する英文の例文A.は以下のようでした。 アナリストは年間の収益は、6%増加すると予想しています。 最高責任者のアレキサンダー・チョウは、この動向は会社の新しい衣料品ライン「シークレット・ファイヤ」に依るものとし、今後も続くであろうと述べています。 A.CEO Alexander Chou said he expected this trend to continue, helped by the company's new clothing line Secret Fire. B.CEO Alexander Chou said he expected this trend helped by the company's new clothing line Secret Fire to continue. B.のように目的語(主格)次に修飾句が来て、述語が来る事を考えましたが、例文A.は目的語(主格)、述語そしてカンマが入って、修飾句(過去分詞)が来ています。 ”恐らく長いものは後にくる”の理由から例文A.のように成ったのでしょうが、this trend被修飾語を修飾する句が出来るだけ近い方が良いと思いました。 やはり、例文A.の方が一般的なのでしょうか? お教え下さい。

  • 関係形容詞について

    例えば 普通の関係詞を使った文章で I gave him help what I could give. の場合は関係詞whatは関係詞節で「help」という意味の目的語の役割をしていると思います。 関係形容詞を使った文章 I gave him what help I could give.の場合このwhatは helpを修飾する形容詞と、関係詞節の「help」という意味の目的語という二つの役割をしていると考えればいいのでしょうか?

  • 他動詞の用法(人をとるか物をとるか)

    (spray 物 前置詞 人あるいは物)はわかるのですが、 (spray 人 sprayの対象物)の語順は使えますか? 別の言い方をすれば、(動詞+間接目的語+直接目的語)の語順が使える動詞は限られていると思うのですが、例えば"I copied him some document" は可能だと思うのですが"I sprayed him dirty water." は可能なのでしょうか?文法の先生方が見れば眉をひそめる用法なのでしょうか?

  • 関係形容詞whatについて

    I gave him what help I could give. この文章で whatは「すべての」という意味で形容詞としてhelpを修飾している。 またhelpという先行詞の関係詞として関係詞節内で目的語の働きをしている。 関係形容詞whatはこの二つの役割を兼ねているもの もしこの文章を2つの文章で表すとすると I gave him help. I could give all the help. という考え方では間違っているのでしょうか?

  • 目的語と直接目的語の違い

    目的語と直接目的語の違いを教えて欲しいです。 できたら簡単に分かりやすくお願いします(^-^;

  • 目的語は必ず直接目的語か間接目的語になりますか?

    目的語は必ず直接目的語か間接目的語になりますか?