締切済み

電気自動車

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9384933
  • 閲覧数157
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 39% (119/298)

こんにちは

昨今中国やEUでは、電気自動車の普及推進が進められているようです。
彼らはガソリン車の規制も考えているようですが、規制し電気自動車を増やすのだとしたら、電力の発送電はどう確保しようとしてるのでしょうか。
教えてください。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 58% (2274/3917)

他カテゴリのカテゴリマスター
中国の場合は都市部からPM2.5などのもととなる排気ガスを排除できれば取りあえずはOKで、火急の課題でもあると思います。北京などで国際的な大きなイベントがあるときには車の侵入を大幅に制限し、それによって通常は見られないような青空が出現したりするので、人里離れた所にある発電所や工場が煤煙が出ても北京や上海のような大都会に到達する前に薄まるのでそれでOKなのでしょう。明日トランプ大統領が北京を訪問するので、注目です。
それに対して、ヨーロッパとアメリカは、車から出るCO2と発電所から出るCO2の問題を段階的にわけているようです。考え方としては、車からCO2源を追い出しても発電所の稼働が増えてCO2が余計出るようになったら元も子もないと思いますが、そうは考えずに発電所は発電所でCO2を抑える計画を推し進めるのでまずは車と言うこと。実際、CO2源を国土に分散させておいておくよりは、発電所にまとめてしまったほうが対策が講じやすいし、発電所の場合はCO2を出さない原子力や再生可能エネルギーなどオプションがたくさんあります。
ヨーロッパ各国では再生可能エネルギーへのシフトが急速に進んでいます。実際にはドイツは東ヨーロッパに工場をシフトしたり他国から電力をかったりと言うトリックを使ったりはしているものの、日本に比べれば遥かに非CO2化を促進しています。なので現在はさておき10年、20年後になると車からCO2をなくすことによる効果は確実に出ると思われます。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.3

ベストアンサー率 37% (182/487)

他カテゴリのカテゴリマスター
ヨーロッパ、中国ともに排ガスによる大気汚染が深刻な状況になりつつあります。

ヨーロッパではCO2削減効果の大きいディーゼル車を推奨した結果、窒素酸化物の浄化が排ガス不正問題により行き詰まり、急遽EVシフト政策を打ち出しました。

中国は急速な経済成長により所得が増えた購買層が拡大しており、ナンバープレートの発行を抽選制にすることによって大気汚染を抑えようとしていますが、EVに限り無条件でナンバー取得可能な政策を掲げています。

それぞれ事情は異なるもののEV市場の急拡大に対して電力供給を含むインフラ整備が直ぐに整うとは到底思えません。
  • 回答No.2

原発でしょうね。
これを火力などで発電すればやはり温暖化ガスが出てしまいます。
かといって全ての車がEV化されたら再生可能エネルギーでの発電では賄える量ではないでしょう。
となればEV化の恩恵を受けるなら原発しか選択肢は無いような気がします。
「幸い」にもフランスは原発王国です。
ドイツもフランスから電気を買ってます…なぜフランスがEV化へシフトしたのかはこんな所なんじゃないですかね?
  • 回答No.1

ベストアンサー率 33% (5443/16344)

他カテゴリのカテゴリマスター
ドイツは、フランスから電力を買って賄って居ます。
そのフランスは、原子力発電の推進をしています。

中国は、原子力発電所の増設を行って居ます。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ