• ベストアンサー
  • 困ってます

英文の意味、構造と、その例文を教えてください。

この英文の構造と、その例文を教えてください! よろしくお願いいたします! context ..... 出来事の記事です。 ある男性が美術館のツボをわってしまった話です。男性は頭をうったが軽傷、非常に高価で芸術的価値のあるツボは粉々。そのツボは芸術品にもかかわらず窓辺に置いてあったので、こけた拍子にぶつかってしまった。 その男性に後日リポーターが「お怪我は大丈夫ですか?」というと、男性がこう返事します I'm recovering which is more than I can say for the vase. 文意は私が思うには「(私は)回復しています。(といっても)花瓶についていってあげるようなことはもっとありますが」つまり→「(私は)回復しています。(といっても)花瓶ほどの価値はありませんがね。」と思います。 これは高価な花瓶と比較したジョークだと思うのですが。。 文意の解釈はあってますでしょうか?? そして、文の構造もピンときません。自分でこのような文を作ることなどとてもできませんが、できるようになりたいです! 文の構造と、その例文をおしえてください。 ぜひよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数223
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#223065
noname#223065

> I'm recovering, which is more than I can say for the vase. 「私は回復しつつあり、そのことはつぼの言い訳をするより大事なことです。」  文から考えてwhichが非制限用法で、そこまでを受けていると思いましたので、カンマを補ってあります(制限用法だと、「私は、花瓶を言い訳することより大事な回復です。」といったことになる)。  say forは高価なつぼについて、しかも自分で壊してしまったのですから、「言い訳する」でしょう。ですので、「私が回復しつつある」ことのほうが「つぼが壊れたことの言い訳」よりmoreと言っています。  いきさつを拝読しますと、高価なつぼが壊れた事件ながら、リポーターはまず最初に持ち主の怪我を気遣ったわけですね。リポーターの仕事としては、壊れたつぼについて取材することだったでしょうけど、仕事より人として心配すべきことをきちんと優先させたといえます。それに感謝を示すように、持ち主が返事したのだと思います。  この返事のうまいところは、まず第一にmoreとだけ言っている点にあるような気がします。上記訳例では、「大事な」とimportantが略されているようにしましたが、moreだけということを直訳すれば、 「私は回復しつつあり、そのことはつぼの言い訳をするより大きなことです。」 となります。moreがいいことか(better等)悪いことか(worse等)言っていないわけで、相手の解釈に任せる感じになっています。怪我も不運ですし、つぼが壊れたことも不運ですから、明示的に言ってしまうと、二つの運の悪いことのうちどちらがましか、みたいになります。  そこで、怪我を回復と言い、つぼの壊れた件との比較ではmoreとだけ言っているわけで、リポーターの持ち主の容態を優先した気遣いを否定しないように、なかなかしゃれたことを言っているように思います。 (リポーターは「つぼより持ち主が大事」として話しかけ、持ち主も「つぼより持ち主が大事」に同意することで感謝を表した、みたいな感じ。)  さらに考えると、つぼそのものではなく、つぼについての言い訳との比較でもありますね。持ち主が為すべきことについての比較になっていて、つぼの価値についての言及を避けているわけです。つまり「失ったつぼの価値はともかく、言い訳するよりはまず元気になろうと思っています」のニュアンスになります。リポーターの気遣いに対してだけでなく、仕事(つぼが壊れたことがいかに損失であるかが知りたい)に対しての配慮になっていると考えることもできます。  こういったことを、即座に簡潔に言えているわけで、英語だけの問題ではなさそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

JGuileさん thank you again! ^0^ なるほど。。。 なるほど。。なるほど。。よく分かりました!! この分を頭にずっと置いておいて、こんな風に洒落た言い回しをしてみたいです。。。    とても勉強になりました、ご丁寧で親切なご説明、どうもありがとうございました!!

質問者からの補足

とても良い文章を勉強できて、とても嬉しいです^-^ありがとうございました。いろいろな面での勉強になりました!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#223095
noname#223095

先輩の方々からのご回答が出ていますので横槍になりますが、例文は出ておられないようなので、私は主にそちらの方から情報提供させて頂きます。 その前に、こういったジョーク・小話の類の解釈は、必ずしも一律ではなく、人によって受け止め方は変わってくることがよくあります。 日本語でも、ある発言を文字通りに受け止める場合もあるし、うがった見方をする場合もあります。 例えば、学校から出された夏休みの数学の宿題を、休みに入って10日程でやり上げた生徒が、 「もう数学の宿題やっちゃった・・・」 と言ったとき、これに対して、 「えっ、もうやっちゃったの・・・」 と答えたとしても、      「さすがはお前だなぁ・・・」 の気持ちで言った可能性もあるし、      「きっと誰かに教えてもらったんだろう・・・」 の気持ちで言った可能性だってありますね・・・。 さて、問題の英文、 I'm recovering which is more than I can say for the vase. ですが、ここでは2つのことがポイントになります。辞書を見ると必ず記載されています。 以下、スーパーアンカーの記述を参考にします。 [1つ目のポイント] 関係代名詞whichの用法 中学英語で出る直前の名詞を表すwhichの他に、直前の句、節、文またはその内容を先行詞とするwhich。 後者の意味で用いる場合は、前の方がおっしゃっておられるように、通常、 whichの直前にコンマが置かれます。 [2つ目のポイント] more thanの使い方      (more thanの直後に、数詞、形容詞、副詞などがくるものは省略します) more than ~の形で、~の部分に名詞や節などがくる場合。「~以上の、~以上に」といった意味をつくります。 この用法は、何より例を見るのが一番です。 また、日本語らしく訳出するためには、ときに工夫が必要です。 以下、すべて紙の辞書、電子辞書、英辞郎(有料版)からの引用例です。 An expensive hotel is more than I can afford. 「高級ホテルには私はとても泊まれない」スーパー・アンカー 学研 Why he does so is more than I can understand. 「なぜ彼がそうするのか、私には理解できない」新クラウン英和 三省堂 That is more than I can tell. 「それは私にはわからないことだ」新クラウン英和 三省堂 以上のような例は、辞書を見れば必ずと言ってよいほど見つかります。 以下は、今回のパターンにより近い、which is more than・・・のタイプです。 ただし、直前の文全体を受けたwhichの用例は、残念ながら見つけられませんでした。 I must also thank you for the quilt you sent me, which was really more than I deserve. (which = the quilt、普通の非制限の関係代名詞) 「また, キルトをお送りいただいたことにもお礼を申し上げなければなりません. 私にはもったいない限りです[こんな(立派な)ものをいただいて, なんとも恐縮です]」 『ビジネス技術実用英語大辞典』プロジェクト ポトス Year‐to‐date sales reached 1,861, which is 7 percent more than the 1,744 of this time last year. (which = 1,861 普通の非制限の関係代名詞) 「今年これまでの販売戸数は, 1,861件に達した. これは昨年同時期の1,744件に比べて7%増になる」 『ビジネス技術実用英語大辞典』プロジェクト ポトス The hit count has exceeded 6.5 billion, which is more than the world population. (which = The hit count普通の非制限の関係代名詞) 「総アクセス数は65億以上で、世界の人口よりも多くなっています」英辞郎 We posted a net profit of 2 million this year, which is more than what we expected. (which = a net profit of 2 million普通の非制限の関係代名詞) 「今年XX社は当初の予想を上回る200万ドルの純利益を計上しました」英辞郎 以上、参考になりましたら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ms-forests さん ご解説、どうもありがとうございます!沢山の例文、とても勉強になりました。more than の使い方を、私はわかっていませんでした。とてもよくわかりました。そうしたら、例の文章の解釈が、頭にスッと入りました!! そして、これからは、more than の上記の使い方、できそうです^-^ どうも、ありがとうございます!!

  • 回答No.2

簡単に言うと、 「花瓶よりは回復しているよ」 構文と言う程のこともないのですが、 recovery ~ で、~を回復する。~を取り戻す。 which is more than that I can say for the vase で、 私が花瓶について言うことよりももっと で、ここでもしsay for がtalk about だと、「花瓶について語る・説明することができるレベル以上には回復している」と言う別の意味になるのですが、ここでは、say for the vaseで「花瓶について言う」 ニュアンス的には、花瓶が粉々なので、それよりも回復していると言うのは、ジョークで花瓶を割って軽症だけじゃなくて精神的にもボロボロの状態から少しはましと言う感じでしょう。 こう言う言い方をどうしたらできるか。こう言う機会をとらえてコピーして、チャンスが来たら応用して使うしか無いです。逆に文法的に繕って言ってもネイティブにはピンと来ない事が多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

92128bwsd さん どうもありがとうございます! 文の意味が分かりました! とてもすっきりしました、納得しました! ずっと頭に置いておいて、チャンスが来たら応用したいです!! ありがとうございました。英語がますます興味深く感じます、もっと勉強したい、使いたい、と思います。

関連するQ&A

  • この英文について教えてください

    この英文について教えてください。 このような言い回しも使えるようになりたいです!! context ..... 出来事の記事です。 ある男性が美術館のツボをわってしまった話です。男性は頭をうったが軽傷、非常に高価で芸術的価値のあるツボは粉々。そのツボは芸術品にもかかわらず窓辺に置いてあったので、こけた拍子にぶつかってしまった。 その男性に後日リポーターが「お怪我は大丈夫ですか?」というと、男性がこう返事します I'm recovering which is more than I can say for the vase. このような言い回しができるようになりたいです。。。 教えていただけますか?よろしくお願いいたします!

  • 文の構造

     日本語を勉強中の中国人です。下記の文の構造がよく理解できないので、文意の把握に支障が出てきました。どういう構造の文なのか、教えていただけないでしょうか。ちなみに、文中の単語の意味は全部わかります。 「集まって夏場のコミュニティーをつくりだすことに、ただ海浜や高爽の地に移住しさえすればよいだけではない価値づけがあったからだろう。」  また、質問文に不自然なところがありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 英文の意味が分かりません

    「And besides,one look at mama was enough to convince me that protests,should I be foolish enough to voice them,would fall upon deaf ears.」 という例文に出くわしました。 なぜ「was」が来るのか分かりません。 文の構造・訳を含めまして、どなたか教えては下さいませんか。 宜しくお願い致します。

  • The vase broken by TomとThe vase which was broken by tomの違いは?

    こんばんはお世話になっています。 「トムに壊された壷はとても高価なものだ」という文を英語にする場合、 The vase broken by Tom is very expensive.とThe vase which was broken by Tome is very expensive.が考えられると思うのですが、これら二つの表現の違いはなんなのでしょうか?手短に言いたい場合には前者を使う程度の違いなのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 例文の解説お願いします

    次の例文解説をお願いします。 (1)I do not love her not even if she loves me. 私は彼女を愛してはいない、彼女のほうで愛してくれてもごめんだ。 この文の I do not love her てコンマだけで文がつながれてますけど、これは日本語の句点と同じ効果だと考えていいのですか?あとnot の部分は not=I do not love herと書いてありますが、これは前とかぶるのを避けたためですか?なんか変な質問になってしまいましたがこの解釈であっていますか?間違ってたらしてきお願いします。 (2)Go where you will in Holland,you will see windmills. オランダでは、どこへ行っても風車が見られる。 この文は正直どこがわからないのかもよくわからない状況です。 wherever持つかわずにwhereでも譲歩はできるのですか?辞書とかで調べてもよくわからなかったです。だからこのwhereについて詳細を教えてください。 (3)you know perfectly well you could have happened to choose something else. ひとつかわれば、何かほかの事を選んでいた可能性があることは十分に承知している。 このぶんなんですが、have happened to chooseってがどういう構造になっているのですか?2と同様この部分のどこがわからないのかもよくわからない状況になっています。(2)と同様かなりあいまいな質問ですいません。 3文も質問してしまいましたがご解説お願いします。

  • I hurt my knee skiing.の意味

    I hurt my knee skiing. とはどういう文構造でしょうか?skiingの部分です。 https://www.thefreedictionary.com/hurt の1bの例文です。 よろしくお願いいたします。

  • 主語

    「私はあなたが嫌いだ」 「私は古いものがほしい」 「私が新しいものが嫌いな人だ」 「私は歩くのが速い」 適当に4つ文を並べてみましたが、主語はどのように決められるのでしょうか? とりあえず、文をいろいろ出しただけなので、例文としては出来が悪いかもしれませんが、聞きたいのは主語確定の方法です ちゃんとしたルールがあるのでしょうか? 日本語とは文意をとらなければ主語が確定しない言語なのでしょうか? ということは理屈的には、文意の分からない文章、つまり、今までに考えたこともない事柄についての文を読むとき、ネイティブの日本人さえ、主語が分からない(=文構造がとれない)ことがあるのではないでしょうか? これは、意思疎通、情報伝達を行う手段としては致命的な欠陥だと思うのですが、どうでしょうか? この文章を読んでもらえば分かるように、自分は日本語に精通している者ではないため、それを踏まえた、一般人に理解できるような説明をお願いします。

  • 男性の意見が聞きたいです

    男性が、自分の軽率なミスで失恋することとなり、そんな自分が許せないでいるとします 相手の女性が慰めようが何を言っても、自分を責めてしまい、相手の女性に合わせる顔がないとさえ思ってしまうとします そんな時、何が解決してくれますか?時間を経て、彼の心自体が癒されるしか解決策はないでしょうか?その女性に対して何の感情も抱かなくなったとき=解決する(あるいみ解放される)ということでしょうか? 私(女性)から見れば、例えば高価な花瓶を割ってしまって、悔いても悔いても元には戻らないし 一度傷付いた花瓶は「売値」としての価値は下がるかもしれない だけれど、もう一度破片を拾って修復した『花瓶』を大事に思うことは不可能ではないと思うのです 上手く言えませんが、男性が「自分で墓穴を掘った時に感じる屈辱感」は男性の中で、どうすれば昇華したり、解決したりしますか?

  • 単語のかかり(?)について

    タイトルはうまくかけなかったので気にしないでください。 (1)I don't like baseball and like soccer. (2)I don't like baseball and soccer. うまい例文が思いつかなかったので、なんなんですが この例文の場合、(1)の文は「私は野球が好きでなくサッカーが 好きです。」という意味になると思います。 このlikeの文は(2)のように書けてしまうのでこのような意味になる のが考えにくいですが「私は野球がすきではありませんし、サッカーも すきではありません。(=don'tが前のlike、後のlikeの共にかかっ ているような状態」という意味になることはあるのでしょうか? ※likeの場合としてではなく、文の構造として質問です。  どうも、接続詞の文の切れ目や形容詞、副詞等のかかりかたが  いまいちわかりません。

  • クエスチョンはいらないの?

    ある文法の問題集で、仮定法の例文で、こんなのがありました。 If I were to die tomorrow,what become of my children. もし私が明日死んだら、子供たちはどうなるのだろうか。 このif節の後、主節って疑問文ではないのですか? 主節の文構造がいまいちよくわかりません。 どなたか、解説お願いできませんか??