• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

無期→無期→死刑判決

  • 質問No.9302979
  • 閲覧数269
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
例えばこんな例ありえますか?

地裁で無期懲役を受けた被告が刑が重いと控訴し
高裁でも同じく無期懲役だったのでまた控訴し
最高裁で一転、死刑判決が出たなんてありえますか?
だったら控訴しなきゃ良かったって感じの判決ですが

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (7609/17468)

>例えばこんな例ありえますか?

刑事訴訟法で「控訴審で原判決より重い判決を出す事」を禁止しています。

刑事訴訟法
(昭和二十三年七月十日法律第百三十一号)
第二章 控訴
第四百二条  被告人が控訴をし、又は被告人のため控訴をした事件については、原判決の刑より重い刑を言い渡すことはできない。

これは「不利益変更の禁止」と言う原則があるからです。

なお「検察が控訴した場合」は「不利益変更の禁止」の原則により「検察に不利益となる変更をしてはならない」ので、逆に「原判決の刑より軽い刑を言い渡すことはできない」です。

因みに「検察と被告の双方が控訴した場合」には「一審判決よりも重い刑になる場合」があります(重い刑になるのは、被告の言い分が認められず、検察の言い分が認められた場合)

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3
ごめんなさい、勉強不足の回答をさせてください。

ちょっと違うかもしれませんが
光市母子殺害事件・・・平成11年4月の・・・いつか

検察側が死刑求刑するも、山口地裁が無期懲役判決
 ↓
広島高裁が、検察側控訴棄却
 ↓
弁護人が、上告審弁論を欠席
 ↓
上告審弁論で、弁護側が殺意を否定
 ↓
最高裁が、2審破棄・・・差し戻す
 ↓
差し戻し控訴審で、広島最高裁が死刑判決
 ↓
差し戻し上告審が結審
 ↓
差し戻し上告審判で、上告破棄
死刑確定
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (839/4398)

あり得ますね。

ちなみに高裁から最高裁には「上告」です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ