-PR-
解決済み

事実関係を記憶していない場合の始末書の書き方

  • 困ってます
  • 質問No.93220
  • 閲覧数730
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 46% (36/77)

先日、仕事中に大変なミスを犯しました。自分自身で調べた結果、私のミスであることが分かったのですが、その時の状況の記憶がまったく分かりません。始末書は通常、その時の具体的な記述を詳細に書くものですが、記憶がないため、どう書いたらよろしいのか、お教え下さい。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 24% (14/57)

こんばんは。
始末書に限らず、報告書には事実関係を明らかにしなければならないですよね。
ただ、少し前のことでもよく思い出せないことってありますね。
 たとえば、「Aを100ケース発注するところを10ケースしかしなかった」しかし、「なぜそうしたかはわからない」という状況でしたら、そのままを記述します。
 業界によって違うのかもしれませんが、「わからない」、「思い出せない」のでしたら、それが「具体的な記述」になると思いますが、いかがでしょうか。変に理由づけすることより、会社側に事実を認定してもらうことがその本意と思います。
 
お礼コメント
gouzakai

お礼率 46% (36/77)

ありがとうございます。「具体的な記述」について目から鱗が落ちました。
投稿日時 - 2001-06-21 23:23:11
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

結果については事実を記載して、原因については「*****のため記憶になく、このような結果を招いてしまいました」と、記載されたらいかがでしょうか。
お礼コメント
gouzakai

お礼率 46% (36/77)

具体的ご回答、ありがとうございます。ぜひその方向で書かせていただきます。
投稿日時 - 2001-06-21 23:21:28


  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 41% (133/319)

始末書というのは、責任の所在を明らかにして、その処分を委ねるという性格ものではないでしょうか

あなたが自分に責任があることを認めるのであれば、細部にふれる必要はなく、

「全て私の責任であり、今後このようなことがないようにします」 とか
「今後このようなことがありましたらいかなる処分でもお受けします」
と書けばよいのではないでしょうか

人命にかかわる場合とか再発が予想されるような場合には始末書とは別に報告書の提出を求められる場合があります

諸事情により、あなたに全ての責任があるともいえない場合には「顛末書」とか「理由書」といった書類を書くことになります。
 この場合は経過などを書くことになります
お礼コメント
gouzakai

お礼率 46% (36/77)

ありがとうございます。上司から始末書を書けと言われておりますので、顛末書ではすまないようです。
投稿日時 - 2001-06-21 23:19:11
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ